浅草神社 / 東京都台東区

神社情報

浅草神社(あさくさじんしゃ)

御祭神:土師真仲知命・桧前浜成命・桧前竹成命
相殿神:東照宮(徳川家康公)・大国主命
社格等:郷社
例大祭:5月第3金・土・日曜(三社祭)
所在地:東京都台東区浅草2-3-1
最寄駅:浅草駅
公式サイト:http://www.asakusajinja.jp/

御由緒

 明治初年の文書によると、祭神は土師真中知命・桧前浜成命・桧前竹成命・東照宮である。浜成と竹成は隅田川で漁猟中、浅草寺本尊の観音像を網で拾い上げた人物、真中知はその像の奉安者といわれている。三神を祀る神社なので、「三社様」と呼ばれた。しかし鎮座年代は不詳。東照宮は権現様すなわち徳川家康のことで、慶安二年(1649)に合祀された。以来、三社大権現といい、明治元年(1868)三社明神、同六年浅草神社と改称した。
 現在の社殿は慶安二年12月、徳川家光が再建したもの。建築様式は、本殿と拝殿との間に「石の間」(弊殿・相の間ともいう)を設け、屋根の棟数の多いことを特徴とする権現造。この社殿は江戸時代初期の代表的権現造として評価が高く、国の重要文化財に指定されている。毎年五月に行われる例祭は「三社祭」の名で知られ、都指定無形民俗文化財「びんださら」の奉演、百体近い町神輿の渡御があって、人々が群集し、賑やかである。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2017/09/27(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/11/15(御朱印拝受)
参拝日:2015/05/10(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:500円
社務所にて。

※以前は初穂料300円だったが、平成二十九年(2017)より500円に変更。
※「浅草神社」の御朱印の他に、「浅草名所七福神」の「恵比寿神」御朱印、境内末社の「被官稲荷神社」の御朱印を用意しており、案内にはないが兼務社である「浅草冨士浅間神社」の御朱印も頂ける。
※季節や祭事に合わせて限定御朱印も色々用意。(最新情報は公式ブログにて)

[2017/09/27拝受]
(浅草神社)

[2015/05/10拝受]
(浅草神社)

[2017/09/27拝受]
(被官稲荷神社)

[2015/11/15拝受]
(被官稲荷神社)

御朱印帳

初穂料:1,000円
社務所にて。

当社の神紋がデザインされた御朱印帳。
紺・緑・桃の三色を用意。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

歴史考察

三社様・三社権現と称される浅草神社

東京都台東区浅草に鎮座する神社。
旧社格は郷社で、浅草一帯の鎮守。
「浅草寺」本堂の東側に鎮座し、元々は「浅草寺」と一体であったが、明治の神仏分離によって分離。
古くから「三社権現(さんじゃごんげん)」「三社様(さんじゃさま)」と称される事も多く、5月に行われる例大祭は「三社祭」として広く知られる。
徳川三代将軍・徳川家光による寄進の社殿が現存しており、国の重要文化財となっている。

3人の人物による浅草寺の始まり

当社の創建には、隣接する「浅草寺」が深く関わっている。
神仏習合のもと、「浅草寺」の鎮守として一体となった信仰を集めていた。

社伝には、以下の伝承が残る。

推古天皇三十六年(628)、漁師であった檜前浜成・竹成の兄弟が隅田川で漁をしていたところ、網に小さな像がかかった。
郷土の文化人であった土師真中知に相談したところ、聖観世音菩薩の尊像である事が分かり、土師真中知は僧となり、尊像を自宅に奉安して寺とした。

これが「浅草寺」の始まりとされる。

このように「浅草寺」は、聖観世音菩薩の尊像を発見した2人の漁師と、僧となり尊像を自宅に奉安した人物の3人によって創建されたものと伝わっている。

金龍山浅草寺のオフィシャルホームページ

3人を祀り三社権現と称される

土師真中知が没した後、その嫡子が観世音菩薩の夢告を受け、その夢告に従って、土師真中知と檜前浜成・竹成兄弟を祀った。
これが当社の始まりであると云う。

上記は社伝によるものであるが、実際には平安時代末期から鎌倉時代にかけて、3人の子孫が祖先を神として祀ったものと推測されている。

「浅草寺」の創建に関わった3人を、神として祀った事から「三社権現」と称された。

(歌川豊国・三社権現由来)

上絵は江戸時代後期に歌川豊国が描いた「三社権現由来」。
隅田川で漁をしていて観世音菩薩の尊像がかかった伝承と、当社の御祭神である3人を描いている。

当社は「浅草寺」の鎮守として境内に創建され、「浅草寺」と共に崇敬を集めた。
当社の社史は「浅草寺」の歴史とも云う事ができ、平安時代・中世と多くの伝承が伝わっている。

徳川将軍家からの庇護・徳川家光による社殿の寄進

天正十八年(1590)、関東移封によって徳川家康が江戸入り。
同年、家康は「浅草寺」を祈願所と定め、寺領500石を与えた。
以後、以後、徳川将軍家によって厚く庇護される事となる。

寛永十九年(1642)、大火によって「浅草寺」伽藍や、当社の社殿が焼失。
慶安二年(1649)、三代将軍・徳川家光が「浅草寺」の本堂、当社の社殿を寄進し再建。
当社には、この社殿が現存しており、国の重要文化財に指定されている。

再建の際に、焼失した「浅草東照宮」に祀られていた徳川家康を合祀している。

江戸切絵図から見る浅草寺と当社

貞享二年(1685)、「浅草寺」の表参道に「仲見世」の前身である商店が設けられた。
その後も境内が整備され様々な興行も行われるようになったため、庶民の娯楽の場となり、浅草の発展と共に「浅草寺」は観音霊場として、多くの参詣者を集めた。

そうした様子は江戸の切絵図からも見て取れる。

(今戸箕輪浅草絵図)

こちらは江戸後期の浅草周辺の切絵図。
右上が北の切絵図となっており、当社は図の左下に描かれている。

(今戸箕輪浅草絵図)

図を回転(北を上に)させ、「浅草寺」周辺を拡大したものが上図になる。
赤円で囲ったのが「三社権現」と書いてある当社。
「浅草寺」境内に鎮座しており、本堂の右手にあるように、今も昔も変わらぬ配置が伺える。

多くの寺社と共に、浅草が大変発展した事が伺え、江戸庶民の娯楽の場であった。

江戸名所図会に描かれた浅草寺と当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

(江戸名所図会)

「浅草寺」の境内が10ページに渡って描かれている。
広大で大いに賑わった「浅草寺」の様子が伺える。
当社はその中の6・7ページ目に描かれている。

(江戸名所図会)

当社を中心に拡大したのが上図。
「三社権現」と描かれており、「浅草寺」本堂の東側に位置し、現在と変わらぬ場所に鎮座していた。
描かれている社殿が現存しており、周囲の施設の違いはあれど、境内の規模も当時とほぼ変わらない。

また江戸名所図会にて浅草には事跡がたくさんあって書ききれないとあり、当時から浅草の庶民からの人気の高さが伺える。

最も確かな招き猫の発祥の地

江戸庶民の娯楽の場として栄えた「浅草寺」と当社の境内。
そうした当社の境内では、多くの文化や伝統が生まれ、当社の御由緒などでは取り上げられていないのだが、実は「招き猫発祥の地」として最も確かな史料が残っている。

実在する最古の招き猫は「丸〆猫(まるしめのねこ)」(現在の招き猫とはポーズや形も随分と違う)と云い、今戸焼で作られたものとなっている。

今戸焼が最古の招き猫というのを根拠に、今戸の鎮守である「今戸神社」が「招き猫発祥の地」として名乗りを挙げているが、戦前の史料には「今戸神社」と招き猫に関するものが一切見つかっていない。
今戸鎮守。源氏縁の八幡信仰の神社。縁結びの神・縁結び会。招き猫発祥の地・沖田総司終焉の地・史実の検証。江戸時代に描かれた当社。明治維新後の改称と戦後の再建。近年のパワースポットブーム。御朱印。御朱印帳。

嘉永五年(1852)年に編纂された『武江年表』には、丸〆猫について要約するとこう記されている。

浅草花川戸に住む老婆が貧しさ故に泣く泣く愛猫を手放した。
すると夢枕に愛猫が現れて「自分の姿を作り人形とすれば福徳自在となる」と告げたので、老婆は今戸焼にて愛猫を土人形にして「浅草神社」の鳥居辺りで売りに出したところ、大評判になったという。

このように「浅草神社」の鳥居辺りで売り出したのが発祥との記述がはっきりと記されている。

嘉永五年(1852)に歌川広重が『浄るり町繁花の図』として描いた錦絵では、その姿を絵で見る事もできる。

%e6%b5%84%e3%82%8b%e3%82%8a%e7%94%ba%e7%b9%81%e8%8a%b1%e3%81%ae%e5%9b%b3(歌川広重・浄るり町繁花の図)

当時人気であった人形浄瑠璃を商売の戯画で表現した意欲的な錦絵。
この左上に招き猫=丸〆猫が描かれているのが分かる。
西行の銀猫の逸話をパロディに、出家した西行が店先で今戸焼の招き猫を売っている様子であり、これが招き猫が江戸時代後期に存在していたことを絵として証明する、最古の史料である。

丸〆猫の形状は現在の招き猫とは随分と違う。

今戸焼製の招き猫は「横座りで頭を正面向きにして招く」ポーズが基本。

こうした古い文献や錦絵から、江戸時代後期には丸〆猫と呼ばれる、今戸焼製の招き猫があったのは事実であり、これが実在が確認される最古の招き猫。
そして老婆が当社の鳥居辺りで売りに出したところ評判になった、という場所が具体的に明記されている事から、最も古い記録を有する「発祥の地」は当社である。

明治維新以後と戦後の歩み

明治になり神仏分離。

明治元年(1868)、「浅草寺」と分離し「三社明神社」に改称。
明治五年(1872)、郷社に列した。
明治六年(1873)、「浅草神社」に改称。

戦前の当社の古写真では、当時の当社の様子を知る事ができる。

(東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖)

大正十一年(1922)に発行された『東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖』より当社の写真。
家光が寄進した社殿が現存しており、当時の写真と現在の社殿を見比べてみても変わらない。
狛犬も含め境内の配置もほぼ変わらず、古くからの光景を残した境内な事が分かる。

社殿は、関東大震災、東京大空襲という災禍を免れており、国の重要文化財に指定されている。

昭和二十六年(1951)、社殿が国の重要文化財に指定。
昭和三十八年(1963)、昭和の修営が行われる。
平成八年(1996)、平成の修営が行われ、建物全体の塗り直しが行われた。

現在は「浅草名所七福神」の恵比寿神を担っている。

境内案内

浅草寺本堂の東隣に鎮座

かつて一体だった「浅草寺」の隣に鎮座。
「浅草寺」本堂と「浅草寺」本堂と二天門の間に挟まれた場所に鎮座。
雷門の表参道から向かわない場合は、東にある二天門から向かうのが早い。

「浅草寺」の境内と言って差し支えない場所。
二天門のすぐ先、右手に鳥居と社号碑が建つ。
鳥居は明治十八年(1885)に再建された石鳥居が現存。

参道途中には一対の狛犬。
大きく立派な狛犬で、大正の古写真にも映っていたもの。
天保七年(1836)に奉納されたもので、奉納者は田町の文三郎と山川町の大工虎五郎とある。

社殿の手前にも一対の狛犬が置かれている。

鳥居を潜って社殿の手前左手に手水舎。
参道正面が社殿となる。

徳川家光が寄進・国の重要文化財に指定された社殿

社殿は、慶安二年(1649)に再建されたものが現存。
三代将軍・徳川家光が「浅草寺」の本堂と共に当社の社殿を寄進。
江戸の大火、関東大震災、東京大空襲などの災禍を免れ現存。
昭和二十六年(1951)、国の重要文化財に指定された。
昭和、平成の修営を経て、現在も綺麗に維持されている。
本殿は殆ど見る事が叶わぬが、拝殿・幣殿・本殿からなる権現造りの社殿となっているが、一般的な権現造りと違い、本殿・幣殿と拝殿の間が渡廊で繋がれている。

江戸の人気任侠・新門辰五郎による被官稲荷神社

社殿の右手には、境内末社「被官稲荷神社」へ続く参道が整備。
境内右奥に「被官稲荷神社」が鎮座。
安政元年(1854)、新門辰五郎の妻が重病で床に伏した際、京都の「伏見稲荷大社」に祈願したところ病気は全快したため、安政二年(1855)に「伏見稲荷大社」から勧請された。

新門辰五郎(しんもんたつごろう)は、江戸時代後期の町火消・鳶頭・任侠。「浅草寺」の門番を務めた任侠であり、任侠の中でも図抜けた資金力を誇った。江戸庶民の娯楽の場であった浅草で名を馳せた任侠という事もあり、没後は多くの題材となり人気を博した。

鳥居や灯籠は新門辰五郎が奉納したもの。
灯籠には新門の文字が残る。
二之鳥居には狐が彫られている。

社殿は安政二年(1855)の創建当時のものが現存。
小さいながらも創建以来の杉皮葺による社殿。
状態もよく現存しているのが素晴らしい。
社殿の下には岩が重なり、ちょっとした狐塚のような雰囲気も出ている。

「被官稲荷神社」の御朱印も用意。

江戸初期の作とされる縁結びの夫婦狛犬

鳥居を潜って右手には、夫婦狛犬。
一対の狛犬が並び置かれており、夫婦狛犬と呼ばれる。
狛犬に相合傘を添えており、「良縁・恋愛成就・夫婦和合」の願いを込めて祀っていると云う。

狛犬の制作年代は不明ながら、形式から江戸初期のものと推測されている。
特徴的なのが狛犬の頭に穴が空いている事で、一部では「河童狛犬」と呼ばれる狛犬と同型。

河童狛犬は江戸の各地で見る事ができるが、特に品川周辺の神社に多く見かける事ができる。この夫婦狛犬も読み取れる範囲では「品川町裏河岸」とあり、品川からの奉納であったと見られている。品川の河童狛犬は江戸初期に奉納されたものが多いため、この夫婦狛犬も同様であろう。

荒々しさが特徴な江戸屈指の三社祭

毎年5月に斎行される当社の例祭は「三社祭」と呼ばれ、全国的に知られる。

浅草神社(三社様)のホームページへようこそ -三社祭 神前結婚式 子供達への教化活動-

境内右手にある神輿庫には三基の宮神輿が納められている。
普段は閉まっている神輿庫も、三社祭が近づくと開放。
一ノ宮から三ノ宮までいずれも壮観な宮神輿を見る事ができる。

三社祭では、かなりの荒々しさと神輿の数を肌で感じる事ができる。
宮神輿を氏子衆が交互に担ぐ姿は実に凛々しい。
当日にインターネット生中継も行われているため、ご覧になってみるのもよいだろう。

近年は神輿を担ぐ同好会団体に結構の割合で暴力団員が参加しており、一部で問題を取り沙汰される事もあったのだが、最近は対策にも乗り出している。2015年からは半世紀ぶりに氏子衆の手だけで担ぎ出すことになった宮神輿。ようやく本来の姿である氏子衆による宮出しに正常化された。

現在は限定御朱印も積極的に展開

御朱印は社務所にて。
「浅草神社」「被官稲荷神社」「恵比寿神」の御朱印を頂く事ができる。
案内にはないが兼務社である「浅草冨士浅間神社」の御朱印も頂ける。

最近は季節や祭事に合わせて限定御朱印も色々と用意。
限定御朱印など最新情報は、公式の「浅草神社巫女ブログ」にて。

以前は初穂料300円だったが、平成二十九年(2017)より500円に変更。

御朱印帳も用意されている。
当社の神紋がデザインされた御朱印帳で、紺・緑・桃の三色を用意。

また都営浅草線沿線の「東京福めぐり」にも参加している。

所感

浅草という「浅草寺」を中心に発展した地に鎮座する当社。
現在は神仏分離により別となってはいるが、古くから浅草寺と一体となって崇敬され、「浅草寺」鎮守として「三社権現」と称された当社は、今も崇敬者から「三社様」と呼ばれ親しまれている。
重要文化財に指定されている社殿など、古い面影を残した境内となっているのが素晴らしい。
江戸時代には江戸庶民の娯楽の場として発展し、現在も東京の人気観光地となっている浅草。
雷門を始め「浅草寺」は人気で常に混雑しているが、意外と東側の当社まで参拝される方は多くない。
近年は限定御朱印なども積極的にやられているようで、そうした日は大変な行列ができると聞くが、平時は「浅草寺」境内にありながら比較的落ち着いた空間となっていて心地よい。
浅草の歴史を伝える素晴らしい神社である。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]

[ 鳥居 ]


[ 狛犬 ]


[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]






[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]


[ 神楽殿 ]

[ 神輿庫 ]

[ 社務所 ]

[ 被官稲荷神社 ]















[ 絵馬掛・御籤掛 ]

[ 神田 ]

[ 石碑 ]




[ 百度石 ]

[ 石碑 ]


[ 夫婦狛犬 ]




[ 案内板 ]

Google Maps