橘樹神社 / 千葉県茂原市

橘樹神社(たちばなじんじゃ)

御祭神:弟橘比売命
相殿神:日本武尊・忍山宿禰
旧社格:上総国二之宮・延喜式内社(小社)・県社
例大祭:10月体育の日前日
所在地:千葉県茂原市本納738
最寄駅:本納駅
公式サイト:─

御由緒

 当社は延喜式神名帳に上總國五座 長柄郡一座小 橘神社と記され、国幣小社に列し、畏くも景行天皇勅願の官社なり。
人皇第十二代景行天皇四十年冬十月、日本武尊勅を奉じて東夷御征討の際、妃弟橘比賣命海上より夫尊に代わって忠死せるを哀しみ、海辺に漂着したる媛の御遺物たる御櫛を以て御墓を作らせ納め置き、御手づから墓標の代わりに橘の樹二株を植ゑ、祠宇を創立し給ひしが、其の後 天皇東幸の節、日本武尊と忍山宿禰とを相殿神として合祭せしめ給う。
故に当社の御祭神は已に由緒に記載せし如く、皇室の御系に拘らせ給ふを以て、殊に崇祀して尊厳と威徳とを欠かさらむ事を務め、社殿の修繕・境内の風致一つとして注意を怠る如き事なし。然れども維新後時勢の変遷と共に自然古来の典式行はれざる所あり。今縁起其の他の古文書等を按ずるに、往昔大社にして豊禮の盛んなる事明瞭なり。
明治六年五月三十日縣社に列せられ、後に縣令自ら官幣を奉り、祭典を執行せられたりき。後三年を経て、則ち明治九年六月二十八日、弟橘比賣命の御墓は古来の遺蹟に付、煙減せざる様保存すべき事、内務省達の御主意、千葉縣令柴原和より伝達せらる。

(※頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2016/02/02

御朱印

初穂料:500円
社務所にて。

※御朱印は500円との掲示有り。
※この日はたまたま直接書いて頂けたが、書き置き対応になる場合も多いとの事。

橘樹神社

御朱印帳

初穂料:2,000円
社務所にて。
オリジナルの御朱印帳を用意している。
御由緒にもある弟橘媛が海に身を投じて日本武尊の難を救った伝説に基づいたもの。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。



考察

上総国二之宮・橘様

千葉県茂原市本納に鎮座する神社。
延喜式内社であり、上総国の二之宮とされ、旧社格は県社に列していた。
日本武尊の妃・弟橘媛の伝説・古墳が残る格式高い古社。
地域の方々には「橘様」と呼ばれ崇敬されている。

正史に残る弟橘媛伝説

社伝によると、景行天皇四十一年(111)に創建。

日本武尊の手によって亡き妃である弟橘媛のお墓を築き、橘の樹を墓標の代わりに2株植えられた事を創建の祖としており、日本で唯一、日本武尊の手で創建された神社としている。
この創建は日本武尊と弟橘媛にまつわる伝説によるもの。
当社の縁起だけでなく、『古事記』や『日本書紀』にも記された日本神話。

さらに相模においでになって、上総に渡ろうとされた。海を望まれて大言壮語して「こんな小さい海、飛び上ってでも渡ることができよう」と言われた。ところが海の中ほどまで来たとき、突然暴風が起こって御船は漂流して渡ることができなかった。そのとき皇子につき従っておられた妾があり名は弟橘媛という。穂積氏の忍山宿禰の女である。皇子に申されるのに、「いま風が起こり波が荒れて御船は沈みそうです。これはきっと海神のしわざです。賎しい私めが皇子の身代りに海に入りましょう」と。そして、言い終るとすぐ波を押しわけ海におはいりになった。暴風はすぐに止んだ。船は無事岸につけられた。時の人は、その海を名づけて、馳水といった。こうして、日本武尊は上総より転じて陸奥国に入られた。そのとき大きな鏡を船に掲げて、海路をとって葦浦を廻り玉浦を横切って蝦夷の支配地に入られた。

(日本書紀 上 全現代語訳)

このように日本神話に登場する弟橘媛の伝説。
この伝説に基いて、身代わりとなった弟橘媛のために日本武尊が自らお墓を築き、海から流れ着いた櫛を収めて橘の木を2株植えたのが、当社の始まりとされている。
そのため、当社の社殿の裏手には、日本武尊が築いたという弟橘媛の古墳が残る。

神話になる古い伝説であるが、当社の境内東側及び裏側の崖や水田から縄文土器片や石器が出土している。
宮ノ下遺跡として登録されており、単に縄文土器出土地のみでなく、この伝説と照らしあわせてみても資料的価値は大きいように思う。
少なくとも縄文時代には、この地に人が住んでおり、何らかの祭祀圏であった可能性が高い。

式内社・広大な橘木荘(二宮荘)

国史として最も古く当社についての記述が見られるのは『日本三代実録』にある記述。
元慶元年(877)に、従五位勲五等の橘樹神に正五位下の神階を授けるという記述が残っている。
元慶八年(884)には、正五位上の神階が授けられ、日本武尊と忍山宿禰(弟橘媛の父)が合祀されている。

延長五年(927)に編纂された「延喜式 神名帳」では上総国長柄郡「橘神社」と記載。
これにより式内社とされている。

中世には、橘木荘なる当社の神領を基礎とした社領を有していたという。
三千石以上の広大な荘園があったとされ、相当な規模を有していた格式高い神社であった事が分かる。
橘木荘は後に二宮荘と呼ばれるようになる。
これは当社が上総国二之宮であった事からだろう。

正慶二年(1333)には社殿を改築している。
当時の社殿は拝殿のみで本殿はなかったとされる。
拝殿から直接、弟橘媛の古墳を拝む形となっていたという。

戦国時代よりの戦火により、一時荒廃した時期も見られたようだが復興。
江戸時代になり、延宝八年(1681年)には最高位である正一位が授けられる。

寛政十二年(1800)には社殿を改築し、弟橘媛の古墳の前に本殿を造営。
この際に、古墳丘を少し削ったところ「こしき、壷、鉄器」が出てきたと記されており、その中の「大きな壷は遺品を納めたものと考えすべて地中に埋め戻した」とされいて、相当古い遺跡なのが分かる。
なお、この本殿が現存している本殿となる。

神仏分離で県社に

明治になり神仏分離。

明治六年(1873)県社に列した。
古くは「橘神社」「橘木神社」とも記されていたが、この頃より「橘樹神社」が正式名称となる。
読み方は今も昔も変わらず「たちばな」。

明治二十三年(1890)に拝殿が再建。
明治四十年(1907)には大改築がされたと記されている。
これらが現存する社殿となっている。

江戸・明治の社殿が現存

中世の頃は大変広大な敷地を有した当社。
現在も2,000坪以上の境内となっており、中々の規模感。
古社だけあって見処も多い。

拝殿は、上述の通り明治二十三年(1890)に再建されたもの。
明治四十年(1907)に大改築をされて現存している。

神明造りで見事な拝殿。

本殿は寛政十二年(1800)に造営されたものが現存。

それまでは当社には本殿はなかったといい、拝殿から直接、弟橘媛の古墳を拝む形となっていたという。
本殿造営にあたって古墳の一部を削ったところ、「こしき、壷、鉄器」などが出土したという記録が残っている。

社殿の左手には古い手水舎が残る。

手水鉢には寛延元年(1748)の文字が彫られており、当時のものを残しているのであろう。

御朱印は社務所にて。
初穂料500円との掲示あり。
宮司様がいらっしゃらない時も多いようで、書き置き対応になる事も多い様子。
この日はお出かけされる直前であったが、心地よくご対応して下さった。

弟橘媛の古墳と吾妻池

本殿の裏手にあるのが、弟橘比売命御陵とされる古墳。
寛政十二年(1800)に本殿が造営されるまで、拝殿から直接古墳を拝む形となっていたという。

裏手から少し登って入れるようになっているのだが、獣道になっており中々雰囲気のあるところ。
登ってもよいと言われたのだが、手前から拝む形がよいかもしれない。

境内にある吾妻池は、この古墳造るために土を掘った跡の穴であると伝えられている。

古墳を築いたのが日本武尊とされているので、日本武尊によって掘られたと言う事もできるのではないだろうか。
神話にまつわる境内という事を考えると中々に感慨深い。

所感

式内社、さらに上総国の二之宮としての格式をもつ当社。
日本神話に出てくる弟橘媛の伝説が創建の由来とされており、境内から縄文時代の出土品が出てくる事からも、大変古くから崇敬されていた古社なのが分かる。
社殿裏手の弟橘比売命御陵(古墳)は、中々に雰囲気のあるところで、身が引き締まる。
現在も綺麗に境内が維持されている事からも、多くの方から崇敬を集めている事が伝わってくる。
この日も平日ながら参詣する方が途切れる事がなかった。
立地を考えたら中々素晴らしい事ではないだろうか。
日本神話に触れる事ができる貴重な良社だと思う。

神社画像

[ 社号碑・一の鳥居 ]

[ 二の鳥居 ]

[ 三の鳥居 ]

[ 四の鳥居 ]

[ 参道 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]




[ 本殿・幣殿・拝殿 ]

[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]


[ 吾妻池]




[ 武者像 ]

[ 神輿庫 ]

[ 旧手水舎 ]

[稲荷神社・子安神社・窟戸神社 ]

[ 石碑 ]

[ 粟嶋神社 ]

[ 神輿庫 ]

[ 社務所 ]


[ 西鳥居 ]

[ 弟橘比売命御陵(古墳) ]



[ 案内板 ]

Google Maps