篠原八幡神社(篠原八幡大神) / 神奈川県横浜市

神社情報

篠原八幡神社(しのはらはちまんじんじゃ)
篠原八幡大神(しのはらはちまんおおかみ)

御祭神:誉田別尊
旧社格:村社
例大祭:8月25日に近い土・日曜
所在地:神奈川県横浜市港北区篠原町2735
最寄駅:新横浜駅・菊名駅
公式サイト:http://www.shinohara-80000.com/

御由緒

当神社は後鳥羽院建久三年九月鈴木村の鎮守として仝村字会下谷に勧請奉斉し、鶴崎八幡と称す。寛永八年仝村字表谷に社殿を建立して奉遷し、其後寛文七年時の代官伊奈半十郎手代新井孫兵衛により社殿を再建し若宮八幡と称した。武蔵風土記稿に鶴崎八幡と称したるいわれを知らずとあり、鈴木村は篠原村となり若宮八幡宮は八幡大神と奉称するにいたった。
明治六年村社に列せらる。
昭和十五年八月十五日、明治三十九年勅令第九十六号による神饌幣帛料を供進すべき神社に指定された。古事記や日本書紀に書かれてあります。
命は極めて慈悲深く武勇にすぐれ神話によれば生まれながらにして歩き御成長に従いいよいよたくましく身の丈七尺余り衆に秀れた偉丈夫となり一生涯一度の病気もなされず百十歳迄長生きをされたとの伝説があります。このような御祭神でありますので昔から子育て八幡といわれ村人は子供が丈夫に育つように又無病息災を祈り戦に臨む者は武運長久を祈って出兵する者が多く永い間世人の信仰を得たのであります。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2016/12/02

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

スポンサーリンク

考察

旧篠原村(現・新横浜を含む)鎮守の八幡さま

神奈川県横浜市港北区篠原町に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧篠原村の鎮守。
正式名称は「篠原八幡神社」であるが、「篠原八幡大神」を称する事も多い。
八幡山と呼ばれる高台の山頂に鎮座している。
現在の新横浜も氏子地域であり、新横浜の鎮守とも言える。

鈴木村(後の篠原村)の鎮守として鶴崎八幡と称する

社伝によると、建久三年(1192)に創建と伝わる。

かつて当地周辺は鈴木村(後の篠原村)と呼ばれており、鈴木村の鎮守として建久三年(1192)に鎌倉の「鶴岡八幡宮」より勧請し、「鶴崎八幡」と称され創建。
創建時は同村の会下谷(えげや)という場所に創建していたと伝わる。

会下谷という創建の地であるが、現在も「篠原町会下谷公園」という公園にその名に見る事ができる。
当社よりもやや南西にある交通の便が悪い、古い樹林地が未だに残る公園。
5棟から成るマンションの「グリーンコーポ篠原第2」付近となる。
おそらくこの周辺が創建の地であったと思われる。

現在も近くにある「観音寺」(港北区篠原町2777)が別当寺であった。

江戸時代に当地へ遷座・若宮八幡宮と称する

寛永八年(1631)、表谷にという場所に社殿を建立し遷座。
表谷は現在の新横浜駅の東南部になり、これが現在の鎮座地である。

表谷の地には、かつて「篠原城」と呼ばれた城跡が発掘されており(当社の北400mほど)、後北条氏の支配下における中世(戦国時代)の小さな城だったと見られている。
後北条氏の家臣・金子出雲が城主だったのではないかと推定されており、後北条氏の滅亡と共に廃城になったと思われ、そうした地に遷座したという事になる。

寛文七年(1667)、代官・伊奈半十郎の手代であった新井孫兵衛により社殿を再建。
「鶴崎八幡」と呼ばれていた当社は、遷座によって「若宮八幡宮」と称されるようになる。
後述するが遷座前の創建場所にも「八幡社」が残されていたようだ。

なお、江戸時代には鈴木村は篠原村と改称されている。

篠原の土地名の由来は不詳であるが、一説によると、弓矢を作るための「篠竹」を至るところで耕作していたからとも伝わり、戦国時代の名残とも云える。

江戸時代の史料から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(篠原村)
八幡社
小名會下谷にあり。鶴崎八幡と號す。其名づけしいわれを知らず。わづかなる祠にて二間四方の覆屋あり。鎮座の年歴を傳へず。この所は村内若宮八幡社の舊地なりと云。村内東林寺のもち。
若宮八幡宮
例祭十一月二十日。本社東向拝殿をつくりかけ二間半に三間半。本地正観音坐像四寸許なるを安ぜり。前に石の鳥居あり村内観音寺の持。

篠原村の「八幡社」「若宮八幡宮」の2社が記されており、別当寺も違うため、別々の神社という認識だった事が伺える。
「八幡社」の項目には鶴崎八幡と称された事と、「若宮八幡社」の旧地と記されている事から、元は同じ神社であった事が推測できる。
遷座前の地(創建の地)祀られていたのが「八幡社」、遷座先(現在の地)で祀られていたのが「若宮八幡宮」であり、江戸時代はどちらにも鎮座していた事が分かる。

この後の天保六年(1835)、「若宮八幡宮」には拝殿・幣殿・覆殿といった社殿が再建されており、これらが現存している。
狛犬や灯籠などもこの頃に奉納されたのが現存しており、当社に対する崇敬の篤さが伝わる。

明治以降の歩み・古地図で見る鎮座地

明治になり神仏分離。
明治六年(1873)、篠原村の鎮守として村社に列した。

明治二十二年(1889)、町村制施行に伴い、篠原村・大豆戸村・菊名村・樽村・大曽根村・太尾村・南綱島村・北綱島村が合併して「大綱村」が成立。
当地は大綱村の篠原となり、後に篠原町となる。

明治三十九年(1906)の古地図がある。
当時の当地周辺との地理関係を確認する事ができる。

今昔マップ on the webより)

赤丸で囲ったのが現在の鎮座地であり、当時から当社が鎮座していた事が分かる。
これが江戸時代の史料にある「若宮八幡宮」(現在の当社)である。
古い地名の表谷という文字も見る事ができる。
一方で青丸で囲ったのが、創建場所と比定できる場所で、江戸時代には「八幡社」が鎮座していたと思われるのだが、神社の記号が見えない事から、この頃には二社が合祀されたのだろう。

こうして当社は「八幡大神」と称されるようになったと伝えられている。
現在も正式には「篠原八幡神社」であるが、「篠原八幡大神」を称する事が多い。

大正十二年(1923)、関東大震災により鳥居が倒壊。
倒壊した旧鳥居は今も境内に置かれている。
昭和二年(1927)、現存する石鳥居が再建。

国立国会図書館デジタルコレクションより)

上の写真は昭和十三年(1938)に万朝報横浜支局が発行した『神奈川県神社写真帖』。
戦前の社殿であるが現在とほぼ変わらぬ造りなので、改修されながら現存しているのが分かる。

昭和十五年(1940)、神饌幣帛料供進社に指定。
戦時中は戦火を免れており、社殿など多くが現存している。

戦後も境内整備が進められ、平成三年(1991)、創建八百年記念祭が行われ現在に至っている。

かつての篠原村は、篠原町・篠原北・篠原東・富士塚・仲手原・仲手原南町・篠原台町・篠原西町・錦ヶ丘・泉が丘・ふじ町・新横浜などに分けられており、現在は新横浜都心の中心となっている新横浜の鎮守でもある。

八幡山の頂に鎮座・鳥居から見る日の出

最寄駅は新横浜駅もしくは菊名駅。
どちらからも距離が多少あるのと、この一帯は昔から坂道と入り組んだ道が多く少し行きにくいエリアである。
新横浜は商業的にも発達した北部と違い、今も南部に古いのどかな光景が残っており、当社もそうした篠原町の一角に鎮座している。
当社までは坂が続き、当社は八幡山と呼ばれる丘の頂上に鎮座している。
社頭左手にあるケヤキの木も古い大木となっている。

鳥居は昭和二年(1927)に関東大震災から再建されたもので、その右手に旧鳥居の一部も置かれている。
周囲が坂となっていて小高い丘に鎮座する当社は、北側を見ると新横浜を一望する事ができ、南側を鳥居の後ろから見ても見晴らしが良い。
丘の頂上に位置するため、冬至の日になると、この鳥居の真ん中から日が昇るという。
差し込んだ日は直線の参道に走り、本殿の奥にある神鏡に当たり反射すると伝わる。
この日は近所の氏子によって炊き出しなども催される。

公式サイトより)

初日の出も見ることができると云い、崇敬を集めている。
いわゆるレイラインとも云えるもので、当地に遷座したのもそうした理由があったのかもしれない。

ささがねの篠原の岡の頂き
篠原八幡神社の正面鳥居

冬至の日の早朝
ギラリと抜きだされた
日本刀のように
朝日が昇り
光はまっすぐ参道を走って
拝殿奥の鏡を照らす

鏡からも朝日が照り返し
人々はその時そこに
選ばれて居合わせている幸せを
つかのま あじわう

(進藤彦興・詩でつづる日本神社百選)

鳥居の先には比較的長い参道が続き、境内も広々としたもの。
参道途中、右手に手水舎が置かれている。
昭和三十六年(1961)に再建されたもの。
参道の先に江戸時代の社殿が見えてくる。

天保年間の社殿が現存・社殿裏の御神木

社殿は天保六年(1835)に再建されたもの。
拝殿・幣殿・覆殿は当時のものが改修されながら現存している。
彫刻も精微で立派なものとなっており、古いながらも状態は良い。
拝殿には見事な額も掲げられており、当社に対する崇敬が伝わる。

本殿は覆殿で保護されているため、しっかりと見る事はできない。
しかしながら鎌倉時代のものが現存とも伝えられており歴史を感じさせてくれる。

この社殿の裏手には2本の樫の大木がある。
聖域となっていて入る事はできないので眺めるのみになるが、古くから御神木とされており、雄と雌の樫の木。
現在では夫婦円満・縁結び・親子和合の御利益があると親しまれている。

境内社は境内左手に稲荷社。
この稲荷社の周囲には庚申塔や古い小祠が並び、篠原村の信仰の歴史を伝えてくれる。
いずれも明治の合祀政策などで境内に遷されたものであろう。

その左手には力石も置かれる。
村人が力比べに使ったものであろう。

他にも参道右手には立派な神楽殿がある。
昭和五十八年(1983)に改築されたもの。

御朱印は社務所にて。
お忙しい中、対応して下さり有り難い。

所感

旧篠原村の鎮守である当社。
篠原村は篠原町などの他に、現在の新横浜も含んでいたため、新横浜の鎮守でもある。
八幡山と呼ばれる丘の上に鎮座する当社は、新横浜も一望する事ができ、さらに冬至になると鳥居の真ん中から日の出が見えるといったレイラインの要素も含まれていて、正にこの周辺を鎮守している八幡さまと云えるだろう。
新横浜や菊名という発展した地域の中で、新横浜南部の当地周辺は、地権問題などもあって未だに開発があまり進んでおらず、坂道が多く入り組んだ道路など、新横浜近くでありながら未だに古い土地の姿を残したままのエリア。
そうした地域にある当社の境内も、歴史を感じさせるものが多い。
新横浜都心でありながら、のどかな光景が広がる良い鎮守である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 鳥居 ]



[ 参道 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]




[ 本殿(覆殿) ]

[ 御神木 ]

[ 狛犬 ]


[ 稲荷社 ]

[ 庚申塔 ]

[ 小祠・神狐像 ]

[ 力石 ]

[ 神楽殿 ]

[ 社務所 ]

[ アカガシ ]

[ 神輿庫 ]

[ 石碑 ]

[ 案内板 ]

Google Maps