諏訪信仰

横浜市

石川町諏訪神社 / 神奈川県横浜市

石川町鎮守・はまのお諏訪さん。火防の神とされる御神徳。石川村の諏訪山に創建・諏訪信仰の神社。灯明が絶えず漁船の目標となった伝承。江戸時代の石川町と当社。明治以降の石川町と当社の歩み。戦後に再建された社殿。横濱開港神社巡り。御朱印。御朱印帳。
吉川市

芳川神社 / 埼玉県吉川市

なまずの里・吉川総鎮守。なまずの授与品。鎌倉時代に吉川氏が諏訪神社として再興。平沼村の鎮守。明治以降に多くの神社を合祀・芳川神社へ改称。江戸後期に再建された拝殿が現存。大木の多い境内。諏訪信仰の名残が残る鹿頭大明神。御朱印。御朱印帳。
世田谷区

東玉川神社 / 東京都世田谷区

東玉川の鎮守。「渋谷氷川神社」より移築された江戸時代初期の社殿。拝殿天井絵の火焔龍神像。親子龍の彫刻。等々力村の飛地であった諏訪分と鎮守の諏訪社。明治になり玉川村の成立・合祀政策によって廃社。昭和に入り諏訪社再建と東玉川町の成立。御朱印。
柏市

柏諏訪神社 / 千葉県柏市

柏鎮守のお諏訪さま。江戸時代に水戸街道が整備・一里塚の前に創建。鉄道と共に発展した柏。多くの庚申塔(青面金剛)が並ぶ百庚申。利根川流域に見られる安産祈願の侍道講・侍道大権現。柏市役所の裏手に鎮座。戦後に造営された朱色の社殿や境内社。御朱印。
大田区

多摩川諏訪神社 / 東京都大田区

旧原村(現・多摩川2丁目)鎮守のお諏訪さま。上社(上諏訪)・下社(下諏訪)と呼ばれた2社。新編武蔵風土記稿から見る当社。明治になり上社へ下社が合祀。平成に竣工した朱色の社殿。東福寺に隣接して鎮座。二対の狛犬。本務社は「徳持神社」。御朱印。
大田区

南蒲田北野神社 / 東京都大田区

「蒲田井府天満宮」と称された南蒲田の天神様。梅のカラフル御朱印。下り宮になっている珍しい境内。北蒲田村の邸内社として諏訪社を祀る。呑川の洪水で度々流れ着いた天神様の御神体。明治になり諏訪社と天満宮が合祀。古地図から見る当社と呑川。御朱印。
流山市

駒木諏訪神社(諏訪之宮) / 千葉県流山市

駒木のおすわさま。約1万坪の広大な境内。江戸時代の社殿が現存。古くから信仰を集めた御神水。高市皇子の後裔による創建。源義家(八幡太郎)による献馬の伝承。江戸時代には小金牧として整備された当地周辺。北村西望作・源義家献馬像。御朱印。御朱印帳。
品川区

天祖・諏訪神社 / 東京都品川区

旧大井村濱川町(浜川町)総鎮守。東海七福神・福禄寿。天祖神社と諏訪神社の合祀によって誕生。平安時代より鎮座する天祖神社。江戸時代初期に創建の諏訪神社。江戸時代の史料から見る当社。両社の間に架かる泪橋(浜川橋)。立派な弁天池。御朱印。
立川市

立川諏訪神社 / 東京都立川市

立川のお諏訪さま。平安時代初期「諏訪大社」より勧請。江戸時代になり現在地に再建。平成六年(1994)に不審火によって社殿が焼失・平成十四年(2002)に現在の社殿が再建。三社一殿の立派な社殿。随神門・目の神様・土俵。奉納獅子舞・奉納相撲。御朱印。
川崎市

高津諏訪神社 / 神奈川県川崎市

諏訪河原村鎮守。諏訪の地名由来・諏訪大社との関係。龍の版画御朱印。こぢんまりとした境内。御朱印。