八幡信仰

江東区

富岡八幡宮(深川八幡) / 東京都江東区

東京十社・深川の八幡様。江戸三大祭りに数えられる深川八幡祭り。江戸勧進相撲の発祥の地・横綱力士碑。徳川将軍家からの庇護と深川の発展。戦後に再建された立派な社殿と進む境内整備。浮世絵に描かれた深川八幡。江戸屈指の盛り場深川。御朱印。御朱印帳。
目黒区

碑文谷八幡宮 / 東京都目黒区

碑文谷鎮守の八幡さま。坂東武士の鑑と称された畠山重忠の守護神を祀る。碑文谷村と地名由来となった碑文石。桜並木が美しい参道は隠れた桜の名所。明治に再建された社殿・広い境内。江戸時代の史料から見る当社。明治維新後の碑文谷と当社の歩み。御朱印。
世田谷区

用賀神社 / 東京都世田谷区

用賀鎮守。室町時代に開拓された用賀村と地名由来。創建年代や御由緒不詳の神明社・用賀村の鎮守であった八幡社と村内の神社。明治になりこれら村内の神社が合祀され「用賀神社」となる。昭和後期に造営された尾州檜による立派な社殿。御朱印。
世田谷区

尾山台宇佐神社 / 東京都世田谷区

尾山台(旧小山村)鎮守。5世紀頃の古墳である八幡塚古墳の上に鎮座。源頼義による創建の伝承の八幡さま。尾山台の地名由来と地名の変遷。江戸時代の史料から見る当社と境内にあった二本松。明治以降の歩み・大正時代に社殿を再建・戦後の改修。御朱印。
世田谷区

世田谷八幡宮 / 東京都世田谷区

世田谷総鎮守。江戸郊外三大相撲の一社。境内の土俵や力石・奉納相撲。源義家(八幡太郎)による創建。世田谷城主・吉良頼康による再興。世田谷村の鎮守として発展。江戸時代に描かれた当宮。広く立派な境内・荘厳な社殿・綺麗な弁天池。御朱印。
大田区

太田神社 / 東京都大田区

旧市野倉村鎮守。那須与一の守本尊を祀る神社。自分で押すのが楽しいセルフ御朱印。八幡社として創建・家運八幡宮と称される。江戸時代の史料から見る当社。明治に太田神社へ改称・戦後の再建。高台の上に鎮座・戦後に再建された社殿。御朱印。御朱印帳。
新宿区

筑土八幡神社 / 東京都新宿区

牛込東部鎮守。新宿区最古の石鳥居・珍しい庚申塔。戦後に再建された社殿・境内社宮比神社。平安時代に創建の伝承。伝教大師(最澄)による神像・筑土の由来。江戸時代は「築土神社」が隣に遷座し並び立つ形に。江戸名所図会に描かれた当社。御朱印。
横浜市

篠原八幡神社(篠原八幡大神) / 神奈川県横浜市

旧篠原村(新横浜を含む)鎮守。八幡山の頂に鎮座・鳥居から見る日の出。天保年間の社殿が現存・社殿裏の御神木。創建時は鶴崎八幡と称し、江戸時代に当地へ遷座・若宮八幡宮と称する。江戸時代の史料から見る当社。古地図で見る鎮座地。御朱印。
世田谷区

駒留八幡神社 / 東京都世田谷区

上馬鎮守。若宮八幡宮。領主による創建・駒留と呼ばれた由来。世田谷城主の側室常磐の悲劇・世田谷区の花「サギソウ」伝説。江戸時代の領主大久保氏からの崇敬。重厚な拝殿と塚の上に建つ本殿。多くの境内社・信仰を伝える一角。御朱印。
台東区

今戸神社 / 東京都台東区

今戸鎮守。源氏縁の八幡信仰の神社。縁結びの神・縁結び会。招き猫発祥の地・沖田総司終焉の地・史実の検証。江戸時代に描かれた当社。明治維新後の改称と戦後の再建。近年のパワースポットブーム。御朱印。御朱印帳。
鎌ケ谷市

道野辺八幡宮(八幡神社) / 千葉県鎌ヶ谷市

鎌ケ谷市総鎮守。将門伝説が残る土地・中沢城の謎。江戸時代の鎌ヶ谷村・道野辺村・鎌ヶ谷大仏。明治以降と戦後の古地図から見る当社の変遷。整備された境内・骨董市と福市。御朱印。御朱印帳。
大田区

田園調布八幡神社 / 東京都大田区

田園調布(旧上沼部村)鎮守。鎌倉武士による八幡信仰。江戸時代に入り鎮守社として中興。田園調布の歴史と由来。本務社は「雪ヶ谷八幡神社」。御朱印。
大田区

道々橋八幡神社 / 東京都大田区

旧道々橋村の鎮守社。道々橋村の誕生と由来。現在は公式地名から消えた道々橋。飛地にあった八幡社との関係。本務社は「雪ヶ谷八幡神社」。御朱印。
大田区

雪ヶ谷八幡神社 / 東京都大田区

旧雪ヶ谷村(南雪谷・東雪谷)の鎮守社。太田康資による創建。「昭和の大横綱」大鵬による出世石と逸話。民間信仰を伝える江戸時代の庚申供養塔群。戦後再建の存在感ある社殿。御朱印。
世田谷区

奥澤神社 / 東京都世田谷区

奥沢鎮守。鳥居に巻き付く藁製大蛇。江戸時代より続く大蛇お練り行事。奥沢城の築城により創建。雰囲気のある奥澤弁天社。奥沢の歴史を伝える境内。八幡小学校発祥の地。御朱印。