亀戸浅間神社 / 東京都江東区

神社情報

亀戸浅間神社(かめいどせんげんじんしゃ)

御祭神:木花咲耶比売命
旧社格:─
例大祭:7月1日(山開例大祭/4年に一度神輿渡御)
所在地:東京都江東区亀戸9-15-7
最寄駅:東大島駅
公式サイト:http://www.sengen.or.jp/

御由緒

 亀戸浅間神社は、社伝によれば大永七年(1527)に創建されました。祭神は木花咲耶比売命です。もともとこの辺りの地は高貝洲と呼ばれていました。これは日本武尊が東征した時に海が荒れ狂ったため、弟橘媛が海に身を投じ、その際に身につけていた笄が亀戸浅間神社のあるあたりに流れ着いたことによるものです。のちに景行天皇(第十二代と伝えられる)がその地に笄塚を建てたとされています。この笄塚の場所に富士塚が築かれ、江戸時代には多くの信仰を集めました(境内「亀戸の富士塚」文化財説明板を参照)。
 本殿は安政二年(1855)の江戸大地震、大正十二年(1923)の関東大震災で被災しました。現在の本殿は昭和初年に建立されたもので、平成十年(1998)の大島・亀戸・小松川防災再開発事業にともなって、今の位置に移動しています。境内には亀戸の富士塚や享和元年(1801)在銘の富士せんげん・亀戸天神・六阿みだ・あさくさ道道標(いずれも区指定有形文化財)など数多くの文化財が残されています。また、かつて神社境内のそばを通っていた城東電気軌道の線路も残され、関東最大の茅の輪を作る(茅の輪くぐり)神事が年二回行われるなど、亀戸東部地域の歴史や民俗を伝える鎮守として、人々の信仰をあつめています。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2017/03/03

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

スポンサーリンク

歴史考察

亀戸に鎮座する浅間神社

東京都江東区亀戸に鎮座する神社。
旧社格は無格社で、現在の亀戸9丁目周辺の鎮守。
日本武尊・弟橘媛の伝承が伝わる笄塚に、後年になって富士塚が築かれ、かつては富士塚の山頂に鎮座していたものの、近年になって現在地に遷座している。
夏越しの大祓と年越しの大祓で、巨大な茅の輪が置かれる事でも知られる。

日本武尊と弟橘媛の伝承が伝わる笄塚

社伝によると、当地には当社が創建するよりも遥か昔から、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)とその妃・弟橘媛(オトタチバナヒメ)の伝承が残ると云う。

『古事記』や『日本書紀』にも記された日本神話。

さらに相模においでになって、上総に渡ろうとされた。海を望まれて大言壮語して「こんな小さい海、飛び上ってでも渡ることができよう」と言われた。ところが海の中ほどまで来たとき、突然暴風が起こって御船は漂流して渡ることができなかった。そのとき皇子につき従っておられた妾があり名は弟橘媛という。穂積氏の忍山宿禰の女である。皇子に申されるのに、「いま風が起こり波が荒れて御船は沈みそうです。これはきっと海神のしわざです。賎しい私めが皇子の身代りに海に入りましょう」と。そして、言い終るとすぐ波を押しわけ海におはいりになった。暴風はすぐに止んだ。船は無事岸につけられた。時の人は、その海を名づけて、馳水といった。こうして、日本武尊は上総より転じて陸奥国に入られた。そのとき大きな鏡を船に掲げて、海路をとって葦浦を廻り玉浦を横切って蝦夷の支配地に入られた。(日本書紀 上 全現代語訳)

こうして日本武尊の身代わりとなって身を投げた弟橘媛の笄(こうがい)と櫛(くし)が、亀戸の高貝洲(こうがいす)に漂着。

笄(こうがい)とは、髪を掻き揚げて髷を形作る結髪用具で、女性の身だしなみに欠かせない装身具として使われた。

これを聞いた景行天皇は大層愁いて、当地に笄を埋め、祠を立てて祀ったと伝わる。
この事から「笄塚(こうがいづか)」と呼ばれ、多くの信仰を集めた。

弟橘媛の伝承が残る神社は、千葉県を始めとして関東一円に分布しており、特に有名なのが日本武尊が弟橘媛の墓標を築いたと正史に記される上総国二之宮「橘樹神社」(千葉県茂原市)。
当時の亀戸は海に囲まれた島で「亀島」と呼ばれていたため、そうした伝承が残っていたのかもしれない。
なお、弟橘媛を忘れられない日本武尊が「吾妻(わがつま/あづま)はや」と嘆いたため、日本の東部を「あずま」と呼ぶのはこの故事にちなむ。
上総国二之宮。式内社に列する古社。橘様と崇敬される。正史に残る日本武尊と弟橘媛の伝説。日本武尊が築いた弟橘媛の墳墓と吾妻池。江戸時代の本殿と明治時代の拝殿が現存。上総国十二社。広大な橘木荘(二宮荘)。鷹入らずの伝説。御朱印。御朱印帳。

笄塚の上に当社を創建・富士塚が築かれる

大永七年(1527)、当地周辺に富士信仰(浅間信仰)が広まったため、里人・甘露寺元長が富士山より木花咲耶比売を勧請し、笄塚の上に「浅間社」を創建したのが、当社の始まりとされている。

甘露寺元長(かんろじもとなが)は、従一位に叙せられた公卿の名であるが、里人とあるので別人の村人(名主)の事だと思われる。

江戸時代に入ると、当地周辺にも富士講が結成。
宝暦三年(1753)、石段が奉納される。
寛政七年(1795)、深川の富士講・山玉講が、水盤を奉納。
このように当社周辺の富士講より崇敬を集めた。

江戸時代後期には亀戸・大島・吾嬬の富士講の崇敬により富士塚が築かれる。

富士塚は、基本的には人に手によって築かれる築山であるが、既に存在している丘や古墳を転用して富士に見立てたものも存在しており、当社の場合は「笄塚」を転用して「富士塚」とし、富士塚の上に社殿が鎮座していた。

江戸時代の古地図で見る当社

江戸の古地図に当社の姿を確認する事ができる。

(江戸方角安見図鑑)

こちらは延宝七年(1679)に刊行された『江戸方角安見図鑑』。
江戸初期の古地図となっており、亀戸周辺を「亀井戸」として6ページに渡り描いている。
亀戸東部の当地周辺も記されており、上図は下が北の図。

(江戸方角安見図鑑)

地図を180度回転させ(北を上に)し、当地周辺を拡大したのが上図となる。
赤円で囲った、通り沿いに「冨士」と記されているのが当社。
二棟の建物を見る事ができ、奥が社殿であろうか。
この頃はまだ富士塚としては築かれていなかったが、笄塚の上に鎮座していたと見られている。

新編武蔵風土記稿に記された当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(亀戸村)
冨士浅間社
普門院持。
末社。稲荷。

亀戸村の「冨士浅間社」と記されているのが当社。
書かれている事は「普門院」(現・亀戸3-43-3)が別当寺を担っていたという事と、末社として稲荷社があったという事だけで、小さな社だった事が伺える。

安政二年(1855)、安政の大地震にて社殿が倒壊。
その後、再建されている。

関東大震災後の再建と戦後の移築

明治になり神仏分離。
当社は無格社であった。

明治十一年(1878)、富士山より溶岩を運び富士塚が築かれた。

江戸後期には笄塚を利用した簡易の富士塚が築かれていたと見られるが、富士山の溶岩を積み上げ、しっかりとした富士塚となったのはこの頃と思われる。

明治四十二年(1909)の古地図がある。
当時の当地周辺の地理関係を確認する事ができる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲ったのが現在の当社で、青円で囲ったのが当時の当社の鎮座地。
現在の鎮座地よりもやや北西に鎮座していた事が分かり、これは現在の富士塚(笄塚)の位置であり、富士塚の上に社殿が置かれ鎮座していた事が分かる。

大正十二年(1923)、関東大震災が発生し被災。
昭和九年(1934)、社殿が再建された。
現在の社殿は東京大空襲の戦火を免れ、この時のものが移築されつつ現存している。

平成十年(1998)、防災再開発事業に伴い社殿を現在地に移築。
かつて社殿があった富士塚一帯は公園として整備されている。

平成二十五年(2013)、富士山が世界文化遺産に登録されたのを記念して、富士塚の山頂付近が整備され、富士山の形をした石碑が置かれた。

境内案内

戦前の社殿が現存・境内社など

最寄駅の東大島駅から徒歩数分の距離で、北に向かうとマンションなどが並ぶ一角に鎮座。
まだ新しさを感じる立派な鳥居を潜ると左手に手水舎。
手水石(水盤)には富士の絵が彫られ「玉」の文字が見られる。

寛政七年(1795)に深川の富士講・山玉講が手水石を奉納しており、「玉」はその富士講の紋であろう。

参道の右手に社殿。
バリアフリー化され整備された境内。
昭和九年(1934)に再建された木造社殿が現存。
平成十年(1998)に現在地へ遷った際も、社殿はそのまま移築された。

境内社は参道左手に並ぶ。
下浅間神社と稲荷神社となっており、その右手に「富士せんげん道道標」。
享和元年(1801)の文字を見る事ができ、古くからの道標が保存されている。

境内にある多くの文化財

上述した手水石や道標の他にも、境内には多くの文化財が置かれる。

鳥居近くには身禄歌碑。
江戸時代後期から明治時代のものと見られ富士講の隆盛を伝える碑。

身禄とは、食行身禄(じきぎょうみろく)という富士講の指導者の事で、富士講の開祖角行とともに、富士講の信者からの崇敬を集めた、富士講中興の祖とも云える人物。富士塚も身禄による教えの要素をかなり引き継いで誕生した江戸独自の信仰となっている。

社殿の左手にも多くの石碑や石灯籠が置かれる。
いずれも戦火を免れ現存した文化財。
その一角には鉄道のレールが置かれている。
現在は廃線となっている城東電車で使われていたイギリス製のレールで、当社に寄贈された。

鳥居の右手には「六ツ目地蔵尊」が置かれる。
馬頭観音像や庚申塔などが置かれた一角であり、当地の古い信仰を伝える一角。
当社の境内という形になっており、当社が管理しているようだ。

現在は公園となり子供達が遊ぶ富士塚(笄塚)

参道から正面の位置に戦火を伝える鳥居が置かれる。
上の笠石部分と柱部分の色が違うのが分かるが、笠石部分は戦後になって補修された部分。
黒ずんだ部分は東京大空襲の戦災で火を被ったため、黒く焦げたような状態になっている。

この鳥居の奥が富士塚(笄塚)。
かつては富士塚の上に社殿が鎮座していたので、かつての表参道に建つ鳥居であったのだろう。

富士塚には富士講による石碑や奉納碑が多く残る。
また石製の猿像の姿も見る事ができる。
庚申信仰と合わさったもので、山の神の使いとして奉納されたものであろう。

これらの富士塚は、当社が創建するよりずっと昔から「笄塚(こうがいづか)」として信仰されており、上述したように日本武尊と弟橘媛の伝承が残る。
その後、笄塚の上に当社が創建し、江戸時代後期から明治にかけて富士塚として整備され、平成十年(1998)に社殿を移築されてからは、公園として整備されている。
平成二十五年(2013)、富士山が世界文化遺産に登録されたのを記念して、山頂にこの富士山の形をした石碑が置かれた。

御朱印は社務所にて。
丁寧に対応して頂いた。

所感

亀戸村周辺の富士講から崇敬を集めた当社。
古くから当地には笄塚があり、聖地として祀られていた地に、当社が創建したという形になるのだろう。
その後、富士講の発展・広がりと共に、笄塚は富士塚として整備され、当社も更に崇敬を集めた。
平成になってから富士塚の上に鎮座していた社殿は、現在の位置に移築され、当社周辺には多くのマンションが建ち、富士塚(笄塚)は地域の子供たちが遊ぶ公園となっている。
この日も富士塚の周辺や山頂で鬼ごっこをする子供たちがいて、歴史と信仰ある当地は、今は子供たちの憩いの場となっており、こうした形で地域に浸透していくのも良い事だと思う。
境内には富士講を伝える奉納物も多く残されており、当地の信仰を伝える良い神社である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]

[ 参道 ]

[ 手水舎 ]

[ 社殿 ]

[ 拝殿 ]



[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]


[ 境内社 ]

[ 下浅間神社 ]

[ 稲荷神社 ]

[ 富士せんげん道道標 ]

[ 絵馬掛 ]

[ 神輿庫 ]

[ 石碑・城東電気軌道線路 ]

[ 石灯籠・城東電気軌道線路 ]


[ 石碑・石灯籠 ]

[ 富士塚(笄塚)鳥居 ]

[ 笄塚案内図 ]

[ 富士塚(笄塚) ]





[ 社務所 ]

[ 身禄歌碑 ]

[ 案内板 ]

[ 東側鳥居 ]

[ 六ツ目地蔵尊 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google