二宮神社 / 千葉県船橋市

 神社情報


二宮神社(にのみやじんじゃ)

御祭神:建速須佐之男命・櫛稲田比売命・大国主命
相殿神:藤原時平命・大雀命・誉田別命

社格等:延喜式内社(小社論社)・下総国二之宮(伝)・郷社
例大祭:1月15日(春の例祭)・10月16日(秋の例祭)・9月中旬(湯立祭/7年に1度)・10月末-11月頭(下総三山の七年祭り/7年に1度)

所在地:千葉県船橋市三山5-20-1
最寄駅:津田沼駅・薬園台駅・京成大久保駅(どこからも距離があるのでバス推奨)

 御由緒

 当社の創建は、約千二百年前の弘仁年間(810〜823)に、嵯峨天皇の御勅創によるものと伝えられています。延喜五年(905)に編纂された『延喜式』の『神名帳』には、「千葉郡二座(並小)」の一座に「寒川神社」とあり、これが当社であったといわれています。治承四年(1180)には藤原時平公の後裔一族が三山の地に移住し、時平公を合祀いたしました。
 現在の社名となった正確な年代は不明ですが、乾元二年(1302年)に鋳造された鐘には「二宮社」と刻まれていることから、鎌倉時代にはすでに「二宮神社」と呼称されていたようです。
 室町時代を起源にする七年に一度行われる七年大祭は近隣の九社が寄り合って斎行される古式ゆかしい祭事です。徳川将軍家からも崇敬篤く、神領などの寄進がございました。古来より、近郷二十三ヶ村の総鎮守として広く人々の信仰をあつめ、現在も変わらず人々をお守りしています。

(※頒布のリーフレットより)

 参拝情報

参拝日:2015/09/24

 御朱印

初穂料:300円

授与所にて。

二宮神社

 授与品・頒布品

ふなっしー御守り
初穂料:800円
授与所にて。


※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。




 考察

 下総国二之宮を称する神社

船橋市三山に鎮座する神社。

延喜式内社・小社の論社であり、下総国二之宮を称する。
旧社格は郷社で、古くから氏子区域は近郷二十三ヶ村(現在の船橋市東部・北部、習志野市、八千代市、千葉市西部)という広い区域となっており、地域の総鎮守となっている。

 嵯峨天皇の勅命により創建

社伝によると、弘仁年間(810年-824年)に嵯峨天皇の勅命により創建されたという。
延喜五年(905)から編纂され、延長五年(927)に完成した「延喜式」には「下総国千葉郡 寒川神社」として名が記されており、当社はその論社とされている。
なお、他に千葉市中央区の「寒川神社」も論社とされており、どちらも式内社を名乗っている。

さらに下総国の二之宮として朝廷からの崇敬をうけたという。
但し、同じく千葉県旭市の「玉崎神社」も二之宮を称している。
下総国では一之宮の「香取神宮」の力が強すぎて、二之宮以下が存在しなかった、といった説もあるので、この辺は定かではない。

社伝の通りであるならば「寒川神社」として創建した当社だが、現在の「二宮神社」と呼ばれるようになったのは、上述の二之宮として朝廷から崇敬を受けた事が原因なのだろう。
いつ頃から「二宮神社」と呼ばれ始めたかは不明となっているが、乾元二年(1303)銘の梵鐘(成田市祥鳳院蔵所蔵)に「総州二宮社壇」と彫られている。
この事から鎌倉時代にはすでに「二宮社」という呼称が存在しており、かなり昔から現在の名で呼ばれていたと推測できる。

 菅原道真の政敵・藤原時平

治承四年(1180)に藤原師経が左遷された際、先祖である藤原時平が相殿に合祀。
この藤原時平という人物なのだが、神道的には天神様でお馴染みの菅原道真の政敵だった人物。
そのため天神信仰の氏子は当社に参拝しなかったと伝えられている。

平将門公崇敬者(氏子)が成田山に参拝しないのと似たような理由。
どちらも祟りを畏れられた御霊信仰の神であり、中々興味深い。

 江戸時代と神仏分離

天正十九年(1591)には徳川家康から朱印地10石を与えられている。
その後も徳川将軍家からの寄進がされており、庇護されていた事が伺える。
当時は「二宮神社」の他に、三山の地名から「三山明神社」と呼ばれていた。
また真言宗豊山派寺院「神宮寺」(三山5丁目)が別当寺を務めていた。

明治に入り神仏分離で別当寺とは分離。
明治七年(1874)郷社に列した。
明治四十三年(1910)には、近隣の神社を合祀。

 江戸時代の社殿が現存

現在の社殿は、安永年間(1772年-1781年)に再建されたものが現存。
元は茅葺屋根だったというが、本殿は大正11年(1922)に、拝殿は大正14年(1925)に茅葺屋根から銅板葺に葺き替えられた。

立派な権現造りになっており、状態もよく現存しているのが素晴らしい。
昭和五十三年(1978)に船橋市の有形文化財に指定された。

一の鳥居を潜ると一度石段で降り、谷を横断するように再び社殿のある境内へ上る形になる。
その途中には小さいながら御手洗池と神橋が存在。

小川が流れており、その水脈は習志野市津田沼に鎮座している「菊田神社」境内にある池へと繋がっているとされていて、何だか不思議な感じがする。

 大銀杏は神社のシンボル

谷から石段を登ると二の鳥居。
そして御神木の大銀杏、さらに上述した船橋市の有形文化財の社殿が見えてくる。
この参道からの眺めが実に計算されており素晴らしい。

御神木の大銀杏は樹齢400年と推定されているもの。
太さは船橋市内最大級とされている。
江戸時代に描かれた「成田参詣記」にも「三山明神社」の項目で、この御神木が描かれている事からも、当社の1つのシンボルだったのが分かる。

 下総三山の七年祭りの中心

現在当社がある「三山」という地名だが、古くは「御山」もしくは「宮山」とされていた。
当社があった事
が由来とされており、当社の神官は代々「三山氏」「御山氏」が務めている。
三山地区で7年に1度斎行される「下総三山の七年祭り」は、9社が参加する大きな例祭なのだが、当社が三山の総社・総鎮守として中心となっている事からも、この地域の中心だった事が分かるだろう。

この「下総三山の七年祭り」は室町時代に起源があるという歴史あるお祭り。

文安二年(1445)、馬加の城主千葉康胤の奥方が懐妊11ヶ月になっても、出産の模様がなく、康胤は心配して「二宮神社」「子安神社」「子守神社」「三代王神社」の神職に、馬加の磯辺において安産祈願を命じた。
執行後間もなく無事出産されたことにより、康胤は御礼の祭典を近郷の総社「二宮神社」において盛大に斎行し、これが七年大祭の起源とされている。
現在の7年に1度に行われるようになったのは、享保十二年(1727)であると伝えられている。

いつの頃からか、「時平神社」「八王子神社」「高津比咩神社」「菊田神社」「大原大宮神社」の5社が新たに加わり合計で9社による式年連合大祭となる。
そして以下の通り、それぞれの役割を持った現在の形になった。
「二宮神社(父親)」「子守神社(母親)」「 子守神社(子守り)」「 三代王神社(産婆)」
「 時平神社(息子)」「八王子神社(息子)」「高津比咩神社(娘)」「菊田神社(伯父)」「大原大宮神社(伯母)」

ちなみに「下総三山の七年祭り」の小祭「湯立祭」は2015年9月に斎行されたばかり。
大祭は11月1日に斎行される。
10月31日・11月1・2日の3日間が大祭として大いに盛り上がる。
次回は7年後の2022年になる。

 ふなっしー・嵐ファンからも人気

御朱印は授与所にて。
船橋市非公認ゆるキャラであるふなっしーとのコラボ「ふなっしー御守」も頒布されている。

授与所窓にはふなっしーが参拝した写真なども掲示されていた。

少し余談になるのだが、当社の絵馬掛けには、ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ「嵐」のファンからの絵馬が多く掲げられている。

これは社名が同グループメンバーの1人である「二宮」にちなんでいるからとか。
嵐ファン(アラシック)の方からすると、コンサート当選祈願にお馴染みの神社との事。

 所感

古い歴史のある当社。
延喜式内社や下総国二之宮としては伝承の部分もあるのだが、実際に古くから崇敬を集めていた事は、色々な資料からも伺える。
特に「下総三山の七年祭り」では、当社が総社扱いとして中心となっている事や、三山という地名の由来になっている事からも、当社がこの地域にとって重要な神社だった事が伝わってくるし、近郷二十三ヶ村の総鎮守であり、これは現在の船橋市東部・北部、習志野市、八千代市、千葉市西部という広大なエリアが氏子地域だった事からも、当社への崇敬の篤さが伝わってくる。
それでいて、上述のようにふなっしーとのコラボなど新しい展開も面白い。
境内としてはそう広くはないのだが、一の鳥居からの参道や古い社殿・御神木といった一連の眺めは実に見事で、見た目としても素敵な良社だと思う。

平成二十七年(2015)は7年に1度の「下山三山の七年祭り」の年。
10月31日・11月1・2日の3日間は大祭となっている。

 Google Maps


 神社画像

[ 一の鳥居・社号碑 ]

[ 参道・御手洗池 ]

[ 井戸(手押しポンプ) ]

[ 二の鳥居 ]

[ 狛犬 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]

[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]

[ 神輿庫 ]

[ 神楽殿 ]

[ 絵馬掛け ]

[ 演芸会場 ]

[ 社務所 ]

[ 授与所 ]

[ 御神木(大銀杏) ]

[ 案内板 ]

 Google Maps


    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google