廣幡八幡宮 / 千葉県柏市

【神社情報】

廣幡八幡宮(ひろはたはちまんぐう)

御祭神:誉田別尊・気長足姫命・玉依姫命
相殿神:仲哀天皇・武内宿称
社格等:村社
例大祭:10月15日


所在地:千葉県柏市増尾895
最寄駅:増尾駅
公式サイト:http://www.hirohatahachimangu.com/

【御由緒】

 御創建は、第59代宇多天皇の御代「下総国第一鎮守宇多天皇勅願所」として鎮座されたと伝えられている。後、鎌倉時代に至り、建久年間四年(1193年)後鳥羽天皇の御代に、柏市近郊一帯の総鎮守(守護神)として再び社殿が創建された。又、徳川時代に至って、慶安三年(1649年)には、三代将軍家光公より御朱印地(領地)十石を献上された。「下総旧事情」によると、御朱印神社は、下総国で64社、葛飾郡内で18社、柏市内では当社と塚崎の神明宮の2社のみである。宝暦七年(1758年)には、伯州刺吏藤原正珍公より、旧領采地、病気平癒の御札として石華表(石鳥居)一基を寄進された。これは当宮の外、布施弁天、塚崎の神明宮の二社一寺に寄進されたものです。

 御祭神は、誉田別名(15代応神天皇)・気長足姫命(神功皇后)・玉依姫命で、合祀による御祭神は、仲哀天皇・武内宿称の二柱です。

 現在の御本殿は、天保年間(1830年~1843年)造営のものと伝えられ、権現流れ造り、基礎の石垣は安土桃山時代(1573年~1595年)の形式を遺す貴重なものであり、又御本殿周囲の彫刻は、御祭神の事跡を刻んだもので、正面より右側は「養老の滝の図」、左側は「応神天皇を御抱き上げの図」、背面ものは、「里の童山武士を神社に案内の図」で精巧秀麗なものです。
【参拝情報】

参拝日:2015/05/07

【御朱印】

初穂料:300円
社務所にて。

書き置きのものを別紙でお受けする形になる。
社務所の窓に以下の掲示あり。

御朱印ご希望の方
当社では神職(神主)があらかじめ揮毫した御朱印に日付をお入れしお渡しして居ります。
※御朱印帳への直接ご揮毫は原則いたしません。
(社務所の掲示より)

廣幡八幡宮
[ 社務所窓掲示 ]
【備考】
千葉県柏市に鎮座する八幡宮。
柏市近郊一帯の総鎮守。
地域の方には地名から「ますおはちまんさん」と親しまれているようだ。

御由緒によると宇多天皇の時代(887~897年)に「下総国第一鎮守宇多天皇勅願所」として鎮座したとある。
その後廃れたようだが、建久四年(1193年)に再建。
慶安三年(1649)年に三代将軍家光公より朱印地十石を献上されているため、当時から崇敬の篤い神社だった事が伺い知れる。

最寄駅は東武鉄道野田線の増尾駅になるのだろうが、徒歩でおそらく20分前後かかる距離。
中々辺鄙な場所にあり、同じ柏市内でも柏駅周辺とは全く違い、鬱蒼とした森の中のような場所に鎮座している。

広い駐車場が完備されているので、車やバイクなどで訪れたほうがよいかもしれない。
中々分かりにくい場所にあるので事前に調べておいたほうがよいかも。
境内敷地は約6,000坪と広い。

境内は綺麗に整備されており、手が行き届いている。
木々に囲まれた長い参道を抜けると、広い境内と拝殿。
森の中に鎮座する神社は厳かで何だか身が引き締まる。

現在の本殿は天保年間(1830〜1843年)造営のものとの事だが、鞘殿に囲まれていて本殿を見る事はできない。
彫刻などが見事と聞いているため、資料画像などでもよいので一度拝見したいところである。

御朱印は社務所にて。
社務所の窓に張り紙が貼ってあり、「神当社では神職(神主)があらかじめ揮毫した御朱印に日付をお入れしお渡しして居ります。※御朱印帳への直接ご揮毫は原則いたしません。」といった内容がお知らせとして掲示してあった。

以前は直接書いて頂ける事もあったようだが、現在は上記の通り書き置きのみの対応。
宮司様がいらしたが、掲示にあった通り書き置きのものを別紙で頂いた。

鬱蒼とした森の中に鎮座する八幡様。
こういった場所にあると凛と澄んだ空気になる事もあり、厳かな空気感が強まる。
この日も平日ながら参拝者の数も結構いらして、辺鄙な場所にありながら、地域の方々からの崇敬の篤さが伝わってきた。

神社画像

[ 鳥居 ]

[ 参道 ]

[ 手水舎 ]

[ 参道 ]

[ 拝殿 ]

[ 狛犬 ]

[ 境内鳥居 ]

[ 境内社 ]

[ 神輿庫 ]

[ 社務所 ]

[ 参集殿 ]

[ 石碑 ]

【Google Maps】

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google