赤坂氷川神社 / 東京都港区

赤坂氷川神社 / 東京都港区

東京十社・赤坂鎮守の氷川さま。徳川吉宗が造営した社殿が現存。江戸時代の情景が残る境内。浮世絵など江戸時代に描かれた当社。忠臣蔵との繋がり深い地。勝海舟が名付けた四合(しあわせ)稲荷。都内で2番目に古い狛犬・御神木の大銀杏。御朱印。御朱印帳。

潮田神社 / 神奈川県横浜市

潮田神社 / 神奈川県横浜市

潮田地区総鎮守。西潮田村鎮守の御嶽社・東潮田村鎮守の杉山社。大正時代に両社が合併し現在地へ遷座。江戸時代の史料から見る当社。関東大震災・戦災からの再建と現社殿の造営。広い境内に立派な社殿。境外の本殿裏手にある開運地蔵尊庚申様。御朱印。

廣尾稲荷神社(広尾稲荷神社) / 東京都港区

廣尾稲荷神社(広尾稲荷神社) / 東京都港区

広尾鎮守。江戸時代の拝殿が現存。拝殿天井に高橋由一による圧巻の墨龍画。徳川秀忠による勧請。富士見御殿の鎮守・富士見稲荷の謎。江戸切絵図から見る当社と富士見稲荷。高橋由一の墨龍画とその経緯。境内に残る古い奉納物や御神木・境外の庚申塔。御朱印。

麻布氷川神社 / 東京都港区

麻布氷川神社 / 東京都港区

麻布総鎮守。江戸氷川七社の一社。セーラームーンに登場する神社のモデル。源経基により勧請。浮世絵に描かれた麻布一本松。江戸時代に遷座・徳川将軍家からの庇護。江戸切絵図から見る当社。現存する神楽殿や神輿庫。港七福神めぐり・毘沙門天。御朱印。

十番稲荷神社 / 東京都港区

十番稲荷神社 / 東京都港区

麻布十番のお稲荷様。戦災で焼失した末廣神社と竹長稲荷神社が隣接し再建・その後合祀され誕生。麻布坂下町の末廣神社の歴史・麻布永坂町の竹長稲荷神社の歴史。江戸切絵図で見る両社。港七福神めぐりの宝船。かえるの石像とその伝承。御朱印。御朱印帳。

喜多見氷川神社 / 東京都世田谷区

喜多見氷川神社 / 東京都世田谷区

喜多見総鎮守。自然溢れる静謐な参道・区内最古の石鳥居・再建された立派な社殿。古い土地である喜多見の歴史。当地に移入した江戸氏。江戸氏が喜多見氏に改称・喜多見氏の氏神に。江戸郊外に立藩された喜多見藩。江戸名所図会に描かれた当社。御朱印。

瀬田玉川神社 / 東京都世田谷区

瀬田玉川神社 / 東京都世田谷区

瀬田・玉川両地区鎮守。瀬田の地名由来。瀬田城を居城とした長崎氏の下屋敷に創建。後北条氏の滅亡後に名主となった長崎氏により別当寺「慈眼寺」の境内に遷座。御嶽社を称し「おみたけさん」と呼ばれる。明治に多くの神社を合祀し改称。御朱印。

野毛六所神社 / 東京都世田谷区

野毛六所神社 / 東京都世田谷区

野毛総鎮守。多摩川の洪水時に府中から祠が漂着・府中「大國魂神社(六所宮)」から「六所明神」と称され創建。江戸時代に成立した野毛村の歴史。明治になり当地へ遷座。静かで立派な境内。境内社の水神社の伝承・多摩川の水中御渡。御朱印。

多摩川浅間神社 / 東京都大田区

多摩川浅間神社 / 東京都大田区

田園調布(旧下沼部村)鎮守。都内唯一の浅間造社殿。月替りのカラフル御朱印。富士山を眺望できる眺望スポット。『シン・ゴジラ』のロケ地。富士登山を模した溶岩参道。田園調布の歴史と由来。古墳の上に鎮座。北条政子にまつわる創建の伝承。御朱印。

神明社(保土ケ谷区) / 神奈川県横浜市

神明社(保土ケ谷区) / 神奈川県横浜市

旧「伊勢神宮」荘園・榛谷御厨の総鎮守。榛谷御厨とは・保土ヶ谷と神戸の由来。浮世絵で見る程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)。江戸時代に描かれた当社。平成の大造営によって一新された境内。広大な境内に鎮座する本社「天照太神宮」と摂社「豊受大神宮」。御朱印。

1 2 3 4 5 6 20