神奈川県一覧

駒林神社 / 神奈川県横浜市

旧駒林村鎮守の天神様。江戸時代は中駒林村の鎮守を担う。別当寺は金蔵寺。日吉の地名由来は金蔵寺の日吉権現。明治になり駒林村の多くの神社が合祀・駒林神社へ改称。急坂の途中に鎮座・江戸城外濠の廃石を使った石垣。江戸後期の狛犬。御朱印。

京濱伏見稲荷神社(京浜伏見稲荷神社) / 神奈川県川崎市

戦後創建の単立神社。伏見稲荷大社からの勧請。金の稲穂と銀の宝珠が押された御朱印。招福池と108体もの神狐像。巨大な鳥居・神狐像・手水舎。九棟稲荷造りの重層社殿。富士山や白山を模した個性的な境内社。戦後の復興を祈願して創建。御朱印。御朱印帳。

鶴岡八幡宮 / 神奈川県鎌倉市

相模国一之宮格。鎌倉武士の守護神。源頼朝により現在地に遷座・上下両宮に整備。静御前が舞った若宮廻廊(現・舞殿)。源実朝の落命の地。江戸幕府による庇護。源平池・再建された旗上弁財天社。倒伏した大銀杏。表参道の段葛・若宮大路。御朱印。御朱印帳。

相模国総社六所神社 / 神奈川県中郡

相模国総社。良縁や女性厄禍除の湯津爪櫛御守。出雲の女神・櫛稲田姫命の伝承。一之宮から五之宮までの御祭神を祀る。平安時代より続く相模国府祭。江戸時代の史料に描かれた当社。後北条氏寄進の石垣や本殿。拝殿の注連縄や美しい神池。御朱印。御朱印帳。

川勾神社 / 神奈川県中郡

相模国二之宮。延喜式内社・延喜式内相模十三社の一社。茅葺屋根の随神門と平安時代後期の随神像。磯長国の一之宮。相模国一之宮の席次争いを伝える国府祭。二宮大明神と称される。鎌倉将軍家・徳川将軍家からの崇敬。小田原城の鬼門守護。御朱印。御朱印帳。

稲毛神社 / 神奈川県川崎市

川崎宿鎮守の山王様。健勝堅固の御朱印。武甕槌神を祀り武甕槌宮と称した古社。平安末期に山王権現を勧請。江戸時代に描かれた当社と浮世絵で描かれた川崎宿。神仏分離で稲毛神社に改称。十二支めぐりと樹齢1,000年の御神木。天地睨みの狛犬。御朱印。

女躰大神(女躰神社) / 神奈川県川崎市

南河原守護の大女様(おおめさま)。女性守護・子宝祈願の御神徳。ラゾーナ川崎の向かいに鎮座。東日本大震災復興祈願のアンパンマン大絵馬。幼稚園が併設する境内。六郷の民が移住し開墾した南河原村。村のために多摩川に身を投じた女性の伝承。御朱印。

潮田神社 / 神奈川県横浜市

潮田地区総鎮守。西潮田村鎮守の御嶽社・東潮田村鎮守の杉山社。大正時代に両社が合併し現在地へ遷座。江戸時代の史料から見る当社。関東大震災・戦災からの再建と現社殿の造営。広い境内に立派な社殿。境外の本殿裏手にある開運地蔵尊庚申様。御朱印。

神明社(保土ケ谷区) / 神奈川県横浜市

旧「伊勢神宮」荘園・榛谷御厨の総鎮守。榛谷御厨とは・保土ヶ谷と神戸の由来。浮世絵で見る程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)。江戸時代に描かれた当社。平成の大造営によって一新された境内。広大な境内に鎮座する本社「天照太神宮」と摂社「豊受大神宮」。御朱印。

大綱金刀比羅神社 / 神奈川県横浜市

旧神奈川台町鎮守。横浜のこんぴらさん。飯綱権現と金刀比羅権現の合祀。天狗の像・岩屋にある弁天社。源頼朝による創建の伝承・勝軍飯綱大権現。江戸時代初期に社殿造営。浮世絵で見る神奈川宿。戦前に描かれた当社と記録に残る古写真。御朱印。

星川杉山神社 / 神奈川県横浜市

星川鎮守。限定御朱印や友禅染の御朱印帳。一部区域のみに見られる杉山神社の謎。式内社としての杉山神社。星川の地名由来・古代の遺跡が発見された社地。江戸名所図会に描かれた当社。バリアフリー化され綺麗に整備された境内。御朱印。御朱印帳。

1 2 3