松陰神社 / 東京都世田谷区

img_1977

神社情報

松陰神社(しょういんじんじゃ)

御祭神:吉田寅次郎藤原矩方命(吉田松陰先生)
社格等:府社
例大祭:4月27日・10月27日
所在地:東京都世田谷区若林4-35-1
最寄駅:松陰神社前駅・若林駅
公式サイト:http://www.shoinjinja.org/

御由緒

 松陰先生は天保元年(1830)八月四日、長州萩(現在の山口県萩市)に藩士杉家の次男として生まれました。六歳の時に吉田家を継ぎます。松陰先生は学問をすすめるうちに鎖国状態の日本の将来を案じるようになり、欧米の実情を知ろうと黒船に自らかけあい渡米を企てましたが失敗し投獄されてしまいます。出獄後に松下村塾という私塾で教鞭をとり明治維新の際に中核を担うこととなる多くの若者を指導しました。しかし安政の大獄に連座し江戸伝馬町の獄中にて三十歳の生涯を終えられました。
 その四年後の文久三年(1863)に松下村塾門下生であった高杉晋作、伊藤博文たちの尽力により、遺骨を小塚原から長州藩の抱地であった世田谷若林の地に改葬しました。そして日本が急速に近代化への道を邁進する明治十五年十一月、松陰先生の遺志を形にするため門下生たちが墓畔に社を築き、忠魂の鎮座するところとなりました。(頒布の用紙より)

参拝情報

参拝日:2016/10/27(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/06/13(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:500円
社務所にて。

※毎月27日は限定の月命日御朱印あり。
※4月27日と10月27日(吉田松陰命日)は限定の例大祭御朱印あり。

[2016/10/27拝受]
(例大祭御朱印)

[2015/06/13拝受]
(通常御朱印)

授与品・頒布品

ポストカード
初穂料:─
社務所にて。

※2016年に参拝時は御朱印と共に木製(檜)のしおりを頂いた。

%e3%81%97%e3%81%8a%e3%82%8a

ポストカード
初穂料:─
社務所にて。

※2015年に参拝時は御朱印と共にポストカードを頂いた。

postcard

スポンサーリンク

歴史考察

吉田松陰先生を祀る神社

東京都世田谷区若林に鎮座する神社。
旧社格は府社で、幕末の思想家・教育者である吉田松陰を祀っている。
境内には松下村塾を模して造られた建物も置かれる。
また、境内に隣接するように吉田松陰らの墓所があり、吉田松陰とその門人・長州藩にとって縁の深い神社となっている。

明治維新に思想的影響を与えた吉田松陰

吉田松陰は、言わずと知れた幕末の人物である。
幕末の思想家・教育者であり、松陰の門人達は明治維新の際に活躍をしており、明治維新、特に長州藩の精神的指導者・理論者とも呼べるだろう。

多くの人に知られる人物であるため、簡単に触れていきたい。

嘉永三年(1850)、西洋兵学を学ぶために九州に遊学。
その後、江戸に出て佐久間象山などに師事。

嘉永六年(1853)、浦賀にペリーが来校すると、師の象山と共に黒船を遠望観察し、先進国であった西洋の文明に衝撃を受けたとされ、象山の薦めもあって外国への留学を決意したものの、長崎ではロシア軍艦に乗り込もうとしたが果たす事ができなかった。

寛永七年(1854)、横浜にペリーが再度来航。

%e9%bb%92%e8%88%b9%e6%9d%a5%e8%88%aa(Wilhelm Heine・Commodore Perry and his party landing at Yokohama to meet the Shogun’s Commissioners)

この時、松陰は漁民の小舟を盗んで黒船に乗船している。
しかしながら渡航は拒否されたため、下田奉行所に自首し、伝馬町牢屋敷に投獄され、その後は長州藩に檻送されて幽囚の身となる。

安政四年(1857)、「松下村塾」を開塾。
久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋、吉田稔麿など明治維新で活躍する門人達を教育。
これが明治維新、特に長州藩長州藩の精神的指導者・理論者と云われる所以であろう。

安政の大獄にて処刑

安政五年(1858)、幕府の大老・井伊直弼や老中・間部詮勝らが、勅許を得ないまま日米修好通商条約を締結。
これを知って激怒した松陰は間部要撃策を提言している。
これは、条約破棄と攘夷の実行を迫り、それが容れられなければ間部詮勝を討ち取るという、老中暗殺計画とも云える内容であった。

安政六年(1859)、梅田雲浜が幕府に捕縛されると、萩にて雲浜と面会をしていたため、「安政の大獄」に連座し、江戸に檻送されて伝馬町牢屋敷に投獄された。
間部要撃策について自白したため、伝馬町牢屋敷にて斬首刑に処されてしまう。
享年30歳の事であった。

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

(吉田松陰・留魂録)

処刑の後、東京都荒川区南千住にある「小塚原回向院(南千住回向院)」に葬られた。

「小塚原回向院」は隣に小塚原刑場があり、刑場での刑死者を供養する「常行堂」として創建した寺院。
国事犯の刑死者が埋葬される事が多く、松陰以外にも橋本左内など安政の大獄で刑死した人物の多くは「小塚原回向院」に葬られている。
但し埋葬といっても、申し訳程度に土をかけられるだけであり、国事犯に対する扱いはとても酷いものであったとされる。

高杉晋作ら門人によって当地へ改葬

安政七年(1860)、「桜田門外の変」にて、弾圧を押し進めた井伊直弼が殺害。
これによって弾圧は収束する事となる。
なお、当社のすぐ近くにある「豪徳寺」が井伊直弼の菩提寺である。

文久二年(1862)に勅命を受け将軍後見職に一橋慶喜、政治総裁職に松平春嶽が就任。
慶喜と春嶽は、井伊直弼が行った「安政の大獄」は専断だったとして、大獄で幽閉されていた者の釈放など、一連の過激尊攘者の大赦を行った。
こうして処刑された松陰も、丁寧に埋葬できる下地が整う事になる。

文久三年(1863)、高杉晋作など吉田松陰の門人によって「小塚原回向院」にあった松陰の墓が当地に改葬される。
当地が選ばれた理由は、長州藩主・毛利大膳大夫の抱屋敷であった事による。
しかしながら、長州征伐が開始されると、長州藩の抱屋敷であった松陰の墓地も破壊されてしまう。

明治維新後の明治元年(1868)、木戸孝允(桂小五郎)によって修復。
img_1997現在の墓地はこうして修復されたものとなっている。

墓所の隣に当社が創建・その後の歩み

明治十五年(1882)、松陰の門人などによって、松陰の墓地の隣に松陰を祀る当社が創建された。

明治四十一年(1908)、木戸孝允、伊藤博文、山縣有朋、桂太郎、乃木希典らによって、松陰50年祭が行われる。
この時に、石鳥居や石灯籠が寄進された。

昭和二年から三年(1927-1928)にかけて、現在の社殿が造営。
img_1981創建時の旧社殿は、現在の本殿の内陣となっている。

昭和七年(1932)、府社に列した。
昭和十七年(1942)、「松下村塾」の模型が建てられる。
これが修復されつつ現存している。

戦後になってからも、崇敬者より多くの崇敬を集めている。
平成四年(1992)、当社の例祭に合わせて「幕末維新祭り」が開催。
商店街などが一体となって盛り上げるお祭りとなっている。

松陰縁の地である山口県萩市にも「松陰神社」があり、共に「松陰神社」がある事から平成八年(1996)に世田谷区と萩市は友好都市提携を行っている。
上述の「幕末維新祭り」も、世田谷と萩での民間交流もあり、「萩・世田谷幕末維新祭り」という名で盛り上がる。

黒鳥居と整備された境内

松陰神社前駅から商店街を北へ行くと、立派な境内が見えてくる。
img_2014黒色の大鳥居が存在感を放つ。
img_2013まだ新しさを感じる鳥居であるが、これは東日本大震災後に倒壊の恐れがあるということから建て替えられたものとなっている。

綺麗に整備された参道を進むと左手に手水舎。
img_1970手水舎の周辺には石像や碑などが置かれている。

社殿は、昭和二年から三年(1927-1928)にかけて造営されたもの。
img_1982なお、創建時の旧社殿は、現在の本殿の内陣となっている。
こうして立派に整備された結果、当社は旧社格では府社に列した。

石灯籠と松下村塾のレプリカ

当社の境内には32基の石灯籠が置かれている。
img_2004これらの多くは、明治四十一年(1908)、木戸孝允、伊藤博文、山県有朋、桂太郎、乃木希典らによって行われた、松陰50年祭の際に寄進されたもの。
img_1987長州藩最期の藩主・毛利元徳の長男である毛利元昭や、伊藤博文、山縣有朋、井上馨、桂太郎、乃木希典など、長州藩出身の重鎮の名が並ぶ。

境内右手には「松下村塾」の模造した建物が置かれている。
img_1979これは山口県萩市の「松陰神社」境内に保存されている松下村塾を模したもの。
平日は雨戸が閉まっていて内部が見えないのだが、土日祝のみ雨戸を開放していて中の造りも覗く事ができる。

2016年2月より、大規模修繕工事が行われていたのだが、先日一般公開が再開。
img_1973松陰の命日である10月27日の例祭日に、修繕完了修祓式が行われた。

松下村塾の側には吉田松陰先生像が置かれている。
img_1980また手水舎の向かいにも新しい銅像が置かれている。

参道途中には神楽殿。
img_2010昭和七年(1932)、府社に列した際に毛利家より寄贈されたもの。

松陰先生他烈士墓所

境内の左手には吉田松陰の墓所に繋がる参道がある。
img_1990鳥居を潜り右手に曲がるとさらに鳥居がある。
img_1991この鳥居は、明治元年(1868)に木戸孝允(桂小五郎)によって墓所が修復整備された時に奉納されたもの。

その先は松陰先生他烈士墓所という墓域となっている。
img_1995吉田松陰の墓碑をはじめとして、頼三樹三郎、小林民部、来原良蔵、福原乙之進、綿貫次郎輔、中谷正亮、其の他烈士の墓碑が置かれている。
img_1994正面にあるのが吉田松陰の墓所。

当社に参拝される方には、こちらの墓域にまで来ない方も結構いらっしゃる。
吉田松陰の命日に参拝した際も、社殿近くや御朱印を拝受するために社務所の前には人が多くいるのだが、こちらはしばらく誰も訪れる事がなかった。
当社はこの墓所の隣に創建されたものであり、合わせて訪れる事をお薦めしたい。

御朱印は社務所にて。
img_1984毎月27日は限定の月命日御朱印があり、例祭である4月27日と10月27日(吉田松陰命日)は限定の例大祭御朱印を拝受できる。
2015年に御朱印を拝受した際にはポストカードを、2016年に御朱印を拝受した際には桧製のしおりを頂いた。

所感

幕末の過程で処刑されながらも大きな影響を与え、明治維新の礎となったとも言える吉田松陰をお祀りする当社。
松陰の門人たちや崇敬者など、長州藩出身者たちによって、墓所が移されその隣に創建し、こうして立派に整備されてきた歴史を持っている。
現在では、そうした崇敬者だけでなく、商店街など地域の方々からも崇敬を集め、「萩・世田谷幕末維新祭り」なども開催していたりと、地域からも愛される神社であるのが伝わる。
2015年には、吉田松陰の末妹で、後に久坂玄瑞の妻となる杉文を主役とした、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」が放映された事もあり、今も多くの参拝者の姿を見る事ができる。
合わせて吉田松陰の墓所にもお参りできるのも当社の魅力であろう。

スポンサーリンク

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]
img_2014
img_2013
img_2015
img_2011
[ 参道 ]
img_1970
[ 手水舎 ]
img_2008
[ 社殿 ]
img_1977
img_1982
img_1971
img_1981
[ 松下村塾(模造) ]
img_1974
img_1979
[ 松陰先生像 ]
img_1980
[ 休憩所 ]
img_1983
[ 社務所 ]
img_1984
[ 神楽殿 ]
img_2010
[ 神輿庫 ]
img_2009
[ 石灯籠 ]
img_2004
img_1986
img_1987
[ 松陰先生他烈士墓所への鳥居 ]
img_1989
img_1990
[ 石鳥居 ]
img_1991
[ 松陰先生他烈士墓所]
img_1994
img_1997
img_1993
img_1996
img_1998
img_2002
img_1999
img_2001
img_1995
[ 石碑 ]
img_2006
img_2007
[ 案内板 ]
img_2012

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google