宝登山神社 / 埼玉県秩父郡

【神社情報】

宝登山神社(ほどさんじんじゃ)

御祭神:神日本磐余彦尊・大山祗神・火産霊神
社格等:県社・別表神社
例大祭:4月3日


所在地:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
最寄駅:長瀞駅
公式サイト:http://www.hodosan-jinja.or.jp/

【御由緒】

第十二代景行天皇の皇子・日本武尊(やまとたけるのみこと)は勅命により東北地方平定の後、御凱旋の途次当山にお登りになり、山頂にて御三柱をお祀り遊ばされましたのが、当神社のはじめと伝えられます。尊が登山に先だち身心をお浄めになられた「玉の泉」は今なお御本社後の玉垣内に遺されております。また御登山の途中山火事のため進退きわまったとき、多くの巨犬が現れ火を消し止めてお助け申し上げたと云われ、この巨犬は大口真神(おおくちまがみ)すなわち御眷属 (ごけんぞく)で、火災盗難除、諸難除の御守護として霊験あらたかであります。このゆえ「ホド山」は古くは「火止山」であったが、後世「宝登山」にあらためられたのであります。

(※頒布のリーフレットより)
【参拝情報】

参拝日:2015/07/08

【御朱印】

初穂料:300円
授与所にて。

※他に宝登山山頂の「奥宮」にて別御朱印有り。

宝登山神社

【御朱印帳】

初穂料:1,000円
授与所にて。

可愛らしい花が描かれたもので、紺を基調にしたものとピンクを基調にしたものの2種類。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

【備考】

埼玉県秩父郡長瀞町の宝登山山麓にある神社。
旧社格は県社で、現在は別表神社。
秩父神社」「三峯神社」と共に「秩父三社」のうちの一社とされている。
宝登山山麓には本社が、宝登山山頂には奥宮が鎮座する。

社伝によると、景行天皇四十一年(111年)、日本武尊による東征の折に遥拝しようと山頂に向っていると、巨犬が出てきて道案内し、さらにはその途中で猛火に遭った窮地を助けたため、日本武尊は無事に遥拝することができた。
このことから「火止山」の名となり、のちに「宝登山」となったという。
その巨犬は大山祇神の神犬であったそうで、後に山麓に社殿を建て神日本磐余彦尊(神武天皇)、大山祗神 、火産霊神の三神をお祀りした、という伝承が残っており、これが当社の起源になるようだ。

上述の創建起源にまつわる伝承から、当社は「火災盗難除・諸難除」の御神徳あらたかだと伝えられており、多くの参拝者によって崇敬されている。
今なお、火伏せの信仰を集め、関東一円に宝登山講が分布している事からも分かるだろう。

上述の社伝にあるように、元は「火止山」と名付けられていた当山や当社だが、現在の「宝登山」に改められたのは、弘仁年間(810-824)に「宝珠の玉が光輝きながら山頂に飛翔する」という、吉祥事があったためとされており、おめでたい漢字が当てられたと推測できる。

一の鳥居は長瀞駅から向かう途中の参道に。
参道には多くのお店が立ち並び、シーズンになると有名なかき氷屋などもあり賑やかになるとの事。
そこから徒歩5分ちょいに佇む二の鳥居は白塗りの立派なもの。

社殿は江戸時代末から明治初頭に造り替えられた本殿、幣殿、拝殿より成る権現造り。
極彩色による彫刻がお見事な出来。
この色鮮やかな彫刻は「秩父神社」「三峯神社」といった他の「秩父三社」と共通している。

境内は広く境内社も多い。
境内には「玉泉寺」という寺院もあり、元々は当社の別当寺であった。
永久元年(1113)の開基と伝えられ地蔵菩薩を安置しているようだ。
明治の神仏分離により別当寺ではなくなるが、現在も当社の境内に鎮座している。

宝登山山頂にはロープウェイで登る事ができる。
この日は悪天候のため断念したのだが、山頂には奥宮が存在。

御朱印は授与所にて。
本社の御朱印の他に、山頂にある奥宮まで登ると、奥宮の御朱印も頂く事ができる。
オリジナル御朱印帳も用意しており、可愛らしいものだった。

「秩父三社」の一社でもあり秩父を代表する神社。
広く整備された境内に存在感のある社殿は、見ていて清々しい気持ちにさせてくれる。
2011年発行の「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では1つ星に選定もされたそうだ。
今回は悪天候のため奥宮まで登る事ができなかったのだが、次の機会にはぜひ山頂の奥宮も参拝したい。

神社画像

[ 一の鳥居 ]

[ 参道 ]

[ 二の鳥居 ]

[ 手水舎 ]

[ 参道 ]

[ 狛犬 ]

[ 拝殿 ]

[ 本殿 ]
社殿は江戸時代末から明治初頭に造り替えられた本殿、幣殿、拝殿より成る権現造り。
極彩色による彫刻がお見事な出来。

[ 天満天神社 ]


[ 日本武尊社 ]

[ 大黒天・藤谷淵神社 ]

[ 招魂社 ]

[ 水神社 ]

[ 境内社鳥居 ]

[ 宝玉稲荷神社 ]

[ 神楽殿 ]

[ 祭器庫 ]

[ 授与所 ]
御朱印はこちらにて。
オリジナルの御朱印帳も用意。

[ 相生乃松 ]


[ 御神池 ]

[ 記念館 ]
宝登山山頂にはこの向かいにあるロープウェイで登る事ができる。
この日は悪天候のため断念したのだが、山頂には奥宮が存在。

[ 社務所・参集殿 ]

【Google Maps】

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google