高円寺氷川神社 / 東京都杉並区

神社情報

高円寺氷川神社(こうえんじひかわじんじゃ)

御祭神:素盞鳴命・八意思兼命(気象神社)
社格等:村社
例大祭:8月下旬
所在地:東京都杉並区高円寺南4-44-19
最寄駅:高円寺駅
公式サイト:http://khj-kisyoujinjya.jp/

御由緒

氷川神社について
江戸名所図会によれば、その昔源頼朝奥州征伐のとき武蔵国杉並の地に至り給う際、随兵の中に当高円寺村にとどまり終に農民となる者あり……と記されている。
一説によれば村田兵部某云々ともいわれ(因みに村田姓は高円寺の旧家なり)その時武蔵国大宮高鼻の本社よりの御神意の使者が同氏に伝え、この高円寺村の位置高く燥松杉桐茂し遠く水田を望みて風致絶佳とされる当地に社殿を建立したのが起源といわれている。御祭神は素盞嗚尊で国土開発、災難除けの信仰がある。氷川神社の御分社は約一千社あり関東地方が大部分を占めている。当社の創建された時期は不詳であるが、口碑によれば天文年間曹洞宗高円寺の創建と同時に剏祀されたといわれている。末社には気象神社、稲荷神社、御嶽神社、日枝神社が祀られている。
昭和四十六年十月十四日、社殿、社務所、神楽殿、神輿庫、手水舎が新しく御造営され、今日に至っている。
例大祭は毎年八月二十七、二十八日に行われる。
気象神社由緒
この気象神社は、旧陸軍気象部の構内(旧馬橋4丁目、現在高円寺北4丁目)に昭和19年4月10日造営、奉祀され、途中空襲による焼失、再建されたが太平洋戦争の終結に依り気象部隊解散に伴い旧気象部隊関係者によって払い下げを受け当高円寺氷川神社に昭和23年9月18日遷宮祭を執行し、移設されたものである。
以来気象部隊関係者を始め多くの方々のご参拝、奉仕を受けて参りましたが月日の経過と共に社殿の腐蝕が甚だしく遷宮55年を記念して新しい社殿の御造営に着手し、平成15年6月1日の気象記念日に竣工式を挙行した。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2018/01/24(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/10/13(御朱印拝受)
参拝日:2015/09/13(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※2017年10月より御朱印がリニューアル。
※手彫りはんこによる月替りの御朱印を用意。
※境内社「気象神社」の御朱印も拝受でき、天気によってはんこが変わる。

[2018/01/24拝受]
(氷川神社/1月限定/晴)

[2018/01/24拝受]
(気象神社/晴)

[2018/01/24拝受]
(氷川神社/1月限定/雪)

[2018/01/24拝受]
(気象神社/雪)

[2016/10/13拝受]
(旧御朱印)

[2015/09/13拝受]
(旧御朱印)

御朱印帳

初穂料:─
社務所にて。

2018年1月よりオリジナルの御朱印帳を頒布開始。
表面に高円寺氷川神社、裏面に気象神社をデザイン。
神紋や印影だけでなくアルファベットを使用。
青、緑、赤の3色展開。(参詣時は青は品切れ)

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

歴史考察

高円寺鎮守の氷川さま・日本唯一の気象神社

東京都杉並区高円寺南に鎮座する神社。
旧社格は村社で、高円寺の鎮守。
正式名称は「氷川神社」だが、他との区別のため「高円寺氷川神社」とさせて頂く。
境内社に日本で唯一の「気象神社」が鎮座。
授与品に下駄型の絵馬がある事でも知られる。
最近ではカラフルな月替り・天気替わりの限定御朱印も開始し人気が高い。

源頼朝に随伴していた家臣が帰農し創建の伝承

創建については、史料が火災により焼失しており不詳。

社伝によると、文治五年(1189)に創建と伝わる。
源頼朝が奥州征伐の際に当地に立ち寄った際、随伴していた家臣・村田兵部某が当地に留まり帰農し、「武蔵一宮氷川神社」より勧請して社殿を建てたと云う。

武蔵一宮氷川神社」(現・さいたま市大宮区高鼻町)は、東京都や埼玉県に約200社程点在する「氷川神社」の総本社。武蔵国の一之宮とされる。
武蔵国一之宮。氷川神社の総本社。氷川の由来。大宮の地名由来。東京・埼玉に点在する氷川信仰。江戸時代に描かれた当社。明治天皇が関東の神社で最初に行幸。約2kmの氷川参道。国費で改築された楼門や社殿。明治天皇御親祭150年祭。御朱印。御朱印帳。

別説として、口碑によれば、曹洞宗・宿鳳山「高円寺」と同時期に創建されたとも伝わる。

「高円寺」(現・杉並区高円寺南4)は、弘治元年(1555)に「中野成願寺」三世建室宗正により開山された寺院で、創建時より当社の別当寺を担っていた。

史料が焼失しているため不詳の部分も多いが、氷川神は開拓神として崇敬が篤い神であり、当社も農業の神として崇敬を集めたようだ。

徳川家光によって改称された高円寺村

現在、高円寺と呼ばれる当地周辺は、江戸時代初期まで「小沢村」と称されていた。
「高円寺村」と呼ばれるようになるのは、三代将軍・徳川家光の時代。
当社の別当寺「高円寺」が、第5世耕岳益道の時に、徳川家光の知遇を得ていた事による。

家光が鷹狩りで小沢村を訪れた際、雨宿りのために「高円寺」に立ち寄り休息。
その際、住職が家光を一般の雨宿り客としてさりげなくもてなした事で、家光は大変気に入ったと云い、鷹狩りの度に立ち寄るようになった。
「高円寺」境内に仮御殿や茶室までが作られ、家光から多大な庇護を受けた。
こうして「高円寺」は、家光ゆかりの寺院として、広くその名を知られるようになっていく。

正保年間(1645年-1648年)、当地の村名が「小沢村」から、寺院の名前に因み「高円寺村」に改称。
これは第5世耕岳益道に感銘を受けた家光の命によって改めさせたとも伝わる。

現在の「高円寺」という地名の由来は、当社の別当寺であった宿鳳山「高円寺」と家光によってもたらされたと云えるだろう。

江戸時代の史料から見る当社・別当寺は高円寺

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(高円寺村)
氷川社
除地四段三畝十歩。外に供免一段五畝。小名原にあり是も鎮守なり。本社三尺四方南向、上屋二間に三間、木の鳥居をたつ。村内高円寺の持。

高円寺村の「氷川社」とあるのが当社。
高円寺村の鎮守であった事が記されている。

「是も鎮守なり」の一文があるように、高円寺村にはもう一社鎮守と記されている神社がある。それが現在の東高円寺駅側の「高円寺天祖神社」(杉並区高円寺南1)であり、共に高円寺村の鎮守とされた。

当社は村名の由来となった「高円寺」が別当寺であり、地域から崇敬を集めた。

明治以降の歩み・戦後の復興

明治になり神仏分離。
明治七年(1874)、村社に列している。

明治二十二年(1889)、町村制が施行され高円寺村・馬橋村・阿佐ケ谷村・天沼村・成宗村・田端村の6か村が合併し、杉並村が成立。
高円寺村は杉並村高円寺となり、当社は高円寺鎮守の一社となった。

これらが現在の高円寺南・高円寺北といった住所となっていく。

明治四十二年(1909)の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲っているのが現在の鎮座地で、今も昔も変わらない。
その右手にある「高円寺」が当社の旧別当寺。
橙円で囲ったのが当社と共に高円寺鎮守であった「高円寺天祖神社」。

既に中央本線の鉄道が通っていたものの、まだ高円寺駅はなく、当地周辺はのどかな農村だった事が分かる。

大正十一年(1922)、鉄道省の駅として高円寺駅が開業。
同年発生した関東大震災以後は、都心や下町から多くの文人が移り住み、荻窪や阿佐ヶ谷などと共に阿佐ケ谷文士村と云われていく事になる。
こうして高円寺周辺は人口が爆発的に増えていき、当社は高円寺鎮守として、多くの崇敬を集めていく。

昭和二十年(1945)、東京大空襲によって社殿などが焼失。
高円寺駅も駅舎が焼失していたりと、当社周辺は殆ど焼け野原となったようだ。

昭和二十二年(1947)、仮殿で復興。
昭和二十三年(1948)、「気象神社」が当社境内に境内社として遷座。

昭和四十六年(1971)、現在の社殿が造営。
社務所、神楽殿、神輿庫なども造営され再建し、現在に至る。

境内案内

高円寺駅近くの好立地に鎮座・黒い鳥居

高円寺駅から非常に近く、商店の立ち並ぶ好立地に鎮座。
黒い鳥居が特徴的。
社号碑には「氷川神社」の文字。

鳥居の先に門が設けられており、平時の夜間は防犯上の観点から閉門しているため、境内に入る事はできない。

鳥居を潜ると右手に手水舎。
綺麗に水が張られて管理されている。

戦後に再建された鉄筋コンクリート造の社殿

社殿は昭和四十六年(1971)に再建されたもの。
戦時中に焼失し、長らく仮殿であったが、鉄筋コンクリート造で再建された。
全体的な色合いが少し個性的でやや黒系にまとまっている。
色合いからか、黒い鳥居と共に不思議とモダンな印象を受ける。
扁額には氷川宮の文字。

社殿の右手には神輿庫。
ガラス張りになっていていつでも神輿の姿を見る事ができるのは嬉しい。

境内社に日本唯一の気象神社・下駄型の絵馬

社殿の左手に境内社の「気象神社」。
日本で唯一とされる「気象神社」という珍しい神社。
珍しい事もあり、当社と共に名を知られる。

「気象神社」は、現・高円寺北4丁目にあった大日本帝国陸軍の「陸軍気象部」の構内に、昭和十九年(1944)に造営された神社。
陸軍気象部にあったから事から「気象神社」と称された。
気象観測員が気象予報の的中を祈願したと云う。

戦後、撤去されるはずであったが、連合軍宗教調査局の調査漏れで残存。
昭和二十三年(1948)に当社境内に遷座する事となった。
現在の社殿などは平成十五年(2003)に再建されたもの。

例大祭は6月1日の気象記念日に行われる。
なお、気象神社には御嶽神社・日枝神社も合祀されている。

「気象神社」の御祭神は、八意志兼命(やごころおおもいかねのみこと)。
知恵を司る神とされ、有名な「岩戸隠れ」の際に、天照大神を岩戸の外に出すための知恵を授けた神として知られている。
このような神話から、暗闇を明るくする知恵を持った神として、気象神社の御祭神とされた。
「氷川神社」の御祭神は素盞鳴尊(すさのおのみこと)であり、上述の「岩戸隠れ」の原因となった神でもある。そういった縁もあって、当社に遷座されたのかもしれない。

気象神社の鳥居前には絵馬掛があり、ここに掛けられる絵馬が中々面白い。
下駄の形をした絵馬になっていて、いわゆる「明日天気になーれ」でお馴染みの下駄飛ばし「お天気占い」から来るもの。
当社らしい独自性のある絵馬になっていて、天候に関する願い事が多く掲げられていた。

多くの稲荷神社と力石

気象神社の後方には稲荷神社が並ぶ。
社殿として設けられているのは三社。
何れにも稲荷大明神の幟が置かれており、地域に祀られていたお稲荷様なのであろう。

左手の隅には力石も多数置かれている。
東京大空襲によって境内の多くが焼失してしまったが、こうして歴史を感じさせるものが残っているのは素晴らしい。

月替りや天気によって変わるカラフル御朱印・オリジナル御朱印帳も用意

御朱印は社務所にて。
左手のドアより中に入り窓口でお願いする形。

2017年10月より御朱印が変更。
手彫りのはんこを使い、月替りの御朱印を用意するようになった。

気象神社の御朱印は天気によってはんこが変わると云う、気象神社らしい面白い施策。
こちらが晴れの日の御朱印。(1月御朱印)
こちらが雪の日の御朱印。(1月御朱印)
氷川神社の神紋の色と、気象神社のはんこに違いがある。

雪の日御朱印は雪が降っている日だけでなく、積もった雪がまだ残っている期間に頂ける。他に雨の日の御朱印も存在。

2018年1月よりオリジナル御朱印帳の頒布も開始。
表面に高円寺氷川神社、裏面に気象神社をデザインし、神紋や印影だけでなくアルファベットを使用したもので、青、緑、赤の3色展開。

他にも気象神社に関する授与品が増えていたりと、御朱印を含め積極的に活動されるようになった印象。

高円寺阿波おどりは当社の例大祭に併せて開催

少し余談となるが、高円寺・夏の風物詩となっている「東京高円寺阿波おどり」。

NPO法人 東京高円寺阿波おどり振興協会公式サイト。2018年の本大会は、8月25日(土)、26日(日)です。

これは高円寺の商店街(現・パル商店街)青年部が町おこしとして、当社の例大祭に併せて始めたものである。

現在も「東京高円寺阿波おどり」が開催される日は、当社の例大祭の日。8月下旬の土日となっている。当社周辺にも多くの出店が出て賑わう。

今では東京を代表する夏祭りの1つとなっている「東京高円寺阿波おどり」は、当社と深く結びついているものであり、こうしたエピソードからも今なお当社が、高円寺の鎮守として親しまれているのが伝わる。

所感

高円寺の鎮守として崇敬を集める当社。
高円寺の地名由来となった宿鳳山「高円寺」が別当寺を担い、江戸時代の頃より地域の人々から崇敬を集めたのであろう。
大正以降に高円寺駅ができ、関東大震災の影響で人口が大幅に増加、そして戦後の復興によって、今では若者から人気のある街となっている高円寺において、当社は今もなお崇敬を集める存在であるのは間違いない。
高円寺の一大イベントである「東京高円寺阿波踊り」は当社の例大祭に併せて開催されるものであり、町おこしと鎮守が一帯となって大成功したイベントとも云え、こうした事からも当社が高円寺にとって大切な存在なのが伝わる。
また、境内社の「気象神社」は日本唯一という事で、中々に興味深い。
御朱印や授与品にも力を入れるようになり、今後も様々な施策が楽しみな神社である。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]


[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]





[ 拝殿・本殿 ]

[ 狛犬 ]


[ 境内社鳥居 ]

[ 絵馬掛 ]



[ 気象神社 ]





[ 稲荷神社 ]




[ 力石 ]

[ 社務所 ]


[ 御籤掛 ]

[ 神楽殿 ]
img_1562
[ 神輿庫 ]

[ 案内板 ]


Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google