氷川信仰一覧

麻布氷川神社 / 東京都港区

麻布総鎮守。江戸氷川七社の一社。月替りの御朱印。浮世絵にも描かれた麻布一本松。徳川将軍家からの庇護。江戸時代の当社。セーラームーンに登場神社のモデル。コンクリート博士による現社殿。江戸時代の神楽殿や神輿庫。港七福神めぐり・毘沙門天。御朱印。

氷川女體神社(氷川女体神社) / 埼玉県さいたま市

武蔵国一之宮。三室の女体様。武蔵一宮氷川神社の対となる神社。女体社と呼ばれた由来。一直線に並ぶ三社一体の氷川神社説。武蔵国一之宮を称する理由。武蔵野の正倉院と称される。江戸時代に描かれた当社。徳川四代将軍家綱の命で造営された社殿。御朱印。

武蔵一宮氷川神社 / 埼玉県さいたま市

武蔵国一之宮。氷川神社の総本社。氷川の由来。大宮の地名由来。東京・埼玉に点在する氷川信仰。江戸時代に描かれた当社。明治天皇が関東の神社で最初に行幸。約2kmの氷川参道。国費で改築された楼門や社殿。明治天皇御親祭150年祭。御朱印。御朱印帳。

九重神社 / 埼玉県川口市

旧安行村鎮守。安行のひかわさま。樹齢500年の御神木スダジイ。見開きの御神木御朱印や限定御朱印。御神木と九曜紋の御朱印帳。平将門の伝承が残る地。密蔵院の僧により創建。合祀政策によって9社の村社が合祀され「九重神社」に改称。御朱印。御朱印帳。

江北氷川神社 / 東京都足立区

旧江北村の総鎮守。名誉宮司が詠む和歌の見開き御朱印。荒川流域に点在する氷川神社。沼田村の鎮守とされた江戸時代。江戸切絵図から見る沼田村。9か村が合併して江北村が成立し総鎮守となる。江戸後期から明治に造営された社殿。地域の中核神社。御朱印。

草加神社 / 埼玉県草加市

草加総鎮守の氷川さま。天正年間に小さな祠で創建。草加宿の整備と発展。江戸時代は南草加村の鎮守を担う。明治の合祀政策で近隣11社を合祀。草加神社への改称。天保年間に造営された本殿が現存。力石・御神木。参道脇の児童遊園にはSLが展示。御朱印。

赤坂氷川神社 / 東京都港区

東京十社・赤坂鎮守の氷川さま。徳川吉宗が造営した社殿が現存。江戸時代の情景が残る境内。浮世絵など江戸時代に描かれた当社。忠臣蔵との繋がり深い地。勝海舟が名付けた四合(しあわせ)稲荷。都内で2番目に古い狛犬・御神木の大銀杏。御朱印。御朱印帳。

喜多見氷川神社 / 東京都世田谷区

喜多見総鎮守。自然溢れる静謐な参道・区内最古の石鳥居・再建された立派な社殿。古い土地である喜多見の歴史。当地に移入した江戸氏。江戸氏が喜多見氏に改称・喜多見氏の氏神に。江戸郊外に立藩された喜多見藩。江戸名所図会に描かれた当社。御朱印。

上目黒氷川神社(大橋氷川神社) / 東京都目黒区

上目黒鎮守。目黒川の桜の御朱印帳。歌川広重が描いた目黒元富士。新たに整備された目黒富士・当社に遷座した浅間神社。天正年間に加藤氏が勧請して創建。武田家家臣の加藤氏とは・目黒の加藤。急な石段の上に鎮座。御朱印。御朱印帳。

1 2