若宮八幡宮 / 神奈川県川崎市

神社情報

若宮八幡宮(わかみやはちまんぐう)

御祭神:仁徳天皇(大鷦鷯尊)
旧社格:村社
例大祭:10月第3日曜(水鳥の祭)・4月第1日曜(かなまら祭)
所在地:神奈川県川崎市川崎区大師駅前2-13-16
最寄駅:川崎大師駅
公式サイト(Facebook):https://www.facebook.com/wakamiyasama

御由緒

【若宮八幡宮】
大師河原(大師地区に所在する水神社、川中島神明神社、塩浜神明神社、塩浜稲荷神社、汐留稲荷神社、日ノ出出雲神社、田町稲荷神社、田町厳島神社)の総鎮守。
八幡塚六郷神社(東京都大田区東六御鎮座。御祭神・応仁天皇)の氏子達が大師河原干拓のために移り住み、守護神として祀ったのが当神社と云われ、八幡様(応神天皇)の若宮様(仁徳天皇)が御祭神なので若宮八幡宮と呼ばれる。仁徳天皇は淀川の治水工事を完成させたことによって干拓事業の守護神として崇められていることから祀られたもので、多摩川の洪水に悩まされた大師河原の人達の心からの願いが込められたものであり、また仁徳天皇御製「高殿にのぼりてみれば煙たつ民の竈は賑わいにけり」にあやかり、「日々の生活がよくなるように」という人々の思いもある。また、「若宮」という名から子ども・若者の守護神でもある。
【金山神社】
俗称かなまら様と呼ばれ、加治屋と性の神とされる。大正時代に現在の京急川崎大師駅東踏切付近から当神社境内に御遷座。伊邪那美命が火の神カグズチをお産みになり下半身に大火傷を負った時、この二柱の神が看病したとの伝説によりお産、下半身の病気の守護神ともされた。またこの神は鞴(ふいご)祭の神でもあり、鍛冶職人や金物を扱う会社等により、毎年神前にて祭事(鞴祭)が行われる。また川崎宿の飯盛り女たちからお金を造る神、性病除けの神として信仰され、現在では子授け、夫婦円満、商売繁盛の神としても全国から信仰を集めている。祭礼には御神体(男根)摸った神輿を担ぎ出し、面掛行列などが行われる。
この金山神社社殿は平成十一年の御建て替えにあたり鉄をイメージし、外側を鉄板で覆い黒一色の一辺約3mの正八角形、高さが8mの吹き抜けでおよそ一般的にいう神社とは異なる、個性的な社殿となった。内部の造りも異色で床の半分を槌で固めた土間として仕切り、正面中央部に鞴と炉を置き、金床を埋め込んで鍛冶屋の作業場を再現してある。今日では金山神社例祭(かなまら祭)のおおらかな雰囲気から、特に外国人に人気があり「ウタマロフェスティバル」として大師の風物詩となっている。(頒布の資料より)

参拝情報

参拝日:2017/01/25(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/02/17(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※「若宮八幡宮」の御朱印と、境内社「金山神社」の御朱印があり。
※2017年より墨書き部分が変更になっており「金山神社」にはイラスト付き。(書き手がいる場合のみ)

[2017/01/27拝受]
(若宮八幡宮/新御朱印)

[2017/01/27拝受]
(金山神社/新御朱印)

[2016/02/17拝受]
(若宮八幡宮/旧御朱印)

[2016/02/17拝受]
(金山神社/旧御朱印)

スポンサーリンク

歴史考察

大師河原総鎮守と金山神社

神奈川県川崎市川崎区大師駅前にある神社。
旧社格は村社で、大師河原の総鎮守。
八幡神(応神天皇)の若宮(仁徳天皇)を祀るため「若宮八幡宮」と呼ばれる。
境内社に「かなまら祭」で知られる男根を御神体にした「金山神社」(通称:かなまら様)がある事で有名。

大師河原の干拓と共に創建

創建年代は不詳とされている。

社伝によると、大師河原を干拓するために移住してきた「六郷神社」(東京都大田区東六郷)の氏子たちが当宮を創建したと伝えられている。

六郷神社」は源頼義・義家(八幡太郎)の父子が創建したと伝わる八幡信仰の神社。かつては「八幡塚八幡宮」と呼ばれ、八幡神を氏神とする源氏から篤い崇敬を集めた神社で、源頼朝の伝説なども残る古社であり、六郷一円(当宮から見て多摩川を挟んだ大田区側)の総鎮守として、崇敬を集めていた。
六郷総鎮守。源氏ゆかりの八幡さま。源頼義・義家(八幡太郎)による創建。源頼朝が故事に倣い戦勝祈願。頼朝寄進の手水石・梶原景時寄進の神橋。御祭神が三柱から一柱に変更。江戸時代に描かれた当社と八幡塚の謎。七草こども流鏑馬祭。御朱印。御朱印帳。

大師河原の地名は戦国時代の史料に見る事ができる。
大師河原が村として開発されたのには、池上家が深く関わっている。

池上家の祖先は、鎌倉時代に日蓮に深く帰依した池上宗仲という人物。なお、日蓮宗大本山「池上本門寺」(東京都大田区池上)は、日蓮が開山し、池上宗仲が開基した寺院。

戦国時代から江戸時代にかけて、当時の池上家の当主が大師河原の開発に着手。
江戸時代初期には、これらの地は、大師河原村・池上新田・稲荷新田・川中島村といった当地周辺の村になっている。

この事から池上家の主導によって大師河原が開発され、それに従事した「六郷神社」の元氏子たちによって当宮が創建されたと思われる。よって戦国時代に当宮は創建したと推定できる。

永正十七年(1520)から弘治元年(1555)にかけて実施された検地に基づいて作成されたか『小田原衆所領役帳』に、永禄二年(1559)に朱印地三石と記されている。
これが現存する史料では初見となるため、それ以前の創建と見る事ができる。
やはり戦国時代に創建したのであろう。

若宮八幡の意味・御祭神の仁徳天皇

六郷神社」の氏子によって創建された当宮であるが、「六郷神社」は八幡信仰の神社であるため、御祭神は八幡神こと誉田別尊(応神天皇)となっている。

一方で当宮の御祭神は、大鷦鷯尊(仁徳天皇)となる。
仁徳天皇は、応神天皇の御子であり次代の天皇となった人物。

「若宮」とは「皇族の御子」を表す言葉で、当宮は八幡神(応神天皇)の御子である仁徳天皇をお祀りするので「若宮八幡」と呼ばれる。

八幡の名が付くが、正確には八幡信仰ではなく若宮八幡信仰と云うことができるだろう。
数は多くないが全国的にも、こうした「若宮八幡」を見る事ができる。

仁徳の聖王と称えられる仁徳天皇の御神徳

何故、「六郷神社」の氏子たちが、当地に移住した際に「六郷神社」の御祭神である八幡神(応神天皇)ではなく、その御子である仁徳天皇をお祀りしたのか。

それは、多摩川の治水を考えての事とされる。

仁徳天皇は生前に淀川(京都)の治水工事を完成させたことによって「干拓事業の守護神」として、全国に祀られるようになったと伝わる。

当宮周辺は大師河原と呼ばれるように、多摩川の河原沿いにある地域。
多摩川の洪水に悩まされた人々の願いが込められ、当宮には八幡神ではなく、その御子である仁徳天皇をお祀りしたものとされている。

また、仁徳天皇の治世は仁政(民衆に恵み深い政治)として知られる。

『日本書紀』には、民衆が飢え苦しんでいた時代に、竈から煙すら上がらない民の生活を見て嘆き、租税を3年間免除する事にした上で、仁徳天皇も宮殿の改修などを中止し倹約に努め、食料の生産高を増やすべく様々な事業に専念した。
その事業の一環が上述した淀川の治水工事である。
結果、3年後にはどの家の竈からも煙が立ち上ったといった逸話が記されている。

高き屋に のぼりて見れば 煙(けぶり)立つ 民のかまどは にぎはひにけり

こちらは『新古今和歌集』で仁徳天皇御製として伝わった歌であり、こうした和歌から当宮にも「日々の生活がよくなるように」という人々の思いもあるとされている。

なお、仁徳天皇の陵(天皇の墓)は「大仙陵古墳」であり、日本一の規模かつ世界最大規模の墳墓となっているのも、民衆の事を思った仁徳の聖王として称えられ、五穀豊穣と太平の世の基礎を作った天皇であるからと伝わっている。

また「若宮」の文字から、当宮は子供・若者の守護神としても崇敬を集めたようだ。

かつての別当寺は川崎大師・江戸時代の史料から見る当宮

創建以来、当宮の別当寺は「平間寺」が担っていた。

「平間寺」は真言宗智山派の大本山で、「川崎大師」という通称で広く知られる。

江戸時代に入り、大師河原村が成立すると、当宮は大師河原村の鎮守として崇敬を集めた。
慶安元年(1648)、徳川将軍家より三石の朱印地を賜っている。

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当宮についてこう書かれている。

(大師河原村)
若宮八幡社
村の北にあり、勧請の年月詳ならず、慶安元年三石の御朱印を賜ふ、本社七尺に六尺東に向ふ。拝殿五間に二間半、社前に石の鳥居を建、又右の玉垣をしまはせり。例祭年々九月二十日なり。
末社。天神社。境内にあり下向。子権現社。
金山権現社
字西すぢにあり。明長寺の持。

「大師河原村」の「若宮八幡社」と記されているのが当宮。
慶安元年(1648)に、社領三石の御朱印状を拝領したとある。
時期的に三代将軍・徳川家光による御朱印状であろう。

「大師河原村」の「金山権現社」と記されているのが、後に当宮に遷座する「かなまら様」こと「金山神社」である。

この後の文政六年(1823)、社殿を再建した記録が残っている。

明治以降の歩み・金山神社の遷座・戦後の再建

明治になり神仏分離。
「平間寺」(川崎大師)と分離し、「平間寺」三十八世貫主・佐伯隆基の親族が宮司となった。

明治六年(1873)、村社に列する。
明治四十年(1907)、神饌幣帛料供進神社に指定。

大正時代には、京急川崎大師駅東踏切に鎮座していた「金山神社」が当宮の境内に遷座。

大正十二年(1923)、関東大震災が発生すると社殿が大破。
大正十三年(1924)、社殿を修復している。

昭和二十年(1945)、川崎大空襲により社殿が焼失。
境内の殆どが灰燼に帰したと云う。

昭和三十五年(1960)、社殿を再建。
昭和六十一年(1986)、当宮社務所2階の郷土資料室に田町河原町に祀られていた「厳島神社」を遷座。
平成十一年(1999)、境内社「金山神社」の社殿を現在のものに新築。

その後も境内整備が行われ、現在に至っている。
現在は境内社「金山神社」の例祭「かなまら祭」が国際的に奇祭として有名となっており、多くの外国人が参加するお祭りとなっている。

境内案内

戦後に再建された社殿・幼稚園も併設

京急大師線の川崎大師駅から徒歩すぐの場所に鎮座。
通りに面して鳥居が二基あり、右手が駐車場側から入る鳥居で、左手が表参道となっている。
なお、当宮境内(駐車場側)には、「若宮幼稚園」が併設。

感動をともに若宮幼稚園へようこそ!。

鳥居を潜ると綺麗に整備された参道。
参道途中左に手水舎。
参道の両脇に一対の狛犬が置かれ、正面が社殿となっている。

社殿は昭和三十五年(1960)に再建されたもの。
鉄筋コンクリート造による社殿。
独特な色合いの彩色となっているのが特徴的で、近年塗り替えられたものであろう。

社殿の左手に境内社が並ぶ。
「金山神社」については後述する。

その左手には「大鷲神社」。
さらに左手に「藤森稲荷神社」。
「明長寺」付近に祀られていた神社で、境内の藤の大木が生えていた事が社名由来。

他に社務所(参集殿)2Fの郷土資料室に「厳島神社」が鎮座。

郷土資料室内は撮影禁止。

境内には他にもかつて力比べに行われた力石が置かれる。
境内社の前には10月第3日曜に開催される当宮の例大祭「水鳥の祭」の由来となった「大師河原の酒合戦」の碑。
慶安二年(1649)に三日三晩に渡り酒飲みの強さを競ったという開催された酒合戦にちなんだもの。

「水鳥の祭」の「水鳥」とは、「水」は「さんずい」、「鳥」は「酉」の意味。二つの文字を併せて「酒」という字になる。

かなまら様と称される境内社の金山神社

当宮の境内社で有名なのが「金山神社(かなやまじんじゃ)」。
現在は「性の神」である「かなまら様」と称され、例祭は「かなまら祭」として国際的に知られる。

かつては現在の京急川崎大師駅東踏切付近に鎮座していた。
これは明治四十一年(1908)の古地図を見ると地理関係を確認する事ができる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲ったのが「若宮八幡宮」こと当宮。
橙円で囲ったのがかつての「金山神社」の鎮座地。
大正時代になり当宮境内に遷座している。

「金山神社」の御祭神は、金山比古神(かなやまひこのかみ)・金山比売神(かなやまひめのかみ)の二柱。
これらの神は一般的に、鉱山や「鍛冶の神」とされている。

金山比古神・金山比売神は、神産みにおいて、イザナミが火の神カグツチを産んで火傷をし病み苦しんでいる時に、その嘔吐物から化生した神。

こうした「鍛冶の神」の神がいつしか、「性の神」と認識されるようになる。
これには諸説あるが、鍛冶場で使用する鞴(ふいご)に起源があるとされる。

鞴は火を起こす際、風の流れを生み出す道具で、前後に動かすピストン運動が、男女の性行為を連想されると云われ「性の神」にもなったと伝えられている。

江戸時代には川崎宿の飯盛女達が性病除けや商売繁盛の願掛けを行ったと云う。
この事から江戸時代には「性の神」として信仰されていた事が分かる。

鉄板で覆われた黒一色の社殿・多くの男根形の奉納物

「金山神社」の社殿は平成十一年(1999)に新築されたもの。
「鍛冶の神」として、鉄をイメージしたかなり個性的な形となっている。

外側を鉄板で覆い黒一色の一辺約3mの正八角形、高さが8mの吹き抜けという社殿。
「かなまら祭」の時以外は公開されていない(外から覗く事はできる)ものの、内部の造りもかなり個性的で、鍛冶屋の作業場を再現した内部となっている。

「鍛冶の神」「性の神」として信仰を集めたため、御神体は金属製の男根としている。
そこから「金山神社」は「かなまら様(金魔羅様)」と俗称されている。

境内には多くの男根形が奉納されているのが特徴的。
こうした男根や女陰を象った奉納物は、全国的にも各地で見る事ができ、「性の神」へ対する崇敬によるものである。

こうした信仰から御神徳として「安産・子授け」があるとされる。
絵馬殿には多くの安産・子授けが掛けられており、崇敬の篤さが伝わる。
男根を形どった「金床」と呼ばれるもの。

金床(かなとこ)とは、鍛冶や金属加工を行う際に用いる作業台の事。

国際的に知名度の高い奇祭「かなまら祭」

現在では「金山神社」の例大祭である毎年4月第1日曜の「かなまら祭」が国際的に有名。

江戸時代、川崎宿の飯盛女達が性病除けの神、お金を造る(鍛冶)の神として信仰された祭りが起源であり、現在の「かなまら祭」に繋がる祭りであった。

飯盛女とは、日本の宿場に存在した私娼(娼婦)。

明治時代になると、西洋文化の思想も浸透し、こうした性に対する祭りが廃れてしまう。
時を経て、戦後の昭和四十年代になってから性信仰の神社として注目を集めた。

昭和五十二年(1977)、新たに「金山神社」の信者組織として「かなまら講」が結成。
それまで氏子たちによって行われていた規模の小さな例大祭が、かなまら講の参加により「かなまら祭」として、年々規模が大きくなっていく事になった。

男根神輿が出て、仮装行列が催されたりと大変個性的なお祭り。
露店にも男根や女陰をイメージしたものが並び、今では地域の商店が限定コラボグルメを出したりと、共に祭りを盛り上げている。

また、奇祭として特に外国人に人気があり「ウタマロフェスティバル」として大師の風物詩となっており、参加者のか半数以上が外国人とも云われている。

欧米では日本の春画をウタマロ(喜多川歌麿から)と呼ぶようになり、転じて男性器のこともウタマロと呼ぶようなったため、「ウタマロフェスティバル」と呼称される。

かなり大らかな雰囲気であり、独自の良さがあるのだが、現在では参加者の露出による問題などもあり、神社側も苦慮されている。
平成二十八年(2016)年の「かなまら祭」では多少規制を強めた上で行われた。
あくまで「神事」という事を理解した上で、度を超えない範囲で楽しむ配慮が参加者にも求められると思う。

イラスト付き御朱印・参集殿2Fは郷土資料室

御朱印は社務所にて。
いつもとても丁寧に対応して下さる。

2017年より御朱印の朱印部分は変わらないが墨書き部分が変更となっている。
「若宮八幡宮」と境内社「金山神社」の御朱印を両方頂く場合は、このような「かなまら様」のイラスト付きの御朱印を拝受できる。

但し、書き手がいる場合のみ拝受できるので注意されたい。

また当宮の社務所(参集殿)の2Fは、郷土資料室になっている。(撮影禁止)
郷土資料室には当地に古くから伝わる海苔に関する資料や、田町河原から遷座した海苔漁師達の守護神であった「厳島神社」が置かれている。
更に資料室の奥に18歳未満禁止の一角があり、そちらには「性の神」にまつわる多くの資料が置かれており、古い当宮への奉納物なども多く置かれており大変興味深い。
社務所に声をかけると見学をさせて頂ける。

撮影禁止エリアではあるが、「秘宝館」のような一角になっているため、ぜひそちらもご覧頂きたい。

所感

大師河原の総鎮守として崇敬された当宮。
「若宮八幡」という八幡神の若宮として創建した伝承は興味深く、多摩川の治水を願い当地周辺の鎮守を担っていたのだろう。
別当寺「平間寺」(川崎大師)と共に、多くの崇敬を集めた事が伺える。
明治以降は近隣の神社が当宮に遷座されたおり、今では境内社である「金山神社」の知名度が高い。
男根信仰のある神社は全国にもいくつかあるのだが、その中でも「かなまら祭」は国際的に知名度が高く、「ウタマロフェスティバル」として多くの外国人が訪れる。
こうした境内に幼稚園が併設されているのは、何だか組み合わせが面白く感じる。
日本の信仰のおおらかさを感じる事ができる面白く良い神社である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 社号碑・鳥居 ]

[ 鳥居 ]

[ 鳥居(駐車場側) ]

[ 参道 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]





[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]


[ 絵馬殿 ]

[ 金床 ]

[ 金山神社 ]

[ 男根像 ]


[ 大鷲神社 ]


[ 藤森稲荷神社 ]


[ 大師河原酒合戦記念碑 ]


[ 石橋 ]

[ 力石 ]

[ 社務所(参集殿) ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google