新型コロナウイルス対策をした上で参拝しましょう。各神社も御朱印対応が変更の可能性有。

尾久八幡神社 / 東京都荒川区

5.0
荒川区

神社情報

尾久八幡神社(おぐはちまんじんじゃ)

御祭神:応神天皇
社格等:村社
例大祭:8月第1土・日曜
所在地:東京都荒川区西尾久3-7-3
最寄駅:宮ノ前停留場・熊野前駅
公式サイト(Facebook):https://www.facebook.com/oguhachimanjinjya

御由緒

江創建は不詳ですが、鎌倉時代の末期の正和元年(1312)に尾久一帯が鶴岡八幡宮の神領になった頃と考えられています。神社に残る棟札からは、至徳二年(1385)には社殿が再建された事が確認でき、古くから農工商の神様として尾久の人々に信仰されてきました。八月の第一土曜・日曜に例大祭が行われ、四年に一度の神幸祭は本社神輿などが盛大に尾久の町を練り歩きます。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2020/02/10

御朱印

初穂料:500円
社務所にて。

※月替りの御朱印や祭事などに応じて特別御朱印を用意。
※2019年秋より都電神社めぐりの一社に参加。

最新の御朱印情報
9月1日-30日まで「月替り御朱印」
※詳細は公式Instagramにて。
御朱印の受付時間は10:00-16:00まで。(休みの日もあり)

[2020/02/10拝受]
(2020年2月)

御朱印帳

初穂料:1,500円
社務所にて。

都電神社めぐりの特別御朱印帳を用意。
令和二年版のデザイン。

※筆者はお受けしていないため情報のみ掲載。

歴史考察

尾久の総鎮守・おぐはちまん

東京都荒川区西尾久に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧上尾久村・旧下尾久村・旧船方村といった尾久一帯の総鎮守。
正式名称は「八幡神社」だが、地名から「尾久八幡神社」と称される事が多い。
現在は社頭に都電荒川線が通っていて、鳥居の目の前が宮ノ前停留所となっている。
そのため都電と神社のレトロな雰囲気が楽しめる一社。
令和元年(2019)秋より都電神社めぐりの一社に参加している。

鎌倉時代に鶴岡八幡宮へ寄進された尾久一帯

社伝によると、創建年代は不詳。

当社には最も古いもので至徳二年(1385)の棟札(荒川区指定文化財)が残っていて、それ以前より創建されていたのは間違いない。

正和元年(1312)、鎌倉幕府により小具郷(尾久一帯の旧地名)は「鶴岡八幡宮」に寄進される。
この事からそれ以降に鎌倉の「鶴岡八幡宮」より勧請されたと推測されている。

鶴岡八幡宮 / 神奈川県鎌倉市
相模国一之宮格。鎌倉武士の守護神。源頼朝により現在地に遷座・上下両宮に整備。静御前が舞った若宮廻廊(現・舞殿)。源実朝の落命の地。江戸幕府による庇護。源平池・再建された旗上弁財天社。倒伏した大銀杏。表参道の段葛・若宮大路。御朱印。御朱印帳。
小具郷と呼ばれた尾久一帯
古くは「おうぐ」と発音したとされる尾久一帯。
鎌倉時代にかけては「小具郷(おぐのさと)」と称され、「鶴岡八幡宮」の社領となる。
一説では「豊島郡の奥」「江戸の奥」が由来とされる。

鶴岡八幡宮」の社領であったため八幡信仰の神社として創建。
その後は小具郷の鎮守とされた。

当社については、至徳二年(1385)、明徳四年(1393)・応永二十八年(1421)・永享五年(1432)・文明十二年(1480)の棟札が残り、中世に渡り小具郷の鎮守として崇敬を集めた。

当社を取り囲んでいた八幡堀

江戸時代に入ると、小具郷は上尾久村・下尾久村・舟方村(後の船方村)に分村。
当社は上尾久村・下尾久村・船方村の鎮守として崇敬を集めた。

当時の当社は王子・上中里・田端・日暮里と流れる用水に囲まれ、それらを八幡掘と称した。
川を往復する船が八幡堀まで入って交易で賑わったと云う。

当社が所蔵する上尾久村村絵図(荒川区指定有形文化財)にはこうした用水の流路なども描かれている。

かつての社地は現在よりももっと広大で、現在の都電荒川線の南側まで広がっていた。
また当社へ向かう参道は「大門通り」と呼ばれ、当社(別当寺含む)に大きな門が置かれていた事が窺える。

江戸切絵図から見る尾久一帯と当社

江戸時代の当社周辺については、江戸切絵図を見ると分かりやすい。

(根岸谷中辺絵図)

こちらは江戸後期の日暮里やその北側の切絵図。
左が北の地図で、当社は中央やや左に描かれている。

(根岸谷中辺絵図)

当社周辺を拡大し時計回りに90度回転させ北をほぼ上にしたものが上図。

江戸時代の切絵図であるため実際の位置関係にズレが生じている事と、かなり大雑把で細かい部分が描かれていない事に注意が必要だが、赤円で囲った箇所が当社。
隅田川(当時は荒川)から程近い位置に「八幡別當」といった事が記されている。

西尾久・東尾久・下尾久といった地名を見ることもできるが、西尾久・東尾久は上尾久村の一画だったと思われる。

新編武蔵風土記稿に記された当社

文政十三年(1830)に成立した『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(上尾久村)
八幡社
上下尾久舟方三村の鎮守なり。神体木像神秘なりと云。願勝寺の持。
末社。疱瘡神。稲荷。天神。諏訪。弁天。

上尾久村の「八幡社」として記されているのが当社。
「上下尾久舟方三村の鎮守なり」とあるように、上尾久村・下尾久村・舟方村の鎮守であった。

これら3村はかつて小具郷と呼ばれた地域。

末社として幾つか神社があり、弁天社は現在も当社の境内社として残る。
別当寺は「願勝寺」(現・廃寺)であった。

明治以降の歩み・戦前は花街だった尾久・戦後の再建

明治になり神仏分離。
明治五年(1872)、村社に列する。

旧別当寺「願勝寺」は明治八年(1875)に廃寺となった。

明治十一年(1878)、周辺の稲荷神社・鹿島神社・神明社・胡録神社・熊野神社・調神社を合祀。

明治二十二年(1889)、上尾久村・下尾久村・船方村の一部が合併し尾久村が成立。
当社は尾久村の鎮守として崇敬を集めた。

明治四十二年(1909)測図の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲った箇所が当社の鎮座地で、今も昔も変わらない。
尾久村や上尾久といった地名を見ることもできる。

この古地図には王子電気軌道(現・都電荒川線)の路線が記されているが、これは大正三年(1914)鉄道部分だけ補入した地図であるためで、実際はまだ路線は通っていなかった。

明治四十五年(1912)、王子電気軌道(現・都電荒川線)の路線が敷かれる。
大正二年(1913)、宮ノ前停留場が開業。

かつては今より広かった社地も路線が原因で2分される事となり、結果的に現在の社地へ縮小された。
尾久温泉の発見と花街として発展・阿部定事件も
大正三年(1914)に尾久温泉(ラジウム鉱泉)が湧き出たことにより尾久一帯は発展。
料理屋・芸妓屋・待合といった三業地(花街)として発展することになる。
有名な「阿部定事件」は、尾久三業地の待合「満佐喜」(現・西尾久)で起きた事件として知られる。
戦後の高度経済成長期に地下水が枯渇して温泉が消滅。現在は花街の名残は残していない。
阿部定事件(あべさだじけん)
昭和十一年(1936)に発生した猟奇性の高い事件。
阿部定と云う芸妓が性交中に愛人の男性を扼殺し、局部を切り取った事件で、その猟奇性から当時の日本国民の注目を集めた他、小説や映画などの題材にもされた。

昭和二十年(1945)、東京大空襲によって社殿が焼失。
昭和三十年(1955)、社殿を再建。
これが現在の社殿として現存。

その後も境内整備が進み現在に至る。

令和元年(2019)秋より都電神社めぐりの一社に参加している。

都電神社巡り
都電荒川線、通称「都電」の沿線にはたくさんの神社が鎮座しています。七社神社を含めた沿線神社の3社では、ご朱印に川瀬ホシノ先生デザインの都電印(都電9000形)を捺印しています。また、期間限定の御朱印もありますのでお気軽にお越しください。

境内案内

都電荒川線・宮ノ前停留場の目の前に鎮座

最寄駅は都電荒川線の宮ノ前停留場。
目の前が当社となっていて、都電と神社と云う組み合わせが何ともレトロ感たっぷり。
こうした都電との共演は当社ならではと云え、実に風情のある光景。
宮ノ前停留場の名はその名の通り当社(宮)の前にある事に由来。

都電荒川線(とでんあらかわせん)
愛称は「東京さくらトラム」、軌道路線(路面電車)。
王子電気軌道によって敷設された路線を東京市が買収したものを起源とする路線。
ピーク時に40路線展開していた都電路線は荒川線を残し全て廃止されているため、現存する唯一の都電で、三ノ輪橋-早稲田間(12.2km/30停留場)を運行している。
都営,都バス,都電,荒川線
東京都交通局のウェブページです。
かつてはこの都電荒川線のあたりを含め当社の社地で、開業にあたり現在の社地となった。

戦前の大きな鳥居・新しい狛犬

宮ノ前停留場の目の前に当社の大きな鳥居。
宮ノ前停留場の名はその名の通り当社(宮)の前にある事に由来。
昭和十二年(1937)に建立された鳥居。
社号碑には「尾久八幡神社」。

鳥居を潜ると右手に手水舎。
水が出て身を清める事ができる。

その先に一対の狛犬。
まだ新しい狛犬。
デフォルメされた表情がどこかアニメテイスト。

戦後に再建された立派な社殿

参道の先に立派な社殿。
石段があり玉垣に囲まれた社殿。
旧社殿は東京大空襲にて焼失。
現在の社殿は昭和三十年(1955)に再建された。
とても立派な社殿で、氏子崇敬者による再建への想いが伝わる。
状態もよく管理されている。

古くから末社だった厳島神社

境内社は社殿の左手に一社。
鳥居が設けられ玉垣に囲まれた一画。
江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』にも末社として「弁天」の名が見え、古くから祀られていた事が窺える。
石祠に祀られていて綺麗に管理されている。
手前には一対の狛犬。
昭和十一年(1936)奉納の戦前の狛犬。

厳島神社の左手には弁天池の名残。
残念ながら水が張られていないので池にはなっていないものの、かつては弁天池として整備されていた事が分かる。

この厳島神社の裏手には公園。
「尾久八幡公園」と名付けられた公園で、かつてはこのあたりに用水路があり、当社を囲むようにしていたため八幡堀と呼ばれた。

ご指定のページは見つかりませんでした/荒川区公式サイト

古い扁額と江戸時代中期の水盤(手水鉢)・力石

社殿の手前、右手に古い扁額と水盤が置かれている。
扁額には「八幡神社」の文字。
水盤(手水鉢)は江戸中期の享保十四年(1729)奉納と古いもので、荒川区登録文化財。

拝殿前の狛犬の近くに力石。
無造作に置かれているがかつて村人が力比べに使用したものであろう。

社殿の左手には立派な神輿庫。
当社の例大祭は8月の第1土・日曜に斎行されるが、4年に1度の例大祭は神幸祭で盛大なものになると云う。

月替りのカラフル御朱印・都電神社めぐりの一社

御朱印は社務所にて。
とても丁寧に対応して下さった。

令和元年(2019)秋よりカラフルな月替り御朱印を用意。

御朱印は「八幡神社印」の朱印、左下に「尾久八幡神社参拝證」の印。
都電神社めぐり「宮ノ前」のスタンプも押されている。
現在は月替りの御朱印を用意していて、2020年2月は「しだれ梅」の可愛らしい御朱印であった。

最新の御朱印情報
9月1日-30日まで「月替り御朱印」
※詳細は公式Instagramにて。
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
【公式】尾久八幡神社(@ogu_hachiman)さん | Twitter
【公式】尾久八幡神社 (@ogu_hachiman)さんの最新ツイート 東京都荒川区に鎮座する尾久八幡神社の公式アカウントです。よろしくお願い致します。 【アクセス】 都電荒川線  宮ノ前 停留所 下車すぐ 日暮里・舎人ライナー 熊野前駅から徒歩5分 東京都荒川区西尾久3丁目7−3
御朱印の受付時間は10:00-16:00まで。(休みの日もあり)
都電神社めぐり
都電に乗って神社巡りができる施策で当初は3社が参加。
令和元年秋より当社が加わり令和二年現在では4社が参加している。
「尾久八幡神社」(荒川区西尾久)(宮ノ前停留場)
七社神社」(北区西ヶ原)(飛鳥山停留場)
大塚天祖神社」(豊島区南大塚)(大塚駅前停留場)
雑司が谷大鳥神社」(豊島区雑司が谷)(都電雑司ヶ谷停留場)
都電神社巡り
都電荒川線、通称「都電」の沿線にはたくさんの神社が鎮座しています。七社神社を含めた沿線神社の3社では、ご朱印に川瀬ホシノ先生デザインの都電印(都電9000形)を捺印しています。また、期間限定の御朱印もありますのでお気軽にお越しください。
七社神社 / 東京都北区
西ヶ原総鎮守。八重桜の御衣黄と福禄寿。子宝や子孫繁栄の御神徳・子守犬(こまいぬ)。無量寺の境内に創建(現・旧古河庭園内)。七柱の神を祀る事から七所明神と称される。江戸時代に描かれた当社。神仏分離によって独立・現在地へ遷座。御朱印。御朱印帳。
大塚天祖神社 / 東京都豊島区
旧巣鴨村の総鎮守。大塚駅前に鎮座。幕末に奉納された子育て狛犬・雄木と雌木が対となった夫婦銀杏。鎌倉時代に豊島氏によって創建。江戸時代に流行した鬼子母神信仰・十羅刹女を祀る。十羅刹女堂。神仏分離で天祖神社へ改称。都電神社めぐりの一社。御朱印。
雑司が谷大鳥神社 / 東京都豊島区
雑司が谷のお酉さま。11月の酉の市・毎月開催の手創り市。鬼子母神堂の境内に鷺大明神として創建。雑司が谷村鎮守。痘瘡守護神として信仰。神仏分離・寄進による再興。都電荒川線の線路沿いに鎮座。巾着の賽銭箱。雑司が谷七福神・恵比寿神。御朱印。

都電神社めぐりの御朱印帳も用意。
令和二年(2020)より頒布になった新しいデザイン。

所感

尾久一帯の総鎮守として崇敬を集めた当社。
かつて「鶴岡八幡宮」に寄進された小具郷と呼ばれていた地に創建された八幡さまで、後に上尾久村・下尾久村・船方村に分村後も当社は一帯の鎮守を担った。
現在も氏子区域はほぼ引き継いでいてかなり広く、地域一帯から崇敬を集めている。
大正時代以降の尾久は、尾久温泉によって花街として発展した歴史を持つ。
かの有名な阿部定事件は、現在の西尾久で発生した事件であり、尾久の歴史の1つでもあろう。
現在はそうした花街としての面影を残していないものの、何より素敵なのが都電との組み合わせ。
唯一現存する都電荒川線と当社の組み合わせが何ともレトロで良い光景。
尾久一帯の歴史を伝えるだけでなく、現在も当社らしさがある光景を残す良い神社である。

神社画像

[ 都電荒川線・鳥居 ]




[ 鳥居・社号碑 ]




[ 手水舎 ]


[ 狛犬 ]


[ 拝殿 ]









[ 本殿 ]


[ 厳島神社 ]










[ 神輿庫 ]

[ 力石 ]

[ 扁額・水盤(手水鉢) ]


[ 絵馬掛 ]

[ 社務所 ]

[ 神輿庫 ]

[ 案内板 ]


Google Maps

コメント

タイトルとURLをコピーしました