港区

港区

高輪神社 / 東京都港区

高輪一帯の総鎮守。稲荷社として創建・高輪の地名由来。太子堂や庚申堂の建立。江戸名所図会に描かれた当社。切絵図から見る高輪周辺。神仏分離と高輪神社への改称。江戸時代の鳥居や狛犬が現存。聖徳太子を祀る太子宮。東京福めぐりの一社。御朱印。
港区

亀塚稲荷神社 / 東京都港区

聖坂途中に鎮座する小さなお稲荷様。旧芝三田功運町の鎮守。更級日記に記された竹芝寺伝説。酒壺の霊亀の伝承と亀塚。太田道灌による社の建立。切絵図から見る三田周辺。江戸名所図会に描かれた当社。区内最古の弥陀種子板碑。小さな朱色の社殿。御朱印。
港区

御田八幡神社 / 東京都港区

三田鎮守の八幡さま。式内社「薭田神社」論社とされる古社。久保三田に遷座・嵯峨源氏渡辺一党の氏神。頼光四天王・渡辺綱の伝説と綱八幡。江戸時代初期に当地へ遷座。江戸切絵図や江戸名所図会から見る当社。オフィス街に鎮座・鬱蒼とした境内。御朱印。
港区

讃岐小白稲荷神社 / 東京都港区

讃岐稲荷と小白稲荷が合祀された神社。高松藩松平家の下屋敷に祀られた讃岐稲荷。高松藩松平家の下屋敷の位置。芝湊町の邸内社であった小白稲荷。貧困街の歴史を持つ芝新網町。鳥居や扁額が別々に用意された境内。力石や狐穴。本務社は「芝大神宮」。御朱印。
港区

芝大神宮 / 東京都港区

東京十社・芝神明と呼ばれた関東のお伊勢様。だらだら祭りと称される例祭・女性人気の千木筥(ちぎばこ)。伊勢神宮を勧請し創建。源頼朝による寄進。徳川将軍家からの庇護。め組の喧嘩の舞台。浮世絵に描かれた当宮。江戸有数の盛り場。御朱印。御朱印帳。
港区

御穂鹿嶋神社 / 東京都港区

本芝地区鎮守。平成になり御穂神社と鹿嶋神社が合併。新しく造営された綺麗な社殿。古典落語「芝浜」の舞台。江戸時代より本芝両社と呼ばれ崇敬を集める。江戸時代に描かれた両社・江戸切絵図で見る芝浜。万里小路(藤原)藤房の伝説。御朱印。
港区

日比谷神社 / 東京都港区

新橋(汐留地区含む)鎮守。「鯖稲荷」として親しまれた神社・その由来。日比谷の鎮守から芝口(東新橋)の鎮守へ。江戸切絵図と江戸名所図会から見る当社。戦前と戦後に遷座を繰り返す。新しさを感じるこぢんまりとした境内。御朱印。
港区

白金氷川神社 / 東京都港区

白金鎮守。白金村の成立とその歴史。江戸時代に描かれた白金地域。明和の大火や戦争での焼失と再建。白金は「しろかね」と読む。広々とした境内。御朱印。
港区

幸稲荷神社 / 東京都港区

幸事が続いたので幸稲荷。合祀された瘡護神社の存在・風習と民謡。二社の社号・扁額。社宝・御祀石の伝承。東京タワー内のタワー大神宮は当社兼務社。御朱印。
港区

愛宕神社 / 東京都港区

徳川家康の命により創建。出世の石段の伝説。天然山の愛宕山。江戸の人気観光名所・多くの浮世絵の題材。防火防災の神・伏火之総本社。御朱印。御朱印帳。
港区

乃木神社 / 東京都港区

乃木将軍夫妻をお祀りする神社。明治天皇を慕い殉死・昭和天皇の教育係。質素と謹厳の代名詞。乃木坂の地名由来。御朱印。御朱印帳。
港区

久國神社(久国神社) / 東京都港区

旧谷町(麻布谷町)鎮守。港七福神・布袋尊。刀工・粟田口久国作の刀が社名由来。稲荷信仰。御朱印。
港区

アクアシティお台場神社 / 東京都港区

アクアシティ屋上。芝大神宮の分社。風変わりな観光向け神社。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました