川口神社 / 埼玉県川口市

 神社情報


川口神社(かわぐちじんじゃ)

御祭神:素戔嗚尊・菅原道真公・宇迦之御魂命・保食命・金山彦命

社格等:県社
例大祭:10月19・20日(例大祭)・12月15日(大歳祭/おかめ市)


所在地:埼玉県川口市金山町6-15
最寄駅:川口駅

 御由緒

 当社はもと「氷川社」と称し、川口町の鎮守氏神として古くから領主・住民の崇敬厚く、しばしば社殿の御造営や神宝の奉献があった。創祀についての記録は荒川の水害により失はれてゐるが、天慶年間(西暦940年頃)足立郡司判官代武蔵武芝の創建とも伝へ、暦応二年(1339)および天文四年(1535)の板碑、室町初期の古神像、江戸期の棟札数点等がある。
 江戸時代には川口は幕府の御料所となり、当社社地は除地(免税地=氷川免)と定められ、氷川大明神と尊称した。徳川八代将軍吉宗公は、産米を増し飢饉を防止するため見沼を開発し、見沼代用水路を完成させたが、芝川落口の門樋工事の際、幕府勘定役井澤弥惣兵衛為永の配下杉山貞七郎保英は当社に工事の成功を祈願し、享保十八年(1733)難工事を見事に完成させた。この神恩に感謝して神前に奉納した神鏡は、市指定文化財となってゐる。
 維新後の明治六年に村社に指定されたのち、町内の天神社、稲荷社(三社)、金山社を合祀して、同四十二年に社名を「川口神社」と改めた。このうち金山社は、川口の伝統基幹産業である鋳物業の守護神として篤い信仰があり、その旧社殿(現・八雲社)は川口町最古の神社建築として、市の文化財に指定された。
 昭和八年市制施行に伴ひ、川口市の総鎮守となり、同十年には県社に列せられた。
 大東亜戦争後は、国の管理人を離れて神社本廳所属の宗教法人となり、中央・幸栄・並木地区十三町会の氏子を始め、五十万市民の崇敬を受けて今日に至ってゐる。

(※頒布の紙より)

 参拝情報

参拝日:2015/09/20

 御朱印

初穂料:500円以上

社務所にて。

※社務所窓などに御朱印の初穂料は500円以上との掲示あり。

川口神社




 考察

 川口宿の総鎮守

川口市金山町に鎮座する神社。

旧社格は県社。
川口(川口市)の総鎮守とされている。

 氷川信仰として創建

創建の記録は水害などにより失われているが、社伝によるとは天慶年間(938年-947年)の創建とある。
足立郡司判官代の武蔵武芝によって氷川信仰の総本社とされる「武蔵一宮 氷川神社(大宮氷川神社)」から勧請。
当初は「氷川社」と称していたように、氷川信仰系の神社となっている。

川口の名は、南を流れる荒川に合流する芝川の河口に当たることに由来するとされ、「義経記」などの資料から鎌倉・室町時代には「小河口」と称されていた事が分かる。
中世の頃は鎌倉街道中道、そして江戸になると日光御成街道の宿場として川口宿が成立。
人の往来の多い街道沿いにあって必然的に栄える事になり、川口の総鎮守として当社も崇敬されている。

 川口町の鎮守

江戸時代には、幕府の御料所となり当社社地は除地とされた。
この頃には「氷川大明神」 とも呼ばれていたようだ。
幾度と社殿の修理などが行われており、崇敬の篤さを感じさせてくれる。

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』にはこのように書かれている。

(川口町)
氷川社
村の鎮守なり。本地佛十一面観音を安ず。
末社。
天神社、天王社、諏訪社、稲荷社。
別当延命寺
新義真言宗、錫杖寺末なり。雨寶山大悲殿と号す。本尊地蔵を安ず。開山を良栄と云。元和4年の起立なり。

川口町の鎮守とされており、これが現在の川口市総鎮守に繋がる。
当時の別当寺は「錫杖寺」の末寺「延命寺」(現在は廃寺)。

 明治の合祀政策により川口神社へ改称

明治になり神仏分離により別当寺が廃止。
明治六年(1873)には村社に列する。

明治四十二年(1909)には、当地から南西に鎮座していた「金山神社」を合祀。
他にも現在の境内社の多くはこの時期に周囲の神社から当社に合祀されており、明治の神社合祀政策の影響を受けていた事が分かる。
この合祀がきっかけで、社名をそれまでの「氷川社」から、現在の「川口神社」と改称。
川口鎮守としての位置付けを明確にしている。

 境内社の金山神社にも注目

昭和二年(1927)には火災により本殿・拝殿・幣殿・末社を焼失したものの、昭和四年(1929)には拝殿・幣殿・神楽殿などが竣工。
昭和十年(1935)には、川口市の総鎮守として村社から県社に昇格。
昭和十八年(1943)には紀元二千六百年記念事業として、本殿・神門・手水舎が完成し復興。

篤い崇敬を集めていた事が伝わってくる。

境内社の「金山神社」は、江戸時代以降川口鋳物業の発展に伴い、鋳物師の守護神「金山権現」として篤い崇敬を受けてきていた神社。
合祀政策を受けて当社に合祀されていたが、戦後になり昭和二十二年(1947)に当社の旧社殿を移築して別宮とし、金属に関する技巧の守護神、金山彦命の御分霊を奉祀している。

鋳物の町として栄えた川口では、古くから今でも鋳物工場の溶解炉のそばには必ず金山様の神棚が祀られているという。

また当社に合祀される事になった際の「金山神社」の旧社殿だが、現在は当社に遷されており、境内社「八雲社」の社殿として利用され現存している。

宝永四年(1707)造営の川口町最古の神社建築として、川口市の文化財となっている。

境内の右手には「浅間神社」があり、小さな富士塚が作られている。
こちらは昭和初期に築造され放置されていた小さな富士塚を、最近になって改修したもの。

高さはないが綺麗に整備しており中々よい見た目。

御朱印は社務所にて。
窓などに500円以上との掲示がされている。

 所感

川口の総鎮守として崇敬される当社。
この日も多くの方が訪れており、祈願されている方も多かった。
境内は敷地の割にはやや閑散とした緑ではあるが、よく整備されており綺麗。
なお、例大祭は10月に行われるのだが、それよりも毎年12月15日に行われる大歳祭「おかめ市」が有名。
数百の露店が立ち並ぶ川口市内最大規模のお祭りで、商売繁盛の熊手が沢山が沢山売られるように、農作物の収穫と産業の発展を感謝するいわゆる「酉の市」になるのだろう。
当社は氷川信仰系の神社ではあるが、「酉の市」があり、これが最も盛り上がるというのが何だか興味深い。

 Google Maps


 神社画像

[ 大鳥居 ]

[ 神門・社号碑 ]

[ 狛犬 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]
[ 本殿 ]
[ 本殿・拝殿 ]

[ 金山神社 ]

[ 浅間神社・富士塚 ]

[ 梅ノ木天神社 ]

[ 恵比寿神・大黒天 ]

[ 石神井社・杉山稲荷神社・第六天社 ]

[ 金刀比羅社・八雲社 ]

[ 川口護國神社 ]

[ 神楽殿 ]

[ 社務所 ]

[ 包丁塚 ]

 Google Maps


    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google