等々力玉川神社 / 東京都世田谷区

神社情報

等々力玉川神社(とどろきたまがわじんじゃ)

御祭神:伊弉諾尊・伊弉冊尊・天照皇大神
社格等:村社
例大祭:9月28日
所在地:東京都世田谷区等々力3-27-7
最寄駅:等々力駅
公式サイト:─

御由緒

文亀年間(1501-4)に世田谷城主吉良頼康が勧請したものと伝え、別当は、満願寺で等々力村の鎮守であった。
明治五年に村社に定められ、同様四十一年に熊野神社の社号を玉川神社と改め、付近の天祖神社、諏訪神社、御嶽神社を合祀した。
境内には郷土開発の偉人、豊田正治翁の碑などがある。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2018/04/20(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/03/15(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※兼務社の「中町天祖神社」「上野毛稲荷神社」の御朱印も頂く事ができる。

[2018/04/20拝受]

[2016/03/15拝受]

歴史考察

等々力鎮守の玉川神社

東京都世田谷区等々力に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧等々力村の鎮守。
現在の等々力一帯の総鎮守となっている。
元は熊野信仰の神社で「熊野社」と称したが、明治の合祀政策によって村内の神社を合祀し「玉川神社」に改称。
正式名称は「玉川神社」だが、他との区別から「等々力玉川神社」とさせて頂く。

世田谷城主・吉良氏が創建した熊野社が起源

社伝によると、文亀年間(1501年-1504年)に創建したと伝えられている。

世田谷城主・吉良頼康(きらよりやす)によって創建。
紀州の熊野三山から勧請したため、当時は「熊野社」と称された。

世田谷城は、現在の世田谷区豪徳寺にあった平山城。天正十八年(1590)、豊臣秀吉の小田原征伐の際に廃城となるが、それまでは世田谷に本拠を置いた奥州吉良氏が代々居を構えた。
奥州吉良氏は、公方と同じ足利氏の流れを汲む家として「鎌倉公方の御一家」という別格の扱いを受け、「足利御一家衆」「無御盃衆」と称された家柄。
世田谷城に居を構えたため「世田谷御所」「世田谷殿」とも呼ばれる。

中でも当時の城主・吉良頼康は、後に後北条氏の食客として従い、天文二年(1533)には北条氏綱による「鶴岡八幡宮」造営に参加したりと、寺社への崇敬が篤かったとされている。

相模国一之宮格。鎌倉武士の守護神。源頼朝により現在地に遷座・上下両宮に整備。静御前が舞った若宮廻廊(現・舞殿)。源実朝の落命の地。江戸幕府による庇護。源平池・再建された旗上弁財天社。倒伏した大銀杏。表参道の段葛・若宮大路。御朱印。御朱印帳。

当時、武士から熊野信仰の流行があった時代でもあり、当地・等々力村でも熊野信仰の流行があったと思われ、その流れで熊野信仰の当社を創建したものと推測される。

以後、等々力村の鎮守として地域から崇敬を集めた。

新編武蔵風土記稿から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(等々力村)
熊野社
字宿と云所にあり。村の鎮守にして、毎年九月二十八日祭事を勤む。ふるくは十五日なり。後に改し由、別当は満願寺と云、本社五尺四面、上屋二間に二間、拝殿も二間に二間、鳥居両柱の間九尺、夫より石階七級を経て又二の鳥居あり、両柱の間九尺前に石階あり、是も七級なり。何れも巳の方に向へり。

等々力村の「熊野社」と書かれているのが当社。
「村の鎮守」と記されているように等々力村の鎮守であった。
別当寺が現在もほぼ隣にある「満願寺」だった事が分かる。

別当寺の「満願寺」は、文明二年(1470)吉良氏の祈願寺として世田谷城の出城・兎々呂城(とどろきじょう)に創建。天文十八年(1549)に現在地(当地に隣接)に移転。江戸時代に入ると、寺領十三石の朱印状を拝受。近隣の多くの末寺を擁していた地域の中心であった。

(等々力村)
伊勢宮
字上原満願寺領の内なり、本社二間九尺、南向、是も満願寺の持なり。
諏訪社
字を則諏訪と称する所なり。勧請年月を詳にせず、社二間に九尺、同村西光寺の持なり。
御嶽社
字小山根、満願寺領の内にあり、是も勧請の年代を知らず。

等々力村には他に「伊勢宮」「諏訪社」「御嶽社」が鎮座していた事が記されている。
これらは後に当社に合祀されている。

明治になり玉川村の成立・玉川神社への改称

明治になり神仏分離。
明治五年(1872)、村社に列した。

明治二十二年(1889)、 町村制の施行に伴い、等々力村・用賀村・瀬田村・上野毛村・下野毛村・野良田村・奥沢村・尾山村の8ヶ村が合併して玉川村が成立。
当社は玉川村大字等々力の鎮守として崇敬を集めた。

明治四十年(1907)、神饌幣帛料供進神社に指定。

明治四十一年(1908)、村内の「伊勢宮(神明社)」「諏訪社」「御嶽社」の三社を合祀し、「熊野神社」の社号を、玉川村の地名から「玉川神社」へと改称。
玉川村の鎮守という意味合いを込めて改称されたと思われる。

当社に合祀された「諏訪社」は、等々力村の飛地であった諏訪分が東玉川町となった昭和初期、住民たちの嘆願により「東玉川神社」として再建されている。
東玉川の鎮守。「渋谷氷川神社」より移築された江戸時代初期の社殿。拝殿天井絵の火焔龍神像。親子龍の彫刻。等々力村の飛地であった諏訪分と鎮守の諏訪社。明治になり玉川村の成立・合祀政策によって廃社。昭和に入り諏訪社再建と東玉川町の成立。御朱印。
当社が「玉川神社」に改称した同年、瀬田にある「御嶽神社」も玉川村の地名から「玉川神社(現・瀬田玉川神社)」改称している。
瀬田・玉川両地区鎮守。瀬田の地名由来。瀬田城を居城とした長崎氏の下屋敷に創建。後北条氏の滅亡後に名主となった長崎氏により別当寺「慈眼寺」の境内に遷座。御嶽社を称し「おみたけさん」と呼ばれる。明治に多くの神社を合祀し改称。御朱印。
等々力と瀬田に「玉川神社」の社号が並立したのは、旧瀬田と旧等々力の人々による、お互い玉川村の鎮守としての氏子の張り合いもあったように思う。かつての玉川村は多くの村が合併した事もあり利権などで争いが多く、特に旧瀬田と旧等々力が揉めた事は有名であり、それぞれの旧村の鎮守として「玉川神社」が社号が並立したものと見られる。

明治四十二年(1909)測図の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲ったのが現在の鎮座地で、今も昔も変わらない。
当時の古地図に「玉川神社」と記されているように、目印になる神社であった。
玉川村や等々力の地名も見え、当社は等々力の鎮守でありながら、玉川村の鎮守の意味合いを込めて「玉川神社」と改称されたことも伺える。

社殿の焼失・戦前に再建された社殿

大正七年(1918)、縁の下に寝泊まりしていた者の不始末により社殿が焼失。

大正十二年(1923)、関東大震災も発生。
その影響もあり、社殿の再建には時間を要することとなる。

昭和三年(1928)、本殿のみ再建。
その後も拝殿は仮殿のままであった。

昭和十五年(1940)、拝殿が再建。
この拝殿、本殿が戦火を免れ現存。

昭和三十九年(1964)、当社の真南にあった「八幡社」が当社に合祀。
昭和五十九年(1984)、世田谷区と区民によって「せたがや百景」に選定。
「等々力の玉川神社とその周辺」として選ばれている。

その後も境内整備が進み現在に至る。

現在は「用賀神社」「中町天祖神社」「上野毛稲荷神社」の本務社となっており、周辺一帯の中核神社を担っている。
用賀鎮守。室町時代に開拓された用賀村と地名由来。創建年代や御由緒不詳の神明社・用賀村の鎮守であった八幡社と村内の神社。明治になりこれら村内の神社が合祀され「用賀神社」となる。昭和後期に造営された尾州檜による立派な社殿。御朱印。
中町(旧野良田村)鎮守の天祖神社。上野毛通り沿いに鎮座。雰囲気のよい並木参道。開放感のある境内。粕谷氏による野良田村の開墾とその鎮守。明治になり天祖神社へ改称。中町への改称によって野良田の地名は消失。本務社は「等々力玉川神社」。御朱印。
上野毛鎮守のお稲荷様。野毛村の歴史・上野毛と下野毛の分村。上野毛村の名主であった田中氏・その邸内社。明治以降の歩み・上野毛全域の鎮守。上野毛通り稲荷坂の途中に鎮座。崖を切り崩した境内。神明造の社殿。本務社は「等々力稲荷神社」。御朱印。

境内案内

せたがや百景に選定された緑豊かな鎮守の杜

最寄駅は等々力駅からは徒歩数分の距離。

余談になるが等々力の名所でもある「等々力渓谷」も当社の氏子区域となっている。
等々力渓谷公園大井町線等々力駅近く、ゴルフ橋のたもとから階段を降りると、そこはまるで別天地の渓谷。

目黒通り沿いに鎮座しているため分かりやすい。
大通り沿いに鎮座していながら、緑に囲まれた境内を維持。

石段の先に大きな石鳥居。
月詣の文字が置かれていて、今も地域の人々がよく参拝に訪れる。
鳥居の両脇に一対の狛犬で、凛々しい表情。

鳥居を潜ると比較的広い境内が広がる。
「せたがや百景」にも選定された境内で、風情のある佇まい。

参道の右手に手水舎。
裏参道側にも手水舎が用意されているが、そちらは現在は使用する事ができないため、表参道の手水舎を使う。

社殿の手前、参道左手にまだ新しさがある祓戸社。
先に「祓へ給へ清め給へ」と唱えて、身を清めてから本社・末社をお参りするとのことなので、本社に参拝する前にこちらにお参りしておくのが良い。

戦前の社殿が戦火を免れ現存

社殿は実に立派な佇まい。
拝殿は昭和十五年(1940)に再建されたもの。
彫刻などは簡素であるが、木造の重厚な佇まい。
大正七年(1918)に焼失してから再建まで時間がかかったものの、よい造りで再建されていて、氏子による崇敬の篤さが伝わる。
賽銭箱の上には神楽鈴が置かれていて、参拝者はこの鈴を鳴らして参拝する。

本殿は昭和三年(1928)に再建されたもの。
こちらも拝殿同様に戦火を免れ現存している。

社殿の右手にある風情溢れる石獅子

拝殿の手前にも一対の狛犬。
こちらはまだ新しさを感じる狛犬。

その手前、祓戸社の近くにも一対の狛犬。
こちらは大正四年(1915)の狛犬。
珠持ちと子持ちの阿吽の狛犬。

社殿の右手にあるのが、当社の名物の1つにもなっている石獅子。
草木が絡まり風情のある石獅子になっていて、獅子が千尋の谷に子を突き落とすという故事を模した岩山。
上には親獅子の姿が睨みをきかせる。
下には落とされた子獅子が置かれ「自分の子に苦しい試練を与える」と云う、子育ての信仰に因んだものとなっている。

多くの境内社・玉川村の歴史を伝える境内

社殿の左手に、天満宮と八幡神社の合殿。
昔は祓戸社もこちらに祀られていたが、上述したように参道途中に新たに設けられた。

その右手に大國社。
さらに朱色の鳥居が設けられ稲荷社。
その右手に三峯社。
その手前に神明社の小祠が置かれる。
いずれも等々力村や、その後の玉川村の信仰を伝える。

境内社がある一角にはいくつかの石碑が並ぶ。
中でも目立つのが「郷土開發之偉人 豊田正治翁之碑」と書かれた大きな石碑。
昭和二十九年(1954)に玉川全円耕地整理組合によって建てられたもの。
石碑に記された豊田正治という人物は玉川村の村長であり、耕地整理を行った人物。

現在の玉川地域(旧玉川村)は、道路が広く碁盤の目状になっている地域が多い。
これを推し進めたのが、この豊田正治という人物。
現在住宅地として人気のあるこの周辺は、彼の功績が大きい。

名木百選にも選定された通称とっくりクス

世田谷区と区民によって「せたがや百景」に選ばれた緑溢れる境内であるが、その中でも一際目立つのが、表参道の手水舎奥にあるクスノキ。
下のほうがずんぐりと太く立派でユニークな形をしている。
この個性的な形から「とっくりクス」と呼ばれて親しまれている。
名木百選にも選定されているクスノキ。

とっくりクスの向かい側、鳥居を潜ってすぐ左手に忠霊塔。
等々力村の戦歿将士を祀る。

その他、境内には多くの鬼瓦なども置かれていたりと色々と歴史が詰まっている。

御朱印・兼務社の御朱印も頂ける

御朱印は社務所にて。
いつも丁寧に対応して頂き、色々と教えて下さり有り難い。

当社は「用賀神社」「中町天祖神社」「上野毛稲荷神社」の本務社となっており、そのうち「中町天祖神社」「上野毛稲荷神社」の御朱印も対応して頂ける。
兼務社の御朱印も頂きたい場合はお願いするのも良いだろう。

中町(旧野良田村)鎮守の天祖神社。上野毛通り沿いに鎮座。雰囲気のよい並木参道。開放感のある境内。粕谷氏による野良田村の開墾とその鎮守。明治になり天祖神社へ改称。中町への改称によって野良田の地名は消失。本務社は「等々力玉川神社」。御朱印。
上野毛鎮守のお稲荷様。野毛村の歴史・上野毛と下野毛の分村。上野毛村の名主であった田中氏・その邸内社。明治以降の歩み・上野毛全域の鎮守。上野毛通り稲荷坂の途中に鎮座。崖を切り崩した境内。神明造の社殿。本務社は「等々力稲荷神社」。御朱印。
兼務社の御朱印を頂く場合は、必ず兼務社にも参拝すること。
用賀神社」は「用賀神社」の社務所にて対応。
用賀鎮守。室町時代に開拓された用賀村と地名由来。創建年代や御由緒不詳の神明社・用賀村の鎮守であった八幡社と村内の神社。明治になりこれら村内の神社が合祀され「用賀神社」となる。昭和後期に造営された尾州檜による立派な社殿。御朱印。

所感

世田谷城主の吉良氏によって創建された伝承を持つ当社。
その後は、等々力の鎮守として、地域から崇敬を集めた。
明治になり、等々力村は多くの村が合併して成立した玉川村の中心となり、周辺の神社を合祀して「玉川神社」と称し、玉川村の鎮守といった意味合いも込められたのであろう。
多くの村が合併した玉川村には様々な揉め事が多かったと聞くが、その中にあっても、玉川村を郷土開発した人物の碑があったりと、当社は地域の崇敬を特に集めていた事が伝わる。
目黒通りという大通りに面しながらも、比較的広く緑に囲まれた境内は、地域の鎮守として大変心地よく、こうした境内が維持されている事がとても喜ばしい。
参拝に訪れる崇敬者も多く、今も地域の鎮守として崇敬を集めているのが伝わる。
等々力の歴史を感じる事ができる良社である。

神社画像

[ 社号碑・鳥居 ]


[ 鳥居 ]

[ 玉垣 ]

[ 狛犬 ]


[ 参道 ]


[ 手水舎 ]

[ 祓戸社 ]


[ 拝殿 ]










[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]




[ 石獅子 ]






[ 石像 ]

[ 御籤掛 ]

[ 石碑 ]





[ 天満宮・八幡社 ]

[ 灯籠 ]

[ 大國社 ]

[ 稲荷社 ]

[ 三峯社 ]

[ 石碑 ]

[ 神明社 ]

[ 神楽殿 ]

[ 裏参道手水舎 ]

[ 裏参道鳥居 ]

[ 社務所 ]


[ とっくりクス ]




[ 忠霊塔 ]


[ 案内板 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google