旗岡八幡神社 / 東京都品川区

神社情報

旗岡八幡神社(はたがおかはちまんじんじゃ)

御祭神:誉田別命・比売大神・息長帯比売命
社格等:郷社
例大祭:9月第2土・日曜
所在地:東京都品川区旗の台3-6-12
最寄駅:荏原町駅
公式サイト:http://hatagaokahachiman-jinja.jp/

御由緒

 当神社は、長元元年 上総、下総で起った平忠常の乱を治めるべく、同三年(1030年)に朝命を奉じた甲斐守源頼信公が同地へ赴く際、一族郎党と共にこの地に宿営した時霊威を感得して源氏の氏神たる八幡大神を奉斎し、戦勝を祈願したのがその発祥とされている。高台に陣を敷き、源氏の白旗を靡かせ大いに武威を誇ったことから、この地が「旗岡」、あるいは「旗の台」と呼ばれたのである。
 時は下り鎌倉時代中期、源氏の庶流荏原左衛門尉義宗公(1231年〜1285年)当地の領主となるや八幡大神を尊崇すること篤く、先ずをもって御社殿の造営を志し、源家重大の守護神としてのみならず、常に地域の人々に鎮守としての御神徳の発揚に努力されたのである。当時は神仏混淆の時代であった為、義宗公の二子徳次郎が日蓮宗に帰依し、朗慶上人と称して法蓮寺(当神社隣)を開山し、当神社の別当として長く守護に当ったことが古文書に記されている。今日の当神社の基礎は正にこの時期に築かれたと申しても過言ではない。
 江戸時代に入っても御祭神の関係から武家の崇敬ことのほか篤く、毎年二月十五日に各地から集った武士達により執り行われた弓の競射は特に有名であった。試合が終って一同甘酒に舌鼓をうったその故事に習い、甘酒祭りの伝統は今日迄続いている。また、五代将軍綱吉公の守刀が現存し、文化十一年(1814)には御社殿の大改築が大奥の女中達の寄進によりなされたことは、徳川家の信仰が篤かったことを物語っている。その格天井に描かれた百四十枚余の絵は、幕府の絵師狩野探玄が娘の病気平癒を祈願したところ忽ち全快、その感謝のしるしとして奉納されたものであったが、昭和二十五年五月の空襲で御本殿とともに灰燼と帰してしまった。
 現在の御社殿は氏子崇敬者の熱烈なる奉賛活動のもと昭和三十九年に、また社務所は同六十三年に造営されたものである。このように時移り時代が変わっても、当神社は常に人々に護られ、また心のよりどころとして今日まで敬われてきたのである。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2017/06/26(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/03/25(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

[2017/06/26拝受]

[2015/03/23拝受]御朱印

歴史考察

旧中延村鎮守の八幡さま

東京都品川区旗の台に鎮座する神社。
旧社格は郷社で、旧中延村(現・旗の台や中延一帯)の鎮守。
源氏縁の神社であり、源頼信が源氏の白旗をなびかせ戦勝祈願した事が、旗岡や旗の台の地名由来と伝わる。
江戸時代から伝わる「甘酒祭」が行われ、現在は拝殿前の桜が名所として知られる。

源頼信によって創建・旗の台の地名由来

社伝によると、長元三年(1030)、源頼信によって創建と伝わる。

源頼信(みなもとのよりのぶ)は、平安時代中期の武将。武勇に優れ藤原道真に仕えた平維衡・平致頼・藤原保昌らと「道長四天王」と称された人物であり、河内源氏の祖とされる。平忠常の乱の平定後に、坂東の武士と主従関係を結ぶようになり、河内源氏による東国支配の基礎を作っている。

頼信は、房総三カ国(上総国・下総国・安房国)で発生した平忠常の乱を平定するために、下総国に行く途中で当地に宿営。
霊威を感得したため、源氏の氏神である八幡神を祀り、戦勝祈願をしたと伝わる。

その際に高台に陣を敷き、源氏の白旗をなびかせて武威を誇った事から、この地が「旗岡」「旗の台」と呼ばれる由来となった。
頼信の嫡男が河内源氏二代目棟梁の源頼義(みなもとのよりよし)で、前九年の役で活躍。更にその嫡男が「八幡太郎」と称した事で知られる源義家(みなもとよしいえ)である。義家は、鎌倉幕府を開いた源頼朝、室町幕府を開いた足利尊氏の祖先に当たる。

河内源氏の祖とされる頼信の伝承が残る地が当社。
関東圏の八幡神社には、源頼義・義家(八幡太郎)父子による創建の神社は多いが、その祖である頼信の伝承が残るのは比較的珍しく、源氏ゆかりの神社として武家から篤い崇敬を集めた。

領主荏原氏による社殿造営と別当寺

鎌倉時代中期(1231年-1285年)、当地の領主であった荏原義宗が社殿を造営。

荏原義宗(えばらよしむね)は、源義家(八幡太郎)の末裔とも伝わる領主。氏神である八幡神への篤い信仰があったとされる。

義宗は日蓮宗にも篤く帰依しており、息子の徳次郎を日蓮の高弟・日朗の弟子とさせる。
徳次郎は後に朗慶上人と称して当社境内の隣に「法蓮寺」を開山。
これが明治の神仏分離まで当社の別当寺となり、現在も当社に隣接している。

現在の規模に近い当社の基礎を作ったのがこの時期であり、領主・荏原氏からの崇敬だけでなく、当地周辺は古くから「中延村」と呼ばれていて、その鎮守として崇敬を集めた。

中延の地名由来は不詳の部分も多いが、古代の平塚郷の中心地だったという説や、荏原郡の中心地だったという説が伝わる。

徳川将軍家からの庇護・武士からの崇敬

江戸時代に入ると、源氏ゆかりの神社と知られた当社は、徳川将軍家や武士階級からの崇敬を集める。

二代将軍・徳川秀忠は、当社を祈願所の一社としている。
五代将軍・徳川綱吉公は、守刀を当社に奉納。
この他、将軍家や他の大名家から多くの寄進を受けている。

特に弓術者の信仰は篤かったとされ、毎年2月15日には、各地から集まった武士たちにより、弓の競射が行われる事で有名であった。
試合後は甘酒が振舞われた事を由来として、現在でも2月になると「甘酒祭」が行われる。

文化年間(1804年-1818年)には、大奥からの崇敬が篤かったと云う。
文化十一年 (1814)、社殿の大改築が行われる。

旧社殿は大奥の女中達の寄進によるものであり、大奥からの崇敬、ひいては徳川家の信仰の篤さを物語っているとも云えるだろう。

新編武蔵風土記稿より見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(中延村)
八幡社
除地二千三百六十八坪。村の巽の方にあり。社伝に云。神体は長元三年源頼信感得の像にて、それより頼義家に傳へ、其庶流荏原義宗に傳はりしに、文永年中霊夢の告を得て日蓮上人を請して当社を勧請すと。本社三間に二間、拝殿五間に三間、拝殿と表門との中間に鳥居立り。
妙見堂。境内にあり。二間に九尺。
毘沙門堂。三間に二間。瘡守稲荷を配祀す。

中延村ほか一帯の鎮守であり、社地も中々に広かった事が伺える。
社伝に伝わる、源頼信による逸話と、荏原義宗と日蓮宗による逸話が記されている。
妙見堂、毘沙門堂とあり、別当寺「法蓮寺」と共に神仏習合として、当地の信仰を集めていた事が分かる。

江戸名所図会に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

(江戸名所図会より)

「中延八幡宮」として描かれているのが当社。
隣には別当寺「法蓮寺」も描かれている。
中延村にあった事から、当時は「中延八幡宮」と呼ばれる事が多かった。

(江戸名所図会より)

当社を中心に拡大したものが上図。
描かれている旧社殿は大奥の寄進によって改築されたものであり、幕府の絵師である狩野探玄によって奉納された140枚もの天井絵があったと伝わっている。(東京大空襲で焼失)
境内の配置は現在に近く『新編武蔵風土記稿』にも記載されている妙見堂・毘沙門堂(稲荷社も担っていた)も見る事ができ、さらに鳥居横にある狛犬は現存している狛犬。
当社の前の道は古くから鎌倉道の一つで鎌倉へと通じる道として知られていた。

明治維新後の歩み・戦後の再建

明治になり神仏分離。
当社は村社に列した。(後に郷社へ昇格)

明治二十二年(1889)、市制町村制施行に伴い、中延村・戸越村・小山村・上蛇窪村・下蛇窪村と谷山村飛地が合併し、平塚村(後の荏原町)が誕生。
当地は平塚村中延となる。

明治四十二年(1909)の古地図がある。
当時の当地周辺の地理関係を確認する事ができる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲ったのが当社で、現在の鎮座地と同じ場所に鎮座しているのが分かる。
平塚村の村名がまだ残り、中延の地名も見ることができる。
平塚村は後に荏原区となり、中延は中延町と呼ばれるようになり、当社はこの一帯の総鎮守であった。

昭和3年(1928)、郷社に昇格。
昭和十五年(1940)に紀元二千六百年記念で奉納された絵馬には「郷社旗ヶ岡八幡宮」と記してあり、戦前までは「旗ヶ岡八幡宮」と称さていた事が分かる。

昭和二十年(1945)、東京大空襲によって社殿などが焼失。
建造物としては絵馬殿のみが戦火を免れている。

昭和三十九年(1964)、現在の社殿が再建。
昭和六十三年(1988)、現在の社務所が造営。

平成二十六年(2014)、「平成の改修事業」として、社殿の耐震補強、屋根銅板の葺替え、外壁の塗替え等の改修工事が行われた。

平成二十九年(2017)、宮神輿が新たに完成。
7月16日にお披露目渡御が行われる。

現在も神輿庫の新設など境内整備が行われ、地域からの崇敬を集めている。

境内案内

江戸時代の狛犬・朱色の大鳥居

荏原町駅のやや北に鎮座し、駅からもほど近い。
表参道は東に面していて、駅から緩い上り坂の途中にある。
社号碑には「郷社八幡神社」の文字が刻まれ、当社が当地周辺の総鎮守だった事が伺える。

石段を上った参道両脇に一対の狛犬。
文化五年(1808)奉納の狛犬。
『江戸名所図会』に描かれていた狛犬であり、状態も中々に良い。

石段を上るとその先に朱色の大鳥居。
存在感のある立派な大鳥居となっている。
この日は夏越大祓の準備で茅の輪が設置されていた。

大鳥居を潜った先、左手に手水舎。
木の塀で囲われているが手を伸ばして使用する事ができる。
龍の吐水口より水が出る形。

朱色の社殿と桜が美しい境内

社殿は戦後の昭和三十九年(1964)に再建されたもの。
平成二十六年(2014)に「平成の改修事業」として、社殿の耐震補強、屋根銅板の葺替え、外壁の塗替え等の改修工事が行われた。
朱色が鮮やかな鉄筋コンクリート造。
image本殿は八幡造の社殿となっている。

八幡造(はちまんづくり)とは、八幡信仰の総本社「宇佐神宮」に代表される神社建築で、2棟の建物を前後に連結させて1つの社殿としたもの。

拝殿の前に垂れているのは桜の木。
撮影時は葉桜ではあったが、桜の季節になるととても美しい景観となる。
桜の名所としても知られる。

社殿と美しい桜の境内は、公式サイトで見る事ができるので、そちらをご覧頂きたい。

品川区旗の台・荏原町にある旗岡八幡神社のWEBサイトです。

国の登録有形文化財の絵馬殿

参道左手には昭和三年(1928)に造営された絵馬殿が現存。
旧社殿などは東京大空襲で灰塵と帰してしまったが、この絵馬殿は焼失を免れた。
高床式の造りとなっていて存在感のある絵馬殿。

戦災を免れた昭和初期の神社建築として、平成二十五年(2013)に国の登録有形文化財に指定された。

内部を誰でも拝観でき、当社の歴史を伝えてくれる。
多くの絵馬や扁額、奉納額などが置かれており、とても素晴らしい。
嘉永二年(1849)に奉納された小笠原流の門弟による額。

小笠原流は、弓術、馬術、諸礼法の流派。当社は特に弓術者の信仰は篤く、毎年2月15日には、各地から集まった武士たちにより、弓の競射が行われる事で有名であった。

他にも貴重な額や絵馬が掲げられている。
神馬を描いた絵馬が多数。
中でも「猿駒止の絵馬」は元治元年(1864)中延村の野村吉治郎翁により奉納されたもので、品川区の有形文化財に指定されている。

昭和五十三年(1978)、品川区より絵画第1号となる「有形文化財」の指定を受けた。現在、絵馬殿に掛けられているのは写真で、実物は社務所内に保管されている。

児童公園も隣接・宮神輿完成披露渡御

絵馬殿の左手には当社境内に隣接して児童公園が設置。
子どもたちや老人介護施設のご老人たちが憩いの場としている。

この児童公園で遊ぶ近隣の子供達が、絵馬殿でだるまさんがころんだをしたりして遊んでいる姿を見かける事ができ、こうした古い貴重な建物もこうして気軽に拝観できるようにし、近所の憩いの場となっているのは、鎮守としてとても素敵な姿だと思う。

他にも神楽殿が置かれている。
現在は宮神輿を新しくした記念として、神輿庫も建築中。
宮神輿は2017年7月16日にお披露目渡御が行われる。
地域からの篤い崇敬を感じる。

御朱印は社務所にて。
丁寧に対応して下さった。

所感

中延村の鎮守であり、当地一帯の鎮守である当社。
「旗岡」「旗の台」の地名由来ともなり、地域から崇敬を集めた事が伺える。
源氏ゆかりの地であり、その後は領主からの崇敬、江戸時代には徳川将軍家や武士からの崇敬を大いに集めた歴史があり、当地の歴史を伝える神社である。
境内に現存する絵馬殿には歴史を凝縮した奉納物が掲げられていて素晴らしい。
筆者は、旗の台・荏原町・中延といった商店街エリアが好きで良く寄る事があり、その際は必ず参拝しているのだが、児童公園や境内で子どもたちが遊ぶ姿を見かける事ができるし、ご年輩の氏子さんが差し入れをそっと社務所に置いていく姿を見る事ができ、地域の鎮守、憩いの場として親しまれているのが伝わる良社。
隠れた桜の名所としてもオススメの神社であり、桜の時期にもぜひ参拝したい。

神社画像

[ 大鳥居・社号碑 ]


[ 大鳥居 ]



[ 茅の輪 ]

[ 狛犬 ]


[ 参道 ]

[ 手水舎 ]


[ 井戸 ]

[ 拝殿 ]



[ 本殿 ]
image
[ 桜の木 ]


[ 狛犬 ]


[ 神楽殿 ]

[ 絵馬殿 ]















[ 神輿庫(建築中) ]

[ 石碑 ]

[ 社務所 ]

[ 北側鳥居 ]

[ 案内板 ]

[ 宮神輿 ]


[ 児童公園 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google