意富比神社(船橋大神宮) / 千葉県船橋市

image

神社情報

意富比神社(おおひじんじゃ)
船橋大神宮(ふなばしだいじんぐう)

御祭神:天照皇大御神
旧社格:延喜式内社(小社)・県社
例大祭:10月20日
所在地:千葉県船橋市宮本5-2-1
最寄駅:大神宮下駅・船橋駅
公式サイト:http://www.oohijinja.jp/

御由緒

 景行天皇40年、皇子日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国御平定の折、当地にて平定成就と旱天に苦しんでいた住民のために天照皇大御神を祀り祈願された処、御神徳の顕現がありました。これが当宮の創始であります。
 平安時代、延長5年(927)に編纂が完成した『延喜式』にも当宮が記載されており、式内社としての歴史を知ることができます。
 後冷泉天皇の御世、天喜年間(1053〜58)には、源頼義・義家親子が当宮を修造し、近衛天皇の御世、仁平年間(1151〜54)には、船橋六郷の地に御寄付の院宣を賜り、源義朝が之を奉じて当宮を再建し、その文書には「船橋伊勢大神宮」とあります。
 鎌倉時代、日蓮聖人(1222〜82)は宗旨の興隆発展成就の断食祈願を当宮にて修め、曼荼羅本尊と剣を奉納されました。
 江戸開府の頃、徳川家康公(1546〜1616)は当宮に社領を寄進、奉行をして本殿・末社等を造営し、以来江戸時代を通して五十石の土地が幕府から寄進され幕末に至りました。
 近代に入り、明治天皇陛下(1852〜1912)には習志野・三里塚へ行幸の都度、勅使を以て幣帛料を御奉奠遊ばされました。
 往時の諸社殿の景観は、江戸時代末期の『江戸名所図会』に窺えますが明治維新の戦火のため焼失しました。
 その後、明治6年(1873)に本殿が造営されたのを初めとして、大正12年(1923)、昭和38年(1963)、同50年(1975)、60年(1985)に本殿・拝殿・末社・鳥居・玉垣・参道に至るまで随時造営がなされ、県文化財指定の灯明台の修復なども経て、今日に至っております。公式サイトより)

参拝情報

参拝日:2016/06/27(ブログ内の画像撮影)
参拝日:2015/04/15(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
授与所にて。

意富比神社

御朱印帳

初穂料:1,200円
授与所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
表面には当社のシンボルの1つでもある灯明台、裏面には二代安藤広重の絵をデザインした濃紺ベースのもの。
表面の見返しには御神札が貼られている。

image

※筆者はお受けしていないため情報のみ掲載。

スポンサーリンク

考察

船橋大神宮と称される古社

千葉県船橋市宮本に鎮座する神社。
古代の社格では延喜式内社の小社であり、旧社格は県社。
正式名称は「意富比神社(おおひじんじゃ)」。
「船橋大神宮」の通称で親しまれる事が多く、正式名称を知らない方も多い。
千葉県内でも有数の古社であり、古くから崇敬を集めている神社である。

意富比神という土着の太陽神

社伝によると、景行天皇四十年(110)、日本武尊が東征の折に当地で東国平定成就を祈願し、日照りに苦しむ当地の住民のために天照皇大神をお祀りしたところ、雨が降り出したとされ、これが当社の創始とされている。

これらは天照皇大御神をお祀りする伊勢信仰の要素が強い社伝となっているが、実際はこの地域で信仰された土着の神がベースにあったと思われる。

当社の正式名称「意富比神社」の元ともなっている「意富比」という中々他では聞いた事がない語源を紐解くと面白い事実が明らかになる。
諸説あるのだが、現在最有力となっているのが、意富比の古い読みは「おほひ」であり、その語源の変化から日や火を表した「おおひ=大日」であるとされ、「太陽神(大日神)」の意味を持つというものになる。

すなわち「意富比神」という土着の太陽神をお祀りしていたのが当社であり、元々は伊勢信仰ではなく、土着の太陽神「意富比神」をお祀りする神社であった事が分かる。

当地は古くから東京湾を使った漁民によって生活圏があった事が分かっており、そうした当地の村民・漁民から土着の太陽神を祀った信仰があったのであろう。
当社のような古社には、こうした土着の神を祀る例が大変多く、当社も正にそうした古代のこの地方特有の太陽神をお祀りした神社であり、地域に根付いた古い信仰を感じさせてくれる。

国史にも名を見る事ができる古社・式内社

当社の文献での初見は、正史である六国史『日本三代実録』の貞観五年(863)の項目に「下総国意富比神」とあり、正五位下を授けられたとされる。
貞観十六年(874)には、従四位下を授けられており神格が昇格しているのが分かる。
これらは船橋市域に関する文献として最古であり、当地で大変規模の大きな神社であったのだろう。

延長五年(927)に編纂された『延喜式神名帳』では、小社に列格する「下総国葛飾郡 意富比神社」と記載されており、これが当社である。
これにより当社は延喜式内社(式内社)とされる。
image

このように古くから土着の信仰を集めていた当社は、その規模も大きく古くより朝廷にまで名の知れた神社であった。

伊勢信仰との習合(同化)

上述のように、古代の頃よりこの地方特有の太陽神「意富比神」をお祀りした神社であった当社が、現在の天照皇大神をお祀りする伊勢信仰となったのは、この地特有の歴史によるものと思われる。

保延四年(1138)、当社よりやや北側に位置する現在の船橋市夏見を中心とする一帯が、「伊勢神宮」に寄進されて荘園となる。
古い文献として「夏見御厨(なつみみくりや)」という名が残っており、正に「伊勢神宮」の荘園であった証拠と云えるだろう。
当地から「伊勢神宮」へ白布を貢納したとされる。
そういった関係の元、当地近くの夏見に伊勢信仰である「神明社」が建立される事となる。

「伊勢神宮」の御祭神は天照皇大神であり、まさしく日本を代表する最高位の太陽神である。
そして当社の土着の神、意富比神も太陽神であったとされ、この事から現在の関係が浮かび上がる。

夏見御厨の衰退と共に夏見に建立した「神明社」も廃れ、いつしか当地周辺で最も歴史があり最も規模の大きな当社へ合祀したものと思われる。
上述のように、当社は土着の太陽神をお祀りする神社であり、伊勢信仰も太陽神をお祀りする神社である。
「伊勢神宮」の荘園として、伊勢信仰も根付いた土地であったため、次第に偉大な神として天照皇大神への伊勢信仰が強くなり、そのまま習合していったのではないだろうか。
古代の御祭神も伊勢信仰も、同じ太陽神であったため、習合(同化)は自然なことであったのだろう。

その証拠に、中世以降は一般的に「船橋神明」と呼ばれる事が多くなっており、神明という文字からも分かるようにこれは正に伊勢信仰の社名となっている。
こうしていつしか土着の「意富比神社」は忘れ去られ、伊勢信仰の神社として現在へ繋がっていく。

名だたる武将などからの崇敬

下総国でも有数の古社であった当社は、上述のように朝廷にも知れた神社であった。
さらに多くの武将からの崇敬を集めている。

残念ながら多数保存されていた中世の文書が、明治維新時の戊辰戦争の一つ「市川・船橋戦争」によって、社殿などと共に焼失しているため、史料として残っていないものも多いが、当地を代表する古社であるので、多くの崇敬を集めたのは間違いない。

平将門からの社領の寄進があったとされる。
天喜年間(1053年-1058年)には、源頼義・義家親子が当社を修造。
源頼朝も社領の寄進や社殿の造営を行ったとされている。

鎌倉時代、日蓮聖人は宗旨の興隆発展成就の断食祈願を当社で修め、曼荼羅本尊と剣を奉納したと伝わる。

応永六年(1399)には、千葉満胤が私領を寄進とある。
この頃には下総国という事で千葉氏の一族との繋がりが深かったようだ。
当時は当地で勢力を保っていた千葉氏系の豪族富氏が宮司となっていた。
現在でも千葉姓に改名し、同族が宮司となっているように、やはり千葉氏の影響が強かったのであろう。

天正十九年(1591)、関東に移封された徳川家康により、五十石の土地を寄進される。
以後、江戸時代になってからも徳川将軍家からの崇敬が篤かった。

徳川将軍家からの崇敬・江戸時代に描かれた当社

当社は徳川将軍家からの崇敬も篤く繋がりが深い神社であった。
これは家康は下総国で時々鷹狩りを催した事にある。
宿舎として船橋に離館が設けられており(現在も「船橋東照宮」として跡地がある)、度々当社にも参詣したと伝えられる。

慶長十三年(1608)には、本社遷宮祭の時に家康が日本武尊の像を奉納したとされる。
さらに元和八年(1622)、二代将軍・徳川秀忠が亡くなった家康をお祀りするために、当社境内に「常磐神社」を造営している。
寛永十六年(1639)には、三代将軍・徳川家光が亡くなった秀忠をお祀りした。

こうして当社を庇護した家康や秀忠は当社にもお祀りされるように。
この境内社「常磐神社」は、江戸時代には当社本社と共に並び称されていた規模を誇った。
かつては日光山、久能山、上野、紅葉山、仙波、世良田などの東照宮と共に、当社も同視されていたと伝わる。

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

意富比神社3国立国会図書館デジタルコレクションより)

「船橋意富日神社」として3ページに渡り描かれている。
注目すべきは当社の本殿と並ぶように鎮座している常盤宮であろう。
上述のように本社と共に並び称されていた事が伝わる。
他にも多くの境内社があり、多くの人が行き交う様子も描かれている。
当社の門前には多くの茶屋が並んでいる事からも、船橋のこの地は当社を中心に栄えた土地なのがよく分かる。

『江戸名所図会』には江戸郊外の名所もいくつか掲載してあるのだが、江戸から結構距離のあったこの地もこうして3ページにも渡り描かれおり、さらに別ページには祭事の様子も描かれていたりと、当社が大いに崇敬を集めたのがよく伝わる。

浮世絵で描かれた当社

江戸からやや離れた郊外である船橋の地も、いくつか浮世絵・錦絵として描かれている。

意富比神社船橋図書館デジタルギャラリーより)

幕末の万延元年(1860)のものとされ、二代歌川広重が「諸国名所百景」として当社を描いた。
当社の裏参道(西鳥居付近)を描いたものとなる。
成田街道からの参詣者はここから本殿に向ったとされる。
現在では見る事ができないが、眼下には東京湾の海が見る事ができ、当社からの展望も見事だったのだろう。
なお、この浮世絵は当社の御朱印帳の裏面にデザインされている。

意富比神社2船橋図書館デジタルギャラリーより)

こちらは明治維新後の明治二十三年(1890)に、三代歌川広重によって描かれた「成田土産名所尽」より。
東京から成田(成田山新勝寺)までの道のりを描いたものであり、その途中の当社を描いている。
明治維新後らしい和洋折衷の様子を見る事ができ、和装姿、洋装姿が見れるのが特徴。
鳥居前の女性は和装に洋傘という組み合わせが当時の時代をよく掴んでいる。
成田参詣に向かう人力車、鳥居上には現在も当社のシンボルともなっている灯明台が描かれている。

明治維新と現在

明治維新の折には、当地周辺で戊辰戦争の一つ「市川・船橋戦争」が発生。
慶応四年(1868)、その兵火にかかり社殿などを焼失。
この時に中世以降の書物なども多くが焼失してしまっている。

明治維新となり神仏分離。
明治五年(1872)、県社に列した。
これを機に創建時の社号である「意富比神社」へ社号を改めた。

明治六年(1873)には本殿が再建される。
明治十三年(1880)、政府公認の民間灯台である「灯明台」が建てられる。
上述の三代歌川広重によって描かれた浮世絵は、こうして再建された後のものになる。

明治天皇、大正天皇、昭和天皇などの歴代天皇も参拝に訪れている。
戦後も境内整備が進んでおり、古代からそして現在も崇敬を集め、今に至っている。

2つの参道と立派な神門・社殿

船橋の繁華街を抜けた先に鎮座する当社。
表参道と裏参道があり、表参道は南に面している。
image表参道の一之鳥居前には社号碑は建っていないのだが、こちらから真っ直ぐ参道が150mほど続く。

裏参道は石段を上る形となっている。
imageこちらが浮世絵などに描かれた裏参道であり、成田街道に面していたため、こちらを利用する参詣者も多かったようだ。
現在もこの裏参道に「延喜式内意富比神社」と記された社号碑が建っている。

表参道を進むと150mほどの参道が続き、二の鳥居がありそちらに社号碑が建っている。
imageこちらの社号碑は「船橋大神宮」の文字。
横には狛犬や百度石、立派な灯籠などが置かれている。

二の鳥居を潜ると右手に手水や、その前が神門となっている。
imageこの奥に拝殿や本殿など社殿があるのだが、参拝者はこの神門から参拝する形。
ご祈祷を受ける際はこの先の拝殿まで参進する事ができる。

社殿の右手に境内社「常磐神社」があり、その横から社殿の様子を伺える。
imageとても立派な造りになっており、明治六年(1873)に再建されたもの。

数多くの境内社

当社はこの地域一帯の古社として古くから崇敬を集めており、そのため当社内にはあらゆる神の境内社が鎮座しているのが特徴的。

社殿の左手には境内社・合社がずらりと並ぶ。
image水天宮・稲荷神社・秋葉神社・古峯神社・八坂神社・八劔神社・金刀比羅社と並び、さらに裏参道へ続いていく。
image八幡神社・竈神社・龍神社・道祖神社・客人神社・多賀神社・岩島神社・住吉神社・祓所神社・春日神社・香取神社・鹿島神社・玉前神社・安房神社・天満宮・天神社。

その奥には船玉神社。
image船魂を祀っているとされ、船を模した社殿が特徴的である。
その右手にも境内社が並ぶ。
image粟島神社・根神社・阿夫利神社・大山祇神社・事代主神社・大國主神社・水神神社・産霊神社・猿田比古神社石碑・三峯神社となっている。

これらは社殿左手の裏参道側になるのだが、社殿の右手にも境内社が並ぶ。
駐車場の先に天之御柱宮。
imageその横には外宮(豊受媛神社)が鎮座しており、伊勢信仰を色濃く見る事ができる一角。
image「伊勢神宮」の正宮「皇大神宮(内宮)」の神域内にあった由貴御倉を第六十二回神宮式年遷宮の後に譲られ、こちらに移築したものとなる。
右手にあるのは八雲神社。

その先には大鳥神社。
image12月の酉の日には、酉の市が開かれる。
船橋のお酉様として親しまれている。

本社と並び称された常磐神社

大鳥神社の奥には「常磐神社」が鎮座している。
長らく門が閉ざされており入る事ができず、ここ最近はずっと工事をしていたエリア。
image徳川家康公400年祭記念事業として建て替え造営が行われていて、平成二十七年(2015)十一月に竣工し、現在は大変立派な姿を見る事ができる。
image見事な透塀が作られており、透塀の先の社殿も実に見事な造りとなっている。
imageこれぞ「東照宮」といった造りとなっているのが特徴的。

上述もしたように「常磐神社」は、当社を庇護した徳川家康公と秀忠公をお祀りした神社。
こちらには家康の歯を納めた家康木造が安置されており、「東照宮」と云う事もできるだろう。
江戸時代の『江戸名所図会』にも描かれていた通り、江戸時代には当社本社と共に並び称されていた規模を誇っており、かつては日光山、久能山、上野、紅葉山、仙波、世良田などの東照宮と共に、当社も同視されていたと伝わる。
こうして立派に再建された「常磐神社」は、当時に匹敵する見事さがあるのではないだろうか。

当社シンボルの灯明台・歴史ある奉納相撲と土俵

境内東方の高台には、入る事はできないが「灯明台」が置かれている。
image3階建ての灯明台で、当社の御朱印帳にもデザインされている。
明治十三年(1880)に建てられたもので、千葉県の有形民俗文化財に指定されている。
普段は非公開で遠くから眺める事しかできないが、正月三が日には公開しているとの事。

表参道右手の広場には土俵が置かれている。
image天正十八年(1590)に行われた徳川家康の上覧相撲に起源を持ち、その後幕府自ら勧進元となった由緒ある奉納相撲が当社で行われており、現在も10月20日に奉納相撲が行われている。

御朱印は授与所にて。
大変丁寧な対応をして頂いた。

所感

千葉県内でも有数の古社として歴史ある当社。
古くは土着の太陽神「意富比神」をお祀りしており、それが平安時代以降に伊勢信仰と習合した事が分かる。
伊勢信仰の天照皇大神も太陽神であり、習合しやすいという環境にあったのだろう。
そうした歴史ある古社が、今もなおこうして崇敬を集めているのが素晴らしい。
明治維新の折に戦火により焼失した社殿も立派に再建され、現在も境内整備が進み綺麗に維持されている。
平成二十七年(2015)には、大変見事な「常盤神社」が再建されたのもその証だろう。
船橋方面に行く時はよく参拝しているのだが、地域の方々が途切れる事なく参拝する姿を見る事もでき、早朝時には土俵周りで皆さん体操などされている姿も見る事ができる。
今も多くの方々からの崇敬を集め、とても素晴らしい境内は、いつ来ても心地よさを覚える。
千葉県を代表する良社である。

神社画像

[ 一之鳥居 ]
image
[ 表参道 ]
image
image
[ 二の鳥居・社号碑 ]
image
[ 狛犬・百度石 ]
image
image
[ 表参道 ]
image
[ 手水舎 ]
image
[ 神門(拝所) ]
image
image
image
image
[ 拝殿 ]
image
[ 拝殿・本殿 ]
image
image
[ 錨 ]
image
[ 境内社 ]
image
[ 神輿庫・境内社 ]
image
[ 船玉神社 ]
image
[ 境内社 ]
image
[ 裏参道鳥居 ]
image
[ 裏参道社号碑 ]
image
[ 裏参道二の鳥居 ]
image
[ 授与所 ]
image
[ 社務所 ]
image
[ 絵馬掛 ]
image
[ 大鳥神社 ]
image
[ 常磐神社 ]
image
image
image
image
image
image
image
image
image
[ 慰霊碑 ]
image
[ 灯明台 ]
image
image
image
[ 天之御柱宮 ]
image
[ 豊受姫神社(外宮)・八雲神社 ]
image
[豊受姫神社(外宮)]
image
[ 八雲神社 ]
image
[ 神楽殿 ]
image
[ 土俵 ]
image
[ 藤棚 ]
image
[ 倉庫 ]
image
[ 記念碑 ]
image
image
image
image

Google Maps