日比谷神社 / 東京都港区

img_2646

神社情報

日比谷神社(ひびやじんじゃ)

御祭神:豊受大神・祓戸四柱大神(瀬織津比売大神・速開都比売大神・気吹戸主大神・速佐須良比売大神)
旧社格:村社
例大祭:5月第2週の金・土・日
所在地:東京都港区東新橋2-1-1
最寄駅:新橋駅
公式サイト:http://www.hibiyajinja.com/

御由緒

御由緒
当日比谷神社は、古くから旧麹町区日比谷公園の大塚山という所に鎮座し、日比谷稲荷明神旅(さ)泊(ば)稲荷明神と称しておりました。慶長11(1606)年、江戸城築城に際し日比谷御門を造営することとなり、氏子と共に芝口に移動となりますが、町名は従来のまま、日比谷となっておりました。
 しかし、寛永7(1630)年、新橋に新しく芝口御門を造営することになり、町名も日比谷町から芝口町へと改称することになりましたが、神社の社号は変えることなく現在に到ります。
 芝口の地に御鎮座して四百有余年となる古社であります。
 御霊験著しいことから崇敬者も多く、江戸幕府の時代には毎年1月6日に神札を捧持して登城する慣例があったといわれ、それ以外にも伊達、脇坂、中川、肥後、本堂、毛利、井上、片岡家の諸公から篤い崇敬を集めていたといわれます。
 明治5(1872)年に村社に列せられ、その後、関東大震災(大正12年)の影響で昭和三年の都市計画区割整理の対象となり、愛宕下町二丁目に換地されて、現在の新橋四丁目に日比谷神社の御社殿が造営されました。
 以降、新橋の鎮守様として広く崇敬を集め幾多の災厄に遭うも、その都度氏子崇敬者の方々の御厚意をもって再建して参りました。
 平成21年に、都市道路計画(環状2号線)の建設により、御社殿を東新橋二丁目に建造されました。現在では新橋四丁目町会・新橋五丁目町会・汐留町会・新橋二丁目町会・新橋駅前ビル自治会・東新橋一丁目町会及び汐留シオサイト地区の氏神様として変わらぬ崇敬を集めております。
「鯖稲荷」と呼ばれた理由
 当社が日比谷公園の中にあった頃、全国の苦しんでいる旅人たちに神社の社務所を開放し、無病息災の祈願を受けさせたところ、霊験が殊更に著しくあらわれ、旅人や周囲の人々は「旅泊(さば)稲荷」と唱えました。
 新橋に遷った後に魚の鯖に変わるようになり、鯖稲荷と称してまいりました。
 特に昔、虫歯虫封じに苦しむ人が御祈祷をうけると霊験があるとされ、鯖を食べることを断ち祈誓をかけると治ったそうです。それ以降、治った人々は鯖を奉納するといわれてきました。公式サイトより)

参拝情報

参拝日:2016/11/15(ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/10/08(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

%e6%97%a5%e6%af%94%e8%b0%b7%e7%a5%9e%e7%a4%be

スポンサーリンク

考察

鯖稲荷として親しまれた神社

東京都港区東新橋に鎮座する神社。
旧社格は村社で、新橋(汐留地区含む)の鎮守。
古くから別名「鯖稲荷(さばいなり)」と呼ばれ崇敬を集めている。
戦前と戦後に遷座を行っており、平成二十一年(2009)に現在地に遷座した。

旅泊稲荷(さばいなり)と呼ばれた由来

創建年代は不詳とされている。
元々は現在の日比谷公園内にあった大塚山という地に鎮座していたと伝わる。
日比谷地区の鎮守であった。

当時は地名から「日比谷稲荷明神」、もしくは「旅泊(さば)稲荷明神」と呼ばれ崇敬を集めていた。

「旅泊稲荷明神」と呼ばれるようになったのは、旅人達のために神社の社務所を開放し、無病息災の祈願を受けさせた事にある。
霊験があった事から、旅人たちによって「旅泊稲荷(さばいなり)」と呼ばれるようになったと云う。

後にこれが転じて「鯖稲荷」となるのだが、それは江戸時代になってからである。

日比谷の鎮守から芝口の鎮守へ

慶長十一年(1606)、江戸城増築のため日比谷御門が造営される。
これによって日比谷一帯の住民は芝口(現・東新橋)に移る事となった。
当社の遷座と共に氏子も移ってきており、芝口にありながら、町名も元々いた地名である日比谷町を使っていた。

寛永七年(1630)、芝口御門を造営にする事になり、町名が日比谷町から芝口町に改称。
しかし、当社は日比谷の名を変える事なく現在まで使用を続けている。
img_2640こうして日比谷の鎮守であった当社は、移ってきた氏子が住む芝口町(現在の東新橋)の鎮守となり、変わらぬ氏子から依然として崇敬を集めていく。

鯖稲荷と呼ばれ江戸市中から崇敬を集める

芝口町に移転後は、通称「鯖稲荷」として親しまれるようになっていく。

これは上述したようにかつて「旅泊稲荷(さばいなり)」と呼ばれていた当社を、語呂遊び的な当て字で「鯖稲荷」と書くようになったものと見られている。
いつしか、その当て字から鯖にまつわる御神徳が広まるようになる。

虫歯に苦しむ人が当社で御祈祷を受けると霊験があるとされ、鯖を食べることを断つ(鯖断ち)と治ったという。
治った人々はお礼に当社へ鯖を奉納する風習があり、こうして「鯖稲荷」として江戸市中に浸透していった。

江戸切絵図から見る当社

江戸後期の愛宕下周辺の切絵図があり、当社が記されている。

%e8%8a%9d%e6%84%9b%e5%ae%95%e4%b8%8b%e7%b5%b5%e5%9b%b3(芝愛宕下絵図)

現在の新橋周辺はやや北に位置している。
多くの武家屋敷が並ぶ一角である。

%e8%8a%9d%e6%84%9b%e5%ae%95%e4%b8%8b%e7%b5%b5%e5%9b%b3(芝愛宕下絵図)

現在の新橋周辺周辺を拡大したもので、中央にやや左上に赤く囲ってあるのが「烏森神社」で、その右下に小さく赤く囲ってあるのが「日比谷いなり」こと当社である。
現在の新橋駅がその中間あたりにあると思えば地理関係が把握し易いだろうか。
当社周辺は芝口という表記があるように、この一帯の鎮守であり、当社の別当寺は「寂静院」(現・廃寺)が担っていた。

また当社の前に「日カゲ丁通り」と記されており、当社周辺は日陰町とも呼ばれていた。
これはこの道がとても狭かった事によるものと云う。

少し余談になるが、地図の下に「遠山左衛門尉」と記してある。
遠山景元の事で、名奉行として知られた旗本。
「遠山の金さん」と云えば、分かる方も多いであろう。
ご覧のように当社からすぐそこが金さんの屋敷であった。

江戸名所図会に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

%e6%97%a5%e6%af%94%e8%b0%b7%e7%a8%b2%e8%8d%b7%e7%a4%be(江戸名所図会)

「日比谷稲荷社」とされているのが当社。
人の様子を大きく描いており、当時の賑わいが伺える描写となっている。
当社前の通りが日陰町通りで、狭いながらも人の往来が多かった事が伝わる。
当時の祭礼は、稲荷信仰に従って初午の日に行われた事も記されている。

明治以降に2度の遷座

明治になり神仏分離。
明治五年(1872)、村社に列した。
この頃に御祭神も改めたようだ。

同年、日本初の鉄道路線の起点として新橋駅(後の汐留駅)が開業。
同時に武家屋敷の多かった当社周辺が、新たに日陰町や烏森町として成立。
当社は日陰町の鎮守であった。

明治四十二年(1909)、鉄道院の烏森駅が開業。
大正三年(1914)、東京駅が開業した事で初代新橋駅が汐留駅に改称され、烏森駅が現在の新橋駅に改称となる。

なお、上述したように、江戸時代には銀座寄りを新橋と呼んでいたが、新橋駅が設けられてからは、現在の港区側を新橋地区と呼ぶようになっていく。

大正十二年(1923)、関東大震災が発生。
新橋地区は焦土と化し、当社も焼失してしまっている。

昭和三年(1928)、震災復興の都市計画のため、当社は愛宕下町2丁目(現・新橋4丁目)に遷座し、社殿が造営された。
以後、80年余りの間、新橋4丁目に鎮座する事となる。

平成二十一年(2009)、都市道路計画で環状2号線を建設のため再度遷座。
これが現在の鎮座地となる。
現在の鎮座地は、上述の江戸時代の切絵図にあった当社とかなり近い鎮座地となっており、かつて日陰町と呼ばれていた一角に戻ってきたと云えるだろう。

当社と共に新橋の鎮守に「烏森神社」があり、大祭は当社と交互に隔年で行われる。
烏森神社 / 東京都港区
新橋鎮守。カラフル御朱印の先駆け・心願色みくじなど豊富な授与品。烏森の由来・烏森稲荷と呼ばれた当社。平将門を討伐した藤原秀郷による創建。古河公方・足利成氏の祈願状。徳川将軍家や江戸庶民からの崇敬。近代建築の鳥居と社殿。御朱印。御朱印帳。

新しさを感じるこぢんまりとした境内

新橋駅から第一京浜を品川方面に歩くとすぐに当社が見えてくる。
img_2646第一京浜沿いにあり、JRの高架線もあるため、車で通る方や山手線に乗る方からはその境内を見ることができるので、お馴染みの光景であろう。

境内は平成二十一年(2009)遷座した際に新築されたものが多く、どれも新しい。
朱色の鳥居があり、石段を上った左手に手水舎。
img_2641鳥居を潜り石段を上りすぐに社殿となっている。

平成二十一年(2009)に新築された社殿はまだ新しさを感じる。
img_2645大変狭い境内ではあるが、社殿は中々に立派な造りとなっているのが、氏子からの崇敬の篤さを伝えてくれる。
img_2648社殿は境外(JR高架線下あたり)から見るとよく見える。

社殿の左手に小さな稲荷社。
img_2642当社が旧鎮座地(新橋4丁目)に鎮座していた時にも、この境内社が置かれていたので、こちらは旧鎮座地から移設したものになるようだ。

御朱印は社務所・授与所にて。
img_2643インターホンを押すと対応して頂ける。

所感

新橋(汐留地区含む)の鎮守である当社。
古くから「鯖稲荷」と称され親しまれており、今もそう呼ぶ方を見かける。
江戸時代に1度の遷座、戦前に1度の遷座、戦後に1度の遷座と、合計3回の遷座をしている中でも、依然としてかつての創建当初の鎮座地である「日比谷」の社号を冠しているのが何とも興味深い。
「日比谷神社」の社号なのに最寄駅は新橋で、日比谷公園や日比谷駅からはやや距離があるのは、こうした事情による。
何度も遷座をし、現在は大通りや高架線に面した都会の環境の中で、こぢんまりとした境内ながら維持できているのは、やはり氏子による崇敬によるものであろう。

スポンサーリンク

神社画像

[ 鳥居 ]
img_2646
[ 手水舎 ]
img_2641
[ 拝殿 ]
img_2645
img_2644
img_2640
img_2647
[ 本殿・拝殿 ]
img_2648
[ 稲荷社 ]
img_2642
[ 社務所・授与所 ]
img_2643

Google Maps