新型コロナウイルス対策をした上で参拝しましょう。各神社も御朱印対応が変更の可能性有。

東京都

立川市

立川諏訪神社 / 東京都立川市

立川のお諏訪さま。平安時代初期「諏訪大社」より勧請。江戸時代になり現在地に再建。平成六年(1994)に不審火によって社殿が焼失・平成十四年(2002)に現在の社殿が再建。三社一殿の立派な社殿。随神門・目の神様・土俵。奉納獅子舞・奉納相撲。御朱印。
大田区

大森鷲神社 / 東京都大田区

大森のお酉さま。城南地区随一の賑わいを見せる酉の市。普段は商店街にある静かな神社。江戸中期より武運開運商売繁盛の神として信仰を集める。別当寺「密厳院」との関係。不入斗村の地名由来。かつては耕地ばかりの当地周辺。御朱印。
世田谷区

駒留八幡神社 / 東京都世田谷区

上馬鎮守。若宮八幡宮。領主による創建・駒留と呼ばれた由来。世田谷城主の側室常磐の悲劇・世田谷区の花「サギソウ」伝説。江戸時代の領主大久保氏からの崇敬。重厚な拝殿と塚の上に建つ本殿。多くの境内社・信仰を伝える一角。御朱印。
港区

御穂鹿嶋神社 / 東京都港区

本芝地区鎮守。平成になり御穂神社と鹿嶋神社が合併。新しく造営された綺麗な社殿。古典落語「芝浜」の舞台。江戸時代より本芝両社と呼ばれ崇敬を集める。江戸時代に描かれた両社・江戸切絵図で見る芝浜。万里小路(藤原)藤房の伝説。御朱印。
港区

日比谷神社 / 東京都港区

新橋(汐留地区含む)鎮守。「鯖稲荷」として親しまれた神社・その由来。日比谷の鎮守から芝口(東新橋)の鎮守へ。江戸切絵図と江戸名所図会から見る当社。戦前と戦後に遷座を繰り返す。新しさを感じるこぢんまりとした境内。御朱印。
世田谷区

松陰神社 / 東京都世田谷区

吉田松陰を祀る神社。明治維新に思想的影響を与えた吉田松陰・安政の大獄。高杉晋作らによって当地へ改葬。墓所の隣に当社が創建。松下村塾のレプリカ。32基の石灯籠。木戸孝允奉納石鳥居。萩・世田谷幕末維新祭り。御朱印。
中央区

寶田恵比寿神社(宝田神社) / 東京都中央区

「日本橋べったら市」で有名な恵比寿様。べったら市とえびす講。べったら漬の由来・東京の名産品。江戸を代表する町として尊重された大伝馬町。浮世絵で描かれた当社周辺。元は稲荷信仰の神社。普段は無人の小さな社。御朱印。
台東区

今戸神社 / 東京都台東区

今戸鎮守。源氏縁の八幡信仰の神社。縁結びの神・縁結び会。招き猫発祥の地・沖田総司終焉の地・史実の検証。江戸時代に描かれた当社。明治維新後の改称と戦後の再建。近年のパワースポットブーム。御朱印。御朱印帳。
荒川区

石濱神社(石浜神社) / 東京都荒川区

南千住・橋場鎮守。伊勢信仰の神明さん。大社としての発展・中世の城である石浜城。多くの浮世絵の題材となった摂社「真先稲荷神社」。文化財の石浜鳥居。池波正太郎著「剣客商売」の舞台。浅草名所七福神・寿老神。御朱印。
品川区

大井蔵王権現神社 / 東京都品川区

大井町にある小さな神社。荏原七福神・福禄寿。蔵王権現は修験道の本尊。光福寺に残る縁起。天狗祭りの起源となる天狗伝説。明治以降に幾度も遷座。御朱印。
品川区

小山八幡神社 / 東京品川区

旧小山村鎮守。荏原七福神・大黒天。かつて妙見菩薩を合祀・妙見八幡宮。三谷八幡神社と宗教上の軋轢。現在は両社合同で「小山両社祭」が開催。御朱印。
品川区

三谷八幡神社 / 東京品川区

武蔵小山総鎮守。小山八幡神社と宗教上の軋轢によって分離し創建。現在は両社合同で「小山両社祭」が開催。武蔵小山の歴史。御朱印。
大田区

鵜ノ木八幡神社 / 東京都大田区

平成の再建。天明一族の守護神として創建。鵜ノ森明神社の謎・鵜の木の地名由来。延喜式内社「薭田神社」の論社の考察。御朱印。
大田区

下丸子六所神社 / 東京都大田区

下丸子鎮守。六柱の神を祀った神社。武蔵国総社「大國魂神社」との関係を考察。戦火を免れた社殿・見事な向拝彫刻。御朱印。
府中市

大國魂神社(六所宮) / 東京都府中市

武蔵国総社。武蔵国の国魂神・一之宮から六之宮を祀る六所宮。くらやみ祭と淫靡な風習。国府が置かれた府中の歴史。馬場大門のケヤキ並木。広大な境内と見事な随神門・社殿。御朱印。御朱印帳。
タイトルとURLをコピーしました