港区

港区

麻布氷川神社 / 東京都港区

麻布総鎮守。江戸七氷川の一社。月替りの御朱印・宮神輿巡行の御朱印帳。浮世絵にも描かれた麻布一本松。徳川将軍家からの庇護。セーラームーンに登場神社のモデル。コンクリート博士による社殿。神楽殿や神輿庫。向かい合う狛犬。港七福神めぐり・毘沙門天。
港区

十番稲荷神社 / 東京都港区

麻布十番のお稲荷様。金運財運上昇の集財祭(あじさいまつり)。麻布坂下町鎮守の末廣神社・麻布永坂町鎮守の竹長稲荷神社。戦後に二社が合祀。かえるの石像。港七福神めぐり・宝船。戦前の狛犬。例大祭・酉の市・麻布十番納涼まつり。御朱印。御朱印帳。
港区

櫻田神社(桜田神社) / 東京都港区

旧麻布桜田町鎮守。沖田総司ゆかりの神社。新選組らしさのある御朱印帳・限定御朱印。源頼朝の命により渋谷重国が創建。白い狐の伝説・霞山稲荷大明神。江戸時代に描かれた当社。明治に櫻田神社へ改称。六本木ヒルズ近くに鎮座。港七福神・寿老神。御朱印。
港区

赤坂氷川神社 / 東京都港区

赤坂鎮守の氷川さま。東京十社。徳川吉宗が造営した社殿が現存。江戸時代の風情が残る境内。祭事や季節に応じた限定御朱印。浮世絵など江戸時代に描かれた当社。縁むすび参り。忠臣蔵。四合(しあわせ)稲荷。古い狛犬や石灯籠。御神木の大銀杏。御朱印帳。
港区

烏森神社 / 東京都港区

新橋烏森鎮守。カラフル御朱印の先駆け。心願色みくじなど豊富な授与品。烏森の由来・烏森稲荷と呼ばれた当社。平将門を討った藤原秀郷による創建。古河公方・足利成氏の祈願状。徳川将軍家や江戸庶民からの崇敬。近代建築の鳥居と社殿。御朱印。御朱印帳。
港区

朝日神社 / 東京都港区

六本木に鎮座するお稲荷様。旧北日ヶ窪町鎮守。芋洗坂の小さな神社。平安時代に弁財天を祀り創建。江戸時代に稲荷神が合祀。日ヶ窪稲荷・朝日稲荷と称される。江戸切絵図から見る当社。朱一色で彩られる7月のほおずき市。後方には六本木ヒルズ。御朱印。
港区

出雲大社東京分祠 / 東京都港区

都内唯一の出雲大社分祠。六本木の路地裏に鎮座・ビルの3階に神殿。神殿では二拝四拍手一拝で拝礼。出雲大社の神様は縁結びの神。御朱印には縁の印。出雲大社の大宮司によって創設された出雲大社教・東京出張所が当社の起源。身を清める祓社。御朱印帳。
港区

元神明宮 / 東京都港区

元神明と称される古社。一条天皇の勅命によって創建。頼光四天王・渡辺綱の伝説と産土神。元神明と称された由来。江戸切絵図から見る当宮・隣は久留米藩主有馬家上屋敷。江戸時代に描かれた当宮。平成に造営された伝統建築と近代建築が融合した社殿。御朱印。
港区

高輪神社 / 東京都港区

高輪一帯の総鎮守。稲荷社として創建・高輪の地名由来。太子堂や庚申堂の建立。江戸名所図会に描かれた当社。切絵図から見る高輪周辺。神仏分離と高輪神社への改称。江戸時代の鳥居や狛犬が現存。聖徳太子を祀る太子宮。東京福めぐりの一社。御朱印。
港区

亀塚稲荷神社 / 東京都港区

聖坂途中に鎮座する小さなお稲荷様。旧芝三田功運町の鎮守。更級日記に記された竹芝寺伝説。酒壺の霊亀の伝承と亀塚。太田道灌による社の建立。切絵図から見る三田周辺。江戸名所図会に描かれた当社。区内最古の弥陀種子板碑。小さな朱色の社殿。御朱印。
港区

御田八幡神社 / 東京都港区

三田鎮守の八幡さま。式内社「薭田神社」論社とされる古社。久保三田に遷座・嵯峨源氏渡辺一党の氏神。頼光四天王・渡辺綱の伝説と綱八幡。江戸時代初期に当地へ遷座。江戸切絵図や江戸名所図会から見る当社。オフィス街に鎮座・鬱蒼とした境内。御朱印。
港区

讃岐小白稲荷神社 / 東京都港区

讃岐稲荷と小白稲荷が合祀された神社。高松藩松平家の下屋敷に祀られた讃岐稲荷。高松藩松平家の下屋敷の位置。芝湊町の邸内社であった小白稲荷。貧困街の歴史を持つ芝新網町。鳥居や扁額が別々に用意された境内。力石や狐穴。本務社は「芝大神宮」。御朱印。
港区

芝大神宮 / 東京都港区

東京十社・芝神明と呼ばれた関東のお伊勢様。だらだら祭りと称される例祭・女性人気の千木筥(ちぎばこ)。伊勢神宮を勧請し創建。源頼朝による寄進。徳川将軍家からの庇護。め組の喧嘩の舞台。浮世絵に描かれた当宮。江戸有数の盛り場。御朱印。御朱印帳。
港区

芝東照宮 / 東京都港区

芝公園内鎮座の東照宮。増上寺に造営された安国殿が起源。徳川家光によって豪奢な社殿が造営。江戸切絵図や江戸名所図会から見る当宮。神仏分離で増上寺と分離・旧本殿は旧国宝に指定。戦後に再建された社殿。家光が植えたと伝わる御神木。御朱印。御朱印帳。
港区

廣尾稲荷神社(広尾稲荷神社) / 東京都港区

広尾鎮守。江戸時代の拝殿が現存。拝殿天井に高橋由一による圧巻の墨龍画。徳川秀忠による勧請。富士見御殿の鎮守・富士見稲荷の謎。江戸切絵図から見る当社と富士見稲荷。高橋由一の墨龍画とその経緯。境内に残る古い奉納物や御神木・境外の庚申塔。御朱印。
タイトルとURLをコピーしました