鎮守氷川神社 / 埼玉県川口市

鎮守氷川神社(ちんじゅひかわじんじゃ)

御祭神:素盞鳴命・櫛稲田姫命
相殿神:天照皇大神・倉稲魂命・手力乎命・保食命・大国主命・菅原道真公・惶根命・面足命・建御名方命
社格等:村社
例大祭:10月20日
所在地:埼玉県川口市青木5-18-48
最寄駅:西川口駅・南鳩ヶ谷駅
公式サイト:http://chinjyu-hikawa.or.jp/

御由緒

鎮守氷川神社は室町時代(700余年前)の初期(応永年間)の創建にかかる地方(武蔵国)の古社で古来より時代時代に幾度か社殿が修復され再建されて来たが、明治17年に本殿、拝殿が再建された。
大正12年の大震災により拝殿、鳥居が倒壊した為、昭和天皇の御即位の御大典を記念し、昭和2年拝殿・鳥居等を再建し、昭和61年5月25日氏子崇敬者の御奉賛により、新社殿御造営大事業が成された。
御祭神は伊邪那岐神、伊邪那美神の御子である素盞鳴命を又、夫婦神として櫛稲田姫命を主祭神としてお祀りしている。
素盞鳴命が八俣の大蛇を退治したことから、厄祓い・厄除けの霊験あらたかであり、主祭神が夫婦神であることから縁結び、夫婦和合、そして子育ての御神徳がある神として崇敬されて今日に至る。
配祀神としては、日本で一番尊く皇室のご先祖である天照大神をはじめ、衣食住はもとより諸々の産業の開運の神々が鎮座されている。

(※頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2015/08/26

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

青色の印は御祭神の素盞鳴尊(スサノオノミコト)。
基本は青色だが時期によって色が変わる事がある。


御朱印帳

初穂料:1,300円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意。
石見神楽と素盞鳴尊がデザインされた御朱印帳。
当社が「氷川神社」の中では最初にオリジナルの御朱印帳を用意したそうだ。

※追記
平成二十八年(2016)より横尾忠則氏のポスターをモチーフにした新しいデザインの御朱印帳(朱印代込で初穂料2,500円)が頒布されるとの事。(詳細:公式サイト

(情報提供:コメ欄かなめ様)
※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

授与品・頒布品

交通安全ステッカー バイク・自転車用
初穂料:200円

社務所にて。

スポンサーリンク


歴史考察

文化的な面も目立つ神社

川口市青木に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧青木村の鎮守。
この地域に大変多く存在する氷川信仰「氷川神社」のうちの一社。
地名から「青木氷川神社」と呼ばれる事もあったが、現在は公式に「鎮守氷川神社」としている。

横尾忠則作の「自立の炎」という絵画や、はせがわいさお作「鎮守鎮守氷川神社の原風景の輝き」といった絵画が奉納されてたり、多くのミュージシャン(森山直太朗・YUKI・Superfly・SCANDAL・BABY METAL・ウルフルズ・Perfumeなど)がツアーの安全・成功祈願を行っていたりと、文化的な面でも面白さを感じる神社。

青木村の鎮守としての氷川信仰

社伝によると、創建年代は不詳ながら、応永年問(1394-1428)の創建と伝えらている。
当地は氷川信仰の総本社とされる「武蔵一宮 氷川神社(大宮氷川神社)」の祭祀圏の中にあり、周辺には「氷川神社」が多数存在している。
現存する棟札などの史料から室町期には既に足立郡芝郷青木村の鎮守として崇敬を集めていたようだ。

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(下青木村)
氷川社
村の鎮守なり。勧請年代は知らざれど、社頭に掛たる鰐口に依先之鰐口中絶求之也とあり。此慶安二年のものなれば、其以前造立の社なる事知るべし。
随身門。
石鳥居。
鐘楼。元禄十三年新造の鐘をかく。
末社。稲荷社、弁天社。
別当、般若院。
本山修験、中尾村玉林院配下。栗崎山薬師寺と号す。本尊不動を安ぜり。

下青木村の鎮守であり、江戸時代には本山修験宗「般若院」が別当寺になっていたのが分かる。
明治の神仏分離によって、この「般若院」は廃寺となっているのだが、当寺が足立不動尊の88番不動となっていた事から、当社境内には不動尊堂が残されており、神仏習合時代の名残を見て取れる。
現在の宮司様はこの別当が明治に復飾して社家となった流れを汲む。

神仏分離と合祀政策

明治六年(1873)に村社に列している。
明治の神社合祀政策の影響を受け、この地域に数多くあった神社が当社に合祀されている。
そのため、当社には相殿神が数多く存在し、境内社の数も多いのが特徴的。

明治十七年(1884)には本殿と拝殿を再建。
大正十二年(1923)の関東大震災により拝殿と鳥居が倒壊し、昭和二年(1927)に再建されている。
戦争の戦禍は免れたようだが、昭和六十一年(1986)に新社殿が造営されて現在に至っている。

不動堂や富士塚・御神木の存在

現在の社殿は上述の通り昭和六十一年(1986)に造営されたもの。

比較的新しい社殿であるため見た目もとても綺麗。

境内に入ってすぐ左手に見えるのが富士塚。
昭和初期から手入れされていなかったという富士塚だが、今年(2015)になってリニューアル竣工され、登拝が可能となった。
大変新しい富士塚ではあるが、富士山の溶岩を使った小高い富士塚は中々によい出来で、登拝しやすいような舗装や手すりも付けられている。

富士塚の下には「浅間神社」。
頂上にも「浅間神社」と、奉納された大きな溶岩、さらに撫で犬が置かれていた。

境内の裏手には多くの境内社が存在。
上述した通り、明治の神社合祀政策の影響を受け、この地域に数多くあった神社が当社に合祀された事によるものだろう。
同様に江戸時代の別当寺が足立不動尊の88番不動となっていた事から、不動尊堂も裏手に置かれている。

御神木は2本。
拝殿の正面にあるのが縁結びの木とされている椋の木。
社殿の裏手にあるのが元気の木とされている樹齢400年以上の大欅になる。

御朱印は社務所にて。
力強い字体で、青色の印は御祭神の素盞鳴尊(スサノオノミコト)になる。
時期によって色が変わる事もある。
オリジナルの御朱印帳も用意されており、当社が「氷川神社」の中では最初にオリジナル御朱印帳を用意したそうだ。

所感

当社は川口オートレース場のほぼ隣といってもよい立地に鎮座している。
そういった立地ながら、整備された境内は清々しく静けさを感じる空間が心地よい。
なお、上述した横尾忠則作の絵画「自立の炎」は、社務所にて声をかけると見せて頂ける。
おみくじで凶を引いてしまった場合は、社務所に報告するとお守りを頂けなんて掲示もされてあり、さらに、この時期は境内に蚊などが多いため、虫除けスプレーを自由に使えるように数カ所置いてあったりと、参拝者のためを考えた心遣いが何とも嬉しい。
規模はそこまで大きくないものの、色々と努力されているよい神社だと思う。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]
[ 鳥居 ]
[ 狛犬 ]
[ 参道 ]
[ 手水舎 ]
[ 拝殿 ]
[ 本殿 ]
[ 狛犬 ]
[ 浅間神社(奥は富士塚) ]
[ 富士塚 ]
[ 富士塚頂上・撫で犬 ]
[ 神饌田 ]
[ 縁結びの木・椋(御神木) ]
[ 社務所 ]
[ 稲荷神社鳥居 ]
[ 稲荷神社 ]
[ 古峰神社 ]
[ 元気の木・大欅(御神木) ]
[ 三峰神社 ]
[ 天神社 ]
[ 不動尊堂 ]
[ 磯前神社 ]
[ 弁天社 ]
[ 御由緒案内板 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google

『鎮守氷川神社 / 埼玉県川口市』へのコメント

  1. 名前:かなめ 投稿日:2015/09/25(金) 15:09:52 ID:3a57c2bdc 返信

    こちらの記事を見て鎮守 氷川神社に行ってきました。
    素敵な神社でした。
    こちらの氷川神社では来年の1月(詳しい日にち未定)から、横尾忠則さんデザインのオリジナル御朱印帳が領布されるそうです。
    2500円だったかな…
    なかなか斬新な御朱印帳でしたよ。

  2. 名前:神社メモ 投稿日:2015/09/26(土) 07:55:09 ID:49174496e 返信

    ありがとうございます。
    規模はそう大きくはないですが、参拝者の事をよく考えた素敵な神社ですよね。
    御朱印帳情報もありがとうございます!
    横尾忠則氏の絵って中々斬新で派手なものも多いので、
    そのデザインならインパクトある御朱印帳になっていそうですね。
    楽しみです。
    しかし、版権的なのか結構いい値段しますねー。笑
    また何かありましたら教えて下さいませ!

  3. 名前:かなめ 投稿日:2015/09/26(土) 12:35:06 ID:4af06952d 返信

    巫女さんの笑顔も素敵な神社でした。
    芸能人も何人か来ているみたいですね。
    御朱印帳は御朱印付きで2500縁みたいです。
    少し高めですね(^-^)
    でも財政難で潰れそうな神社も増えているようなので、そういう所で収益出すのも有りかなと思います。
    ブログこれからも楽しみにしています☆

  4. 名前:神社メモ 投稿日:2015/09/26(土) 18:53:43 ID:589fc6ab0 返信

    この規模にしては巫女さんもいらっしゃって、境内も綺麗でよい神社ですよね。
    ミュージシャンの方などが、こちらでツアー安全祈願をされる事が多いみたいです。
    そういった取り組みも面白いですね。
    確かに氏子からの寄進だけでなく、
    色々と新しい試みやアプローチで崇敬を集めたり寄進を集めたりするのはよいことだと思います。
    こちらはその辺のバランスうまくやられている印象を受けました。
    御朱印も素敵ですものね。
    これからもマイペースで更新していきますので、ご覧頂けたら幸いです。
    ありがとうございました。