用賀神社 / 東京都世田谷区

神社情報

用賀神社(ようがじんじゃ)

御祭神:天照大神・應神天皇・仲哀天皇・神功皇后・倉稲魂命・市杵島姫命・大山祇命・菅原道真公
社格等:村社
例大祭:10月体育の日の前日
所在地:東京都世田谷区用賀2丁目16-26
最寄駅:用賀駅
公式サイト:─

御由緒

御当社の前称神明社は、その創建の年代は不詳であるが、合祀神たる八幡社(應神天皇・仲哀天皇・神功皇后)は天正年間、鎌倉なる鶴岡八幡宮(旧国幣中社)より御分霊を迎えて奉祀せりと言う。明治五年に村社に定められ、明治四十一年八月十一日、当村八幡山より現在の地に鎮齋せる神明社に合祀し、同時に村内に鎮齋せる稲荷社(倉稲魂命)、厳島社(市杵島姫命)、山際社(大山祇命)、天神社(菅原道真公)を合祀し、同年十一月七日、御社号を地名に基づき用賀神社と御改称致しました。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2017/01/13

御朱印

初穂料:300円
参集殿にて。

※社名部分は墨書きではなく印版によるもの。
※例大祭の時など神職がいる時に墨書きのものを拝受できる。

歴史考察

多くの神社が合祀された用賀の鎮守

東京都世田谷区用賀に鎮座する神社。
旧社格は村社で、用賀の鎮守。
元は伊勢信仰の無格社「神明社」であったが、明治の合祀政策によって、用賀鎮守の村社「八幡社」など5社を合祀し、現在の「用賀神社」となった。
現在は「等々力玉川神社」の兼務社となっている。

室町時代に開拓された用賀村と地名由来

現在の用賀周辺は、江戸時代以前は用賀村と呼ばれていた。
大山街道沿いの雑木林が茂った小さな村であった。

永禄・元亀年間(1558年-1573年)、後北条氏の家臣であった飯田帯刀と子である飯田図書によって開拓されたと伝えられている。

この用賀村を開拓した飯田図書は「真福寺」(用賀4丁目)を開基。
「真福寺」の門前町として発展していく事となる。

「真福寺」は山号を「瑜伽山(ゆがさん)」と云い、この「瑜伽」が「用賀」に転じたとも云われる。

「瑜伽」はサンスクリット語「ヨーガ」の音訳で、鎌倉時代に当地周辺にヨーガの道場が開かれていた伝説を由来とする。
但し、戦前まで「真福寺」は山号は「実相山」であったため、信憑性は定かではない事は留意したい。

創建年代や御由緒不詳の神明社

当社はそうした用賀村の村内にあった神社が複数合祀された神社となっている。

元々、当地に鎮座していたのは、江戸時代に「神明社」と呼ばれた神社。
しかしながら、その創建年代や御由緒は不詳とされている。

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には「神明社」についてこう書かれている。

(用賀村)
神明社
除地一段。村内小名下にあり。鎮座の年代詳ならず。社二間に三間。西向前に鳥居あり、両柱の間九尺。祭禮九月廿五日。村内真福寺持。

用賀村にある「神明社」と記されているのが当社。
こちらにも創建年代不詳とあり、こぢんまりとした神社だった事が伺える。
別当寺は上述した「真福寺」であった。

用賀村の鎮守であった八幡社と村内の神社

一方で村の鎮守であったのが後に当社に合祀される事になる「八幡社」。

「八幡社」は、天正年間(1573年-1591年)に鎌倉の「鶴岡八幡宮」から勧請されたと伝っている。
用賀村が開拓された時期とかなり近いので、村の開拓と共に鎮守として創建されたものと思われる。

相模国一之宮格。鎌倉武士の守護神。源頼朝により現在地に遷座・上下両宮に整備。静御前が舞った若宮廻廊(現・舞殿)。源実朝の落命の地。江戸幕府による庇護。源平池・再建された旗上弁財天社。倒伏した大銀杏。表参道の段葛・若宮大路。御朱印。御朱印帳。

『新編武蔵風土記稿』には「八幡社」についてこう書かれている。

(用賀村)
八幡社
除地九段八畝。是も下にあり。村の鎮守なり。社二間四方。前に鳥居を建つ、両柱の間九尺。祭禮九月十五日。同寺持。

用賀村の「八幡社」として記され、「神明社」(当社)からも近い位置に鎮座していたようだ。
用賀村の鎮守だったのはこちらで、規模もこちらのほうが少し大きい事が伺える。
鎮座していた地は八幡山と呼ばれていたと伝わっている。
「神明社」と同様に「真福寺」が別当寺であった。

さらに『新編武蔵風土記稿』には用賀村の項目に以下の神社が記されている。

(用賀村)
天神社
除地一段八畝、村内北よりにあり、社一間半に二間、是も同寺持。
稲荷社
除地六畝、同じあたりにあり、二間四面、同寺持、この外に水神祠、第六天祠、稲荷社二、凡て四祠村内にあれどもみなわづかなる祠にしてことごとくのするもわづらはしければ省けり。

「天神社」と「稲荷社」で、いずれも後に当社に合祀される事となる。
そしてこれら全ての別当寺が「真福寺」であた。

用賀村の開拓に密接に関わっている「真福寺」が、この地域一帯の神社の別当寺を担っていた事からも、用賀村は「真福寺」を中心として発展した事が伺える。

明治に村内の神社が合祀・戦後の境内整備

明治になり神仏分離。
当地に鎮座していた「神明社」は「天祖神社」に改称し、無格社であった。

一方で「八幡社」は、明治五年(1872)に用賀村の鎮守として村社に列している。
この頃には「宇佐神社」に改称していたようだ。

明治二十二年(1889)、市町村制施行によって、等々力村・尾山村・奥沢村・上野毛村・下野毛村・野良田村・瀬田村・用賀村が合併し、玉川村が成立。
用賀村は玉川村大字用賀になる。

明治四十一年(1908)、「天祖神社(旧・神明社)」に「宇佐神社(旧・八幡社)」が合祀される。
更に同村にあった「稲荷社」「厳島社」「山際社」「北野神社(旧・天神社)」を合祀。

同年、地名に基いて現在の「用賀神社」に改称している。
村社の「宇佐神社(旧・八幡社)」が合祀された事で、当社が村社となり地域の鎮守となった。

当時推し進められていた合祀政策によるものと思われるが、無格社に、村社が合祀されるという形となっているのは比較的珍しい。
恐らく用賀地区にあった神社の中で、当地が最も街道沿いに近かったと云う事と、明治四十年(1907)に開業した用賀停留所(後の用賀駅)が近かったと云う、立地的な要素もあったのではないだろうか。

戦後になると境内整備が進む。

昭和四十八年(1973)、新たに社地を購入するなどして境内を拡張。
昭和五十二年(1977)、尾州檜による現在の社殿を造営。
その後も神楽殿、神輿庫、手水舎などが整備された。

用賀地区(用賀・上用賀・玉川台の一部)を氏子地域として現在に至っている。
なお、現在は「等々力玉川神社」の兼務社となっている。

等々力鎮守。元は熊野信仰の神社。世田谷城主・吉良頼康による創建。明治以後の玉川村成立・近隣神社の合祀による改称。玉川村耕地整理の歴史。緑豊かな境内。面白い形のとっくりクス。御朱印。

境内案内

尾州檜による立派な社殿

用賀駅から東に徒歩数分の距離のやや細い路地に鎮座している。
鳥居は左右にあり、右側の鳥居からが表参道。
一之鳥居を潜ると石段があり二之鳥居。
すぐ右手が手水舎となっている。

社殿は尾州檜(木曽檜)を使った立派な神明造。
当時、入手困難とされた貴重な尾州檜を調達し造営されたもの。
総檜造となっており重厚で立派な社殿。
比較的新しい社殿ではあるが、地域からの崇敬の篤さが伝わる見事な造りとなっている。

なお、旧社殿は「経堂天祖神社」に移築され現存している。

境内社・例祭日のみ社殿内に置かれる獅子頭

境内社は社殿の左手に並ぶ。
境内末社は稲荷神社と三峯神社となっている。

他に神楽殿、神輿庫などが置かれている。
いずれも木造によるもので、現在の社殿の造営と共に建てられた。

御朱印は参集殿にて。
右手が授与所になっている。

等々力玉川神社」の兼務社となっており、神職の常駐がないのだが、社守の方がいらっしゃる時は、印判にて対応して頂ける。
この日は社守の方が丁寧に対応して頂いた。
風邪をひかないようにとマスクも一緒に渡して下さって、お心遣いが有り難い。

墨書きで対応して頂きたい場合は、例祭日など神職がいらっしゃる時となる。

また、当社には「獅子頭」が一対、伝わっている。

(頒布のリーフレットより)

年代不詳ではあるが、一説には「神田明神」より移入されたものだと云う。
かつては若衆にかつがれ村内を練り歩いたと伝えられるが、現在は例祭日のみ社殿内に飾られる。

所感

用賀の鎮守として崇敬を集める当社。
かつて「神明社」があった地に、鎮守であった「八幡社」など、村内の複数の神社が合祀され用賀地区の鎮守として「用賀神社」に改称された歴史を持つ。
現在は神職の常駐がない兼務社であるが、駅からも比較的近い場所に鎮座しており、いつも参拝者が訪れているのが特徴で、地域から篤い崇敬を集めているのが伝わる。
地域から親しまれている良い鎮守である。

神社画像

[ 社号碑・一之鳥居 ]

[ 二之鳥居 ]

[ 西側鳥居 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]







[ 本殿 ]

[ 案内碑 ]

[ 狛犬 ]


[ 稲荷神社・三峯神社 ]

[ 神楽殿 ]

[ 倉庫 ]

[ 御籤掛 ]

[ 石碑 ]

[ 参集殿 ]

[ 神輿庫 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google