根津神社(根津権現) / 東京都文京区

根津神社(ねづじんじゃ)
根津権現(ねづごんげん)

御祭神:須佐之男命・大山咋命・誉田別命
相殿神:大国主命・菅原道真公
旧社格:准勅祭社・府社
例大祭:9月21日
所在地:東京都文京区根津1-28-9
最寄駅:根津駅・千駄木駅・東大前駅
公式サイト:http://www.nedujinja.or.jp/

御由緒

当神社は今から千九百余年の昔、日本武尊が千駄木の地に創祀したと伝えられる古社で、文明年間には太田道灌が社殿を奉建している。
江戸時代五代将軍徳川綱吉は世継が定まった際に現在の社殿を奉建、千駄木の旧社地より御遷座した。
明治維新には、明治天皇御東幸にあたり勅使を遣わされ、国家安泰の御祈願を修められる等、古来御神威高い名社である。
「根津権現」は当社の古称。
(※頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2016/01/25
参拝日:2015/04/27

御朱印

初穂料:300円
授与所にて。
※平時は社殿横の授与所で拝受できる。
※「つつじまつり」開催中は、社務所の前に御朱印用の特設エリアが設置されていた。
※境内社の「乙女稲荷神社」と「駒込稲荷神社」の御朱印もお願いすると拝受可能。
※2016/01/25拝受
※2015/04/27拝受

御朱印帳

初穂料:1,200円
社務所にて。
オリジナルの御朱印帳を複数用意している。
御神紋のある黒ベースのシックなものと、白(銀)を基調とした境内をデザインした可愛らしいもの。
さらに東京十社専用の御朱印帳(1,500円)も用意されている。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。
スポンサーリンク


考察

文化人に愛された根津権現

文京区根津に鎮座する神社。
旧社格は准勅祭社の後に府社、現在は東京十社の内の一社。
重要文化財の社殿や、春のつつじまつりが有名。
古くは「根津権現」と称され、現在もその呼称を使われる場合もある。
森鴎外や夏目漱石などの文豪や、落語家など数々の著名人にも愛され、その作品や噺などにも「根津権現」として登場する事が多い。

日本武尊が千駄木に創建

社伝によると、日本武尊が1900年近く前に千駄木に創建したと伝えている。
この辺は神話の話になるので定かではないが、現在の地ではなく千駄木に創建されたのは間違いない。
その後江戸時代までに何度かの遷座を繰り返している。

文明年間(1469年-1486年)には太田道灌(江戸城築城をした事で有名)により社殿が造営。
この頃はまだそこまで規模の大きな神社ではなかったようだ。

その後、江戸時代に入ると、万治年間(1658年-1661年)に千駄木の地が太田氏の屋敷地となったため東方へ遷座とある。
その後、さらに団子坂上(元根津)に遷座している。

幕府による天下普請で遷座

現在の鎮座地には、かつて甲府宰相・松平綱重(徳川五代将軍・綱吉の兄)の山手屋敷があった場所。
後の徳川六代将軍・家宣が生誕した土地になる。
その家宣の産土神(氏神)が当社であり、そういった縁で、宝永三年(1706)に現在の地に遷座している。

これは、宝永二年(1705)に五代将軍・徳川綱吉の養嗣子(後継者)に家宣が入った事によるもの。
養嗣子となった家宣が実父の綱重と共に江戸城に移ると、綱吉は家宣の産土神であった当社に、元の屋敷地(山手屋敷)を献納した。
その際には「天下普請」とも言われた幕府による大工事が行われ、社殿などが造営。
宝永三年(1706)に完成し、当社は現在の地に遷座している。

これらの「天下普請」とも言われた当時の社殿など多くが現存。
これらの本殿・幣殿・拝殿・唐門・西門・楼門・透塀は大変貴重な文化財であり、実際に昭和六年(1931)には国宝(現在の重要文化財)に指定、現在も国指定の重要文化財となっている。

以後、幕府により大いに崇敬を受けた。
見事な境内は江戸町民にも愛され「根津権現」と呼ばれた。

描かれた江戸時代の根津

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』にも当時の様子が描かれている。

根津神社

国立国会図書館デジタルコレクションより)

3ページに渡り描かれており、当時から広い敷地を有していたのが分かる。
こちらに描かれている社殿などの多くが、現存しているというのが実に素晴らしい。
姿形もそのままに、現在も比較して見る事ができるのが大変貴重。
東京にあって変わりなく残っているという事が本当に凄い事だろう。
ちなみに当時は門前に岡場所があり「根津遊郭」として栄えていたようだ。

浮世絵・錦絵にも当社の様子が描かれている。
江戸名勝図会
(二代歌川広重・江戸名勝図会)

二代歌川広重による「江戸名勝図会」に「根津」として描かれたもの。
雪景色と当社の一部が描かれている。

神仏分離で根津権現に

明治になり神仏分離。
准勅祭社に指定され、これが現在の東京十社に繋がる。
准勅祭社が廃止後は、府社に列した。

なお、江戸時代は「根津権現」と呼ばれていた当社だが、神仏分離の影響で「権現」を使う事ができなくなったため、「根津神社」に改称されている。
しかしながら、森鴎外や夏目漱石といった明治期に活躍する文豪の作品には「根津権現」として登場する事が多く、庶民には「根津権現」で親しまれ続けたのだろう。
今もなお地元の方は「根津権現」と呼ぶ方がいるようだ。

重要文化財の社殿や唐門など

社殿は上述の通り、宝永(1706)に造営されたものが現存。
徳川幕府が天下普請と言われる大造営に行ったもの。

拝殿・幣殿・本殿は権現造りの見事なもの。


大変状態がよく、当時の徳川幕府の威信を感じさせ、圧倒される。
社殿の前にある唐門も当時のものが現存。


社殿を囲む透塀・西門も当時のものが現存している。


こちらも当然、国の重要文化財となっている。
さらに表参道にある存在感たっぷりの楼門も当時のもの。


これら本殿・幣殿・拝殿・唐門・西門・透塀・楼門の全てが欠けずに現存している事が素晴らしい。
全て国の重要文化財に指定されている。
そして面白いのが至るところに「卍」のマークを確認できるという事。

当時の神仏習合の歴史がそのまま残っており、現在も御神紋は「万字巴」である。
明治の神仏分離によって「根津権現」との称が禁止されてしまったが、今でも当時の「根津権現」の姿を見る事ができる。

乙女稲荷神社など境内社

さらに境内社も魅力的。
特に有名なのが「乙女稲荷神社」。

社殿両側には奉納された鳥居がずらっと立ち並び実に幻想的。

ちなみに十万円納めると鳥居を奉納する事ができる。
この鳥居の途中には、境内には「徳川家宣胞衣塚」として、第6代将軍・家宣の胞衣(胎児を包んだ膜と胎盤)を埋めた塚がある。

上述の通り、この地は家宣が生まれたことに由来している。
駒込稲荷神社は、元は綱重(家宣の実父)の邸内社。

手水舎の屋根に、三葉葵の紋が残っている。

御朱印は社務所にて。
つづじまつりなど混雑する時は、別に専用の場所が設けられる事がある。
オリジナルの御朱印帳も用意している。

少し余談になるが、浸透はしていないものの、アニメ聖地としても登場している。
神社を舞台にした「ぎんぎつね」という漫画・アニメで登場する「神尾神社」という架空の神社は、当社をモデルとしているそうだ。
盛り上がってはいないが、絵馬の中に稀にそういったイラストを見かける事ができる。

見事なつつじ苑

そして有名な「つつじ苑」。
境内のつつじヶ岡(つつじ苑)は、境内地となる以前に徳川綱重が屋敷の庭につつじを植えたことに始まる歴史をもっている。
つづじの季節になると「つつじまつり」が開催。

こちらは平成二十七年(2015)の4月に参拝時のつづじ苑。
つづじまつりに合わせて甘酒茶屋や酒まんじゅう屋、露店なども多数並んでいる。
周囲からでも大変綺麗に見る事ができるが、つつじ苑へ入苑する場合は200円必要となる。

所感

未だに広い境内を有していて、重要文化財が多数現存しているのが魅力。
都内においてこれだけ当時の建築物が状態良く残っているのは珍しい。
特に「天下普請」として造営された社殿は権現造の傑作だろう。
つづじの時期のつづじ苑も見事だが、当社はどの時期でも素晴らしく楽しむ事ができる。
東京を代表する良社の一社。
個人的には東京十社の中でも1、2を争うくらい好きな神社。

神社画像

2016/01/25参拝時の画像
[ 社号碑・鳥居 ]

[ 神橋・楼門 ]


[ 楼門 ]


[ 手水舎 ]

[ 唐門・透塀 ]


[ 拝殿 ]




[ 透塀・西門 ]

[ 本殿・拝殿・透塀 ]

[ 狛犬 ]


[ 燈籠 ]


[ 納蒔舎 ]

[ 社務所・授与所 ]

[ 神楽殿 ]

[ つづじ苑 ]

[ 乙女稲荷神社鳥居 ]





[ 家宣公胞衣塚 ]

[ 乙女稲荷神社 ]


[ 境内社鳥居 ]

[ 庚申塚 ]


[塞の大神碑]


[ 境内社鳥居 ]

[ 駒込稲荷神社 ]

[ 神狐 ]


[ 神輿庫 ]

[ 裏門鳥居 ]


※2015/04/27参拝時の画像
[ つつじ苑 ]

Google Maps