杉並区

杉並区

天沼八幡神社 / 東京都杉並区

旧天沼村中谷戸鎮守の八幡さま。天正年間に創建。天沼の地名由来。明治になり厳嶋神社を合祀・天沼弁天池と弁天社。白系の鉄筋コンクリート造社殿。境内社の大鳥神社では酉の市も。荻窪駅の北側・通称八幡通りの先に鎮座。御朱印。美しい刺繍の御朱印帳。
杉並区

高円寺天祖神社 / 東京都杉並区

高円寺鎮守のお伊勢様。可愛らしい子持ちの狛犬。御朱印にも子持ち狛犬の姿。平安時代に山下久七が伊勢神宮より勧請。徳川家光により改称された高円寺村。江戸時代の拝殿・明治時代の本殿。江戸前期の水盤。秩父宮邸から遷された清姫稲荷神社は財テクの神様。
杉並区

阿佐ヶ谷神明宮 / 東京都杉並区

八難除で知られる阿佐ヶ谷鎮守。限定御朱印・刺繍入り御朱印・御朱印帳。レースブレスレット型御守の神むすび。三貴子を祀る御垣内三殿。能楽殿はBABYMETALのPVでも使用。日本武尊が当地で休息した伝承。御神体の霊石。江戸時代に当地へ遷座。
杉並区

高円寺氷川神社 / 東京都杉並区

高円寺鎮守の氷川さま。日本唯一の気象神社。月替りや天気によって変わるカラフル御朱印。氷川神社と気象神社のオリジナル御朱印帳。徳川家光によって改称された高円寺村。黒い鳥居・モダンな神明造り社殿。気象神社の下駄絵馬。新海誠監督『天気の子』聖地。
杉並区

杉並猿田彦神社 / 東京都杉並区

太道教による導きの神を祀る神社。天孫降臨の故事に倣い猿田彦大神を祀る神社として創建。御朱印は2種類・天孫降臨の御朱印帳。椿大神社から勧請・猿田彦大神を祀る猿田彦神社。霧島神宮から勧請・瓊瓊杵尊を祀る太道教本部。霧島講東京支部。御神水。
杉並区

馬橋稲荷神社 / 東京都杉並区

旧馬橋村鎮守のお稲荷様。東京三鳥居の双龍鳥居。美しい参道と水路・幻の蛍の姿も。随神門の開運鈴はパワースポット。鎌倉時代末期の創建。正一位足穂稲荷大明神の神号。馬橋の地名保存のため改称。願かけ狐・開運双龍手拭い。御朱印。2種類の御朱印帳。
杉並区

大宮八幡宮 / 東京都杉並区

東京のへそに鎮座・子育厄除け八幡さま。武蔵国三大宮。源頼義・義家(八幡太郎)父子による創建。徳川家康による寄進。江戸時代に描かれた当宮。多摩清水社・大宮天満宮など多くの境内社。パワースポット・小さなおじさんの都市伝説。御朱印。御朱印帳。
杉並区

久我山稲荷神社 / 東京都杉並区

久我山鎮守のお稲荷様。久我山村の開墾。新編武蔵風土記稿より見る当社。明治以降の歩み・村社へ昇格。明治奉納の凛々しい神狐像。元禄年間の庚申塔。金玉均による人心同。夏祭りは、湯立て神事・湯の花神楽。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。
杉並区

西高井戸松庵稲荷神社 / 東京都杉並区

旧松庵村の鎮守。旧中高井戸村(西高井戸)鎮守を合祀。「お狐さま」と呼ばれる狐のミイラを安置して祀る末社。松庵村の開墾・円光寺境内に創建。昭和初期の社殿が現存・神狐の彫刻も。元禄年間の庚申塔。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。
杉並区

大宮前春日神社 / 東京都杉並区

旧大宮前鎮守の春日神社。大宮前新田の開墾と創建。旧地名を保存する大宮前鎮守碑。狛犬ならぬ狛鹿(神鹿像)が置かれた境内。春日信仰の神使は鹿。明治に造営された社殿・江戸時代の絵馬。御神木と力石。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。
杉並区

上高井戸第六天神社 / 東京都杉並区

旧上高井戸宿鎮守の第六天神社。かつて第六天魔王を祀った第六天社。10年の歳月をかけた拝殿彫刻。明和八年の狛犬など二対の狛犬。江戸時代に高井戸宿が成立。神仏分離の影響と社前に流れていた玉川上水。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。
杉並区

下高井戸浜田山八幡神社 / 東京都杉並区

旧下高井戸宿鎮守の八幡さま。太田道灌の命によって創建。江戸時代に甲州街道の高井戸宿が成立・下高井戸宿鎮守となる。住宅街にありながら緑に囲まれた境内。ロケ地としても使われる立派な拝殿と覆殿。夏詣に賛同神社。兼務社4社の御朱印。御朱印。
杉並区

荻窪白山神社 / 東京都杉並区

旧下荻窪村鎮守の白山神社。荻窪駅近くから伸びる長い参道。猫の手水舎や石像が多く置かれた楽しい境内。五社権現を祀り邸内社として創建。「歯の神様」として信仰を集める。新編武蔵風土記稿から見る当社。環八の拡張に伴い境内整備。御朱印。御朱印帳。
杉並区

荻窪八幡神社 / 東京都杉並区

上荻窪村鎮守の八幡さま。太田道灌が植えた御神木・道灌槇。源頼義が戦勝祈願し凱旋した伝承。太田道灌の戦勝祈願。村の鎮守として崇敬篤い江戸時代。二之鳥居・祓門・立派な神門・戦前の社殿。指定樹林となった境内・東参道と北参道。御朱印。御朱印帳。
杉並区

井草八幡宮 / 東京都杉並区

都内有数の境内を誇る八幡宮。杉並区北部一帯の総鎮守。現・別表神社。縄文時代から聖地とされた地に創建。源頼朝の伝承・遅野井と呼ばれた当地。5年に1度行われる流鏑馬。立派な楼門・趣のある神門と社殿。『〈物語〉シリーズ』の聖地。御朱印。御朱印帳。
タイトルとURLをコピーしました