岩槻久伊豆神社 / 埼玉県さいたま市

神社情報

岩槻久伊豆神社(いわつきひさいずじんじゃ)

御祭神:大国主命
社格等:県社
例大祭:4月19日(春季)・10月19日(秋季)
所在地:埼玉県さいたま市岩槻区宮町2-6-55
最寄駅:東岩槻駅・岩槻駅
公式サイト:http://www.hisaizu.jp/

御由緒

 久伊豆(ひさいず)神社の御祭神は、国土開拓・生成化育・子孫繁栄を掌る神、大国主命(大巳貴神)です。当神社は約1400年前、欽明天皇(539-571)の御代、出雲族土師(はじ)氏が、東国移動の際にこの地に大国主命を出雲国より勧請したのが始まりとされています。
平安時代中頃には武蔵野に有力な武家集団(武蔵七党)が勢力をふるい、中でも元荒川流域の野与党と私市党の崇敬を集め、除災招福の神徳が豊かであったといわれています。また戦国時代には太田道灌が築城した岩槻城城郭内に総鎮守としておかれました。
以後、江戸時代まで歴代の城主から守護神として崇敬を受け、太刀・神輿・絵馬など数々の品が奉納されています。しかし明治八年一月の火災により、神輿や多数の古文書・寄進物が焼失してしまったことはとても惜しまれます。
またこの地は、御成街道の宿場として古くからひらけ、近くの村々、たくさんの人々からも崇敬され、岩槻の総鎮守として現在に至っています。

(※頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2015/08/12

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。
岩槻久伊豆神社

御朱印帳

初穂料:1,200円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
濃紺を基調に、飼育されている孔雀をモチーフにしたとても綺麗な御朱印帳。
開くと孔雀の羽根が広がるデザインになっている。

[ 表側 ]
岩槻久伊豆神社1
[ 裏側 ]
岩槻久伊豆神社2
[ 見開き ]
岩槻久伊豆神社3


歴史考察

岩槻の総鎮守

さいたま市岩槻区宮町に鎮座する神社。
旧社格では県社に列し、武州岩槻総鎮守として岩槻の総鎮守とされている。
孔雀の飼育をしており、鶏が境内に放されていたりと、動物好きなら癒やされる境内が特徴。
正式名称は「久伊豆神社(ひさいずじんじゃ)」であるが、他との区別のため「岩槻久伊豆神社」とさせて頂く。

元荒川流域には「久伊豆神社」の名称の神社が数多く存在する。
その数は60以上(神社庁の登録でも44社)とも云われ、このさいたま市岩槻区だけでも8社鎮座している。
その中でも規模、旧社格などが高い代表的な神社が当社。
この「久伊豆神社」の分布を見ていくと面白い事が見えていくのだが、そちらは後述させて頂く。

出雲族の氏神による勧請・岩槻城と共に発展

社伝によると、創建は今から約1400年前の欽明天皇(539-571)とされている。
出雲族の氏族である土師(はじ)氏が、東国移動の際にこの地に大国主命を出雲国より勧請し、社殿を建立したのが始まりとされている。

長禄元年(1457)、太田道灌(江戸城築城でも有名)が岩槻城(現在は廃城)を築城した際、当社を岩槻城の鎮守としており、これが現在の「武州岩槻総鎮守」という肩書に繋がっていく。
以後、岩槻城の歴代城主より庇護され続けており、多くの品が奉納され、一部は現存している。
当社の境内は今も岩槻城址の一部とされている事から、岩槻城との関係が大層深かったのが現在も伝わってくる。

明治以降の再建・社格の昇格

明治以降は、明治六年(1873)に村社に列し、明治八年(1875)に不審火により全ての建物が焼失。
この時に古い奉納品などの多くが焼失してしまったようだ。

明治十五年(1882)に本殿が再建。
大正四年(1915)に拝殿などが再建。
大正十二年(1923)に郷社に昇格している。

その後、県社に昇格したのは旧社格廃止直前の戦後、昭和二十年(1945)の事。
社格が昇格していっている事は、それだけ崇敬を集めていた事の証拠とも言えるだろう。

近年ではクイズ神社としても有名

戦後になると「久伊豆」が「くいず」と読める事から、一部では「クイズ神社」と親しまれるように。
その影響で「アメリカ横断ウルトラクイズ」の予選会場として選ばれた事もあり、近年クイズ番組での優勝祈願に訪れる者も増えているのだとか。
またクイズ番組制作者は当社で祈願するのが恒例になっているそうだ。

久伊豆神社の信仰圏

この周辺に多くある「久伊豆神社」についてだが、これは創建に関わる出雲族の一族と、平安時代に台頭した武家集団の武蔵七党の影響によるものと考えられており、元荒川流域に勢力があった武蔵七党のうち野与党と私市党の支配地域と「久伊豆神社」の分布が被る。

各地域のみに多く存在する社名というのは結構多く、「久伊豆神社」の信仰も、創建時の出雲族や武家集団の崇敬と共にこの地で深く根付いていったのだろう。

現に面白いなと思うのが、埼玉には武蔵国一之宮ともされ氷川信仰系の総本社の「大宮氷川神社」があり、埼玉・東京を中心に数多く鎮座(そこ以外ではほぼ見られない)している「氷川神社」系の数が非常に多い。
しかし、元荒川流域に限ってみると「氷川神社」の姿をほとんど見る事ができなくなる。
(氷川信仰も出雲との繋がりの深い信仰ではあるのだが)

その代わりに「久伊豆神社」や、私市党の氏神であったとされる「鷲宮神社」が分布するようになり、創建時や平安時代の勢力図を窺い知る事ができる。
鷲宮神社」は出雲族の一族である土師氏の「土師宮(はにしのみや/はじのみや)」が訛って「鷲宮」になったともいわれるし、「鷲宮神社」寄りにある加須市の「玉敷神社」は、かつて「久伊豆明神」と称しており、久伊豆神社の総本社とされている。

この事からも、創建に関わった出雲族との深い繋がり、平安時代に台頭した武家集団の武蔵七党のうち野与党と私市党による崇敬が、久伊豆信仰の独特な信仰圏を確立したと言えるだろう。

ちなみに荒川流域には氷川信仰の「氷川神社」、元荒川流域には久伊豆信仰の「久伊豆神社」、利根川流域には香取信仰の「香取神社」と、ほぼ境界を侵すことなく祀られているのが面白い。

久伊豆の由来を推測

そんな元荒川流域にのみ点在する「久伊豆神社」。
この「久伊豆」という社名も中々不思議な文字列である。
伊豆諸島と関係があるのかとも思ったが、御由緒からは全く関係は見いだせない。

そこで深く見ていくと御祭神と創建由来に行き着く事になる。
久伊豆信仰は出雲族であった土師(はじ)氏という一族が由来となっている。
御祭神である大国主命は「出雲大社」の御祭神であり、出雲の神である。
当社では大国主命を「久伊豆明神」としてお祀りしていた。

そこで出雲と久伊豆という文字の関連を推測していくと、万葉仮名の存在に辿り着く。
「出雲」を「いづくも」と読むことにし、これを万葉仮名に変換すると「伊豆久母」となる。
ここで「久・伊豆」という字が登場する事になり、出雲が由来という事が分かる。

出雲族であった一族によって創建された久伊豆信仰。
「久しい出雲の大神」といったニュアンスも入っているように感じる。
そして「出雲大社」の神をお祀りし、久伊豆明神としてお祀りした。

これが現在「久伊豆神社」として、元荒川流域にのみ点在している神社の社名由来ではないだろうか。

これらは全て筆者の推測になるのだが、大方間違っていないように思う。

平成の大造営で新旧建築物の対比が見事

境内は広くて整備されておりとても立派。
県社まで昇格した崇敬の篤さを感じさせてくれる。

最近も平成二十五年(2013)から翌年(2014)にかけては、平成の大造営が行われた。
拝殿の増改築、参集殿の新築、など色々と整備されており現在はその新しい姿を見る事ができる。

本殿は明治十五年(1882)に再建されたものが現存。

拝殿は上述の平成の大造営で増改築されたものになっている。
新しく綺麗な拝殿と、古い本殿の対比が美しくてお見事。

他にも一万坪の境内を有する当社は見所満載。
境内社の数も豊富。
神社にしては珍しい枯山水(昭和四年造営)の神苑があったりと境内も広い。

この日は炎天下の夏だったのだが拝殿に繋がる石段の下に「夏越の風鈴」と書かれた風鈴を多数下げたトンネルが用意されていて、これが実に風流であった。

孔雀小屋や動物の存在

当社を語る上で外せないのが「孔雀小屋」の存在。

孔雀飼育をしており、この由来は、昭和十三年(1938)に朝香宮殿下が参拝された際に当社に孔雀を三羽下賜された事によるもの。
現在いる孔雀はその子孫との事。
他に鶏などが境内を自由に行き来できるようになっているのが面白い。

このように手水舎の水を鶏が飲みに来たりと、動物好きなら癒される空間となっている。

御朱印は新しく出来たとても綺麗な社務所にて。
オリジナルの御朱印帳も用意しており、孔雀がデザインされた綺麗なもの。
開くと羽根を広げた孔雀の姿になりとても秀逸。

所感

岩槻の総鎮守とされる当社。
「久伊豆神社」の分布を見ると色々と面白い事が見えてくる。
歴史的にも崇敬を集め、今もなお崇敬の篤さを感じる、この地に根付いた神社。
広い敷地は綺麗に整備されており、孔雀の飼育や境内を歩いている鶏たちの姿は見ていて癒やされる。
いつまでも境内にいれそうな空間がとても好み。
個人的にはとてもオススメできる良社。

神社画像

[ 一の鳥居・社号碑 ]

[ 一の鳥居 ]

[ 狛犬 ]


[ 参道 ]

[ 狛犬 ]


[ 二の鳥居 ]

[ 参道 ]


[ 手水舎 ]
[ 夏越の風鈴 ]
[ 拝殿 ]

[ 拝殿・幣殿・本殿 ]

[ 本殿 ]
[ 狛犬 ]


[ 神札所 ]

[ 参集殿 ]

[ 叶い戌(子育て戌) ]

[ 北野天満宮 ]


[ 撫で牛 ]

[ 榛名神社 ]

[ 伏見稲荷神社 ]

[ 御神木(大榊) ]

[ 神苑(枯山水) ]
[ 放生池 ]

[ 明戸庚申社 ]

[ 灯籠を支える狛犬 ]

[ 神輿庫 ]

[ 神楽殿 ]

[ 健康塚 ]

[ 旧社務所 ]
[ 新社務所 ]
[ 孔雀小屋 ]






[ 案内板 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google