「 横浜市 」一覧

駒林神社 / 神奈川県横浜市

旧駒林村鎮守の天神様。江戸時代は中駒林村の鎮守を担う。別当寺は金蔵寺。日吉の地名由来は金蔵寺の日吉権現。明治になり駒林村の多くの神社が合祀・駒林神社へ改称。急坂の途中に鎮座・江戸城外濠の廃石を使った石垣。江戸後期の狛犬。御朱印。

潮田神社 / 神奈川県横浜市

潮田地区総鎮守。西潮田村鎮守の御嶽社・東潮田村鎮守の杉山社。大正時代に両社が合併し現在地へ遷座。江戸時代の史料から見る当社。関東大震災・戦災からの再建と現社殿の造営。広い境内に立派な社殿。境外の本殿裏手にある開運地蔵尊庚申様。御朱印。

神明社(保土ケ谷区) / 神奈川県横浜市

旧「伊勢神宮」荘園・榛谷御厨の総鎮守。榛谷御厨とは・保土ヶ谷と神戸の由来。浮世絵で見る程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)。江戸時代に描かれた当社。平成の大造営によって一新された境内。広大な境内に鎮座する本社「天照太神宮」と摂社「豊受大神宮」。御朱印。

大綱金刀比羅神社 / 神奈川県横浜市

旧神奈川台町鎮守。横浜のこんぴらさん。飯綱権現と金刀比羅権現の合祀。天狗の像・岩屋にある弁天社。源頼朝による創建の伝承・勝軍飯綱大権現。江戸時代初期に社殿造営。浮世絵で見る神奈川宿。戦前に描かれた当社と記録に残る古写真。御朱印。

星川杉山神社 / 神奈川県横浜市

星川鎮守。限定御朱印や友禅染の御朱印帳。一部区域のみに見られる杉山神社の謎。式内社としての杉山神社。星川の地名由来・古代の遺跡が発見された社地。江戸名所図会に描かれた当社。バリアフリー化され綺麗に整備された境内。御朱印。御朱印帳。

1 2