湯島天満宮(湯島天神) / 東京都文京区

神社情報

湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)
湯島天神(ゆしまてんじん)

御祭神:天之手力雄命・菅原道真公
旧社格:府社 現:別表神社
例大祭:5月25日
所在地:東京都文京区湯島3-30-1
最寄駅:湯島駅・上野広小路駅・上野御徒町駅・御徒町駅・本郷三丁目駅
公式サイト:http://www.yushimatenjin.or.jp/

御由緒

 湯島天満宮(湯島天神)は、雄略天皇二年(458)一月勅命により創建と伝えられ、天之手力雄命を奉斎したのが始まりである。降って正平十年(1355)二月郷民が菅公の御遺徳を慕い、文道の大祖と崇め本社に勧請しあわせて奉斎した。文明十年(1478)十月太田道灌これを再建し、天正十八年(1590)徳川家康公が江戸城に入るにおよび、特に当社を崇敬するに篤く、翌十九年十一月豊島郡湯島郷の内五石の朱印地を寄進し、もって祭祀の料にあて、泰平永き世が続き、文教大いに賑わうようにと菅公の遺風を仰ぎ奉ったのである。
 その後、学者・文人の参拝も絶えることなく続き、林道春・松永尺五・堀杏庵・僧堯恵・新井白石などの名がみえる。将軍徳川綱吉公が湯島聖堂を昌平坂に移すにおよび、この地を久しく文京の中心としていよいよ湯島天満宮を崇敬したのである。
 明治五年(1872)十月には郷社に列し、次いで同十八年(1885)八月府社に昇格した。明治維新以前は、上野東叡山寛永寺が別当を兼ね、喜見院がその職にあった時期があった。元禄十六年(1703)の火災で全焼した際、宝永元年(1704)将軍綱吉公は、金五百両を寄進している。
 明治十八年に改築された社殿も老朽化が進み平成七年十二月、後世に残る平成の文化財として、総檜造りで造営された。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2017/02/15(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/04/08(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※梅まつり期間中は梅まつりの印が押される。

[2017/02/15拝受]
(梅まつり限定御朱印)

[2016/01/25拝受]
(通常御朱印)

御朱印帳

初穂料:1,500円・2,000円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
一部の天満宮で頒布されている御朱印帳(1,500円)は、梅がデザインされたもの。
キティコラボの御朱印帳(2,000円)は裏面に社名あり。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

スポンサーリンク

考察

学問の神・東京を代表する天神さま

東京都文京区湯島に鎮座する神社。
旧社格は府社で、現在は神社本庁の別表神社。
正式名称は「湯島天満宮」だが、通称「湯島天神」と呼ぶ方が多い。
関東三大天神の一社であり、東京を代表する天神さま。
学問の神として受験生から崇敬篤く、合格祈願に訪れる参拝者が多い。
天神信仰らしく境内の梅がとても有名で、梅の時期になると「梅まつり」が開催される。

雄略天皇の勅命により創建の伝承

社伝によると、雄略天皇二年(458)に雄略天皇の勅命により天之手力雄命をお祀りして創建と伝わる。

天之手力雄(アメノタヂカラオ)は、日本神話の「岩戸隠れ」伝説の際に岩戸の脇に控えており、天照大神が岩戸から顔を覗かせた時に引きずり出したとされている神で、古くから力の神・スポーツの神として信仰されている。

伝承としての要素が強いものではあるが、このように当宮の創建は、菅原道真の生誕(承和十二年/845)よりもずっと古い創建で、元々は天神信仰の神社ではなかった事が分かる。

湯島の住民が菅原道真公を合祀

正平十年(1355)、住民が菅原道真公を慕って当宮に御神霊を勧請。
道真公が合祀され、現在の天神信仰の形となり、「湯島天神」として崇敬を集めた。

実質、この時をもって創建と見る事もできるが、当宮では雄略天皇二年(458)を創建年としている。

文明十年(1478)、太田道灌が社殿を再建している。

太田道灌は、江戸城を築城した武将として知られる。

徳川将軍家からの庇護・綱吉による篤い崇敬

天正十八年(1590)、徳川家康が関東移封によって江戸入り。
その際に当宮に朱印地五石を寄進している。
以後、徳川将軍家より崇敬を集めた。

元禄十六年(1703)、元禄大地震の影響で火災が発生し社殿が全焼。
宝永元年(1704)、五代将軍・徳川綱吉が金500両を寄進している。

元禄三年(1690)、綱吉が湯島の昌平坂に「孔子廟」を造営しており、これが後に幕府直轄の学問所となった「湯島聖堂」で、綱吉は湯島周辺を文教の中心とし、学問の神が祀られている当宮を篤く崇敬した。
史跡湯島聖堂、公益財団法人斯文会のホームページ。JR御茶ノ水駅よりすぐにあり、世界最大の孔子銅像、世に名高い「昌平坂学問所(通称『昌平校』)」を開設した由緒ある聖堂です。

当宮の別当寺は天台宗「喜見院」(通称・湯島聖天)が担っていた。

学者文人からの崇敬・江戸の三富としての賑わい

古くから学問の神として崇敬を集めた当宮。
林道春、松永尺五、堀杏庵、僧堯恵、新井白石など著名な学者文人も参拝したと伝わる。

その一方で、享保年間(1716年-1735年)には富籤の興行が盛んになり、当宮は「江戸の三富」の1つに数えられ、庶民に親しまれ大いに賑わった。

富籤は、宝くじの起源といわれるくじ引で、幕府公認の下で行われた賭博であり、江戸庶民の娯楽として、寺社の財源として流行した。
江戸の三富は以下の通り。
「湯島天神」「谷中感応寺(現・天王寺)」「目黒瀧泉寺(目黒不動尊)」

更に境内には多くの茶店・楊弓場があり、宮芝居が数度行われている。
また文政七年(1824)には、境内で大相撲本場所も行われた。

学問の神として学者文人からの崇敬、江戸の三富として庶民からの賑わいと、江戸有数の盛り場として賑わい、湯島は花街としても栄えていく。

江戸切絵図から見る当宮

当宮の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(本郷湯島絵図)

こちらは江戸後期の本郷や湯島の切絵図。
右上が北の切絵図となっており、当社は図の左下に描かれている。

(本郷湯島絵図)

当社周辺を拡大したものが上図になる。
「湯島天神」と記され、現在とあまり変わらない境内配置だった事が伺える。
左手には「神田明神」や「湯島聖堂」、右手の大きな池は不忍池、その先は「寛永寺」となる。
当地周辺は江戸有数の盛り場、人気スポットであった。

江戸名所図会や浮世絵に描かれた当宮

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

国立国会図書館デジタルコレクションより)

「湯島天満宮」として描かれた当宮。
境内の規模は現在とあまり変わらないが、特筆すべきは茶屋や芝居小屋などが立ち並ぶ様子。
右手(男坂側)には茶屋が並び、左手には芝居小屋や揚弓の文字。
当宮が庶民にとって人気の観光地・盛り場でもあった事が窺い知れる。

楊弓場には、矢を拾ったり客の応対をしたりする美人の「矢取り女」と呼ばれる女がおり、客の人気を集め、裏では娼婦の役目を果たす女が多かった。

人気スポットでもあった当社は、浮世絵・錦絵でも多く描かれている。

(歌川広重・東都名所)

歌川広重による『東都名所』の「湯しま天満宮」。
現在も残る男坂から見た当宮で、夕暮れ時を描いている。
多くの茶屋からは先を眺めている様子が分かり、とても見晴らしがよかった事が伝わってくる。

(歌川広重・江都名所)

同じく広重による『江都名所』の「湯島天神社」より。
こちらは男坂を上った先の、不忍池方面を描いている。
景勝地として名高く、観光地・花街としても栄えたのが伝わる。

(歌川広重・名所江戸百景)

同じく広重による『名所江戸百景』の「湯しま天神坂上眺望」。
先ほどと同様に坂の上からの眺望を描いており、不忍池の様子がはっきりと分かる。
雪景色も美しく、江戸を代表する景観地であった事が伺える。

このように江戸時代の当社は、学問の神としての崇敬の他、庶民からの人気スポットとして賑わった。
湯島には花街もあり盛り場として、更に景勝地としても大いに人気を博した。

明治以降の歩み・湯島神社から湯島天満宮へ改称

明治になり神仏分離。
当宮は「湯島神社」と改称。
一般的には「湯島天神」と呼ばれる事が多かったが、最近まで「湯島神社」と称していた。

別当寺だった「喜見院」(通称・湯島聖天)は廃寺となったものの、後に「心城院」として一部再建している。

明治五年(1872)、郷社に列する。
明治十八年(1885)、府社に昇格し、社殿も造営された。

この時造営された社殿は、大正十二年(1923)の関東大震災、昭和二十年(1945)の東京大空襲の被害を免れ、長い間現存していた。

平成七年(1995)、旧社殿が老朽化につき、新社殿が造営。
これが現在の社殿となっている。

平成十二年(2000)、「湯島神社」から現在の「湯島天満宮」に改称。
平成十三年(2001)、神社本庁の別表神社に指定された。

現在も学問の神として大いに崇敬を受け続けている。

江戸時代初期の銅鳥居・男坂など多くの参道

春日通りの湯島天神入口交差点には大きな鳥居が立つ。
この先が社殿正面の表参道へと繋がる。

表参道の前に立つのは銅鳥居。
寛文七年(1667)に寄進されたものが現存。
細かな彫刻が施されており、東京都指定文化財となっている。

当宮への入口はこの他にも多数存在。

江戸時代の景勝地であった男坂。
上述した広重の浮世絵で描かれているのがこの男坂であり、この隣には緩やかな女坂。

春日通り沿いには夫婦坂の参道があり、こちらを利用される方も多い。
江戸時代の史料を見るとこちらには参道を設けられていなかったため、近年になって整備された入口となっている。

総檜造りの新社殿・神牛像(撫牛)・境内社など

表参道から入ると参道の左側に手水舎。
その先に社殿となる。

社殿は平成七年(1995)に新たに造営されたもの。
総檜造りで造られた社殿。
かつての旧社殿にも劣らない立派な造りとなっている。
梅の季節には社殿と梅の組み合わせを楽しむ事ができる。

手水舎の左右には神牛像(撫牛)が2体。
菅原道真公と牛にまつわる由来で、梅と共に天神信仰では篤く崇敬されている。

菅原道真公は乙丑の生まれで、牛を大層可愛がった事から、天神信仰の神使は牛とされている。

境内社は、社殿の裏手に笹塚稲荷神社。
その隣には戸隠神社。
戸隠神社の御祭神は天之手力雄命で、御由緒にもあるように道真公が祀られる以前からの御祭神であるため、地主神という事になるのだろう。
『江戸名所図会』にもその姿を見る事ができる。

他に絵馬殿(喫煙所)の横に三天火伏三社稲荷社が鎮座している。

学問の神として受験生からの人気

そして何より「学問の神」として古くから崇敬を集めた当宮。
江戸時代には学者文人が多く参拝に訪れている。

現在も学問の神としての信仰が篤く、特に受験シーズンには多数の受験生が合格祈願に訪れる。
合格祈願の絵馬が至る所に掲げられている事からも崇敬の篤さを感じる事であろう。

受験シーズン以外にも学問成就や修学旅行の学生ら常に賑わう境内。
授与品も学問に因んだものが多い。
御朱印はこちらの社務所にて対応して頂ける。

梅の名所として名高い梅園と梅まつり

境内の左手には美しく整備された梅園が広がる。
特に梅の季節は大変美しく、例年2月上旬から3月上旬までは「梅まつり」が開催される。

平成二十九年(2017)の「梅まつり」の日程は、2月8日-3月8日まで。
入園時間は8:00-19:30で入園料無料。
土日祝日には多くの催し物が開催される。

江戸時代から梅の名所として知られた当宮。
約300本の梅が植えられており、そのうちの8割が白梅。
戦時中には当宮を歌った『湯島の白梅』という歌謡曲が大ヒット。
戦後は『婦系図 湯島の白梅』といった白黒映画もヒットしたように、古くからの梅の名所で知られていた。

菅原道真公は梅の木を愛でた事で知られ、飛梅伝説なども残る。
政争に敗れて京から太宰府(九州)に左遷された際に以下の歌を詠んでいる。

東風(こち)吹かば にほひをこせよ 梅花(うめのはな) 主なしとて 春を忘るな

現代語訳:東風が吹いたら(春が来たら)芳しい花を咲かせておくれ、梅の木よ。大宰府に行ってしまった主人(私)がもう都にはいないからといって、春の到来を忘れてはならないよ。

このように天神信仰と梅は関わりが大変深く、当宮の神紋は加賀梅鉢紋となっている。
こうした事もあり天神信仰の神社は梅の名所が多い。

梅の季節が天神さまの魅力とも云え、梅まつりの期間中は更に賑わう。
境内には露店も多く出ており、御朱印にも「梅まつり」の印が押される。

所感

東京を代表する天神さまである当宮。
古くから学問の神として崇敬を集め、綱吉は湯島周辺を文教の中心と据え、当宮を大変崇敬し、江戸時代の著名な学者や文人たちも参拝に訪れている。
更に江戸時代には景勝地・人気の観光地としても賑わい、庶民からの信仰を集めた。
こうした様子は現在も変わらず、現在も学問の神として、そして梅の名所として多くの方々から崇敬を集めており、東京のみならず地方から当宮に訪れる参拝者も数多い。
今も昔も東京・江戸の名所の一社として参詣できる良社である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 社号碑・大鳥居 ]

[ 銅鳥居 ]



[ 社号碑 ]

[ 表参道 ]

[ 神牛像(撫牛) ]


[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]






[ 本殿 ]



[ 演芸場 ]

[ 戸隠神社 ]

[ 笹塚稲荷神社 ]

[三天火伏三社稲荷社]

[ 包丁塚 ]

[ 筆塚 ]

[ 宝物殿 ]

[ 新派碑 ]

[ 男坂鳥居 ]

[ 男坂 ]

[ 授与所 ]

[ 太宰府天満宮より献梅 ]

[ 社務所 ]

[ 御神木 ]

[ 絵馬掛 ]

[ 常夜灯 ]

[ 奇縁氷人石 ]

[ 菅公一千年祭碑]

[ 筆塚 ]

[ 梅園 ]







[ 境内の梅 ]




[ 夫婦坂 ]

[ 車祓所 ]

[ 案内板 ]

Google Maps