「 東京都 」一覧

穏田神社 / 東京都渋谷区

裏原宿に鎮座する旧穏田村の鎮守。旧穏田一円の産土神である第六天社として創建。神君伊賀越えの恩賞で伊賀衆に穏田が与えられる。葛飾北斎の浮世絵で描かれた穏田の水車。新編武蔵風土記稿や江戸切絵図で見る当社。個性的な狛犬。境内社・稲荷神社。御朱印。

宮益御嶽神社 / 東京都渋谷区

渋谷宮益坂に鎮座する旧宮益町の氏神。珍しい日本狼の狛犬。宮益町の地名由来・富士見坂と呼ばれた宮益坂。江戸切絵図から見る当社。江戸名所図会に描かれた当社と渋谷。明治天皇が御小休所とした事から聖蹟に指定。炙り不動と呼ばれた不動尊堂。御朱印。

磐井神社 / 東京都大田区

式内社の格式を持つ古社。武蔵国八幡総社。カラフルな月替り御朱印や月詣り御朱印。「鈴ヶ森八幡宮」と呼ばれた江戸時代。磐井の名の由来となった磐井の井戸。鈴ヶ森の由来となった鈴石や鳥石。東海七福神「笠島弁天社」は万葉集に載る古社の伝承。御朱印。

女塚神社 / 東京都大田区

西蒲田(旧女塚村・旧御園村)鎮守。少将局のカラフル御朱印。新田義興と侍女・少将局(しょうじょうのつぼね)の悲劇。少将局の墳墓とも伝わる女塚・女塚村の由来。女塚村鎮守の八幡社。明治になり八幡社が女塚に遷座。本務社は「蒲田八幡神社」。御朱印。

御園神社 / 東京都大田区

「おしゃもじ様」と呼ばれた御園村の鎮守。しゃもじと猿田彦命のカラフル御朱印。多摩川の洪水で流れ着いた猿田彦命の御神体。新編武蔵風土記稿から見る当社。御園村鎮守として整備され改称。蒲田駅西口の大通り沿いに鎮座。地域に利用される社務所。御朱印。

椿神社 / 東京都大田区

民間信仰が残る小さな社。麻紐と椿のカラフル御朱印。「どうそじんさま」と呼ばれた道祖神。百日咳や風邪に効く神として信仰・麻を借り受け病人の首に巻く特殊信仰。明治の蒲田と梅園。現在は導きの神の猿田彦命を祀る。本務社は「蒲田八幡神社」。御朱印。

蒲田八幡神社 / 東京都大田区

蒲田地区の中心的神社。カラフル御朱印・兼務社の御朱印も用意。古くから神聖な土地に鎮座。蒲田村から新宿村が分村・新宿村鎮守として式内社「薭田神社」より勧請。復興六十周年御社殿改修事業。京急蒲田駅近くに鎮座。八幡造の本殿・満願火伏稲荷。御朱印。

金王八幡宮 / 東京都渋谷区

渋谷・青山の総鎮守。江戸時代に造営された社殿・神門。江戸三名桜の1つ金王桜。算額など無料展示している宝物館。時代小説『天地明察』の舞台。渋谷氏と渋谷城。渋谷の地名由来。社名由来の渋谷金王丸伝説。浮世絵に描かれた金王丸。御朱印。御朱印帳。

白山神社 / 東京都文京区

東京十社・小石川鎮守。「あじさいまつり」と社殿裏手の富士塚。加賀国一之宮「白山比咩神社」からの勧請。徳川綱吉と桂昌院からの篤い崇敬。小石川と白山の地名由来。浮世絵に描かれた白山。黄金の目を持つ狛犬。八幡太郎の伝承が残る白旗桜。御朱印。

根津神社(根津権現) / 東京都文京区

東京十社・文化人に愛された根津権現。重要文化財の社殿・唐門・楼門など歴史的建造物。4月-5月上旬が見頃の「つつじまつり」。鳥居が連なる乙女稲荷・駒込稲荷。日本武尊が千駄木に創建。徳川家宣の生誕地・徳川将軍家からの庇護。御朱印。御朱印帳。

烏森稲荷神社 / 東京都目黒区

上目黒のお稲荷さま。旧上目黒村宿山組鎮守。中目黒界隈の住宅街に鎮座。草木が生い茂る境内・手水舎には狐の吐水口。新橋「烏森神社」との繋がりと狐伝説。元禄年間に当地に遷座。江戸時代の史料から見る当社。かつて烏森と呼ばれた当地とその由来。御朱印。

1 2 3 4 12