大國魂神社(六所宮) / 東京都府中市

image

神社情報

大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)
六所宮(ろくしょぐう)

御祭神:大國魂大神・小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神・杉山大神・御霊大神・国内諸神
社格等:武蔵国総社・准勅祭社・官幣小社現・別表神社
例大祭:5月5日・4月30日-5月6日(くらやみ祭)
所在地:東京都府中市宮町3-1
最寄駅:府中駅・府中本町駅・府中競馬正門前駅
公式サイト:https://www.ookunitamajinja.or.jp/

御由緒

当神社は、大国魂神を武蔵の国魂と仰いで、鎮祭し祀った神社である。
第12代景行天皇41年(111年)5月5日大神の託宣によって創立せられ、武蔵国造が代々奉仕して祭務を司った。其の後孝徳天皇の御代に至り、大化の改新(645年)により武蔵野国府がこの地に置かれて、当社を国衙の斎場として、国司が祭祀を奉仕して国内の祭政を司った。国司が国内諸社の奉幣巡拝等の便により国内の諸神を配祀したので「武蔵総社」と称し、又両側に国内著明の神社六社を奉祀したので「六所明神」「六所宮」とも称された。鎌倉幕府以後徳川幕府に至るまで代々幕府の崇敬厚く、再三社殿を造営し、徳川幕府より社領500石を寄進せられた。明治18年より昭和21年迄官幣小社に列せられ、其の後宗教法人と成る。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2016/05/18

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

大國魂神社

御朱印帳

初穂料:各1,500円
社務所にて。

全国総社会朱印帳を用意している。
全国の総社を記された専用の御朱印帳。

image

※筆者はお受けしていないため情報のみ掲載。

授与品・頒布品

交通安全ステッカー(小)
初穂料:300円
社務所にて。

※交通安全ステッカーは種類が多数あり。

image

スポンサーリンク

歴史考察

武蔵国総社

東京都府中市宮町にある神社。
武蔵国の総社であり、旧社格は官幣小社。
現在は神社本庁の別表神社となっており、東京五社の一社に数えられる。
武蔵国の総社として、武蔵国の一之宮から六之宮までをお祀りしているため、古くから「六所宮」と呼ばれていた。
GW期間中に行われる例大祭の「くらやみ祭」も有名。

武蔵国そのものを神格化した御祭神

社伝によると、景行天皇四十一年(111)に武蔵国の国魂神として大國魂大神を祀った事が、創建の始まりとされている。
そのため創建時の社号は現在と同じく「大國魂神社」とされた。

国魂神(くにたまがみ)とは、国土そのものを神格化したものである。
古代には国そのものに魂があると信仰されており、それを国魂と呼んだ。
すなわち武蔵国そのものを神格化した大國魂大神が当社のご祭神である。

その大國魂大神は大国主命(おおくにぬしのみこと)と同一の神とされている。
大国主命は「出雲大社」のご祭神として知られ、素盞嗚命(すさのおのみこと)の御子である。
天孫降臨で天津神に国土を献上したことから「国譲りの神」とも呼ばれる。

武蔵国は出雲出身の出雲族が武蔵国造となった経緯がある。
出雲臣・天穂日命の後裔が武蔵国造に任ぜられており、それ以後、代々の国造が奉仕し祭務を司ったといわれている。
その事から出雲の神である大国主命が、武蔵国の国魂神として同一視されていったのだろう。
国造りの神、農業神、商業神、医療神として崇敬を集める事となる。

武蔵国府が設置・総社とは

皇極四年(645)大化の改新の時に、当地に武蔵国の国府が置かれる。
当社を国衙の斎場とし、国司が奉仕して国内の祭務を総轄する神社とされた。
それまで武蔵国造が奉仕していた当社だが、国司が奉仕するようになった事で、律令国として武蔵国が成立した事が分かる。

なお、現在の府中の地名は武蔵国の国府が置かれていた事が地名由来である。
全国的にも府中といった地名が残っている事は多く、それらは国府に由来している。

当初の国司は、着任後最初の仕事として、赴任した国内の神社を一之宮から順に巡拝する必要があった。
国は広大で著名な神社も各地に点在していたため、大変な時間と労力がかかる仕事であった事は想像に難くない。

そのため、平安時代になると国府の近くに「総社」を設けるようになる。
総社に国内の神をまとめて合祀し、まとめて祭祀を行う事で、効率化したのである。
各国に総社が出来、武蔵国の総社となったのが当社であった。

すなわち、当社は創建時には総社として創建した訳ではなく、武蔵国の国魂神をお祀りするために創建し、後に当地に国府が置かれたため総社に指定されたという歴史をもった古社である。

六所宮と呼ばれるように

武蔵国の総社となった当社は、創建時の御祭神である大國魂大神の他に、武蔵国の神々をお祀りする事となり、本殿の両側に国内著名の神をお祀りしたと伝わる。
六柱の神を祀ったため当社の社号は「武蔵総社六所宮」となった。
image 一般的には「六所宮」「六社明神」などと呼ばれた。

総社となった当時の御祭神については諸説あり、定かではない。
現在と同様に武蔵国の一之宮から六之宮までを本殿の両側に祀ったのかは不明。
しかしながら総社という立場と「六所宮」という社号から、それに近い形であったのと思われる。

江戸時代後期の『新編武蔵風土記稿』によると、「素盞嗚命・大己貴尊・布留太神、共に一殿、是を中殿とす、瓊瓊杵尊・伊弉册尊・大宮女命共に一殿、是を西殿とす、外に瀬織津比咩・天下春命・稲倉魂太神共に一殿、是を東殿とす、三殿合せて一社とす」との記述がある。
少なくとも江戸時代にはこういった神が祀られていた事が分かり、江戸時代は現在の一之宮から六之宮の神をお祀りする形とは若干違っていたようだ。
但し、一之宮の「小野神社」の御祭神が東殿に祀られている記述もあり、いずれにせよ国内の著名な神社の神々を祀っていた総社だったのは間違いなく、「六所宮」の名で浸透した事からも、著名な六社もしくは六柱をお祀りしていたのは確実である。

明治になると、当社は南北朝時代の「神道集」に記載される「武州六大明神」を基にしてお祀りするようになり、現在と同様に武蔵国の一之宮から六之宮をお祀りするようになった。
その並びは以下の通りである。

  • 一之宮:小野神社(東京都多摩市)
  • 二之宮:二宮神社(東京都あきる野市)
  • 三之宮:氷川神社(埼玉県さいたま市)
  • 四之宮:秩父神社(埼玉県秩父市)
  • 五之宮:金鑽神社(埼玉県児玉郡)
  • 六之宮:杉山神社(神奈川県横浜市)

中殿には大国魂大神・御霊大神・国内諸神。
東殿には一之宮から三之宮まで。
西殿には四之宮から六之宮まで。

総社となって以来、武蔵国の著名な神社・神をお祀りするようになった当社。
現在はこうした形で一之宮から六之宮までをお祀りされている。

武蔵国一之宮。延喜式内社論社。大國魂神社で一之宮として奉斎。武蔵国一之宮の変遷の謎・武蔵国三国説。朱色の社殿・再建された随神門。御朱印。御朱印帳。
武蔵国一之宮。氷川神社の総本社。氷川の由来。大宮の地名由来。東京・埼玉に点在する氷川信仰。江戸時代に描かれた当社。明治天皇が関東の神社で最初に行幸。約2kmの氷川参道。国費で改築された楼門や社殿。明治天皇御親祭150年祭。御朱印。御朱印帳。
知知夫国一之宮(新一の宮・総鎮守)。武蔵国四之宮。秩父夜祭。秩父三社。あの花。御朱印。御朱印帳。
武蔵国六之宮。武蔵国総社「大國魂神社」との関係。式内社「杉山神社」の有力論社。鶴見川流域に散在する杉山神社の謎。菊紋の社殿。現在は「武州柿生琴平神社」の兼務社。御朱印。

源頼義・義家父子による伝説・馬場大門

康平五年(1062)、前九年の役の際に源頼義と源義家(八幡太郎)父子が、ケヤキの苗千本を寄進したとされ、これが現在「馬場大門のケヤキ並木」の起源とされている。

「馬場大門」とは、現在のけやき並木北交点(東京都立農業高等学校前)から、府中駅を縦断し、大国魂神社前交点までの間、全長約500m以上の古称であり、当社の参道ともなっている。
現在は繁華街のメインストリートとなっているが、約150本のケヤキ並木となっており、国の天然記念物である。
源頼義・義家父子の伝説が起源とあって、ケヤキ並木の途中には源義家(八幡太郎)の像が建っていたりと、縁を感じさせてくれる。

現在の府中には日本ダービーが行われる事でも有名な「東京競馬場」があり、今もなお馬との繋がりが深いのだが、「馬場大門」の名の由来は、江戸時代の安政年間(1854年-1860年)まで東馬場、西馬場で馬市が立っていた事に由来する。
東馬場、西馬場は馬を品評するための場所であり、府中は古くから馬との繋がりが深い場所であったと云えるだろう。

さらに源頼義・義家父子は、神前にすももを供物として供した事から、現在も当社で7月20日に行われている「すもも祭り」の起源ともなっている。

時代の有力武士による崇敬

以後、その時代の有力武士による崇敬を集める事となる。

鎌倉幕府からは源頼朝などから強い庇護を受けている。
寿永元年(1182)には、源頼朝が葛西三郎清重を使節として、妻である北条政子の安産の祈願が行われる。
文治二年(1186)には頼朝が武蔵守義信を奉行と社殿を造営している。
貞永元年二月(1232)、執権北条泰時の代には社殿の修復が行われた。

天正十八年(1590)に徳川家康が関東移封となり江戸へ入城。
すると家康によって、武蔵国総社として、社領500石もの寄進がされている。
社殿及びその他の造営も行われた。
以後、江戸時代は徳川将軍家による庇護も行われる事となる。

正保三年(1646)、類焼により社殿が焼失。
寛文七年(1667)、四代将軍・徳川家綱の命により、久世大和守広之が社殿を造営。
この本殿が現在も修復されながら現存している。
幕末の慶応年間(1865年-1868年)には、檜皮葺が銅板葺に改められた。

江戸時代に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

六所宮国立国会図書館デジタルコレクションより)

「府中六所宮」として描かれた当社。
徳川将軍家より500石もの寄進があったように、広大な境内となっていた事が分かる。
社殿の向きや形もほぼ変わらず、これが現在も続いている。
当時から随神門や土俵などの存在も見る事ができる。
こうした広大な境内に当時の配置などの多くが、現在もあまり変わらず続いているのは、本当に素晴らしい事であろう。
昔も今も篤い崇敬を受けていたからこそである。

この頃の府中は、甲州街道が整備され宿場町として栄えた。
その中心となったのが当社であるのがよく伝わる。

くらやみ祭り・燃えよ剣でも登場する淫靡な風習

さらに『江戸名所図会』では当社の例祭についても描いている。
特に現在も多くの人出で賑わう「くらやみ祭」については5ページも費やし描いている。
これは江戸三大祭りとされる、神田祭・山王祭・深川祭に匹敵するボリューム。

くらやみ祭国立国会図書館デジタルコレクションより)

武蔵国の「国府祭」を起源としており、現在も4月30日から5月6日にかけて行われるお祭りで、関東三大奇祭の一つとされ東京都指定無形民俗文化財となっている。
GW中に開催されるとあって例年多くの人出で賑わうのだが、江戸時代も大いに賑わったようだ。

祭りが暗闇に行われる理由は、貴いものを見る事は許されないという古来から存在する儀礼に起因している。
神聖な御霊が神社から神輿に移り御旅所に渡御するのは人目に触れる事のない暗闇でなければならないという、古来の神事の伝統が引き継がれているお祭りである。
江戸時代にはこのような神幸の形になった様で、当時の神輿渡御は23時ごろ開始され、翌日午前3時-4時頃に神社に戻ったという
その当時の様子を描いている。

こうした古来から続く格式と伝統を垣間みる事ができる神事ではあるが、当時の「くらやみ祭」は、庶民によっては歌垣の性格を帯びていたお祭りでもあった。
オブラートに包んで言うと、未婚者による求婚行事であり、品なく言ってしまえば、暗闇に乗じて男女が交わるお祭りであった。

司馬遼太郎の代表作ともいえる『燃えよ剣』でも、冒頭からこのお祭りが登場する。
幕末の新撰組副長・土方歳三を主人公にした作品で、主人公であるトシが、このくらやみ祭りで女性と交わる事から物語が始まる。
フィクション要素も強い作品ではあるが、多摩地域出身の新選組の面々と、多摩地域で当時から最も賑わっていたお祭りとの絡みに、当時の淫靡な風習を取り入れた部分が面白い。

なお、こうした淫靡な風習は、明治以降には改められており、現在は当然行われていない。

明治以後と現在

明治になり神仏分離。
明治元年(1868)、准勅祭社となる。
この准勅祭社は明治三年(1870)に廃止となっている。

余談になるが、戦後に23区内の准勅祭社が集まって結成されたのが「東京十社」である。
当社は23区外で遠隔地という事で東京十社からは外れている。
その一方で、近年になって当社は「東京五社」と呼ばれるようになっている。

明治六年(1872)、社号を「六所宮」から現在の「大國魂神社」に改称。
創建時の社号へと戻る事となった。
この頃には御祭神も現在の形となっている。

明治七年(1875)、県社に列した。
明治十八年(1886)、官幣小社へと昇格している。

戦後になり近代社格制度が廃止されると、神社本庁の別表神社となる。
平成二十三年(2011)には、齋館の新築、随神門の改築、手水舎の移設が行われた。
古代から現在に至るまで、武蔵国にとって重要な規模の大きな神社として、崇敬を集め続けている。

見事な随神門・社殿

上述したように、馬場大門のケヤキ並木が当社の参道となる。
府中駅を縦断し繁華街のメインストリートとなっており賑わう参道。
終点の大国魂神社前交点に大鳥居があり境内となる
imageこの大鳥居は御影石製では日本一と言われている。

大鳥居を潜ると境内の長い参道。
image

その先に見事な随神門が見えてくる。image平成二十三年(2011)に、御鎮座壱千九百年事業として改築された随神門。
国産の檜で作られており、正面には随身像、後面には恵比寿大國が納められている。
門の口が大変広く作られているのは、「くらやみ祭」での神輿などの出入りをスムーズに行うために設計されたため。
『江戸名所図会』にも随神門が描かれているが、それに劣らない立派な随神門である。

その先には中雀門。
image明治維新百年記念事業として昭和四十四年(1969)に建て替えられたもの。

その先には重圧感のある雄大な社殿。
現在の拝殿は明治十八年(1886)に官幣小社に昇格した年に改築したもの。
imageその後、昭和五十三年(1978)に改修された。
流造・切妻千鳥破風・銅板葺素木造で、拝殿と幣殿が一体となっている。
「総社六所宮」と記された扁額は江戸時代中期の書家・勝間龍水によるもの。

本殿は四代将軍・徳川家綱の命により久世広之が奉行となり寛文七年(1667)に造営されたものが現存。
imageその後、何度か修理を行っているが、建立当時のままの形を残している。
『江戸名所図会』にも描かれた本殿であり、流造の社殿三棟を横に連絡した相殿造となっている。
中殿には大国魂大神・御霊大神・国内諸神、東殿には武蔵國の一之宮から三之宮まで、西殿には四之宮から六之宮までをお祭りしている。

広大な境内には見どころ多数

現在も広大な境内のため、境内社や建築物、石碑など見どころが多数。

大鳥居を潜ってすぐ左手には「宮乃咩神社」が鎮座。
image創建は本社と同時代と伝わる古社であり、源頼朝の妻・北条政子の安産祈願をしたのがこちら。
image柄杓が奉納されているのが特徴的である。

その先には相撲場として土俵がある。
image天正十八年、徳川家康の江戸入城を賀し、この日を記念して天下泰平・五穀豊穣を祈る奉納相撲として始まったものであり、現在も毎年8月1日に八朔相撲祭が行われている。
『江戸名所図会』には同じ一に「土俵」の文字が見え、当時からこの場所にあった事が分かる。

随神門と中雀門の間には、鼓楼、神楽殿、宝物殿などが置かれている。
image特にこの鼓楼は嘉永七年(1854)に再建されたもので、時刻など知らせるための太鼓を置いた建物。

社殿の左手にはお水取りが出来る水神社や、松尾神社、巽神社などが並ぶ。
image社殿の右手には、大鷲神社、住吉神社、東照宮などが鎮座しており、その奥には立派な銀杏の姿が。
imageあまりこちら側まで訪れる方がいないのだが、中々に雰囲気のある御神木なので、社殿の右手側にも回ってみる事をオススメしたい。

他にも見どころが多数存在。
さらに境外社なども実に豊富である。
公式サイトの「境内のご案内」を確認してから参拝するのもよいだろう。

大國魂神社内に祀られている神社や記念碑、施設のご案内です。

御朱印は社務所にて。
御朱印受付所の看板が出ているので分かりやすい。
image御朱印帳は全国総社会朱印帳を用意している。

なお、上述した司馬遼太郎「燃えよ剣」に登場するように、多くの作品に登場する当社。
アニメでも「ちはやふる」で登場していたりと、聖地として巡拝される方もいるようだ。

所感

武蔵国の国魂神をお祀りし、その後、武蔵国の総社として崇敬を集めた当社。
かつて国府が置かれた土地は、律令制の崩壊と共に廃れ、総社も中世までには廃れたところが多いのだが、こうして当社はずっと崇敬を集め続けているのが素晴らしい。
古代では国造が代々奉仕し、律令国では国司による奉仕、総社として崇敬を集め庇護され、明治以降も官社として、現在も別表神社として崇敬を集め続けている。
それだけ武蔵国にとって、この地にとって重要な神社であり、多くの人びとの拠り所であったのだろう。
府中は当社を中心に栄えたといっても過言ではなく、街全体にそういった空気を感じる事ができる。
広い境内を散策し参拝していると、武蔵国の国魂に触れられたような気分にもなる。
東京を代表する神社であり、全国の総社の中でも代表的な神社であろう。

神社画像

[ 社号碑・大鳥居 ]
image
[ 大鳥居 ]
image
[ 参道 ]
image
image
[ 手水舎 ]
image
[ 随神門 ]
image
image
[ 中雀門・廻廊 ]
image
[ 狛犬 ]
image
image
[ 拝殿 ]
image
image
image
image
image
image
[ 本殿 ]
image
image
[ 授与所・待合所 ]
image
[ 社務所・御朱印受付所 ]
image
[ 休憩所 ]
image
[ 水神社 ]
image
[ 鼓楼 ]
image
image
[ 参集殿 ]
image
[ 神楽殿 ]
image
[ 宝物殿 ]
image
[ 亀石 ]
image
[ 鶴石 ]
image
[ 住吉神社・大鷲神社 ]
image
[ 東照宮 ]
image
[ 御神木・大銀杏 ]
image
[ 宮乃咩神社]
image
image
image
image
[ 相撲場(土俵) ]
image
[ 忠魂碑・軍艦多摩戦没者慰霊碑]
image
[ 西側鳥居・社号碑 ]
image
[ 案内板 ]
image

Google Maps