矢向日枝神社 / 神奈川県横浜市

image

神社情報

矢向日枝神社(やこうひえじんじゃ)

御祭神:大山咋命
相殿神:天御中主神・天津神七柱・国津神五柱・豊受比売命
旧社格:村社
例大祭:10月吉日
所在地:神奈川県横浜市鶴見区矢向4-16-8
最寄駅:尻手駅・矢向駅
公式サイト:─

御由緒

 当神社は、滋賀県大津の日吉神社の御分霊を勧請したもので、山王大権現、山王社等と称され、寛永十五年の創立と云い、古は、矢向村、市場村、江ヶ崎村、越塚村、古川村、下平間村、上平間村の七ヶ村の鎮守であった。棟札に依ると、寛永十五年、寛文三年、享保十年、天明二年、文化七年等の各時代に造営が行われ、各時代に亘って七ヶ村の造立する處とされていたが、天保の末に至って各村は分離し、当神社は、矢向一村の鎮守となったのである。その後、徳川氏に至っては若干の社地を寄進せられて神田耕地と称する所があったと云われるが、これが当神社の領地であったらしい。
 往時、鶴見川、六郷川の氾濫で度々社殿は破損したこともあったが、天保十四年に再建し、明治六年、村社に列せられ、山王社を改めて日枝神社と改称し、同四十二年十二月一日、無格社十二柱、神明社、稲荷社の三社を併合の上、大正十一年十月六日、神饌幣帛料供進社(国又は市町村から産物を献納する)に指定された。
 その後、昭和二十一年八月に宗教法人となり、昭和三十二年八月に氏子崇敬者の赤誠によって、御社殿の改修が行われ、平成十四年には宮神輿新調と境内整備の修復がおこなわれた。(頒布の用紙より)

参拝情報

参拝日:2016/05/24

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

矢向日枝神社

スポンサーリンク

考察

下丸子の鎮守

神奈川県横浜市鶴見区矢向にある神社。
旧社格は村社で、旧矢向村の鎮守。
山王信仰の神社で、かつては「山王大権現」「山王社」等と称された。
現在の正式名称は「日枝神社」であるが、他との区別から「矢向日枝神社」とさせて頂く。

近隣の七ヶ村の鎮守として創建

社伝によると、寛永十五年(1638)に、滋賀県大津市の山王信仰総本社「日吉大社」から勧請されて創建と伝わる。
かつては矢向村、市場村、江ヶ崎村、越塚村、古川村、下平間村、上平間村という近隣七ヶ村の鎮守であったという。

別当寺であった「最願寺」所蔵の棟札によれば、寛永十五年(1638)、寛文三年(1663)、延宝五年(1678)、宝永三年(1706)、享保十年(1726)、天明二年(1782)、文化七年(1810)、天保十四年(1843)と社殿の造営・屋根葺替が行われており、これらは上述の七ヶ村によって行われている。

よって七ヶ村の総鎮守であったと云えるだろう。
また当地区内には徳川家による寄進の神田耕地と呼ばれる社領があったとされる。
以上の事からも、創建時の当社はそれなりに規模の大きな鎮守だったと推測ができる。

天保の末年(1844頃)に各村分離。
これによって当社は矢向村のみ鎮守となった。

江戸時代の史料で見る当社

現在の当地は、神奈川県横浜市鶴見区となっているのだが、かつては武蔵国橘樹郡に属した。
相模国ではなく武蔵国に属しており、川崎領矢向村と呼ばれた。

そのため、文化・文政期(1804年-1829年)に武蔵国について編纂された『新編武蔵風土記稿』にも当社が記されている。

(矢向村)
山王社
村の東へよりてあり。六尺四方の社にて覆屋を造れり、前に拝殿あり三間に三間半、語り傳へに往古は社領三千貫文の地ありて、近郷市場江ヶ崎塚越古川平間等の村までなへて当社を鎮守とせしと。此説もし實ならんには昔はことに大社にして、最古き宮柱なるべし。されど此事ただ云傳ふるのみにて今聊蹤跡なきときは、恐くはうきたる説なるべし。或云村内神田と云小名は、当社領の遺名ならんと。さもありしにや。最願寺持。
末社。天神稲荷合社。本社に向て右の方にあり。

「山王社」となっているのが当社。
当時は山王信仰から「山王大権現」「山王社」とも称されていた。
七ヶ村の鎮守だった事が記されており、村内に残る神田という名も当社の社領の遺名という事も書かれていて、この辺は御由緒にある通り。
当時はかつてはかなりの規模の大社であったと伝わっていたようだが、この説の信ぴょう性は低いといった事も触れられているものの、いずれにせよ矢向村の鎮守として崇敬を集めていたのだろう。
別当寺は「最願寺」であり、現在も当社の近くに現存している。

矢向(やこう)の歴史・地名由来

矢向とかいて「やこう」と読むのは、初見だと中々難しい呼び名である。
上述の通り江戸時代以前より成立していた村名であり、現在の行政区画でも川崎駅に近いのだが横浜市鶴見区であり、鶴見駅よりも川崎駅のほうが近いという、中々面白い区画にある。
かつても相模国ではなく武蔵国に属しており、そういった歴史があるのだろう。

かつて平安時代の頃までは付近は東京湾に浮かぶ浮洲の一つであったらしいが、矢向で最も古いとされる「良忠寺」の創建が仁治元年(1240)である事から、その頃までには開拓が進められ農村が成立したと見られている。

矢向という名の由来は、諸説あるものの、古来川口(川の合流するところ)のことを「やこう」と言ったと伝わっており、それが転じて現在の矢向になったと思われる。

16世紀末までは多摩川の河口は今より南にあったとされており、矢向は多摩川の河畔に位置していた。
それ以降も鶴見川と多摩川に挟まれた農地であった事が分かる。

そういった地の鎮守として崇敬された当社。
それ故に川の氾濫による水害は絶えなかったと推測でき、寛永十五年(1638)、寛文三年(1663)、延宝五年(1678)、宝永三年(1706)、享保十年(1726)、天明二年(1782)、文化七年(1810)、天保十四年(1843)と幾度も社殿の造営・屋根葺替が行われたのもそういった事情によるものと思われる。
また宝物や古記録などもこの時に多くが失われたのだろう。

神仏分離と現在

明治になり神仏分離。
明治六年(1873)に村社に列した。
この際に「山王社」から現在の「日枝神社」へと改称している。

明治四十二年(1909)には近隣の無格社十二柱神、神明社、稲荷社の三社を合祀。
これは当時の政府の合祀政策(一村一社を指導)の影響であろう。
大正十一年(1922)、神饌幣帛料供進社に指定された。

戦後は旧社格が廃止となり宗教法人となっている。
昭和三十二年(1957)には、社殿の大改修が行われた。

現在は社殿の大改修工事が行われており、拝殿は平成二十七年(2015)に竣工し、本殿も平成二十八年(2016)六月に竣工予定となっている。

大改修が行われた新社殿

矢向の住宅街に鎮座する鎮守だが、最寄駅は南武線矢向駅よりも尻手駅のほうがやや近い。
線路に近いところに鎮座している。

image鳥居は一の鳥居と二の鳥居があり、その先が社殿となっている。

社殿は老朽化のため現在大改修中となっているが、拝殿は既に完成している。
image改修とは云うがほぼ新造営に近い新しい拝殿。
組物などがやや黒ずんだ色なのが分かり、これは改修前の拝殿で使用していたものを利用しているとの事で、古い社殿の面影を若干ながら残している。
本殿は現在まさに工事中であり覆われていて見る事ができなかったのだが、平成二十八年(2016)六月に竣工予定との事で完成間近。

境内社は稲荷社が複数鎮座している。
image社殿右手にある「やるき稲荷」な社号がユニーク。
さらに参道左手に古い祠や庚申塔が置かれていた。
image江戸後期のものと見られ、当時の信仰を感じさせてくれる。
他に浅間大神と書かれた碑や、七福神の像が置かれた社などが鎮座している。

境内で目を引くのは、御籤掛けが周囲に張られた御神木。
imageこの大銀杏は横浜市名木・古木指定されている。

少し面白い形状だったのが神楽殿。
image矢向の町内会館と繋がる形の神楽殿なのだが、横に長い形状なのが興味深い。
宮司家伝来の土師流郷神楽が横浜市認定無形文化財となっており、こちらで行われるのだろう。

御朱印は社務所にて。
とても丁寧な対応をして頂いた。

所感

矢向の鎮守として地域の崇敬を集めている当社。
境内はしっかりと整備がされており綺麗。
拝殿が完成したばかりで本殿も近いうちに完成する新社殿は、真新しく新鮮な空気を感じ、中々に立派な造りになっており、氏子の崇敬の篤さを感じる事ができる。
山王信仰の神使は「猿」であり、申年の今年に新社殿が完成するのは、とても縁起が良い事に思う。
この日は70年以上毎日欠かさず参拝しているというご年輩の氏子さんとお話をする事ができたが、当社に対する崇敬と親しみを感じさせてくれ、しきりに「ここは良い神社」と言っていたのが印象的である。
地域に親しまれる氏神様であり、整備の行き届いた境内も、その証拠とも云えるだろう。

神社画像

[ 一の鳥居 ]
image
[ 二の鳥居 ]
image
[ 拝殿 ]
image
image
image
image
image
image
[ 拝殿・本殿(工事中) ]
image
[ 狛犬 ]
image
image
[ やるき稲荷 ]
image
[ 稲荷神社 ]
image
image
[ 庚申塔・小祠 ]
image
[ 境内社 ]
image
image
[ 浅間大神碑 ]
image
[ 御神木・大銀杏 ]
image
[ 神楽殿 ]
image
image
[ 神輿庫 ]
image
[ 社務所 ]
image
[ 案内碑 ]
image

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google