荒藺ヶ崎熊野神社(山王熊野神社) / 東京都大田区

img_1947

神社情報

荒藺ヶ崎熊野神社(あらいがさきくまのじんじゃ)
山王熊野神社(さんのうくまのじんじゃ)

御祭神:伊弉諾尊・伊弉冉尊・速玉雄尊・事解雄命
旧社格:村社
例大祭:9月第1土・日曜
所在地:東京都大田区山王3-43-11
最寄駅:大森駅
公式サイト:─

御由緒

 数多くの神社の例に漏れず、当熊野神社においても、御創建について、いつ、誰が、という明確な記録は残っていません。しかしながら、いくつかの関係資料を総合しますと次のようになります。
 まず、最も古いものとして、姓氏家系大全中に、以下の記事があります。
「元亨年中(1321年〜1323年、執権北条高時の時代)、紀州より江戸方面開墾のため、富田、長田、鈴木、橋爪氏等の此の新井宿に移住せし時、自らの氏神、熊野本宮、新宮、那智の三社を勧請し、熊野神社を創立す」
此の記事の中で、長田という名前は、春日橋交差点の近くの長田(オサダ)稲荷というお社に残っており、また、橋爪氏の家系は今でも続いていらっしゃいます。
 次に、江戸時代の記録として、新編武蔵風記、荏原郡、巻の五に、「熊野神社、稲荷社より猶山上にあり。本社二間に一間(奥行が二間で、間口が一間)、覆屋あり。元和年中、日光御遷宮のとき(1615年)、地頭木原大工(タクミ)は其の頃大工の棟梁なりしかば、かれは御造営のことを命ぜられ、落成の日、御祝式の飾に用いられし冑を神体とし、御造営の余木(アマリギ)を以て此の社を造り、熊野權現を祀(マツ)れり」とあります。
 此の記事の中での稲荷社は、別の記録から見ても、現在、女坂の石段の途中にあって、義民六人衆の徳をたたえてその名が呼ばれている、衆善稲荷を指していると言えます。
 また、昭和44年の御改築の際出来上がった、鉄筋コンクリート造の御本殿内に御納めされた元々の御本殿は、奥行二間、間口一間であり、以前は屋根だけの上屋(ウワヤ)に覆われていた状況は此の記事の通りです。此の木造の御本殿は大田区内の神社の中では最も古く、また、境内東口の鳥居(昭和15年に男坂石段の麓から移設)は「寛政8年(1796年)建立」と刻まれており、区内で二番目に古いものです。
 前掲の木原家文書の中で、木原家第四代義久は、寛永20年(1643年)に、「社を再興し奉り、是を本宮とあがめ、中段の地をひらき、新に社を建て、新宮と称してたてまつる。」と記しています。さらにまた、前掲の新編武蔵風土記の中でも、熊野本社の記事に続いて、熊野新宮として、「本社と同じ山つづきにして、南の方にあたれり。社は二間半に二間、内陣九尺の一間、勧請の年代はつたえされど、本社建立の後のことなれば、ちかき社なるべし。社前に鳥居をたて、其の前に石段あり。」という事が書かれています。しかしながら、此の新宮の事は全く判りません。今から約70年前まで、当神社の隣にあった広大な間島邸の中に大きな築山があり、御当主の間島松太郎氏のお話では、此の山は新宮山と呼ばれていたとの事です。此の山は、間島邸の分譲工事の際切崩され、今では全く跡を留めておりません。なお、新編武蔵風土記には、「末社疱瘡(天然痘の俗称)社、本社に向いて左にあり、小祠。天神社、これもわづかなる祠なり、同じ所にあり。」と記されてあります。この二つの小祠は、何れも石積みの基壇の上に、石を刻み込んで作った、高さ70〜80センチメートルの小さな宮形としてあった事は小生の記憶に残っています。しかしながら、お粗末になるといけないから、との先代宮司(大野政顕)の考えで、これらの神様は現在の衆善稲荷の中に合祀されております。
 ここで再び木原家と熊野神社との結びつきを木原家文書からご紹介しますと、次の通りです。
「新井宿の領主木原七郎兵衛吉次は、其れ元、神饒速日尊より出でて、紀州勝浦の城主、鈴木因幡守重秀孫葉、鈴木三郎重家の苗裔なり。もとより熊野大神を以て祖神と崇む。先祖中興足利将軍家奉仕、其の後今川に属し、父吉頼より吉次に至り、東照大神宮に奉仕、今川より己来、遠州木原の郷司としてよって住居す。大神君常に木原と呼ばせたまひ、即ち木原の在名に改む可き旨、天野三郎兵衛景康を以て仰せ付けられ、それより鈴木を改め、木原を以て称号とす。天正十八康寅の年(1590年)、大神君関東八州御領国となりて御国替えの時、御家人各々大小となく領地替代の節、七郎兵衛吉次も遠州木原の旧地替代、当郷新居宿村を給いて食邑とす。此の邑のうちに古来より熊野神社あり。麓に之れ有る善慶寺これを守る。元より熊野權現は吉次祖神にして累代是を敬う。殊に旧領木原郷にもむかしより此の御社ありて、木原權現と称し、今又領せしむる邑の内に此の御社の有ること、神徳に叶う幸いと悦び、吉次、即ち社殿を造営せしむ。其の後大神君の御代、天下一統となりて、諸人万歳をとなう。大神君の御嫡孫、家光君の御時、吉次四代の孫、木工允(タクミノカミ)義久、代々続いて新井宿を領する事、凡そ八十余年、義久、別而權現をうやまう。・・・・・」(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2016/10/25

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

%e8%8d%92%e8%97%ba%e3%83%b6%e5%b4%8e%e7%86%8a%e9%87%8e%e7%a5%9e%e7%a4%be

スポンサーリンク

考察

高台に鎮座する熊野信仰の神社

東京都大田区山王に鎮座する神社。
旧社格は村社で、古くから熊野信仰の神社となっている。
「荒藺ヶ崎」と書いて「あらいがさき」と読む。
当地周辺の高台がその昔「荒藺ヶ崎」と呼ばれていた事にちなむ。
正しくは「荒藺ヶ崎熊野神社」であるが、現在の地名から「山王熊野神社」と呼ばれる事もある。

万葉集で詠まれた荒藺ヶ崎・古代より人が住んだ新井宿

当社が鎮座する高台は、大変古くから人の生活圏があった地域である。

埋蔵文化財調査で、旧石器時代、石器時代、縄文、弥生、古墳、奈良、平安、鎌倉と各時代に渡る遺物が出土しており、大変に古い土地であった事が分かっている。

この高台を古くから「荒藺ヶ崎(あらいがさき)」と呼んでいたと伝わる。
現存する最古の和歌集である『万葉集』にその文字を見る事ができる。

草陰之 荒藺之埼之 笠島乎 見乍可君之 山道超良無
草陰の 荒藺の崎の 笠島を 見つつか君が 山路越ゆらむ

『万葉集』の3192、作者不詳の和歌。
どの場所を歌ったものなのか不詳ではあるが、大森周辺の事だったとの説がある。
「荒藺の崎」が、当社が鎮座する高台「荒藺ヶ崎」の事であると伝わっている。

なお「笠島」というのは、大田区大森北に鎮座する延喜式内社「磐井神社」の境内社である「笠島弁財天」の事であると、「磐井神社」には伝わっており、江戸時代の史料にもそうした記述を見る事ができる。
磐井神社 / 東京都大田区
延喜式内社の格式をもつ古社。武蔵国八幡総社の称号。鈴ヶ森八幡宮と呼ばれた江戸時代。鈴ヶ森の地名由来。磐井の井戸の伝説。東海七福神・弁財天。御朱印。

このように「荒藺の崎」「笠島」の名から、この和歌の舞台は大森周辺だったと云うのも、中々に信憑性のある話ではないだろうか。
いずれにせよ、とても古い土地である事は間違いない。

当社の北側の道が古くは「相模街道」と呼ばれ、相模へ続く街道であった。
この周辺には「新井宿」という宿場町があり、その名残で新井宿村という村が成立していく。

熊野三山を勧請して創建

そうした古い歴史のある土地に当社が創建される事となる。

創建年代や御由緒は諸説あるのだが、頂いた史料では、元亨年間(1321年-1323年)に創建と記されている。
紀州(和歌山県)より富田、長田、鈴木、橋爪氏といった一族が、当地を開墾するために移り住み、氏神である熊野三山(「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「熊野那智大社」)を勧請して創建したとされている。
img_1954神聖なる熊野の姿を偲び、古い土地である高台に祀ったのであろう。

他にも平将門の乱(939年-940年)の鎮圧に下向した藤原恒望に従った熊野五郎武通が、当社に戦勝を祈願ししたという伝承も伝わっている。
古い土地であるため、古くから当地に土着の神が祀られており、その後上述のように紀州から移り住んだ人々によって熊野信仰の神社となった可能性もあるが、明確な記録は残っていない。

日光東照宮の余り木を使い社殿を造営

当社に関する詳しい史料が登場するのは江戸時代に入ってからである。

天正十八年(1590)、徳川家康が関東移封によって江戸入府。
この際に、遠州山名木原村の木工作事の旗本・木原七郎衛兵吉次にこの新井宿の地頭職を命じ、以後徳川政権下では、木原家が新井宿村の領主となり治める事となる。

木原家の先祖は紀州勝浦の城主の苗裔だったと伝えられており、その事から古くから熊野信仰に篤かったとされ、家康の命で当地の領主になった際に、当地に熊野神社がある事を知って感激したと云われている。

そんな木原家は代々大工の棟梁を務めていて、普請方となっていた。
元和年間(1615年-1624年)、三代将軍・徳川家光が「日光東照宮」を造営改築した際にも棟梁を務めたとされ、その際に余った木を使い当社の社殿を造ったとされている。

またこの頃には、当社の高台を木原山と呼ぶようになり、この付近は徳川将軍家の鷹狩など狩場ともなっていたとされ、徳川家との繋がりを感じさせてくれる。

江戸時代の史料から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(新井宿村)
善慶寺(中略)
稲荷社
本堂の背後山の中腹にあり。2間に1間。神体は三十番稲荷の内の稲荷なり。寺の傳へに昔は社のみありて神体もなかりしに、いつの頃のわざとも知らず、今の神体を納めてありしとぞ。想ふに諸国巡礼のものなどが持来りしものならんと云り。前に石階ありて、其下に鳥居をたつ。
熊野本社
稲荷社より猶山上にあり。本社2間に1間覆屋あり。元和年中日光御遷宮のとき、地頭木原木工はそのころ御大工の棟梁なりしかば、かれへ御造営のことを命ぜられ、落成の日、御礼式の飾に用ひられし冑を神体とし、御造営の余木を以この社をつくり、熊野権現に祀れり。神体はいま別当に蔵す。練鉢のごとく紙を以はりたれたる冑にて、四十八間の筋あり。すべて黒塗にして、星には金泥をぬり、鎧は日根野形にして白糸威なり。吹返に御紋あり。
寶物
貝、老石、木の葉石、二股竹、経文古写。此余にも駒の玉、日取玉、水晶念珠、関蟹芝草等もありしと社記に載たれども、いつの頃にか失して今はなし。
熊野新宮
本社とおなじ山つづきにて、南の方にあたれり。この所は善慶寺境内にはあらざれども、因みにここに出せり。社は2間半に2間、内陣9尺に1間、勧請の年代はつたへざれど本社建立より後のことなればちかき社なるべし。社前に鳥居とたてて其前に石階あり。
末社
疱瘡神社。本社に向ひて左にあり。小祠。
天神社。これもわずかなる祠なり。同じ所にあり。

新井宿村の項目に記されており、当社の別当寺を担って現在も隣接する「善慶寺」の項目に付随するように記載されている。

「熊野本社」と記されているのが当社であり、上述した木原家の話が記されていて、「日光東照宮」の余り木を使って社殿を造営したというのは、江戸時代から伝わる話であり、信憑性の高いものと云えるだろう。
御神体は「善慶寺」に移されていて、神仏習合の元、当地周辺から崇敬を集めた。

「熊野新宮」と記されているのが、当社の山続きにあったとされる神社。
現存はしていないが、寛永二十年(1643)木原家第四代・木原義久が、築山した上で造った神社とされており、木原家が管理する神社だったのかもしれない。

「稲荷社」は、当社へ続く女坂に鎮座する境内社「衆善稲荷」の事である。
末社の「疱瘡神社」「天神社」は、しばらく小さな祠として残っていたようだが、先々代の宮司の頃に「衆善稲荷」に合祀され、現在はその姿はないようだ。

明治維新後と現在

明治になり神仏分離。
当社は村社に列した。

明治二十二年(1889)、市制町村制施行に際し、新井宿村と不入斗村が合併し入新井村となり、大正八年(1919)には町制によって入新井町となっている。

大正十四年(1925)、当社の石段が陥没したため、修復を進めた際、横穴式古墳が見つかり、そこから3体の人骨が発掘されている。
img_1945この石段付近と思われ、ここに鎮魂碑「三体霊神碑」も建てられた。
この人骨は旧別当寺「善慶寺」の納骨堂に納められている。

昭和七年(1932)、大森区が成立し、大森区新井宿という住居表示となる。
この段階ではまだ旧地名の新井宿の名が残っていた。
昭和二十二年(1947)、大森区が蒲田区を編入、改称し現在の大田区が成立。

戦後の昭和四十年(1965)、順次行われていた住居表示によって新井宿が廃止。
旧新井宿村の地名は、山王・大森北・大森西・南馬込・中央といった住所に分けられ、公式には消滅してしまう。
それでも当社が、新井宿ではないものの、古くから伝わる「荒藺ヶ崎(あらいがさき)」を名乗り、地名保存に一役買っているのは喜ばしい事であろう。

昭和四十四年(1969)、鉄筋コンクリート造で現在の社殿を改築した。
その後も移り変わりの激しい当地にて、緑溢れる高台の上に鎮座し続けている。

善慶寺の山門の先にある参道

池上通り沿い、旧ダイシン百貨店(現・MEGAドンキホーテ大森山王店)の近くを北上して路地裏に入っていくと、かつての別当寺であった「善慶寺」の山門が見えてくる。
img_1940当社への参道はこの山門の先、「善慶寺」の境内にある。
img_1939この先に見える鳥居が当社の一之鳥居である。
こうした神仏習合の時代を色濃く残した参道は珍しい。

右手にあるのが新井宿義民六人衆墓がある事でも有名な「善慶寺」。
こちらも合わせてお参りしたい。

東京都大田区にある日蓮宗法光山善慶寺は、義民六人衆霊場・大森鬼子母神として東京都史跡・文化財に指定されている日蓮宗のお寺です。隣接する瑞雲館ではお通夜の式場としてご利用可能です。

急勾配で緑が生茂る男坂

一之鳥居の先は急勾配の石段が続く。
img_1936鳥居正面が男坂、鳥居右手が女坂となっているが、どちらも中々の急勾配。
img_1933これらの石段は緑が生茂っており、霊地といった雰囲気たっぷりの社叢。
開けた池上通りからちょっと入ると、こうした場所がある事に驚く。

石段の中腹に手水舎。
img_1930水も張られていて清める事ができる。
img_1931二之鳥居を潜り、さらに石段を上ると社殿が見えてくる。

戦後再建の社殿と、大田区最古の本殿

社殿は昭和四十四年(1969)、鉄筋コンクリート造で再建されたもの。
img_1952朱色が渋みを出しており、綺麗に手入れされている社殿。
こちらから見る事は叶わないのだが、この社殿内に元和年間(1615年-1624年)に造られた本殿が納められていて、大田区内最古の神社建築であるという。

社殿の左手には古い信仰を伝える史跡が置かれている。
img_1959右手にあるのが庚申塔で、文化十四年(1817)のものとなっている。

この庚申塔だが、不思議な逸話が残されている。

ある時、見知らぬ老婦人が社務所を訪れ、夢枕に立った神様より、土に埋まったままの庚申様を掘り出して欲しいと告げられたと申し出た。
そこで探してみたところ、長らく男坂石段の脇に埋もれたままになっていた庚申塔が発見されたため、掘り出し清めて安置したものである。

その庚申塔の左手にあるのが狐碑。
img_1961文久元年(1861)の銘があり、人に害をなした狐を埋葬したものとある。

他にも社殿前に力石も置かれている。
img_1955無造作にさし石と彫られた力石が置かれており、重さ90kgほど。

御朱印は社務所にて。
img_1953とても丁寧に対応して頂いた。
なお、この社務所の左手にある鳥居は、寛政八年(1796)建立のもの。
緑生茂る境内には、他にも神楽殿など綺麗に整備されている。

女坂にある衆善稲荷神社と義民六人衆

一之鳥居の右手には女坂がある。
img_1943この女坂の中腹に境内社の「衆善稲荷神社」が鎮座している。
『新編武蔵風土記稿』に稲荷社と記されていたのがこちら。
同様に記載されていた疱瘡神社と天神社は、こちらに合祀された。

社号の「衆善」は、当地に伝わる「新井宿義民六人衆」に由来する。
新井宿に代々伝えられる悲しくも英雄の伝承。

延宝元年(1673)、旱魃と翌年の多摩川の氾濫による洪水で疲弊した新井宿の農民たちは、領主である木原家に年貢の減免を願い出たが認められなかった。
こうした暴政と過酷な年貢の取り立てに耐えかねた新井宿村の農民は、死を賭して老中へ駕籠訴えをするか、奉行所の白州へ駆け込み願をとる他なしと覚悟を決める。
延宝四年(1676)、村人の代表者6人が江戸へ赴く事となる。
しかし密告によって目的を果たす前に領主の知るところとなり、この訴えが幕府役人に届くと領主が咎められてしまうため、全員が捕らえられた上で斬首という最期を遂げる。
直訴を試みた罪は重く、6人は天下の大法を犯した大罪人とされた。
葬式はもちろん墓を建てる事も許されず、遺族もお家断絶となったという。
この事から6人の亡骸は、菩提寺すら引き取る事をためらう事となり行き場を失ってしまう。

そこで当社別当寺「善慶寺」が亡骸を引き取り、禁を破って葬って供養したという。
img_19416人は領主によって極悪非道の反逆人とされたままであったため、明治の頃までは「6人もの」と呼ばれ、名前を口にするのも憚られたとされている。

しかしながら、村のためを思い行動をした6人を村人は忘れず、この稲荷社もそこから「衆善稲荷」と名付けられ崇敬をされ続けた。
img_1944今日では新井宿義民六人衆顕彰会が組織され「善慶寺」にて年々慰霊感謝祭が盛大に催されている。

JR京浜東北線の大森駅から区役所通りを池上方向へむかい約一キロ、大森郵便局と道路をへだてて向いの善慶寺に、「新井宿義民六人衆墓」はあります。

所感

古い歴史のある当地に創建した熊野信仰の神社。
万葉集にも登場する「荒藺ヶ崎」とされており、歴史ある聖地なのが伝わる。
その後、新井宿村の領主となった木原家からの庇護など、崇敬を集めた。
現在もそうした当地周辺の歴史や信仰の詰まった境内となっており、境内全体がとても素晴らしい鎮守の杜となっている。
石段は熊野を思わせるような雰囲気のある坂になっているのも特徴。
池上通りから少し入った先に、こうした場所がある事に驚く人も多いのではないだろうか。
これからもこの社叢を維持して欲しい、そう思える良社である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 善慶寺山門 ]
img_1940
[ 参道 ]
img_1939
img_1942
[ 一之鳥居・社号碑 ]
img_1936
[ 参集殿 ]
img_1934
[ 男坂 ]
img_1933
[ 手水舎 ]
img_1930
[ 二之鳥居 ]
img_1931
[ 石段 ]
img_1929
[ 社殿 ]
img_1947
img_1948
img_1952
img_1928
img_1957
img_1954
[ 狛犬 ]
img_1950
img_1951
[ 狐碑・庚申塔 ]
img_1959
[ 狐碑 ]
img_1961
img_1960
[ 神楽殿 ]
img_1958
[ 神輿庫 ]
img_1956
[ 力石 ]
img_1955
[ 東鳥居・社務所 ]
img_1953
[ 石碑 ]
img_1949
[ 女坂 ]
img_1943
[ 衆善稲荷神社 ]
img_1944
[ 女坂・三体霊神碑 ]
img_1945
[ 女坂 ]
img_1932
img_1946

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google