感染対策をできる限りした上で参拝しましょう。各神社も御朱印対応が変更の可能性有。

品川区

品川区

下神明天祖神社 / 東京都品川区

旧下蛇窪村の鎮守。藤原秀郷の末裔が開墾・春日社として創建。蛇窪村が分村し鎮守も分立・神明社。震災復興や苕野神社(浪江町)再建御朱印。ツール・ド・御朱印。神明雅楽。区内最大の狛犬・樹齢600年以上の御神木。小市郎稲荷社。限定御朱印。御朱印帳。
2021.07.01
品川区

蛇窪神社(上神明天祖神社) / 東京都品川区

旧上蛇窪村鎮守。東京の白蛇さま。蛇窪大明神。カラフル御朱印・限定御朱印・白蛇御朱印帳。美しい白蛇辨財天社と蛇窪龍神社・撫で白蛇。白蛇種銭を使った銭洗い弁天。己巳(つちのとみ)の日。龍神へ雨乞い伝説・白蛇縁起。大鳥居。荏原七福神・弁財天。
2021.07.01
品川区

戸越八幡神社 / 東京都品川区

江戸越えのお宮・戸越鎮守の八幡さま。戸越の地名由来となった成就庵。誕生日特別御朱印・多くの限定御朱印・御朱印帳。震災や戦災を免れた江戸時代の社殿。令和三年は御鎮座五百年御社殿改修事業。品川区最古の狛犬。ソファーのある境内・輪投げやダーツも。
品川区

居木神社 / 東京都品川区

大崎鎮守。月替り御朱印・限定御朱印・桜の御朱印帳。厄落とし絵馬や縁結び絵馬など文字をくり抜く絵馬。しながわ百景・桜が美しい境内。目黒川沿いに創建・雉子ノ宮と称される。現在地に遷座・五社明神と称される。居木橋村鎮守。明治に入り居木神社へ改称。
2021.07.01
品川区

小山八幡神社 / 東京都品川区

小山の地名由来となった八幡さま。小山村の鎮守。源頼信によって創建と伝わる。江戸時代に入り妙見菩薩を合祀・妙見八幡宮。宗教上の軋轢が原因で三谷八幡神社が分離。小高い丘に鎮座。戦前に造営された木造社殿。甲子神社。荏原七福神・大黒天。御朱印。
2021.05.30
品川区

三谷八幡神社 / 東京都品川区

武蔵小山総鎮守の八幡さま。例大祭は小山八幡神社と合同の小山両社祭。鳩文字の新しい御朱印。江戸時代に小山八幡神社から分祀・宗教上の軋轢の原因で分離。筍の産地だった武蔵小山。八幡通り沿いに鎮座。戦後に再建された木造社殿。地主神の稲荷神社。
2021.05.30
品川区

品川貴船神社 / 東京都品川区

南品川宿の枝郷・三ツ木(西品川)の鎮守。龍の姿の御朱印。龍神(水神)を祀る神社として創建・荏原神社の旧鎮座地。遷座によって荏原神社と分立。江戸時代は品川神社の管轄。品川鎮守の荏原神社と品川神社・当社との関係。社頭の布袋尊像。江戸時代の道標。
2021.05.30
品川区

旗岡八幡神社 / 東京都品川区

旧中延村鎮守・源氏ゆかりの八幡さま。桜が美しい境内。国登録有形文化財の絵馬殿。源頼信によって創建・旗の台の地名由来。領主荏原氏による社殿造営。武家や大奥からの崇敬・弓の競射と甘酒。江戸時代の狛犬や石灯籠。朱色の大鳥居。八幡造の本殿。御朱印。
2021.05.30
品川区

雉子神社 / 東京都品川区

五反田駅・目黒駅周辺の氏神様。徳川家光による命名「雉子の宮」。徳川家の庇護と葵紋。『必殺仕事人』『仕掛人・藤枝梅安』シリーズの舞台。ビルの敷地内にコの字吹き抜けで鎮座。幕末に奉納された狛犬。日本武尊を祀り荏原宮・大鳥明神と称される。御朱印。
2021.05.30
品川区

天祖諏訪神社 / 東京都品川区

濱川総鎮守。天祖神社と諏訪神社が合祀。勝の文字や嵐カラー仕様が特徴的な御朱印帳。嵐ファンの聖地に・勝守が人気。泪橋と呼ばれた浜川橋。立派な弁天池。平安時代以前に創建された天祖神社。江戸時代初期に創建の諏訪神社。東海七福神・福禄寿。御朱印。
2021.07.01
タイトルとURLをコピーしました