下高井戸浜田山八幡神社 / 東京都杉並区

神社情報

下高井戸浜田山八幡神社(しもたかいどはまだやまはちまんじんじゃ)

御祭神:応神天皇
社格等:村社
例大祭:9月第4日曜
所在地:東京都杉並区下高井戸4-39-3
最寄駅:西永福駅・浜田山駅・桜上水駅
公式サイト:http://www.shimotakaido.org/

御由緒

下高井戸八幡神社
 この神社は、旧下高井戸宿の鎮守で祭神は応神天皇です。
 社伝によると、長禄元年(一四五七)太田道灌が江戸城を築くとき、工事の安全を願い、鎌倉の鶴岡八幡宮の神霊を勧請して創建したものといわれます。
 本殿は、棟札によると、弘化四年(一八四七)の再建であることがうかがわれ、現在の拝殿・覆殿はは昭和三十四年に落成したものです。
 境内には末社として、天祖神社・御嶽神社・稲荷神社のほかに、当神社に功労のあった人々を祀る祖霊社があります。
 神田川沿いの台地や斜面には、先土器時代から古墳時代に至る遺跡が各所に発掘されていますが、当社の近くからも集落跡が発見され、石器・土器等の出土もあり、古くから人々が住んでいたことがわかります。
 中世以降、村落の発達とともにこの地に神社が奉斎され、村の鎮守として尊崇を厚くしてきました。
 昭和初期まで当社の宮司であった斎藤守高氏は、俗に「面芝居」ともいう神楽の元締で、芸名を「中村縫之助」といい、鼓・太鼓・三味線に合わせて踊る芸の師匠でありました。
 この面芝居は、明治末から昭和初期にかけて流行しましたが今は絶え、残された数個の面が往時をしのばせています。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2017/06/29

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※兼務社の「上高井戸第六天神社」「大宮前春日神社」「久我山稲荷神社」「西高井戸松庵稲荷神社」の御朱印も頂ける。


歴史考察

旧下高井戸宿鎮守の八幡さま

東京都杉並区下高井戸に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧下高井戸宿の鎮守。
江戸城を築城した太田道灌による創建の伝承が残る。
正式名称は「八幡神社」であるが、他との区別から「下高井戸浜田山八幡神社」「下高井戸八幡神社」と称される事が多い。
杉並区の4社の神社を兼務する本務社で、地域の中核神社の一社となっている。

太田道灌の命によって創建

社伝によると、長禄元年(1457)、太田道灌の命で創建されたと伝わる。

太田道灌(おおたどうかん)は、武蔵守護代・扇谷上杉家の下で活躍した武将で、江戸城を築城した事で知られる。当時の江戸城の城主であった。

道灌は、江戸城を築城する際に、武運長久と工事の安全を願い、家臣・柏木左衛門に命じて鎌倉「鶴岡八幡宮」の神霊を勧請。

相模国一之宮格。鎌倉武士の守護神。源頼朝により現在地に遷座・上下両宮に整備。静御前が舞った若宮廻廊(現・舞殿)。源実朝の落命の地。江戸幕府による庇護。源平池・再建された旗上弁財天社。倒伏した大銀杏。表参道の段葛・若宮大路。御朱印。御朱印帳。

道灌に命じられた柏木左衛門によって創建された事から「柏木ノ宮」と称されたと云う。

江戸時代に高井戸宿が成立

江戸時代に入ると、江戸幕府によって五街道が整備される。

五街道とは、東海道・日光街道・奥州街道・中山道・甲州街道の5つ。

当地は、甲州街道の最初の宿場「高井戸宿」として整備。

慶長七年(1602)、正式に高井戸宿が成立。
慶長九年(1604)、高井戸宿が上高井戸宿・下高井戸宿に分けられる。
下高井戸宿の本陣は、当社の旧別当寺「宗源寺」(現・下高井戸4丁目)の左隣置かれた。

西側を上高井戸宿(上高井戸村)・東側を下高井戸宿(下高井戸村)と分けており、当社は、東側の下高井戸宿(下高井戸村)の鎮守であった。
一方で、西側の上高井戸宿(上高井戸村)の鎮守を担ったのは、現在の当社の兼務社となっている「上高井戸第六天神社」である。
旧上高井戸宿鎮守の第六天神社。かつて第六天魔王を祀った第六天社。10年の歳月をかけた拝殿彫刻。明和八年の狛犬など二対の狛犬。江戸時代に高井戸宿が成立。神仏分離の影響と社前に流れていた玉川上水。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。
高井戸宿は、江戸時代初期には甲州街道最初の宿場として旅籠が24軒存在していたが、元禄十一年(1698)に内藤新宿(現在の新宿周辺)が設置され、甲州街道第二の宿場となると、次第に素通りするものも多くなり、旅籠の数も減り、規模も縮小していく事となる。

新編武蔵風土記稿より見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(下高井戸宿)
八幡社
除地三段三畝十九歩。村の北の方にあり。僅なる祠を南向に立。村の鎮守にして宗源寺持。
稲荷社
除地七畝六歩。これも北の方へよりてあり。村内修験本覚院の持。

下高井戸宿の「八幡社」と記されているのが当社。
村の北側にあり、村の鎮守と記されている。
別当寺は「宗源寺」(現・下高井戸4丁目)であった。
社殿ではなく「僅かなる祠」を南向きに立てていると記してある。

合わせて記してある「稲荷社」は後に当社へ合祀される事となる。

この後の、弘化四年(1847)、本殿が造営。
現在の規模に整備されていったのはこの時期からであろう。
この本殿が現存していて、覆殿の中に納められていると云う。

明治維新後の歩み・戦後の造営

明治になり神仏分離。
明治五年(1872)、村社に列した。

明治二十二年(1889)、市制町村制施行に伴い、上高井戸村・中高井戸村・下高井戸村・大宮前新田・久我山村・松庵村が合併し、高井戸村が誕生。
当地は高井戸村下高井戸となる。

明治二十五年(1892)、村内に鎮座していた稲荷神社を合祀。
田中稲荷と呼ばれていた神社で、これが『新編武蔵風土記稿』に記されていた稲荷社であろう。

明治四十二年(1909)の古地図がある。
当時の当地周辺の地理関係を確認する事ができる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲ったのが当社で、現在の鎮座地と同じ場所に鎮座しているのが分かる。
高井戸村の地名の他に「下高井戸宿」の文字。
甲州街道の宿場として発展した名残を見る事ができる。
こうした下高井戸の北側、神田川(神田上水)近くに鎮座し、一帯の鎮守として崇敬を集めた。

明治末から昭和十年(1935)頃まで、「面芝居」という神楽が流行。
当時の当社の宮司(現宮司の曾祖父)斎藤守高は、その「面芝居」神楽の元締であった。
残念ながら今は絶え、当時の面が残っているに過ぎない。

昭和三十四年(1959)、拝殿と覆殿が造営。
これが現在の社殿となっている。

その後も境内整備が行われ現在に至っている。
現在は杉並区内4社の神社の本務社となっており、地域の中核神社の一社を担っている。

境内案内

住宅街にありながら緑に囲まれた境内

最寄駅の西永福駅からは徒歩10分ほどの距離で、神田川のやや南に鎮座している。
参道は東側と南側にあり、南側が表参道。
住宅街にありながら、緑に囲まれた社叢を維持している。

一之鳥居を潜った先に二之鳥居。
この日は夏越大祓式の前日だったため、茅の輪も置かれていた。
茅の輪のくぐり方の案内板も出ていて分かりやすい。

二之鳥居を潜って左手に手水舎。
綺麗に整備されている。

参道には二対の狛犬。
手前が昭和十五年(1940)の奉納で、奥が大正三年(1914)に奉納されたもの。

ロケ地としても使われる立派な拝殿と覆殿

社殿は昭和三十四年(1959)に造営されたものが基本となっている。
立派な造りの拝殿で左に授与所が併設されていたりと規模も大きい。
拝殿は昭和三十四年(1959)に造営されたもの。

本殿は、弘化四年(1847)のものが現存していると云う。
外側から見えるのは覆殿で、拝殿と共に昭和三十四年(1959)に造営された。
この覆殿の中に、江戸時代の本殿が納められている。

当社の境内は度々ロケ地として使用される事がある。(要申請)

使用された例:アルスマグナ -en-

境内社や力石など

境内社は参道の左手に鎮座。
左から稲荷神社。
天祖神社。
御嶽神社。
祖霊社。
祖霊社の左手には石像。
大国主神(大黒様)と事代主神(恵比寿様)の石像。

近くには力石。
無造作に置かれているが、力比べに使用された歴史を伝える。

他に参道右手に神楽殿。
その手前には町会の神輿庫が置かれている。
この一帯が参拝者用駐車場となっていて、車での参詣も可能となる。

兼務社4社の御朱印も・夏詣にも賛同

御朱印は社務所にて。
丁寧に対応して頂いた。

掲示はされていないが、当社の御朱印の他に、兼務社である「上高井戸第六天神社」「大宮前春日神社」「久我山稲荷神社」「西高井戸松庵稲荷神社」の御朱印も頂く事ができる。
旧上高井戸宿鎮守の第六天神社。かつて第六天魔王を祀った第六天社。10年の歳月をかけた拝殿彫刻。明和八年の狛犬など二対の狛犬。江戸時代に高井戸宿が成立。神仏分離の影響と社前に流れていた玉川上水。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。
旧大宮前鎮守の春日神社。大宮前新田の開墾と創建。旧地名を保存する大宮前鎮守碑。狛犬ならぬ狛鹿(神鹿像)が置かれた境内。春日信仰の神使は鹿。明治に造営された社殿・江戸時代の絵馬。御神木と力石。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。
久我山鎮守のお稲荷様。久我山村の開墾。新編武蔵風土記稿より見る当社。明治以降の歩み・村社へ昇格。明治奉納の凛々しい神狐像。元禄年間の庚申塔。金玉均による人心同。夏祭りは、湯立て神事・湯の花神楽。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。
旧松庵村の鎮守。旧中高井戸村(西高井戸)鎮守を合祀。「お狐さま」と呼ばれる狐のミイラを安置して祀る末社。松庵村の開墾・円光寺境内に創建。昭和初期の社殿が現存・神狐の彫刻も。元禄年間の庚申塔。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。
兼務社の御朱印も頂く場合は、必ず該当の兼務社にも参拝するように心がけたい。

2016年の夏から「夏詣」にも賛同。
境内には夏詣の幟も設置されていた。

夏詣(なつもうで)とは、初詣に対する日本の新しい習慣づくりとして、夏には夏詣という新しい風習。提唱した「浅草神社」を始めとした都内を中心に複数神社で実施されている。
半年の罪・穢れを祓う神事の「夏越しの祓い」。宮中の儀式は江戸庶民のくらしに根付き、そしてお裁縫や習い事の上達を願う七夕祭りに。 今再び、ニッポンの新しい習慣づくりへ 夏詣 natsumoude

所感

下高井戸宿の鎮守として崇敬を集めた当社。
高井戸宿は江戸初期に設置されたものの、内藤新宿が設置されてからは規模が縮小しており、当社はそうした盛衰と共に歩んだ鎮守と云えるだろう。
現在は住宅街の一角にありながら、緑に覆われた鎮守の杜を維持。
緑溢れる境内はとても良い雰囲気で、今も地域の方々より崇敬を集めているのが伝わる。
地域の中核神社として、当地周辺の歴史と信仰を伝える良い神社である。

神社画像

[ 一之鳥居・社号碑 ]


[ 二之鳥居 ]



[ 茅の輪 ]



[ 手水舎 ]

[ 参道 ]

[ 狛犬 ]




[ 拝殿 ]







[ 本殿(覆殿) ]


[ 授与所 ]


[ 神楽殿 ]

[ 神輿庫 ]

[ 境内社 ]


[ 稲荷神社 ]

[ 天祖神社 ]

[ 御嶽神社 ]

[ 大国主神・事代主神 ]

[ 祖霊社 ]

[ 石碑 ]

[ 力石 ]

[ 社務所 ]

[ 東参道 ]

[ 社殿裏 ]


[ 夏詣幟 ]

[ 案内板 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google