武蔵第六天神社 / 埼玉県さいたま市

武蔵第六天神社(むさしだいろくてんじんじゃ)

御祭神:面足尊・吾屋惶根尊
相殿神:経津主命・別雷命・市杵島姫命・熊野久須美命・家津御子命・速玉男命
社格等:村社(無格社から合祀によって)
例大祭:7月15日
所在地:埼玉県さいたま市岩槻区大戸1752
最寄駅:岩槻駅・せんげん台駅・大袋駅(いずれもかなりの距離有り)
公式サイト:http://www.dairokuten.or.jp/

御由緒

 その昔、岩槻城下の繁栄を極めたる当時、江戸城の忌門寺として有名な華林山慈恩寺や、日光廟に往来した諸人は、日光街道を曲げて現在の元荒川沿いを下って岩槻城外の第六天神社に奉拝したという記録が残されている。
又、戦国の世に、岩槻城主太田氏の将兵の信仰を得て、岩槻城下に暮らしを立てていた武士や町人や商人、 農村の人々が、この草深い祠に奉拝して霊宝を賜ったと云われている。殊に農民の豊饒為福、商人の商売繁盛等を図るには第六天神社の御神札がなくてはならぬものであった。
年に一度、向かい天狗の絵馬と神札をおし戴いて家郷に持ち帰り、家内安泰・作物豊饒・災厄除去を祈れば、その霊験顕れて、秋の実りの収穫となり再び御礼に参り、年々信心者が殖えて、今日の第六天神社の大きな基盤となったのであります。
当神社は神系七代、即ち天神六代なる面足尊(おもたるのみこと)と吾屋惶根尊(あやかしこねのみこと)の二柱を主神となし、相殿としては、経津主命(ふつぬしのみこと)・別雷神(わけいかづちのみこと)・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)・ 熊野久須美命(くまのくすみのみこと)・家津御子命(けつみこのみこと)・速玉男命(はやたまおのみこと)の六柱神々を奉斎している。
武蔵国第六天の一として、古来より火難除け・盗賊除け・疫病を除去し、以て家内安全、五穀豊穣、商売繁盛の霊験著しい事は普く人の知るところであります。
古来より、江戸界隈の人たちや武蔵国の諸処から、崇敬者が加わり、今日では県内を始め、千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・東京都の関東各地より講中を結成し、毎年三月より五月にかけて、大神の御加護を賜りて、自家の安泰と吾人永遠の幸福を祈り奉らんと、御眷属・授与品である天狗の神額を受ける参拝者でにぎわい、一陽来福を祈る個人参拝者は全国より四季絶えることなく綿々と続き、これ偏に広大無辺、神徳無量なる御神徳と御威光の賜と存じております。
当社がもっとも栄えたのは、光格天皇・仁光天皇の御代の頃、即ち文化・文政年間の頃で、現在の水舎にあるある水盤は、その当時に江戸講中より寄進され、社殿前の階段は文化年間に着工(平成九年に改築)。又、現在飾り御輿として御輿殿に保存されている大御輿は天保九年戌歳四月に制作されたもので、当時の繁栄の様子が伺い知れる。
尚、当社の創建は第119代光格天皇の御代、天明二年六月十五日の御鎮祭と伝えられており、 明治四十年六月二十八日、村社香取神社・無格社鳴雷神社・無格社厳島神社・無格社熊野神社を合祀し、 現在に至っております。

(※頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2015/08/12

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。
武蔵第六天神社

御朱印帳

初穂料:1,000円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
桜と元荒川の流れをデザインしたもの。
紺と赤の2色用意されていた。
さらに御朱印帳を入れるための天狗がデザインされた巾着袋も用意していた。(初穂料:1,000円)

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。


歴史考察

岩槻区の第六天神社

さいたま市岩槻区に鎮座する神社。
旧武蔵国を中心に関東地方に見られる「第六天神社」のうちの一社。
旧社格は無格社であったが、周囲の神社との合祀により村社に格上げされている。

疫病除けの伝説

創建は天明二年(1782)と江戸中期の頃の創建となっている。
言い伝えはいくつかあるようだが、光る御神体が元荒川の上流から流れてきた(もしくは周辺で見つかった)ため、村人が拾い祀ったところ、この地にあった疫病がなくなったとされる。
以来、評判が広まり、近郷の人々も篤く信仰するようになったという。

天明の時代というと「天明の大飢饉(1782-1788)」があった時代。
江戸四大飢饉の1つとされ、近世では最大の飢饉。
東北地方を始めとして北関東、さらには全国的な飢饉や治安悪化があったという。
このような時代に当社が創建され、厄病除け・病気平癒・盗賊除けのご利益があるとされ民間信仰が篤くなったのは自然な事ではないだろうか。

明治の合祀政策で格上げ

明治になり、当時は無格社だった当社であるが、合祀政策の中で、明治四十年(1907)に近郷にあった村社「香取神社」など4社を当社に合祀。
これにより無格社から村社に格上げされている。

無格社ながら明治末の合祀政策の中で、近郷の神社(当社より格上)が当社に合祀され、最終的に当社が残り村社になったというのは、それだけ民間信仰が篤かった事の証明とも言えるだろう。
江戸時代から現在においても講中が結成されており、現在も数千人規模の講員がいるとも言われる。

現存する貴重な第六天神社

「第六天神社」というのは実に興味深い神社に思う。
元は神仏習合の時代に仏教における第六天魔王(他化自在天)を祀る神社として創建しているのは間違いない。
主に旧武蔵野国を中心に関東地方に多く、全国的には東北から東海あたりまでに分布している。
一方で西日本には全く存在しなくなるのが面白い。

現在はその数は少ないのだが、文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には、武蔵国だけでも300社以上もの「第六天神社」が存在しており、江戸末期までは大変隆盛を誇った神社だった事が分かる。
その後、明治の神仏分離や合祀政策で数が減っていき、多くは他の神社に合祀されていったようだ。
そのため、当社のように独立神社として残っているのは比較的珍しい。

信長も信奉したという第六天魔王

第六天魔王とは、欲界天の第六、つまり最高所に宮殿を備えた天魔の事。
葛飾北斎が「釈迦御一代図会」という中で絵を残しているが、第六天魔王は仏法を滅ぼすために釈迦と弟子たちのもとへ来襲するという、まさに仏教修行を妨げる魔王として描いている。

織田信長が篤く信奉したとされ、イエズス会宣教師ルイス・フロイスの書簡の中では、信長が自ら「第六天魔王」と名乗っていたとされるような逸話は有名であろう。

上述のように東日本に多く見られた「第六天神社」が西日本では全く見られなくなるのは、神奈川県神社庁によると、上述の通り織田信長が篤く信奉していたとされることから、天下統一の跡を継いだ豊臣秀吉が第六天の神威を恐れ、拠点としていた西日本の第六天神社を廃社させたためという。
これは大変興味深い説。

こういった魔王をお祀りする信仰は、とても日本的な信仰だと思う。
日本にとって神様(神仏)は恐ろしい存在であり、人に災難をもたらす事も多い。
だからこそお祀りし、諸々の災厄を守る神に転化する。
菅原道真(天神様)や平将門といった御霊信仰はそれの典型とも言えるだろう。
こういった第六天魔王を信仰したのも、その一環だったのかもしれない。

現在の御祭神は面足命・惶根命

明治維新になると神仏分離が行われ、当社のような仏教色の強い社は御祭神の変更があったとされる。
現在の当社の御祭神は面足命・惶根命であり、第六天魔王ではない。
現存する「第六天神社」系列は多くはこの御祭神になっている。
これは「第六天」の社名から、神世七代における第六代の神が面足命・惶根命であるという理由から、神仏分離を余儀なくされたため、神社的にはこちらに変更するという処置をとったようだ。
こういった処置は他にも多く見られ(例えば妙見信仰なども祭神を変更したところが多い)、信仰を維持するための苦肉の策だったのだろう。

当社に残る天狗信仰

また当社には御使役として、天狗の存在がある。
拝殿横にも天狗の絵馬が置かれている。

さらに社殿の中に保存されてている御神木には、大天狗・烏天狗が宿るとされている。

今もなお崇敬者からは、災厄除去・無病息災のために御神木に触れるのだという。

また神輿庫の内部や納札所内部などには多くに天狗の姿・奉納品を見る事ができ、授与品の中にも天狗に関するものが多い。

余談だが、埼玉県には飯能市にも「大六天神社」があり、こちらにも天狗伝説が残っているのが興味深い。

元荒川や四季折々の花々

裏手には元荒川が流れており、この日は社殿の裏のすぐそこまで川の水位が来ていたので少し驚いてしまう。

こうした眺めも風情のあるもので清々しい。
こういった元荒川、そして四季折々の花々を楽しめる境内の自然はシーズンになると見事なようで、埼玉の自然100選や岩槻区十五景に選定されている。

授与品には神錐(きり)

御朱印は社務所にて。
色々お話もして頂いたりと、快く対応して下さった。
今年に入ってからオリジナルの御朱印帳も用意するようになったようで、2種類用意されていた。
上述の元荒川の流れと桜をデザインしたもの。
御朱印帳袋も用意されており、こちらには「一陽来福」の文字と御眷属の天狗が描かれていた。

また、古くから耳病・頭痛などに霊験著しい護符として神錐(きり)が授与品として存在する。

所感

「第六天神社」という興味深い信仰対象を持つ当社。
どの駅からもかなり遠く公共の交通機関では行きづらい場所にある上に、どちらかというとこぢんまりした境内。

しかしながら、歴史や現在も残る講中による民間信仰の篤さが伝わってくる。
当社前(門前といってもいいのかもしれない)には、いくつかの川魚料理屋や甘味屋などが立ち並び、当社まで参詣に訪れる人々が多い事の裏付けとも言えるのではないだろうか。
個人的には色々と興味深い点が多い良社であった。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]
[ 鳥居 ]
[ 手水舎 ]
[ 拝殿 ]
[ 本殿]
[ 神輿庫・納札殿 ]
[ 力石・絵馬掛 ]
[ 社務所 ]
[ 参集殿 ]
[ 鳥居 ]
[ 元荒川 ]
[ 全景 ]
[ 案内板 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google