世田谷区

世田谷区

駒繋神社 / 東京都世田谷区

下馬鎮守・源氏ゆかりの子の神(ねのかみ)。源義家(八幡太郎)や源頼朝が戦勝祈願をした伝承。頼朝が馬を繋いだ事から駒繋。大国主命を祀る・子の神と呼ばれる理由。安産や縁結びの神様。蛇崩川緑道沿い暗渠に架かる神橋。旧拝殿を利用した招魂社。御朱印。
世田谷区

池尻稲荷神社 / 東京都世田谷区

池尻鎮守のお稲荷様。御朱印と狐の嫁入りの挟み紙。涸れずの井戸・薬水の井戸の伝承。御神木によって戦火を免れた社殿。蛇と水にまつわる清姫稲荷神社・水神社。池尻村と池沢村・池尻の地名由来。旧大山道沿いに鎮座。明治以降の池尻は軍事地域として発展。
世田谷区

弦巻神社 / 東京都世田谷区

弦巻鎮守。明治に稲荷社・八幡社・天神社が合祀され創建。中世の弦巻・弦巻の地名由来。江戸時代の弦巻村。新編武蔵風土記稿に記された弦巻村の神社。三基の鳥居。大正時代の社殿。大正時代の狛犬・神楽殿・境内社。2017年から御朱印の授与も開始。
世田谷区

桜神宮 / 東京都世田谷区

神習教本祠・古式神道の桜神宮。参拝作法は二拝四拍手一拝。境内の河津桜・ライトアップされた河津桜。関東大震災や戦災を免れた社殿。神道十三派の1つ神習教。火伏せ・災難除けの御神徳。世田谷のお伊勢さん。初代管長・芳村正秉。御朱印。桜の御朱印帳。
世田谷区

太子堂八幡神社 / 東京都世田谷区

太子堂鎮守の八幡さま。カラフルな限定御朱印・数多くの御朱印帳。多くのうさぎを飼育・幸せうさぎ。源頼義・義家(八幡太郎)の伝承。別当寺「円泉寺」の縁起・太子堂の地名由来。縁結び相生の榊。革アトリエとコラボ授与品。戦火を免れた昔ながらの境内。
世田谷区

北澤八幡神社(北澤八幡宮) / 東京都世田谷区

下北沢鎮守の八幡さま。世田谷城の鬼門守護として創建。七澤八社随一正八幡宮と称される。富士山が見える神社・富士山遙拝所。シールタイプ限定御朱印。当社限定ガチャ。平成三十年は御鎮座500年記念例大祭。江原啓之氏が奉職した神社。御朱印。御朱印帳。
世田谷区

上野毛稲荷神社 / 東京都世田谷区

上野毛鎮守のお稲荷様。野毛村の歴史・上野毛と下野毛の分村。上野毛村の名主であった田中氏・その邸内社。明治以降の歩み・上野毛全域の鎮守。上野毛通り稲荷坂の途中に鎮座。崖を切り崩した境内。神明造の社殿。本務社は「等々力稲荷神社」。御朱印。
世田谷区

中町天祖神社 / 東京都世田谷区

中町(旧野良田村)鎮守の天祖神社。上野毛通り沿いに鎮座。雰囲気のよい並木参道。開放感のある境内。粕谷氏による野良田村の開墾とその鎮守。明治になり天祖神社へ改称。中町への改称によって野良田の地名は消失。本務社は「等々力玉川神社」。御朱印。
世田谷区

等々力玉川神社 / 東京都世田谷区

等々力鎮守。おくまんさま。世田谷城主・吉良氏が創建した熊野社が起源。明治になり玉川村の成立・玉川神社への改称。せたがや百景に選定された緑豊かな鎮守の杜。戦前の社殿が戦火を免れ現存。風情溢れる石獅子。名木百選の通称とっくりクス。御朱印。
世田谷区

東玉川神社 / 東京都世田谷区

東玉川の鎮守。「渋谷氷川神社」より移築された江戸時代初期の社殿。拝殿天井絵の火焔龍神像。親子龍の彫刻。等々力村の飛地であった諏訪分と鎮守の諏訪社。明治になり玉川村の成立・合祀政策によって廃社。昭和に入り諏訪社再建と東玉川町の成立。御朱印。
世田谷区

久富稲荷神社 / 東京都世田谷区

世田ヶ谷村の枝郷・新町村(現・新町と桜新町)の鎮守。約250mの長い参道。戦前の社殿が現存。漫画『ぎんぎつね』冴木稲荷神社のモデル・サイン色紙。御朱印には銀太郎の印判。ふくろうの社・年2回のふくろう祭(フリーマーケット)。御朱印。御朱印帳。
世田谷区

菅原神社 / 東京都世田谷区

松原鎮守。せたがやの菅原天神。寺子屋を開いていた人物が学問の神を祀る。せたがや百景に選定・朱塗りの社殿。天神信仰らしい神牛像や梅のある境内。境内の一角に整備された美しい弁天池。歴史を伝える絵馬殿や力石。新編武蔵風土記稿から見る当社。御朱印。
世田谷区

代田八幡神社 / 東京都世田谷区

代田地区鎮守の八幡さま。代田村の開墾・鎮守として創建。代田の地名由来はダイダラボッチ伝説。環七沿いに鎮座。新旧2つの鳥居と手水舎。世田谷区内で2番目に古い鳥居。屋根の上に屋根が乗る拝殿。江戸時代から伝わる代田餅つき。御朱印。御朱印帳。
世田谷区

喜多見氷川神社 / 東京都世田谷区

喜多見総鎮守。自然溢れる静謐な参道・区内最古の石鳥居・再建された立派な社殿。古い土地である喜多見の歴史。当地に移入した江戸氏。江戸氏が喜多見氏に改称・喜多見氏の氏神に。江戸郊外に立藩された喜多見藩。江戸名所図会に描かれた当社。御朱印。
世田谷区

瀬田玉川神社 / 東京都世田谷区

瀬田・玉川両地区鎮守。瀬田の地名由来。瀬田城を居城とした長崎氏の下屋敷に創建。後北条氏の滅亡後に名主となった長崎氏により別当寺「慈眼寺」の境内に遷座。御嶽社を称し「おみたけさん」と呼ばれる。明治に多くの神社を合祀し改称。御朱印。
タイトルとURLをコピーしました