玉前神社 / 千葉県長生郡

玉前神社(たまさきじんじゃ)

御祭神:玉依姫命
旧社格:上総国一之宮・延喜式内社(名神大社)・国幣中社 現:別表神社
例大祭:9月10日-13日(上総十二社祭り・上総の裸祭り)
所在地:千葉県長生郡一宮町一宮3048
最寄駅:上総一ノ宮駅
公式サイト:http://www.tamasaki.org/

御由緒

由緒
一宮町は房総半島九十九里浜の最南端に位置し、一年を通して寒暑の差が少なく温暖な気候に恵まれた土地で、縄文弥生の頃から人々の営みがあったことが遺跡や貝塚などによって明らかにされています。
歴史の古いこの一宮町の名称の由来となった玉前神社は上総国にまつられる古社であり、平安時代にまとめられた『延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)』では名神大社(みょうじんたいしゃ)としてその名を列せられ、全国でも重きをおくべき神社として古くから朝廷・豪族・幕府の信仰を集め、上総国一之宮(かずさのくにいちのみや)の格式を保ってまいりました。
しかしながら永禄年間の大きな戦火にかかり、社殿・宝物・文書の多くを焼失しており、ご創建の由来や年数また名称についてなど明らかにされていませんが、毎年九月十日から十三日に行われるご例祭には少なくとも千二百年の歴史があり、移りゆく時代に少しずつその形を変えながらも、古代からの深い意義を連綿と守り伝えてきたことを何よりの宝物として、この郷の人々と共に大切にしています。
「上総の裸まつり」「十二社まつり」と称されるこのお祭りは房総半島に多く見られる浜降り神事の代表として広く知られ、壮大な儀礼をひと目見ようと、関東一円から大勢の人々が集います。

信仰
日本の東の端に位置する神社として日の信仰があり、新しく始まる事象、起業・再生・発祥等の守護、また月の信仰により、子授かり・安産・子育て・精神など主に女性の神秘的な事象の守護が有名で、古来ご皇室はもとより武門武将の崇敬も非常に篤く、源頼朝公が妻政子の懐妊に際し、安産を祈願したことも伝えられています。人と人とのご縁を結ぶとして、商売や縁結びの信仰も篤く、吉方位のお社としても多くの参拝者をお迎えしています。

(※頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2016/02/02
参拝日:2015/11/25

御朱印

初穂料:300円
総合案内所にて。
2016/02/02拝受
玉前神社
2015/11/25拝受
玉前神社

御朱印帳

初穂料:各1,200円
総合案内所にて。
オリジナルの御朱印帳を用意。
当社の御祭神である豊玉姫命の逸話から海から朝日が昇るデザインで青、赤、白の4色。
他に裏に全国一の宮朱印帳(極大)も用意されていた。(初穂料:3,200円)

全国一の宮御朱印帳(大判)
初穂料:3,200円
総合案内所にて。

一部の一之宮で頒布している「全国一の宮巡拝会」発行の御朱印帳。
縦横のサイズはB5版の大判サイズ。
各ページの左端に神社名と御祭神が明記されている。(詳細画像
蛇腹ではなく和綴じの御朱印帳。
また別紙で「全国一の宮所在地一覧」の地図が付属。(詳細画像

[ 表面 ]
一の宮御朱印帳1
[ 裏面 ]
一の宮御朱印帳2

授与品・頒布品

交通安全祈願ステッカー
初穂料:1,000円
授与所にて。
玉前神社ステッカー
スポンサーリンク


考察

上総国一之宮の歴史ある神社

千葉県長生郡一宮町に鎮座する神社。
延喜式内社(名神大社)であり、上総国の一之宮。
旧社格では国幣中社に列し、現在は別表神社となっている。
上総国一之宮として古くから崇敬を集めている。

古代からの土着の神

永禄年間(1558年-1570年)の戦火により、社殿や古文書などが焼失したため、創建年代は不詳。
延長五年(927)に編纂された『延喜式神名帳』では「上総国埴生郡 玉前神社」として、最高位である名神大社に列していた事から、少なくともその時代には朝廷にも知れ渡っていた事が分かり、それ以前より崇敬を集めた神社だった事が伺える。

当社がある一宮町は房総半島の九十九里浜及び九十九里平野の最南部に位置している。
この周辺では「一宮貝塚」(現在の一宮中学校付近)が発掘されていたり、「横穴群」が発掘されていたりと、縄文時代・弥生時代から人々が生活していた遺跡などが残っている。
当社の創建年代は不詳ではあるが、この歴史ある古い土地の土着の神として信仰されていたものと推測ができるだろう。

ちなみに一宮町の地名は、当社が上総国一之宮として崇敬を集めていた事から。
当社の神領をもとに鎌倉時代に成立した荘園は、当社が上総国の一之宮だったため「玉前庄(荘)」と呼ばれ、現在の一宮町、睦沢町、長生村、岬町のほぼ全域にわたって治められていた。
戦国時代には「一宮城」といった城まで築城され、当社を中心に大いに栄えたという。

有力な武家による崇敬

平安時代末期には、平忠常を祖とする房総平氏に崇敬が篤かったようだ。
鎌倉時代になると源頼朝が妻の北条政子懐妊に際して安産祈願の奉幣を行ったとされている。
その後も、徳川家康が寄進するなど当時の有力な武家の崇敬が篤かった事が分かる。

上述の通り、永禄年間(1558年-1570年)の戦火により、社殿や古文書などが焼失。
その後に残る資料では、天正十年(1582)に里見氏により社殿が再建されている。

江戸時代になると貞享四年(1687)に現社殿が造営。
これが現存する社殿であり、千葉県指定文化財となっている。
当時この地には一宮藩が成立し、この一体は独立した藩として加納氏によって治められていた事が分かる。

明治以降の一宮町

明治に入ると国幣中社に列する。
一宮藩は、明治四年(1871)の廃藩置県で廃藩となって一宮県となり、11月には木更津県を経て千葉県に編入された。
明治三十三年(1900)と大正十二年(1923)に社殿の改修を行っている。

ちなみに明治中期から昭和初期にかけては一宮町は別荘町として有名で、俗に「東の大磯」と呼ばれた。
今も当社の参道周辺に歴史的建造物がいくつか残っており、歴史を感じさせてくれる。
これらは一之宮として崇敬された当社があったからこそであろう。

現存する社殿は大修理中

現在の社殿は上述の通り、貞享四年(1687)に造営されたもの。
何度かの改修を経て千葉県指定文化財となっている。
そして現在は「十二社祭り千二百年記念」事業として「平成の大修理」を行っており、平成二十九年(2017)の三月に新社殿が竣工予定となっている。

現在は修理中で、指定文化財の社殿は見る事ができないものの、既に本殿はある程度改修が済んでいるようで、横から見ると綺麗な黒漆塗りの本殿を見る事ができる。
黒漆塗り権現造りの社殿は珍しく目を見張る渋さがある。

ちなみに現在は大修理中のため拝殿内に上がる事はできない。
そのため現在は参集殿が仮殿とされている。

大修理中の御祈祷などはこちらで行う事になる。

他にも色々な見どころあり。
御神水のお水取りは24時間自由に可能。

この日も近所の方がお水取りに来ていた。
この近くには「さざれ石」や、「子宝・子授けイチョウ」といった御神木も。

御朱印は総合案内所にて。
御朱印の立て看板が出ていたので分かりやすい。
オリジナルの御朱印帳も用意している。

上総裸祭り

例大祭は「上総十二社祭り」通称「上総裸祭り」というもの。
房総最古の浜降り神事で、歴史的には大同二年(807)創始で、1200年以上の歴史と伝統を誇る。
御祭神である玉依姫命の一族の神々を祭る各神社より神輿を奉じて、2500人余りの裸若衆たちが九十九里浜の海岸に集い疾走する様は圧巻で、千葉県の無形民俗文化財に指定されている。

パワースポットと女性守護の神様

また、近年ではパワースポットとしても注目を浴びている。
春分と秋分の日に、日の出の位置と当社を結んだ延長線上には、相模国一之宮「寒川神社」、富士山山頂、七面山、竹生島、「伊勢神宮」内宮が遷座したとされる元伊勢、「皇大神宮」、大山の「大神山神社」、「出雲大社」が並び「レイライン」として云われる。
当社はそのレイラインの東の起点になるため、パワースポットとして注目されているようだ。
公式サイトにもその旨が説明されていたので、興味がある方はそちらをご覧頂きたい。

特に女性への守護のある神様として女性からの人気も高い。
御祭神である玉依姫命は、豊玉姫命に託された鵜葺草葺不合命を養育したし、さらには初代神武天皇を産んだとされる神。
そのため、子授かり・安産・子育てなど主に女性の守護が有名で、源頼朝が妻である北条政子の懐妊に際し、安産を祈願した事も伝えられている。

所感

上総国の一之宮として崇敬された当社。
古代より崇敬され、現在も崇敬され続けているのがよく分かる。
現在は平成の大修理中で社殿をお目にかかれないのが残念ではあるが、横からチラリと見える黒漆塗りの本殿は実に渋く綺麗で見事なものであった。
また、当社参道近くでは歴史的建造物もいくつかあり、この町の歴史を感じさせてくれる。
一之宮としてはそこまで大きな規模ではないのだが、歴史を感じさせるよい神社だと思う。

神社画像

2016/02/02参拝時の画像

[ 一の鳥居・社号碑 ]

[ 二の鳥居 ]

[ 御神水 ]

[ 三の鳥居 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿前石段 ]

[ 拝殿(平成の大修理中) ]


[ 本殿 ]


[ 神楽殿 ]

[ 神木いす ]

[ 招魂殿 ]

[ 十二神社鳥居 ]

[ 十二神社 ]

[ 山車庫 ]

[ はだしの道 ]

[ 芭蕉の句碑 ]

[ 石碑 ]

[ お神酒授与所]

[ 授与所 ]

[ 祈祷者休憩所 ]

[ 総合案内所 ]
[ 参集殿(大修理中の仮殿) ]

[ 三峯神社 ]

[ 境内社 ]

[ さざれ石 ]

[ 子授かりイチョウ ]

[ 斎館 ]

[ 案内板 ]

2015/11/25参拝時の画像
[ 参道 ]
[ 一の鳥居・社号碑 ]
[ 狛犬 ]
[ 二の鳥居 ]
[ 狛犬 ]
[ 三の鳥居 ]
[ 拝殿(平成の大修理中) ]
[ 拝殿・本殿 ]
[ 本殿 ]
[ 神楽殿 ]
[ 力石 ]
[ 大絵馬展 ]
[ 案内板 ]

Google Maps