世田谷区

世田谷区

瀬田玉川神社 / 東京都世田谷区

瀬田・玉川両地区鎮守。瀬田の地名由来。瀬田城を居城とした長崎氏の下屋敷に創建。後北条氏の滅亡後に名主となった長崎氏により別当寺「慈眼寺」の境内に遷座。御嶽社を称し「おみたけさん」と呼ばれる。明治に多くの神社を合祀し改称。御朱印。
世田谷区

用賀神社 / 東京都世田谷区

用賀鎮守。室町時代に開拓された用賀村と地名由来。創建年代や御由緒不詳の神明社・用賀村の鎮守であった八幡社と村内の神社。明治になりこれら村内の神社が合祀され「用賀神社」となる。昭和後期に造営された尾州檜による立派な社殿。御朱印。
世田谷区

尾山台宇佐神社 / 東京都世田谷区

尾山台(旧小山村)鎮守。5世紀頃の古墳である八幡塚古墳の上に鎮座。源頼義による創建の伝承の八幡さま。尾山台の地名由来と地名の変遷。江戸時代の史料から見る当社と境内にあった二本松。明治以降の歩み・大正時代に社殿を再建・戦後の改修。御朱印。
世田谷区

野毛六所神社 / 東京都世田谷区

野毛総鎮守。多摩川の洪水時に府中から祠が漂着・府中「大國魂神社(六所宮)」から「六所明神」と称され創建。江戸時代に成立した野毛村の歴史。明治になり当地へ遷座。静かで立派な境内。境内社の水神社の伝承・多摩川の水中御渡。御朱印。
世田谷区

世田谷八幡宮 / 東京都世田谷区

世田谷総鎮守。江戸郊外三大相撲の一社。境内の土俵や力石・奉納相撲。源義家(八幡太郎)による創建。世田谷城主・吉良頼康による再興。世田谷村の鎮守として発展。江戸時代に描かれた当宮。広く立派な境内・荘厳な社殿・綺麗な弁天池。御朱印。
世田谷区

駒留八幡神社 / 東京都世田谷区

上馬鎮守。若宮八幡宮。領主による創建・駒留と呼ばれた由来。世田谷城主の側室常磐の悲劇・世田谷区の花「サギソウ」伝説。江戸時代の領主大久保氏からの崇敬。重厚な拝殿と塚の上に建つ本殿。多くの境内社・信仰を伝える一角。御朱印。
世田谷区

松陰神社 / 東京都世田谷区

吉田松陰を祀る神社。明治維新に思想的影響を与えた吉田松陰・安政の大獄。高杉晋作らによって当地へ改葬。墓所の隣に当社が創建。松下村塾のレプリカ。32基の石灯籠。木戸孝允奉納石鳥居。萩・世田谷幕末維新祭り。御朱印。
世田谷区

勝利八幡神社 / 東京都世田谷区

桜上水・上北沢鎮守。世田谷区最古の旧本殿。勝利の社号由来。桜上水・上北沢の由来。山谷稲荷神社。御朱印。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました