花園稲荷神社 / 東京都台東区

神社情報

花園稲荷神社(はなぞのいなりじんしゃ)

御祭神:倉稲魂命
旧社格:村社
例大祭:4月11日(例大祭)・11月11日(秋季大祭)
所在地:東京都台東区上野公園4-17
最寄駅:上野駅・京成上野駅
公式サイト:─

御由緒

 御創始の年月は不詳です。古くから此の地に鎮座し、「忍岡稲荷」が正しい名称ですが、石窟の上にあった事から俗称「穴稲荷」とも云われていました。
 承応三(1654)年、天海大僧正の弟子、本覚院の住僧晃海僧正が霊夢に感じ廃絶していたお社を再建し上野の山の守護の神としました。幕末、彰義隊の戦いでは最後の激戦地(穴稲荷門の戦)として知られています。後、明治六年に岩堀数馬、伊藤伊兵衛等の篤志家によって再興され、「花園稲荷」と改名、五條天神社が現地に御遷座になるに及び、社殿も南面して造営され神苑も一新されました。(旧社殿は俗称お穴様の処です)
 お穴様の左奥にありますお社は、古書に弥左衛門狐と記され、寛永寺が出来る時に忍岡の狐が棲む処が無くなるのを憐れみ、一洞を造り社を祀ったと云われます。
 社地はお穴様を中心にし約二千坪(今の精養軒や韻松亭を含む6600㎡ありましたが、明治の上地の為、現在は五條天神社と併せて約一千坪になりました。)(頒布の資料より)

参拝情報

参拝日:2017/02/15(ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/04/08(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
五條天神社」社務所にて。

※隣接する本務社「五條天神社」の社務所で拝受できる。

スポンサーリンク

考察

穴稲荷と呼ばれる地主神のお稲荷様

東京都台東区上野公園に鎮座する神社。
旧社格は村社で、古くから上野公園内に鎮座する地主神。
石窟にあった事から「穴稲荷」と称され、現在も洞穴内に「穴稲荷」が整備。
同じ境内に「五條天神社」が隣接しており、当社は「五條天神社」の兼務社という扱いではあるが、それぞれ独立した神社という形になっている。
現在では縁結びの御神徳のあるパワースポットとしても知られる。

忍ヶ岡(上野の古地名)に創建した地主神

社伝によると、創建時期は不詳。

古くから当地に鎮座しており、忍ヶ岡の古地名から「忍岡稲荷」と云われた。
また石窟にあった事から「穴稲荷」とも称されていたという。

忍ヶ岡(しのぶがおか)とは、上野の古い地名であり上野山およびその周辺(現在の上野公園周辺)を指した地名で、他に忍ヶ森とも呼ばれた。

この事から当地の地主神であったと云えるが、戦乱によって荒廃していたと伝えられている。

天海の弟子・晃海によって再興される

寛永二年(1625)、徳川家と天海によって「寛永寺」が創立。
現在の上野公園一帯は、後に徳川将軍家の菩提寺となった「寛永寺」の社地となる。

承応三年(1654)、天海の弟子であった「本覚院」の住僧・晃海が、霊夢を見たため廃絶していた当社を再興。
上野の山の守護神として祀ったとされる。

現在は当社に隣接する「五條天神社」は、「寛永寺」の境内拡張に伴って、現在の上野公園内から外に遷座させられているのだが、当社は「寛永寺」の境内に再建された事になり、当社は「寛永寺」の末社の一社であったとも云える。

江戸切絵図から見る当社

当社の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(下谷絵図)

こちらは江戸後期の上野・下谷の切絵図。
右が北の切絵図となっており、当社は図のやや右上に描かれている。

(下谷絵図)

画像を反時計回りに90度回転させ(北を上に)、当社周辺を拡大したものが上図になる。
赤円で囲ったところに「イナリ」の文字を確認でき、これが当社。
左にあるのが不忍池で、緑のエリアが「寛永寺」、すなわち現在の上野公園。
「寛永寺」が造営後もこうして当地に残された事が分かる。

紫円で囲ったところは「寛永寺」の子院「本覚院」で、当社を再興させた晃海が住僧をしていた寺院。
青円で囲ったところは「五条天神」とあるように、現在は当社に隣接する「五條天神社」。
橙円で囲ったところが「御宮」とあり、これが現在の「上野東照宮」。

五條天神社 / 東京都台東区
病気平癒・健康祈願の薬祖神。上野公園内に鎮座・隣接する「花園稲荷神社」。日本武尊が薬祖神を祀り創建。「寛永寺」拡張によって遷座・相殿神として菅原道真公の合祀。江戸切絵図から見る当社。明治以降の歩み・幾度もの遷座。東都七天神の一社。御朱印。
上野東照宮 / 東京都台東区
上野公園内に鎮座する東照宮。国指定重要文化財の社殿・唐門・透塀・銅燈籠。強運開祖の栄誉権現社。家康の遺言・天海と藤堂高虎により「寛永寺」境内に創建。「金色殿」と称された家光による社殿。明治時代の浮世絵と古写真。ぼたん苑。御朱印。御朱印帳。

不忍池や「上野東照宮」との位置関係を見てみても、古くから現在地に鎮座していた事が把握できる。

江戸時代に浮世絵などに描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

国立国会図書館デジタルコレクションより)

「寛永寺」の境内が複数ページに描かれているのだが、その中の「不忍池・中島辨財天社」に当社の姿を見る事ができる。
不忍池をメインとして描いているのだが、真ん中付近に「穴のいなり」の文字があり、それが当社。

国立国会図書館デジタルコレクションより)

当社周辺を拡大したのが上絵。
「穴のいなり」として描かれており、現在の鎮座地と変わらぬ一角に鎮座。
鳥居や社殿も整備されていて崇敬されていたのが伝わる。
当社が「穴稲荷」の通称で広まっていた証拠とも言えるだろう。

また江戸の名所であった不忍池を舞台に浮世絵が多く描かれており、そうした中で当社はメインではないもののその一角に姿を見る事ができる。

(一立斎広重・東都名所)

一立斎広重(初代・歌川広重)による『東都名所』。
上述の『江戸名所図会』とほぼ同じ構図となっており、不忍池を中心に描いている。

(一立斎広重・東都名所)

当社周辺を拡大したものが上絵で、赤円で囲ったのが当社。
こちらは色付けされているので当社の様子が分かりやすい。
社殿があり石窟の上にあった事から「穴稲荷」と称された。
名所である「寛永寺」や不忍池において、当社も上野山の守護神として崇敬を集めた。

上野戦争で最後の激戦地「穴稲荷門の戦」が勃発

慶應四年(1868)、上野戦争が勃発。

上野戦争は、幕末の戊辰戦争の戦いの1つで、上野で彰義隊ら旧幕府軍と、薩摩藩・長州藩を中心とする新政府軍の間で行われた戦い。

この際生じた火災で、「寛永寺」は根本中堂など主要な伽藍を焼失。
「寛永寺」境内の一角にあった当社も甚大な被害を被る事になる。

(月岡芳年・東叡山文殊樓焼討之図)

こちらは明治七年(1874)に制作された、月岡芳年の『東叡山文珠樓焼討之図』。
上野戦争を描いており、当社近くにあった「寛永寺」文殊楼での戦いを描いている。

広重の浮世絵を見ると分かりやすいが、当社の鳥居前にある門を「穴稲荷門」と呼ぶ。
この穴稲荷門で、最後の激戦地「穴稲荷門の戦」が行われた。
彰義隊が当社に立て篭もり、不忍池からは新政府軍による砲撃が行われた。

こうして当社は上野戦争によって焼失し、多大な被害を被る事となった。

明治維新後、「寛永寺」境内地のほとんどが没収されており、これが現在の「上野恩賜公園(上野公園)」となっていく。

明治以降の歩み・隣に五條天神社が遷座

明治になり神仏分離。
明治六年(1873)、岩堀数馬、伊藤伊兵衛等の篤志家によって再興。
名前も「花園稲荷神社」と改称された。

但し現在のような社殿は建っておらず、小さな社だったという。

大正時代になると、現在のアメ横入口付近に鎮座していた「五條天神社」の神職・瀬川家が当社の神職を兼務するようになり、この頃から「五條天神社」の兼務社となっていく。
大正十二年(1923)、関東大震災が発生した際に、仮社殿が焼失した「五條天神社」の御神霊は当社に預けられたように、当社との繋がりが深かった。

大正十四年(1925)、当社の境内に「五條天神社」の仮殿を造営。
昭和三年(1928)、「五條天神社」の社殿が竣工され遷座祭を行った。

これを機に同年、当社の社殿も再造営。
当社は地主神という位置づけになり、現在の「五條天神社」と並び立つ形で整備された。

戦後になり境内整備が行われ、現在に至っている。
なお、隣接する「五條天神社」とは独立した神社の扱いであるが、当社の本務社が「五條天神社となっている。

現在は縁談・商談・就職等の願掛けに御利益がある「白羽の矢」の伝承から、「縁結び」の神社として崇敬されている。

池之端(不忍池に面した旧地名)に掛茶屋が何軒も並び「白羽の矢」を売って大層繁昌していたと云う伝承が残る。

上野公園内に鎮座・隣には五條天神社

上野公園内に鎮座し、不忍池側から忍坂へ入る道が表参道となる。
忍坂を進むと目の前に大きな鳥居。
これは隣接する「五條天神社」の参道であり当社の参道ではない。

この右隣に当社の鳥居と参道が設けられている。このように二社が並び立つ形で鎮座しており、それぞれ独立した神社という形になるため、こうして鳥居や参道も個別に用意されている。

五條天神社」については別記事にて詳しく紹介しているのでそちらを参照。
五條天神社 / 東京都台東区
病気平癒・健康祈願の薬祖神。上野公園内に鎮座・隣接する「花園稲荷神社」。日本武尊が薬祖神を祀り創建。「寛永寺」拡張によって遷座・相殿神として菅原道真公の合祀。江戸切絵図から見る当社。明治以降の歩み・幾度もの遷座。東都七天神の一社。御朱印。

鳥居を潜ると細い参道が続く。
その先に二之鳥居。
二之鳥居を潜ると右手に「お穴様」があるのだが、そちらは後述。

二之鳥居を潜った先に手水舎。
五條天神社」とは別に手水舎も用意されており、別々の神社としての体裁を保っている。

参道の正面に社殿。
昭和三年(1928)に遷座した時のものが現存。
社殿の左手に授与所があるが、基本的には「五條天神社」の社務所が受付になっており、御朱印なども「五條天神社」の社務所にて対応して頂ける。

洞穴の中にある聖地の穴稲荷

表参道の二之鳥居を潜って右手に「お穴様」と称される祠がある。
当社が「穴稲荷」と呼ばれていた頃の名残であり、当社の聖地と云える。

江戸時代の頃の社殿はこちらに鎮座しており、現在は「穴稲荷」として整備。
赤い扉が閉まっている事もあるのだが、開門した上で中に入る事ができる。

中は洞穴になっており、中に入ると薄暗い通路が続く。
突き当り左手にお稲荷様が祀られていて、大変雰囲気のあるパワースポット。

なお、穴稲荷の中は撮影禁止エリアの神聖な地。
一昔前までは、こうした貼り紙もなかったのだが、このような掲示されるようになっている。
おそらく何らかの不逞な行為が行われたためだと思うのだが、残念な事である。

当境内地では次の行為はご縁遠慮下さい。
一、喫煙
一、飲食
一、自転車の乗り入れ
一、座り込み
一、三脚・イーゼル等の使用
一、穴稲荷での写真などの撮影

旧社殿があった一角であり、地主神である当社が崇敬を集めた場所。
そのためパワースポットとして注目される事もある。
穴稲荷の内部は、薄暗く雰囲気のある一角なので、ぜひ参詣した際は忘れずに立ち寄って、直接参拝して欲しい。

奉納鳥居が連なる裏参道も人気

当社の社殿右手には、奉納鳥居が連なる参道が整備。
こちらから桜の花見スポットとして整備されている上野公園の一角へ抜ける事ができる。
お稲荷様らしい朱色の奉納鳥居が連ならる一角は、撮影スポットとしても人気。

上野公園側見ると当社への参道として整備されている。
こちらは裏参道の扱いになるが、特に上野公園周辺は外国人観光客が多いエリアであるため、こちらで撮影される方が多く、上野公園での人気スポットであろう。
石碑には「花園稲荷神社・五條天神社参道」の文字。

鳥居の前には狛犬の置かれる。
表参道から入り、こちらから抜けるというのもよいだろう。

所感

上野公園に鎮座するお稲荷さま。
古くから当地に鎮座し、江戸時代には上野山の守護神として再興された。
いわば当地の地主神であり、「穴稲荷」と称され崇敬を集めた。
昭和に入って「五條天神社」が隣接するようになっても、それぞれ独立した別々の神社としての体裁を保っている事からも、当社が地主神として大切にされている事が伝わる。
近年では「白羽の矢」の伝承から縁結びとして知られ、また「穴稲荷」はパワースポットとして注目を浴び、奉納鳥居が連なる一角は外国人観光客から人気で、注目を集めている。
特に旧社殿があった「穴稲荷」は、大変雰囲気のある一角なのでぜひ参詣してもらいたい。

スポンサーリンク

神社画像

[ 社号碑・参道入口 ]

[ 鳥居 ]

[ 参道 ]

[ 二之鳥居 ]

[ 手水舎 ]

[ 社殿 ]



[ 授与所 ]

[ 神狐像 ]


[ 穴稲荷 ]



[ 神輿庫 ]

[ 裏参道・奉納鳥居 ]



[ 裏参道入口 ]


[ 狛犬 ]

Google Maps