京濱伏見稲荷神社(京浜伏見稲荷神社) / 神奈川県川崎市

image

神社情報

京濱伏見稲荷神社(けいひんふしみいなりじんじゃ)

御祭神:常磐稲荷大神
相殿神:五成大明神(宇加之御魂大神・大己貴命・猿田彦命・大宮能女神・保食之神)
旧社格:─
例大祭:5月4日
所在地:神奈川県川崎市中原区新丸子東2-980
最寄駅:新丸子駅・武蔵小杉駅
公式サイト:─

御由緒

 御案内
当正一位京濱伏見稲荷神社の大神様は戦後、京都伏見稲荷大社より出世稲荷として御鎮座されました。
霊験灼かな神様として万人豊楽を示して、御参拝を重ねるごとに稲穂のように一粒万倍、お知恵や利益が授かると関東一円はもとより、日本全国から老若男女の方々が来社されています。
御社殿は日本最大級の九棟稲荷造りを誇り、また百八体の御眷属(狐の像)は大神様のお使いとして多様な姿を見せるめずらしい石像です。
 当神社の由来
当京濱伏見稲荷神社は戦後の昭和二十年から三十年頃、生活不安の中で地域の復興と活気と明るさを呼び起こすため、京都の伏見稲荷大社より東京と横浜の間に、江戸造り様式によりお祀りされました。
江戸造りは神社の土台に霊峰富士山の溶岩を積むことが大変縁起のよいこととされて、江戸時代に流行しました。
当神社では、その縁起にあやかって本殿の周囲を富士山の溶岩でかため廻り造りとなっています。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2016/06/15(ブログ内の画像撮影)
参拝日:2015/11/10(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
授与所にて。

京浜伏見稲荷神社

御朱印帳

初穂料:1,800円
授与所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
ピンクを基調とした金箔が貼られた稲荷鳥居と、散りばめられた梅花がデザインされたもの。

※筆者はお受けしていないため情報のみ掲載。

スポンサーリンク

考察

戦後創建の伏見稲荷系神社

神奈川県川崎市中原区新丸子東に鎮座する神社。
戦後に創建した比較的新しい歴史を持つ神社。
京都の「伏見稲荷大社」からの勧請による創建。
「伏見稲荷大社」と同様に神社本庁には属しておらず単立神社の扱いとなっている。

戦後の復興を祈願して創建

創建は、昭和二十六年(1951)に初代宮司である冨澤冠受が、京都の「伏見稲荷大社」の神示により、「伏見稲荷大社」より勧請する形で創建。
東京と横浜の間であるこの地に建立し、混迷する戦後の地域の復興を祈願したとある。

1300年にわたって、人々の信仰を集め続ける「お稲荷さん」の総本宮 伏見稲荷大社の公式ホームページ

京都の「伏見稲荷大社」は神社本庁に属さない単立神社の代表的神社。
その「伏見稲荷大社」からの勧請で、ある程度関連性も強いのだろう。
当社も神社本庁に属しておらず、総本社である「伏見稲荷大社」と同様に単立神社となっている。

神社本庁に属していないという事、そして戦後に創建されたという事。
こういった事情があるからだろうか、神社の中ではかなり自由度を感じさせる境内が特徴的。
個性的でいて、昔ながらの神社とは別種の雰囲気が面白い。

インパクトある大きな建造物

武蔵小杉と新丸子の間に鎮座する当社の境内は広くはなく、むしろ狭い部類なのだが、かなり派手で大きな建造物が多い。

入口には大きな大鳥居。
image大鳥居は昭和二十九年(1954)に建てられたもので、朱色に塗られた鉄製。
高さは約14mあり、笠の長さは約16mにもなる存在感のある鳥居。

その両脇には大きな神狐像の姿。
image 高さ4.5mにもある巨大な神狐像の石像。
日本最大級との掲示がされていた。

境内に入ると右手に大きな手水舎。
image水の量が多く清潔感を感じるもの。

境内には稲荷信仰を感じさせてくれる多くの鳥居が見られる。
image奥にあるのが社殿。

社殿はかなり規模の大きさを感じる建築。
image個性的な造りとなっており、江戸造り様式とある。
重層造りとでも云うのだろうか、3階建てになっていると思われる造りは、既存の神社では中々考えられない様式でありインパクト大。
拝殿で二拍手すると大きな音が響いたので、音響的に計算された造りもされているようだ。
image日本最大級の本殿建築との案内があり、九棟流れ造りと記されていた。
この辺が、戦後の創建、神社本庁に所属していない、当社ならではなのだろう。

108体もの神狐像

社殿右手には招福池という神池。
image 滋賀県の琵琶湖を模して造られたと案内がある。
この神池に、大変多くの神狐像が置かれている。
image 境内にはこの他に授与所の前にもとにかく多くの神狐像を見かける事ができ、その数108体。
image一昔前(10年以上前)に参詣した時は、この神狐像は石像のままの色だったのだが、現在は色付けされており、それがより一層派手さを増している。
かなりあちらこちらに108体もの神狐像がいるので数えながら探してみるのもよいだろう。

個性的な境内社

境内社も中々に個性的。
招福池の右手には稲荷神社の摂社。
imageこちらにも数多くの狐の姿を見る事ができる。

社殿の向かい側、大鳥居の左手に末社が祀られている。
浅間神社と白山社が鎮座しているのだが、山を模したものとなっている。
image左手が白山社で、奥が富士浅間神社となっており何とも風変わり。
富士浅間神社は富士山から運ばれた溶岩を使用し、それにペンキで塗装をしたもの。
image 富士塚というよりも、ジオラマ的な模型に近く、この辺も個性が強い。

これらの向かいには三神知恵稲荷。
image別名、文殊稲荷とされる文殊の知恵を授けてくれるとの事。

御朱印は社殿左手に併設されている授与所にて。
image 丁寧に対応して下さった。

所感

武蔵小杉と新丸子の間に鎮座する当社。
戦後の創建と比較的新しく、そのため強い個性を感じる境内となっている。
勧請先である「伏見稲荷大社」同様に、神社本庁には属しておらず単立神社としてやっている事が、自由度の高い境内に繋がっているように思う。
境内は狭いものの、大きな大鳥居や狛狐、108体もいるという狐像、そして既存の神社では中々考えられない造りの社殿や境内社など、見どころはかなり多い。
この個性的な境内は好みが別れる可能性があるものの、造りとしては面白く個性的で興味深い。
混迷する戦後の地域の復興を祈願して創建という事なので、こうした復興を象徴するように大きく派手な境内となったようにも思う。
単立神社として色々と頑張っている印象を受ける当社。
こういった形の神社も、現代においてはよいものではないだろうか。

神社画像

[ 大鳥居・社号碑・神狐像 ]
image
[ 神狐像 ]
image
image
[ 手水舎 ]
image
[ 社殿 ]
image
image
image
image
[ 境内社(稲荷神社) ]
image
[ 冨澤冠受大人之像 ]
image
[ 鳥居 ]
image
[ 108体神狐像・招福池 ]
image
image
image
image
[ 授与所 ]
image
[ 授与所前・神狐像 ]
image
[ 社務所・恵成殿 ]
image
[ 西側鳥居 ]
image
[ 白山社・富士浅間神社 ]
image
[ 白山社 ]
image
[ 富士浅間神社 ]
image
[ 三神知恵稲荷 ]
image
[ 案内板 ]
image

Google Maps