酉の市

船橋市

意富比神社(船橋大神宮) / 千葉県船橋市

船橋大神宮と称される県内有数の古社。式内社(延喜式内社)。正式名称は「意富比神社(おおひじんじゃ)」。日本武尊が神鏡を祀る。意富比という土着の太陽神。灯明台と浮世絵の御朱印帳。奉納相撲と土俵。徳川将軍家からの崇敬・常磐神社の造営。御朱印。
新宿区

新宿十二社熊野神社 / 東京都新宿区

新宿総鎮守。中野長者と呼ばれた鈴木九郎が創建・熊野十二所権現を勧請。十二社(じゅうにそう)と呼ばれる由来。景勝地として浮世絵に描かれた当社・十二社池・熊野滝。角筈村鎮守。八咫烏と社殿や高層ビルの御朱印帳。酉の市。新宿中央公園に隣接。御朱印。
目黒区

目黒大鳥神社 / 東京都目黒区

目黒総鎮守。目黒のお酉さま。鳥明神と称された目黒区最古の神社。江戸時代から続く目黒の酉の市・熊手の粋な買い方。江戸図に描かれた江戸九社。北斎の浮世絵で見る下目黒。江戸庶民の娯楽であった目黒詣。切支丹灯篭。平成の御社殿保存修復事業。御朱印。
横浜市

金刀比羅大鷲神社 / 神奈川県横浜市

酉の市で知られる横濱のお酉様。横浜橋商店街の一画に鎮座。桂歌丸ゆかりの地。横浜開港にあたり創建された金毘羅大権現。当社が創建された港崎遊郭・遊郭と共に歩んだ歴史。浮世絵に描かれた当社。赤線地帯であった永真遊郭街。横濱開港神社巡り。御朱印。
豊島区

雑司が谷大鳥神社 / 東京都豊島区

雑司が谷のお酉さま。11月の酉の市・毎月開催の手創り市。鬼子母神堂の境内に鷺大明神として創建。雑司が谷村鎮守。痘瘡守護神として信仰。神仏分離・寄進による再興。都電荒川線の線路沿いに鎮座。巾着の賽銭箱。雑司が谷七福神・恵比寿神。御朱印。
武蔵野市

武蔵野八幡宮 / 東京都武蔵野市

吉祥寺総鎮守。9月の例祭と吉祥寺秋まつり・11月の酉の市。坂上田村麻呂によって井の頭池周辺に勧請。吉祥寺の歴史・明暦の大火と吉祥寺火事・吉祥寺門前の住民が当地に移住・吉祥寺村が開村。井の頭弁財天道標。武蔵野吉祥七福神めぐり・大黒様。御朱印。
大田区

嶺御嶽神社 / 東京都大田区

旧嶺村鎮守。嶺の御嶽山。木曽御嶽山関東第一分社。木曽御嶽山を信仰する木曽御嶽信仰。中興の祖・一山行者。彫刻が見事な江戸時代の社殿が現存。狼の狛犬。一山行者を祀る一山神社。大鳥神社・酉の市。杜の霊神水・霊神の杜。御嶽山駅の由来。御朱印。
足立区

花畑大鷲神社 / 東京都足立区

酉の市発祥の神社。花畑(旧花又村)鎮守。酉年限定頒布の鷲掴み守。11月酉の日は酉の市・起源と歴史。源義光(新羅三郎)の伝承。義光の末裔とされる秋田藩主・佐竹氏からの寄進。見事な彫刻がある本殿は必見。立派な神苑を有する境内。御朱印。御朱印帳。
台東区

浅草鷲神社 / 東京都台東区

日本最大の酉の市で知られるお酉さま。12年に1度の勝幟守は2017年酉の市で授与。24時間開催の酉の市・粋な熊手の買い方。幸福を呼ぶなでおかめ。酉の市起源発祥の考察。江戸時代の浅草酉の市を描いた浮世絵。浅草田圃に鎮座。御朱印。御朱印帳。
久喜市

鷲宮神社 / 埼玉県久喜市

関東最古の大社。お酉様の本社。大鳥居と桜並木参道。本殿が2つ並ぶ美しい社殿。TVアニメ『らき☆すた』の聖地。出雲の神々・土師の宮と呼ばれた伝承・鷲宮催馬楽神楽。江戸時代に描かれた境内。明治に准勅祭社に指定・現在は別表神社。御朱印。御朱印帳。
中野区

新井天神北野神社 / 東京都中野区

旧新井村鎮守の天神様。新井薬師「梅照院」の開基と共に創建の伝承。江戸時代に当社へ梅を献じた記録。新編武蔵風土記稿から見る当社。黒鳥居・珍しい形の手水舎・撫で牛。戦後に再建された社殿。大鳥神社と酉の市。13個の力石。御朱印。御朱印帳。
渋谷区

宮益御嶽神社 / 東京都渋谷区

渋谷宮益坂に鎮座する旧宮益町の氏神。珍しい日本狼の狛犬。宮益町の地名由来・富士見坂と呼ばれた宮益坂。江戸切絵図から見る当社。江戸名所図会に描かれた当社と渋谷。明治天皇が御小休所とした事から聖蹟に指定。炙り不動と呼ばれた不動尊堂。御朱印。
中央区

波除神社(波除稲荷神社) / 東京都中央区

築地鎮守の波除稲荷。限定御朱印や毎月7日の七福神参り。開府以前の江戸と難航した築地の埋め立て。江戸切絵図から見る築地。関東大震災からの再建と築地市場の形成。お歯黒獅子(弁天社)と天井大獅子。つきじ獅子祭。市場関係者から奉納された碑。御朱印。
新宿区

花園神社 / 東京都新宿区

新宿総鎮守。大変な賑わいを見せる酉の市。徳川家康入府以前より創建。尾張藩下屋敷へ遷座・花園の由来。内藤新宿の開設と鎮守・新宿の地名由来。江戸時代に描かれた内藤新宿。朱色に統一された境内。境内社の稲荷社や芸能浅間神社。御朱印。
大田区

大森鷲神社 / 東京都大田区

大森のお酉さま。城南地区随一の賑わいを見せる酉の市。普段は商店街にある静かな神社。江戸中期より武運開運商売繁盛の神として信仰を集める。別当寺「密厳院」との関係。不入斗村の地名由来。かつては耕地ばかりの当地周辺。御朱印。