菊名神社 / 神奈川県横浜市

image

神社情報

菊名神社(きくなじんじゃ)

御祭神:誉田別命 ・天照皇大神・日本武尊・木花咲耶姫命 ・武内宿禰命
旧社格:村社
例大祭:9月17日に近い土曜・日曜
所在地:神奈川県横浜市港北区菊名6ー5ー14
最寄駅:菊名駅
公式サイト:http://www.kikunajinja.jp/

御由緒

 ここ菊名の地には、昭和の初期まで神明社(天照皇大神)、杉山神社(日本武尊)、浅間神社(木花咲耶姫命)、八幡神社(譽田別命)、阿府神社(武内宿禰命)の五社が村社として地域の人々の信仰を集めて参りました。中でも記録に残るものとして最も古くからあるのが、阿府神社であり、その歴史は任和元年(885年)に遡ると言われております。時の天皇、光孝天皇が師岡に勅使を遣わされ熊野神社を創建なされた時、勅使がその途上、馬具の鎧をお納めになったことからその名が付いたと史書には書かれております。
この五社が昭和十年、現在は菊名町公園となっている杉山神社の地に合祀され、名も「菊名神社」と改められました。その後、太平洋戦争の戦火を逃れてからは、同所を保健所建設用地として提供するため、(当時の八幡神社の地)に社殿を移設、以降この地で菊名の総鎮守として地域の人々とともに歩み、またその生活を見守り続けて参りました。
この間、氏子諸氏の厚いご協力の下、昭和三十二年には社殿の改修および社務所・神楽殿が建設され、信仰の対象としてだけでなく、地域住民の交流と青少年の研修の場としても大きな役割を担うこととなりました。平成九年に参集殿・神楽殿、そしてこの度平成二十三年には、五十年ぶりの大々的な社殿改修工事を終え、二十一世紀にふさわしい姿となって生まれ変わりました。
新たに完成した拝殿の天井には、中心に「菊」の花を配し、四方にはがまんさまによって守られる二十四枚の天井画が飾られております。テーマは「菊名の絆」です。これは社殿は新しくなっても、菊名の総鎮守として以前と同様、変わらずこの地の人々とともにあることを示しているのです。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2016/07/19

御朱印

初穂料:500円
社務所にて。

※社名部分は墨書きではなく印版によるもの。
※初穂料は500円だが、撤饌(ピーナツせんべい)も頂ける。(詳細:Twitter

菊名神社

授与品・頒布品

交通安全ステッカー(小)
初穂料:300円
社務所にて。

ステッカー

スポンサーリンク

歴史考察

菊名の総鎮守

神奈川県港北区菊名に鎮座する神社。
旧社格は村社。
元は八幡神社であったが、明治以降に菊名に鎮座していた4社を合祀。
戦前に現在の「菊名神社」に改称し、菊名の総鎮守となっている。

菊名に鎮座していた五社

当社は明治維新後に菊名に鎮座していた5社が合祀する形で成立している。
そのため御由緒もそれまでは各神社で違うものとなっている。
資料的に乏しい部分もあるのだが、江戸時代の資料を元に見ていきたい。

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には菊名村の神社についてこう書かれている。

(菊名村)
八幡社
村に西よりにあり、社前に木の鳥居あり勧請の始をしらず、隣村大豆戸村本乗院持。
神明社
村の東よりの丘上にあり、是も勧請の年歴を知らず、社は一間半に六間西に向ふ、村内の鎮守にて本郷師岡村法華寺持。
鐙明神社
村の艮にあり、土人の傳に云往古貴人のここを過る時乗たる馬の鐙をここへ落せしかば、其鐙をもてかく崇めたりと、篠原村長福寺の持。
杉山社
村の中程にあり、社前に木の鳥居を立つ、郡内師岡村法華寺の持。

こちらで記載されているのは4社。
「八幡社」「神明社」「鐙明神社」「杉山社」である。
これらはいずれも後に当社へ合祀された神社である。(この他に「浅間社」があったようだ)
「八幡神社」については勧請について不詳とされている。

「鐙明神社」と書かれた神社が後の「阿府神社」となる。
こちらについては少しではあるが伝承が記されている。
馬具の鎧を祀ったとの事があり、こちらが年代的には最も古い神社となる。

社伝によると、阿府神は任和元年(885)に、光孝天皇が「師岡熊野神社」(港北区師岡町)に勅使を遣わされた時、勅使がその途上、馬具の鎧を納めたとされている。

横浜北部総鎮守。関東随一大霊験所。かつて天皇の勅願所・将軍家からの崇敬。関東における熊野信仰の重要拠点。サッカー神社・八咫烏。いのちの池の伝説。御朱印。

菊名の地名由来

上述の『新編武蔵風土記稿』には菊名の地名由来も記されている。

古くは「葛名」という地名であったとされる。
その後、当地には菊が多く咲いていた事から「名菊」と呼ばれるようになる。
しかしながら「名菊」は「嘆く」に語感が似ているため、ひっくり返して「菊名」となったとされる。

江戸時代までは武蔵国橘樹郡菊名村と呼ばれていた当地。
菊が多く咲くのどかな村落であったのだろう。

そうした菊名村にはいくつかの神社が存在し、村民からの崇敬を集めていた。
それらが後に全て合祀され当社が成立する事となる。

明治以降・昭和の合祀・菊名神社の成立

明治になり神仏分離。
明治六年(1873)に「八幡神社」が村社に列する。
『新編武蔵風土記稿』に八幡社として記載されていた神社である。

他の「神明社」「杉山神社」「阿府神社」「浅間神社」は無格社であり、「八幡神社」が村社に列した事からも、「八幡神社」が菊名村の鎮守であった事が分かる。
そのため当社は「八幡神社」を中心に合祀されたと見る事ができるだろう。

昭和十年(1935)に、これらの5社が合祀される。
当初合祀された先は「杉山神社」(現・菊名町公園)の場所であった。
これを機に地名から「菊名神社」と改称をされ、「八幡神社」の村社を引き継ぐ事となる。

明治以降は政府によって一村一社の合祀政策が推進されていたため、当社もそうした影響の元、成立したものと思われる。

国立国会図書館デジタルコレクションより)

上の写真は昭和十三年(1938)に万朝報横浜支局が発行した『神奈川県神社写真帖』。
戦前の社殿は茅葺屋根の風情ある神社だった事が分かる。

戦後になり鎮座地を保健所建設用地として提供するために遷座。
遷座した先が「八幡神社」のあった場所であり、これが現在の鎮座地となる。
以後、菊名の総鎮守として崇敬される事となる。

昭和三十二年(1957)には、社殿の改築や神楽殿などの建築が行われる。
平成二十三年(2011)には、大々的な社殿改修が行われ、現在の姿となっている。

現代的な造りのユニークな境内

菊名駅から少し歩いた先の路地側に鎮座する当社。
境内の敷地は狭く小さな鎮守となっているが、境内の造りが個性的。
image黒い鳥居が立ち、鳥居を潜って左手に手水舎。
imageこの手水舎には当社のシンボルともなっている「がまんさま」があるのだが、そちらは後述。

鳥居を潜ったすぐ先が石段になっており、その上が社殿となっている。
この日はまだ大祓の茅の輪が設置されていた。
image平成二十三年(2011)に造られた新しい社殿で、一般的な神社建築とは少し違う個性的な造りとなっている。
拝殿の正面には菊の神紋があり、これは「菊名」の地名と社号からきたもの。
社殿内には立派な天井絵も飾られているとの事だ。

社殿の右手には参集殿が一体となった神楽殿。
image社殿の左手は社務所となっており、いずれも社殿と繋がっている。
image中々に個性的な造りであり、現代建築と神社の融合した形だろう。

御朱印はこの社務所にて。
丁寧に対応して頂いた。
初穂料は500円だが、撤饌(ピーナツせんべい)も頂ける。

当社のシンボル・がまんさま

「菊名神社」で有名なのは「がまんさま」と呼ばれる存在だろう。
御朱印にも印が押されているし、授与品にもがまんさまがデザインされたものが多い。

がまんさまとは、手水舎にある手水鉢を支える石像である。image手前に2体、奥に2体の計4体の石像であり、4体それぞれ表情が違う。
寛政年間(1786年-1801年)に築かれたと伝えられている。

このがまんさまは当社では鬼(天邪鬼)と伝わる。
長い年月苦難に耐え、同じ仕事に飽きる事なく手水鉢を支えている姿から「がまんさま」。
人の道も努力・忍耐こそが開運を招く基であると論している、とされる。

社殿の右手には新しく造られたがまんさま像がある。
imageこちらはがまんさまの頭を撫ででお参りする事ができる。

所感

菊名の総鎮守である当社。
狭い境内で小さな神社ではあるのだが、個性的な造りが面白い。
社殿や境内は現代との融合をされており、こうした形も今の神社としてよいものである。
氏子や神社側による思いが伝わり素敵に感じる。
かつて菊名に鎮座していた神社が合祀され成立した、まさに菊名の総鎮守。
地域からの崇敬も篤く、氏子の方や崇敬者が出入りする姿もよく見られる。
がまんさまというシンボルもあり、ユニークな鎮守となっている。

神社画像

[ 鳥居 ]
image
image
[ 狛犬 ]
image
image
[ 手水舎 ]
image
[ がまんさま ]
image
[ 茅の輪・社殿 ]
image
image
image
image
image
[ がまんさま像 ]
image
[ 神楽殿 ]
image
[ 社務所 ]
image
[ 神輿(社務所内) ]
image
[ 案内板 ]
image

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google