居木神社 / 東京都品川区

image

神社情報

居木神社(いるぎじんじゃ)

御祭神:日本武尊
相殿神:高龗神・大國主命・倉稲魂命・天兒家根命・菅丞相(菅原道真)・手力雄命・淀姫命・大山咋命
旧社格:村社
例大祭:8月25日前後の金・土・日曜
所在地:東京都品川区大崎3-8-20
最寄駅:大崎駅・大崎広小路駅
公式サイト:http://irugijinjya.jp/

御由緒

 当居木神社の御創建年代は詳らかでないが、古い記録によると往古鎮座の地は、武蔵国荏原郡居木橋村(現在の居木橋付近)に位置し、「雉子ノ宮」と称され、境内に「ゆるきの松」と呼ばれる大木が有ったと伝えられている。
 江戸の初期、目黒川洪水の難を避け、現在の社地に動座された。其の折村内に鎮座の貴船明神・春日明神・子権現・稲荷明神の四社を配祀「五社明神」と称されていた。
 「元禄郷帳」に居木橋村の石高は、二百三十石余、七十二戸で頭屋(年番)による運営がなされ、郷土の崇敬は篤く祭事は盛んで、特に里神楽をよく催し、秋の大祭には、他村よりの参詣も多く、御社頭は大変賑わったと云う。
 明治五年、御社号を「居木神社」と改め翌六年、村社に列格、続いて二十九年・四十二年には、村内鎮座の稲荷神社・川上神社・本邨神社の三社六座が合祀されている。
 昭和五年には氏子の崇敬熱意にて、御社殿の改築にかかり、同八年九月竣工・荘厳を極めたご社殿も、大東亜戦争末期に戦火にて炎上、以来氏子崇敬者の赤誠による再建計画が進捗、昭和五十二年五月五日着工、同五十三年三月三日上棟、六月十日正遷座祭の儀が厳かな裡に斎行され、居木の森の高台地(縄文前期貝塚遺跡)に荘厳優美な偉容を拝するに至った。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2016/08/24(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/05/11(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:500円
社務所にて。

※2016年7月より月限定の御朱印を用意。
※月限定御朱印を6ヶ月拝受・12ヶ月拝受で記念品贈呈有り。
※境内社「厳島神社」「稲荷神社」の御朱印も用意。(こちらは各200円)

[2016/08/24拝受]御朱印(8月限定御朱印)

[2015/05/11拝受]
御朱印2(通常御朱印)

御朱印帳

初穂料:1,000円(御朱印代別)
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
表面は当社の朱色の社殿と美しい桜を描き、裏面は御神木の銀杏の葉をデザインしたもの。
以前は昼版のみだったが、2015年秋より夜版の頒布も開始。

image

※筆者はお受けしていないため情報のみ掲載。

スポンサーリンク

考察

大崎の鎮守

東京都品川区大崎に鎮座する神社。
旧社格は村社で、大崎の鎮守。
かつては居木橋村(現在の居木橋付近)に鎮座しており、現在地に遷座後には近隣の4社を配祀したため「五社明神社」と呼ばれ崇敬を集めていた。
石段左手には富士塚があり、しながわ百景にも選定されている。

居木橋付近に創建・雉子ノ宮と称される

創建年代は不明と伝わる。
少なくとも江戸時代初期には、居木橋村の居木橋付近に鎮座していたとされる。

居木橋は目黒川にかかる橋であり、現在は山手通り沿いにある橋となっている。
山手通りを大崎方面から品川方面に行く途中にあり、居木橋交差点となっているので分かりやすい。
古くから多摩方面と品川を結ぶ重要な街道であった。

当時は「雉子ノ宮」と称され、境内には「ゆるぎの松」と呼ばれた大木があったという。
居木橋は昔は「ゆるぎ橋」とも呼ばれていたため、ひょっとしたら境内の松が地名由来になっていたのかもしれない。

なお、かつて「雉子ノ宮」と呼ばれていた神社が比較的近い位置にもう一社鎮座している。
品川区東五反田にある「雉子神社」であり、こちらは三代将軍・徳川家光によって「雉子の宮」を命名されており、徳川家からの庇護も受けた神社である。
どちらも日本武尊を御祭神とする神社であり、日本武尊をお祀りする大鳥信仰が根底にあったのだろう。

雉子神社 / 東京都品川区
上大崎・東五反田・西五反田(旧上大崎村・旧下大崎村・旧谷山村)鎮守。徳川家光による命名「雉子の宮」。徳川家からの庇護と葵紋。日本武尊を祀る大鳥信仰。江戸時代に描かれた当社。ビルの敷地内に吹き抜けで鎮座。ガラス張り神輿庫。御朱印。

鎮座地も近い事で、何らかの関連性も推測できるが、史料がないのでその点は不明。
ひょっとしたら「雉子神社」から分立した可能性もあるのかもしれない。
現在も「雉子神社」の例大祭には、当社の神職が参加したりと関係も良好である。

目黒川の氾濫のため現在地に遷座・五社明神と称される

かつての目黒川は度々氾濫をする河川であった。
現在とは目黒川の流れるルートも違っているのだが、目黒川にかかる居木橋付近にあった当社が、その氾濫による水害を度々受けていたのは想像に難くない。

そこで目黒川からやや離れ高台に位置している現在地へ遷座する事となる。
当社と共に別当寺の「観音寺」も遷っており、現在も隣に現存している。
また当社の氏子も揃って移ってきたとも言われており、当社を中心に新しい村作りが行われた。

遷座の際に、村内に鎮座していた「貴船明神」「春日明神」「子権現」「稲荷明神」の4社を合祀したため「五社明神」と称され、居木村の鎮守として崇敬を集めた。

なお、この遷座した高台は、古くから人の居住があったとされ証文時代の土器や貝塚などが出土しており、居木橋遺跡とも呼ばれる一角である。

江戸時代の史料から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(居木橋村)
五社明神社
除地3段6畝、村の東南にあり。古は村の西北にありしが水溢の憂を避て今の地へ移れり。旧蹟には松の大樹残れり。これ前にいへるゆるぎの松と称するものなり。今の社地は土地高くして喬木茂りあへり。本社3間半に3間。祭神は雉子大明神なり。当所遷座のとき村内に祀りし貴船明神、春日明神、子権現、稲荷明神の四座を勧請して一社とす。故に五社明神と号す。本社の前に拝殿あり。2間四方石階十五級を下りて石の鳥居を立。祭礼毎年9月23日、村民神楽を執行す。当所鎮座の年代は詳ならず。当所へ遷座ありしは百七十年前の事也。観音寺持。

居木村の鎮守であった事、「五社明神社」と呼ばれていた事、別当寺が「観音寺」だった事が分かる。
目黒川の水害を避けるために遷座された事、旧鎮座地には松の大樹・ゆるぎの松が残っている事が記されており、遷座の際に4社を合祀した旨も記載されている。
現在の鎮座地に遷座したのは、当時から見て170年前との記されている事から、江戸時代初期に当地へ遷座されたと推測できる。
こちらには例祭になると神楽を執行するとしか記されていないが、祭事は盛んで特に里神楽を催し他村よりの参拝も多く、御社頭は賑わったと伝わっている。

居木神社への改称・戦後の再建

明治になり神仏分離。
明治五年(1872)、社号を現在の「居木神社」に改称。
image 明治六年(1873)、村社に列した。

明治二十九年(1896)、明治四十二年(1909)には、村内に鎮座していた「稲荷神社」「川上神社」「本邨神社」の三社を合祀している。
当時は合祀政策が押し進められた時代であり、その影響を受けたのだろう。
当社は江戸時代に遷座した際も村内の神社を合祀しており、そのため本社に祀られている御祭神も多い。

昭和八年(1933)、社殿が改築される。
かなり立派な社殿だったと伝わるが、昭和二十年(1945)の東京大空襲にて焼失してしまう。

戦後になり再建までには時間を有する事となる。
再建までは戦火を免れた境内末社の「厳島神社」に御祭神を遷していた。
氏子崇敬者の努力もあり、昭和五十三年(1978)に現在の社殿が再建。

現在も大崎の鎮守として崇敬を集めている。

大崎という地名の変遷

現在は大崎鎮守とされる当社だが、明治初期までは当地は居木橋村と呼ばれており、当社は居木橋村の鎮守であった。
「居木神社」の社号は、その村名からつけられたものである。

現在は大崎の鎮守となっている当社だが、江戸時代の頃まで大崎と呼ばれる地域は、上大崎村・下大崎村の事であり、現在の目黒駅から五反田駅にかけてのエリアであった。
当社周辺は大崎とは呼ばれていなかったのである。

明治二十二年(1889)の市制町村制施行により、上大崎村・下大崎村・桐ヶ谷村・谷山村・居木橋村が合併して、大崎村が誕生。
この事により、当地も大崎村に属する事となる。

更に明治三十四年(1901)に当社の近くに大崎駅が開業。
これが当地が大崎と呼ばれる事になるきっかけとなっていく。

明治四十一年(1908)に町制施行で大崎町が成立。
戦後の昭和四十二年(1967)に、大崎駅周辺(旧居木橋村)が「大崎」という住所となる。
なお、上大崎以外の町名は西五反田と東五反田と再編された。

この事により、かつて大崎と呼ばれていた地域ではなく、居木橋村だった地域に大崎の地名が定着した事で、現在の当社は大崎鎮守となった。
時代の推移と共に地名の変遷があり、それが面白い。

なお、旧地名の保存という観点では居木橋も残っているし、当社も「居木神社」として旧村名を継いでいるのは喜ばしい事であろう。

高台に鎮座・再建された社殿

大崎駅の西口から出て飲食店などが色々入っているニュー大崎ビルを突っ切ると、すぐ向かい右手に表参道の入口が見えてくる。
imageこの日は例大祭が開催される前とあって提灯や幟が多く見る事ができた。

この住宅街の中の細い表参道をやや上りながら進むと、鳥居が見えてくる。
image石段を上った先の高台に鎮座している。
当社が目黒川の水害を避けて遷座して事を考えると、高台に遷座したのも納得であろう。
なお、当社の南方からこの周囲にかけては居木橋遺跡と呼ばれる縄文時代の遺跡であった。
貝塚や竪穴式住居跡も確認されており、古くから当地に人々の生活があった事が分かる。

鳥居を潜ると左手に手水舎、右手には例祭前で多くの提灯が掛けられていた。
image参道の正面に社殿となっている。

社殿は、昭和五十三年(1978)に再建されたもの。
image旧社殿は東京大空襲によって焼失しており、再建までに時間がかかったものの、氏子崇敬者の念願を感じさせる朱色の立派な社殿である。

歴史ある境内社としながわ百景の富士塚

社殿の左手には境内社が二社、その隣に道祖神の祠も鎮座。
image境内社は、左手に厳島神社、右手には稲荷神社となっている。
image左手の厳島神社は、元は旧居木橋村の名主・松原家に屋敷神として祀られていたもの。
普段は中を見る事が叶わないのだが、江戸時代の社殿となっており、彩色が施された立派なものとなっていて、品川区指定有形文化財となっている。
中の彩色豊かな様子は下記の公式サイトをご覧頂くのがよいだろう。

居木神社由緒 ご創建の年代は明らかではありませんが、古い記録によりますと、往古鎮座の地は武蔵國荏原郡居木橋村(…

表参道鳥居前の石段左手は、富士塚として整備されている。
image昭和八年(1933)に旧社殿が改築された際に、富士塚も整備されたという。
image溶岩で出来た岩肌になっており、富士塚らしい造りで、一応こちら側へ渡ることもできる。
現在はしながわ百景に認定されている。

御神木は社務所前にある銀杏の木。
image御神木の前には「成長のあかし」といった記念碑が置かれている。

他に神楽殿、宝物殿などがあるのだが、面白いなと思うのが境内に色々置かれている石像。
imageどらえもんやピカチュウ、さらに境内左手にはミッキーの石像も見る事ができ、ひょっとしたら氏子に石工の方がいらっしゃるのかもしれない。
著作権云々は置いておいて、子どもたちが喜びそうである。

最近は御朱印にも力を入れる

御朱印は社務所にて。
最近は御朱印にも力を入れている。

2016年7月より月限定の御朱印を授与するようになった。
また以前は存在していなかった境内社二社の御朱印も用意するように。
image通常の御朱印、月限定の御朱印は初穂料500円、厳島神社・稲荷神社の境内社は初穂料200円となっている。

なお、月限定の御朱印は6ヶ月拝受・12ヶ月拝受で記念品贈呈があるとの事。
御朱印も墨書ではなく印判によるもので、スタンプラリー的な要素を強めているため、賛否両論があるかもしれないが、こうした展開をする事で「毎月参拝に来てもらいたい」という気持ちを感じる事ができ、神社側の努力と云う事ができるのではないだろうか。
個人的には面白いと思う。

オリジナルの御朱印帳も用意している。
以前は日中の桜と社殿が描かれた美しい御朱印帳のみだったが、現在はそれの夜バージョンも用意。
image美しい御朱印帳なので人気も高いという。

また、神前結婚式の舞台としても人気が高い。
海外からの新郎新婦が当社で結婚式を挙げる例も多く、こうした御朱印の展開や神前結婚式など、昨今の苦しい神社運営の中でも、色々な方に触れ合ってもらいたい参拝してもらいたいという神社側の努力を感じる事ができる。

所感

大崎の鎮守として崇敬を集める当社。
かつては居木橋村の鎮守であり、社号に旧地名が残っているのが喜ばしい。
第二次世界大戦の戦火から再建には時間がかかったものの、現在は立派な社殿に整備された境内と、とても心地よい鎮守の姿となっている。
住宅街のやや入り組んだ奥に鎮座しているが、参拝に来る崇敬者の姿をよく見かける事ができ、今も崇敬を集めているのだろう。
現在は御朱印や神前結婚式など色々な努力をされているのが伝わる。
近年、色々と発展・再開発がされた大崎駅周辺を見守る素敵な鎮守である。

神社画像

[ 表参道入口 ]
image
[ 表参道 ]
image
[ 鳥居・石段 ]
image
image
[ 狛犬 ]
image
image
[ 手水舎 ]
image
[ 例大祭提灯 ]
image
[ 拝殿 ]
image
image
image
image
image
image
[ 本殿 ]
image
[ 道祖神 ]
image
[ 厳島神社・稲荷神社 ]
image
image
image
[ 南側鳥居 ]
image
[ 御神木・社務所 ]
image
[ 神楽殿 ]
image
[ 宝物殿 ]
image
[ 北側鳥居・神輿庫 ]
image
[ 石像 ]
image
image
[ 富士塚 ]
image
image
image
[ 案内板 ]
image

Google Maps