熊野町熊野神社 / 東京都板橋区

5
板橋区

神社情報

熊野町熊野神社(くまのちょうくまのじんじゃ)

御祭神:伊佐奈美命・速玉之男命・事解之男命
社格等:─
例大祭:9月上旬
所在地:東京都板橋区熊野町11-2
最寄駅:大山駅・下板橋駅・北池袋駅
公式サイト:https://kumanojinja-itabashiku-kumanocho.business.site/

御由緒

 御祭神は、伊佐奈美命、速玉之男命、事解之男命です。
 もとは熊野宮とも熊野三社権現とも称し、また単に熊野社とも呼ばれました。
 社伝によると、創建は応永年間(1394-1428)に豊島郡中丸村に移住して来た宇多天皇の子孫にあたる庭田氏兼(後に岩田と改姓)が、一族の氏神として熊野権現を勧請した際で、天正十五年(1587)に氏兼五代目の子孫忠経が、現在の地に遷したといいます。明治二年(1869)の社寺取調下案には、天正年間の検地帳に当社が記載されているとありますので、この頃には現在の場所に鎮座していたことがわかります。以降、中丸村周辺の鎮守として村人から崇敬を集めて来ました。
 大正二年(1913)に氏子らにより本殿が新造されましたが、昭和二十年(1945)五月の空襲で社務所共々焼失しました。同二十三年に仮社殿が再建され、同四十年から四十三年にかけて本殿や拝殿、社務所などが再建されて境内の整備が行われました。
 当社で所蔵する古文書は平成三十年度に板橋区登録有形文化財となりました。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2019/08/18

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

歴史考察

板橋区熊野町鎮座・旧中丸村鎮守の熊野さま

東京都板橋区熊野町に鎮座する神社。
旧社格は無格社で、旧中丸村鎮守。
現在の町名である「熊野町」は当社が由来。
山手通りと川越街道が交差し、目の前には首都高も走る交通量の多い場所に鎮座。
そうした中、境内に入ると静かな空間で、町の鎮守としてひっそりと佇むのが特徴的。

室町時代に豊島郡中丸村に創建

社伝によると、応永年間(1394-1428)に創建と伝わる。
豊島郡中丸村に移住して来た庭田氏兼が、一族の氏神として熊野権現を勧請したと云う。

庭田氏兼(にわたうじかね)
当社の社伝によると、第五十九代宇多天皇(在位887-897年)第八皇子・敦実親王(あつみしんのう)の14代孫にあたると伝わり、後に岩田に改姓したと云う。
先祖とされる宇多天皇は譲位し上皇となった後、熊野三山にしばしば参詣して信仰の篤い人物として知られている。

熊野権現を勧請された当社は「熊野宮」「熊野三社権現」「熊野社」などと称された。

熊野信仰(くまのしんこう)
熊野三山(現・和歌山県)に祀られる神々である熊野権現を祀る信仰。
熊野三山とは、和歌山県の「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「熊野那智大社」の3つの神社の総称で、全国に3,000社近くある「熊野神社」の総本社にあたる。
古くは神仏習合の色濃い信仰で、熊野三山に祀られる神々を、本地垂迹思想のもとで熊野権現と呼ぶようになった。
熊野本宮大社
熊野本宮大社の公式ホームページです。全国3000社ある熊野神社の総本宮全国熊野神社です。上四社、中四社、下四社の三社からなり熊野三所権現と言われます。
熊野速玉大社公式サイト|和歌山県新宮市鎮座 根本熊野大権現 世界遺産
熊野速玉大社公式サイト
熊野那智大社
熊野三山の一社、熊野那智大社(那智の滝)の公式ウェブサイトです。日本第一大霊験所根本熊野三所権現として崇敬の厚い社です。

現在地へ遷座・中丸村の鎮守とされた江戸時代

天正十五年(1587)、氏兼五代目の子孫・岩田忠経が、当社を現在地へ遷座。
当時は中丸村に岩田氏・庄野氏・田中氏・荒井氏の各氏族が居住し、皆当社を氏神として崇敬した。

池袋村の枝郷だった中丸村
元禄年間(1688年-1704年)の頃までは中丸村は池袋村の枝郷であったと云う。
後に池袋村から分村する形で中丸村が成立。

中丸村が分村すると、当社は中丸村の鎮守とされた。

江戸時代、数度の社殿造営が行われたと伝わっている。

新編武蔵風土記稿に記された当社

文政十三年(1830)に成立した『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(中丸村)
熊野社
村の鎮守なり。西光院持。下同じ。
稲荷社

中丸村の「熊野社」と記されているのが当社。
「村の鎮守なり」とあるように、中丸村の鎮守だった事が分かる。
同じく記載されている「稲荷社」は、おそらく当社の境内社になったと思われる。
別当寺は「西光院」が担った。

西光院(さいこういん)
当社の西側、現在の板橋区南町にある真言宗豊山派寺院。
医王山薬圓寺と号し「西光院」と称する。
現在は、豊島八十八ヶ所霊場の82番、板橋七福神・大黒天を担う。

明治以降の歩み・戦後の再建・熊野町は当社が由来

明治になり神仏分離。
当社は無格社であった。

神仏分離後は「長崎神社」(現・豊島区長崎)の兼務社となっていたと云う。

明治二十二年(1889)、市制町村制施行によって、下板橋宿・金井窪村・中丸村・池袋村飛地・上板橋村飛地・滝野川村一部が合併して板橋町が成立。
当地は板橋町中丸とされ、当社はその一帯の鎮守を担った。

明治四十二年(1909)測図の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

当社の鎮座地は赤円で囲った場所で、今も昔も変わらない。
中丸の地名が見える他、当社のすぐ近くに池袋飛地の文字が見える。
池袋村から分村した中丸村には池袋村の飛地が周囲に残っていた事が窺える。
一帯はのどかな農村であった。

大正二年(1913)、新しい社殿を建立。
昭和七年(1932)、明治以降「長崎神社」の兼務社だったが独立した神社となる。

昭和二十年(1945)、東京大空襲によって壊滅的な被害を受ける。
一切の建物を焼失したと云う。

昭和二十三年(1948)、仮社殿を建立。

昭和三十三年(1958)、住居表示によって旧板橋町2-4丁目が熊野町に改称。
熊野町の由来は当社「熊野神社」が鎮座している事による。

昭和四十年-四十三年(1965-1968)、本殿や社務所などが再建。
その他、境内整備が行われた。

平成六年(1994)、御鎮座六百年を迎えた。
平成三十年(2018)、当社が所蔵する「熊野町熊野神社文書」が板橋区有形文化財に指定。

熊野町熊野神社文書 | 板橋区
当史料は、現在熊野町の熊野神社で所蔵されている。その成立や内容から、中島家で伝来してきた史料と熊野神社の宮司(ぐうじ)就任後の史料に区分でき、中島家伝来の史料はさらに (1)山梨県在住時代の史料と(2)内務省勤務時代の史料に区分できる。その成立年代は、徳川家康が埼玉県久喜市の鷲宮神社(わしのみやじんじゃ)へ所領安堵(し...

その後も境内整備が進み現在に至る。

境内案内

目の前には山手通り・川越街道・首都高が走る立地

交通量の多い幹線道路(山手通り・川越街道)の交差点近くに鎮座。
さらに前方を見上げると首都高が走り、交通量の多い都会の喧騒の中に鎮座。

山手通りに沿う形で鳥居。
昭和四十年(1965)に建立された鳥居。
左手には戦前の社号碑。
御大典記念「熊野神社」陸軍中将堀内信水による書。

玉垣には多くの奉納者の名前。
奉納の石灯籠もぐるっと境内を囲んでおり、当社への崇敬の篤さが伝わる。

社頭の幟旗には八咫烏。
熊野信仰の神使は八咫烏として知られる。

熊野信仰の神使は八咫烏
八咫烏(やたがらす)は、3本足のカラスとして知られている。
日本神話において神武天皇を熊野国から大和国へ道案内したとされるため、導きの神として信仰を集める他、熊野信仰の神使とされている。
なお、日本サッカー協会のシンボルマークや日本代表エンブレムにも八咫烏がデザインされている事でも有名。

ユニークな表情をしたもこもこ狛犬

鳥居の先に一対の狛犬。
キリっと凛々しい表情の狛犬。
平成六年(1994)に御鎮座六百年を迎えるにあたり奉納されたもの。

幹線道路や首都高が走る立地だが境内に入ると不思議と静かな空間に変わる。

鳥居を潜ると左手に手水舎。
ネットで囲われている形。
カラスなどの鳥避けのために設置。

そのさきはまっすぐの参道。
拝殿前に石段があり、その石段の途中に一対の狛犬。

台座などに刻銘がないため奉納年代は不詳ながら、個性的な造形の狛犬。
お顔の毛の部分がもこもことした造形。
阿形は口元を含めあまり他で見ない個性的な狛犬。
吽形は子持ちとなっている。

戦後に再建された朱色の社殿

石段の先に朱色の社殿。
旧社殿は大正二年(1913)に建立したものであったが、東京大空襲で焼失。
昭和四十年-四十三年(1965-1968)にかけて境内整備が行われ再建。
鉄筋コンクリート造で朱色に輝く社殿となっている。
本殿も同様に朱色に塗られている。

拝殿前には古いおみくじ自販機。
懐かしいレトロな自販機。

稲荷神社・厳島神社・不動尊・見守地蔵など

社殿の左手に境内社。
鳥居と朱色の鳥居の先に稲荷神社。
神狐像が置かれ綺麗に整備された一画で、多くの信仰が伝わる雰囲気がある。

その左手に厳島神社。
かつて弁天社として信仰を集めたと云う。
小さいながら弁天池が設けられている。

その近くに不動尊。
神社の境内にお不動様が置かれているのも、神仏分離後には比較的珍しい。

さらに忠魂碑(戦死者之碑)。
「戰死者之碑」の文字と落款は久邇宮朝融王(くにのみや あさあきらおう)の肉筆を刻印したもの。

拝殿前に見守地蔵菩薩。
中に安置された地蔵尊は元禄十年(1697)のもの。
とても古く地域を見守ってきたお地蔵様と思われ、今も崇敬篤く多くの花などが供えられている。

御朱印は社務所にて・例大祭は9月

御朱印は社務所にて。
とても丁寧に対応して頂いた。

御朱印は大中小の「熊野神社之印」の朱印。
熊野町熊野神社の墨書き。

例大祭は9月に開催。
神輿渡御の他、屋台出店も出るため地域が賑わう。

令和元年(2019)例大祭
9月7日(土) 宵宮 屋台出店あり 町会神輿渡御あり
9月8日(日) 本宮 屋台出店あり 町会神輿渡御あり
9月13日(金) 祭典 屋台出店なし 町会神輿渡御なし
熊野町 熊野神社

所感

室町時代に創建し中丸村の鎮守として崇敬を集めた当社。
町名に当社を由来とする熊野町が付いている事からも、地域と密接に結びついているのが窺える。
石垣や石灯籠など戦後の再建や御鎮座六百年の際に奉納された奉納物も多数あり、今もなお地域から崇敬を集めている事が伝わる。
幹線道路と高速道路が走る交通量の多い一画にありながら、境内に入ると不思議と静かな空間。
落ち着いた空間で地域の方々から愛される良い神社だと思う。

神社画像

[ 社号碑・鳥居 ]





[ 狛犬 ]


[ 参道 ]

[ 手水舎 ]


[ 狛犬 ]



[ 拝殿 ]




[ 本殿 ]


[ おみくじ自販機 ]

[ 御籤掛 ]

[ 稲荷神社 ]




[ 石碑 ]

[ 不動尊 ]


[ 厳島神社 ]



[ 忠魂碑 ]


[ 仏像 ]

[ 境内社参道 ]

[ 石灯籠 ]

[ 神楽殿 ]

[ 見守地蔵菩薩 ]



[ 北側参道 ]

[ 石灯籠・玉垣 ]

[ 社務所 ]

[ 神輿庫 ]


[ 案内板 ]


Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
板橋区
投票する
御朱印 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
神社メモをフォローする
御朱印・神社メモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました