豐榮稲荷神社(豊栄稲荷神社) / 東京都渋谷区

神社情報

豐榮稲荷神社(とよさかいなりじんじゃ)
豊栄稲荷神社(とよさかいなりじんじゃ)

御祭神:宇迦之御魂命(倉稲魂命)
社格等:─
例大祭:10月13日
所在地:東京都渋谷区渋谷3-4-7
最寄駅:渋谷駅
公式サイト:─

御由緒

創建は鎌倉時代の頃、渋谷八幡宮(現金王八幡宮)をお祀りした渋谷氏の祖河崎土佐守基家の曾孫高重によって祀られたと伝えられています。当神社は元 渋谷川の辺、渋谷駅の近く(並木街三十一番地、公設市場と渋谷川の間)にありました。渋谷川が渋谷城の壕に利用されておりましたので、江戸時代文化の頃までは「堀ノ外稲荷」、その後「田中稲荷」と称せられておりました。また、川の端にありましたので「川端稲荷」とも申しました。
昭和二十七年道玄坂上(上通り四丁目三十四番地)の豐澤稲荷神社が合祀されました。豐澤稲荷神社は元猿楽町京極家(旧但馬豊岡藩)の下屋敷に祀られておりましたが、明治初年道玄坂上にお移し致し、中豊澤にあった多くの稲荷祠を合祀したということです。東京都の区画整理事業が行われるに当たり、昭和三十六年十月現在地に移り豐榮稲荷神社と申し上げることになりました。
昭和四十七年に新しい朱塗りの御社殿を造営し、昭和五十年には約五十坪の道場を中心とする研修道場「蔵脩館」を建設いたしました。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2017/05/02(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/02/08(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
金王八幡宮」の社務所にて。

※本務社「金王八幡宮」で頂ける。

[2017/05/02拝受]

[2016/02/08拝受]

歴史考察

渋谷の稲荷神社二社が合祀され建立

東京都渋谷区渋谷に鎮座する神社。
旧社格は無格社で、戦後に渋谷駅近くに鎮座していた「田中稲荷神社」と、道玄坂上に鎮座していた「豊澤稲荷神社」が合祀し、現在地に遷座する形で建立した歴史を持つ。
渋谷駅近くの稲荷橋は「田中稲荷神社」が鎮座していた事が由来。
正式名称は旧字体の「豐榮稲荷神社」であるが、新字体「豊栄稲荷神社」と記される事が多い。
現在は隣にある「金王八幡宮」の兼務社となっている。

渋谷氏によって創建された田中稲荷

「田中稲荷神社」の社伝によると、鎌倉時代に渋谷高重によって創建と伝えられている。

渋谷高重(しぶやたかしげ)は、「金王八幡宮」を創建した河崎基家の曾孫とされる。系図としては、河崎基家-渋谷重家-渋谷重国-渋谷高重(次男)であり、相模国高座郡渋谷荘を領地とした。渋谷氏は現在の渋谷一帯も領地としていたため、渋谷の地名由来ともされる。

すなわち当時の渋谷を領地としていた領主・渋谷氏によって創建されたと云える。
渋谷川のほとりに創建したと伝わり、現在の渋谷駅近くが創建の地であった。

渋谷氏は氏神「金王八幡宮」を中心に居を構えており、これが渋谷城という平城であった。
渋谷川は渋谷城の堀として利用されていた事から、当時は「堀ノ外稲荷」と称されていたと伝わる。

江戸時代になり田中稲荷と称される

江戸時代に入り、文化年間(1804年-1818年)には「田中稲荷」と称されるようになる。

当時の渋谷は百姓地ばかりの農村であったため、田の中にある稲荷という意味合いだったと思われる。渋谷川の端にあったため「川端稲荷」と称される事もあったと云う。

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当宮についてこう書かれている。

(中渋谷村)
稲荷社
田中稲荷と號す。中豊澤村東福寺の持。

この時代には「田中稲荷」と称されていた事が分かる。
「東福寺」が別当寺であったとされ、これは「金王八幡宮」の別当寺である。
金王八幡宮」と同じ境内にあり神仏習合のもと崇敬を集めていた。

豊岡藩の邸内社であった豊澤稲荷

「豊澤稲荷神社」の社伝によると、元猿楽町にあった但馬国豊岡藩・京極家の下屋敷にお祀りされていたとされる。
豊岡藩下屋敷内に鎮座する邸内社だった事が分かる。

豊岡藩(とよおかはん)は、但馬国城崎郡周辺を領有した藩。現在の兵庫県豊岡市周辺になる。

明治になり神仏分離。
明治の初めに、道玄坂上に遷座。

明治維新によって豊岡藩主の下屋敷が解体されたため遷座したものと見られる。余談になるが現在の京極家の当主は15代・京極高晴で、2009年-2013年まで「靖国神社」の宮司を務めた。

明治中期から後期にかけて、中豊澤にあった多くの稲荷祠を合祀している。

中豊澤は江戸時代に中豊澤村とされた地域で、「金王八幡宮」も中富澤村内に鎮座していた。豊澤は現在の渋谷区の東南の端にあり、現在も豊沢橋や新豊沢橋などにその名が残っている。

豊岡藩下屋敷の邸内社であった稲荷社が、遷座の後に中豊澤の稲荷祠の多く合祀したため、「豊澤稲荷神社」という名称で呼ばれるようになった。

戦後になり二社が合祀

明治から戦後にかけて、現在の渋谷駅近くに「田中稲荷神社」が鎮座し、道玄坂上に「豊澤稲荷神社」が鎮座という形が続き、二社は別々の神社であった。

明治四十二年(1909)の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲っているのが現在の鎮座地。
橙円で囲っているのがそれまでの「田中稲荷」の鎮座地。
現在の渋谷駅近くに鳥居の地図記号が記されている。

渋谷駅近くに現在も渋谷川に架かる「稲荷橋」という橋が残る。「稲荷橋」は「田中稲荷」がすぐ近くに鎮座していたことから名付けられた橋である。

青円で囲っているところに「堀内」という地名が見える。
渋谷川が渋谷城の堀に使われていた歴史を伝えるもの。
「田中稲荷」がかつて「堀ノ外稲荷」と称されていたのも、この堀の外に鎮座していた事による。

一方「豊澤稲荷」は道玄坂上の地図上に見つける事ができなかったため、地図にも記されないくらい小さな社であったと推測できる。

戦後になると、渋谷の整備・発展が進む。

昭和二十七年(1952)、「豊澤稲荷」が、当時はまだ渋谷駅近くにあった「田中稲荷」に合祀される。
昭和三十六年(1961)、東京都区画整理事業に伴い当社は現在地に遷座。
この遷座を機にして「豊栄稲荷神社」と改称された。

昭和四十七年(1972)、現在の社殿を造営。

現在は「金王八幡宮」の兼務社となっている。

渋谷・青山の総鎮守。江戸時代に造営された社殿・神門。江戸三名桜の1つ金王桜。算額など無料展示している宝物館。時代小説『天地明察』の舞台。渋谷氏と渋谷城。渋谷の地名由来。社名由来の渋谷金王丸伝説。浮世絵に描かれた金王丸。御朱印。御朱印帳。

境内案内

稲荷信仰らしい多くの奉納鳥居

本務社「金王八幡宮」と通りを挟んで隣接する形に鎮座。
社号碑と石段の上に鳥居。
鳥居前には百度石。

鳥居を潜ったすぐ左手に手水舎。
兼務社であるが水が張られており整備が行き届いている。

参道は朱色の奉納鳥居が多く置かれている。
奉納鳥居を潜った先に社殿。

朱塗りの社殿と庚申塔群

社殿は昭和四十七年(1972)に造営されたもの。
朱塗りになっていて鮮やかな社殿。
戦後に遷座した当社であり、現在は兼務社であるが立派な社殿である。

社殿の扁額は「豊栄稲荷神社」と掲げられている。
社殿内の扁額が掲げられており、当社の歴史の一端を伝える。
「豊澤稲荷大神・田中稲荷大神」の扁額で、二社が合祀された歴史を伝えている。

境内の右手には多くの庚申塔が保存されている。
その多くが江戸時代中期のもので、「田中稲荷」に置かれていたものを移転させたと云う。
庚申信仰らしく、三猿を彫られた庚申塔が多く、当地の信仰を伝えている。

庚申塔(こうしんとう)とは、道教に由来する庚申信仰に基づいて建てられた石塔。庚申講を3年18回続けた記念に建立されることが多く、申は干支で猿に例えられるから、「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿を彫ったものが多い。

社殿の左手には「藏脩館」という建物が建つ。
昭和五十年(1975)に建てられた、道場を中心とする研修道場。
学生が剣道の修練に励んでいる事も多く、稲荷神社の境内で剣道とは何とも素敵である。

御朱印は本務社「金王八幡宮」の社務所にて。
一緒に御由緒書も頂ける。

所感

渋谷にある稲荷社二社が合祀された当社。
渋谷の信仰の歴史を感じる事ができる稲荷神社となっている。
かつてのどかな農村だった当地において、農耕神の稲荷神は大切に信仰されたのであろう。
兼務社の扱いではあるが、規模の割に綺麗に整備された境内。
それだけ今も崇敬の篤さが伝わる。
ほぼ隣接する本務社「金王八幡宮」と共に参詣したい神社である。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]


[ 鳥居 ]

[ 百度石 ]

[ 手水舎 ]

[ 奉納鳥居 ]

[ 社殿 ]






[ 神狐像 ]


[ 庚申塔群 ]



[ 石碑 ]


[ 授与所 ]

[ 藏脩館 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google