中町天祖神社 / 東京都世田谷区

神社情報

中町天祖神社(なかまちてんそじんじゃ)

御祭神:天照皇大神
相殿神:倉稲魂神
社格等:─
例大祭:10月1日(宵宮)・2日(本祭)
所在地:東京都世田谷区中町3-18-1
最寄駅:上野毛駅
公式サイト:─

御由緒

ご祭神は天照皇大神で、氏子は中町全域です。(頒布の世田谷神社マップより)

参拝情報

参拝日:2018/04/20

御朱印

初穂料:300円
等々力玉川神社」社務所にて。

※神職の常駐がないため、本務社である「等々力玉川神社」にて御朱印を頂く事ができる。


歴史考察

中町(旧野良田村)鎮守の天祖神社

東京都世田谷区中町に鎮座する神社。
旧社格は無格社で、旧野良田村の鎮守。
現在の中町一帯の鎮守となっている。
伊勢信仰の神社で、古くは「神明社」と呼ばれていたが、明治維新後に「天祖神社」へ改称。
正式名称は「天祖神社」だが、他との区別から「中町天祖神社」とさせて頂く。
現在は神職の常駐がなく、「等々力玉川神社」の兼務社となっている。

粕谷氏による野良田村の開墾とその鎮守

社伝によると、創建年代や由緒は不詳。
現在の中町一帯は古くは「野良田村」と呼ばれ、当社はその野良田村の鎮守であった。

野良田村の地名由来は、「野良」は草などが茂っているところを表したため、野良を開墾した耕作地であるから「野良田」と呼ばれるようになった。
野毛「ノゲ」は、「崖(がけ)」を意味する語と言われている。崖をいう地形地名としては、野毛が多く、野木や乃木もそうであろうと言われている。いつからか上野毛・下野毛に分かれた。

野良田村が開墾されたのは、文禄年間(1593年-1596年)の頃と推測される。

当社の別当寺「金剛寺」の縁起によると、天正十八年(1590)、豊臣秀吉の小田原征伐によって、配下にあった世田谷城主・吉良氏も衰亡する事となるが、吉良氏の重臣・粕谷氏は、その後暫く潜み当地に移住し、何もなかった当地一帯を開墾し、村を開いたと云われている。

おそらく野良田村が開墾された後に、村の鎮守として当社が創建されたのであろう。
以後、野良田村の鎮守として地域から崇敬を集めた。

新編武蔵風土記稿から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(野良田村)
神明社
除地一段歩。字上にあり村の鎮守なり。社二間に一間四尺なり。鳥居たてり。共に南向なり。祭礼は九月二十二日。当村金剛寺の持なり。

野良田村の「神明社」と書かれているのが当社。
「村の鎮守なり」と記されているように野良田村の鎮守であった。
別当寺が現在も近くにある「金剛寺」だった事が分かる。

別当寺の「金剛寺」は、弘安七年(1284)聖空上人が薬師如来を勧請して堂宇を建立。
その後、慶長年間(1596年-1615年)に世田谷城主・吉良氏の重臣であった粕谷氏が開基、頼栄訪印が開山となり創建。粕谷氏一族の菩提寺としたと伝わる。

野良田村を開墾したと呼ばれる粕谷氏の菩提寺「金剛寺」が別当寺となり、粕谷氏はその後も野良田村の名主となっていたため、当社は地域や名主から崇敬を集めた鎮守であった事が伺える。

当時の野良田は戸数の少ない農村であり、多くが粕谷姓であったと云う。

明治になり天祖神社へ改称

明治になり神仏分離。
当社は無格社であった。

明治七年(1874)、それまでの「神明社」から「天祖神社」へ改称。
都内の伊勢信仰の神社の多くはこの頃に「天祖神社」に改称を行っている。

「神明宮」といった宮の称号を一般の神社が使う事が禁止された事と、東京府(現・東京都)の方針によって「天祖神社」へ改称するよう指導が行われた。

明治二十二年(1889)、 町村制の施行に伴い、等々力村・用賀村・瀬田村・上野毛村・下野毛村・野良田村・奥沢村・尾山村の8ヶ村が合併して玉川村が成立。
当社は玉川村大字野良田の鎮守として崇敬を集めた。

明治四十年(1907)、村内にあった稲荷社・日枝神社・阿夫利神社・弁天社を合祀。
これらは当時の合祀政策の影響による。

明治四十二年(1909)測図の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲ったのが現在の鎮座地で、今も昔も変わらない。
玉川村や今はなき野良田の地名も見え、当社は野良田の鎮守であった。

中町への改称によって野良田の地名は消失

大正十年(1921)、現存する二之鳥居が建立。

昭和七年(1932)、世田谷区が成立。
住民の要望を受け、野良田は玉川中町へ変更される事となる。

旧村名である野良田の地名は田舎臭いと不評だったようで、玉川村の中央に位置するという事で「玉川中町」が採用された。以降も暫くは当地を野良田と呼ぶ人は多かったと云う。

戦後になると、当地も宅地化が進む。
戦後まもなくは鬱蒼と広々とした境内を維持していたと云うが、宅地化によって社地も縮小。

昭和三十六年(1961)、社務所や神楽殿が新築。
昭和三十八年(1963)、石鳥居などが建立。

昭和四十六年(1971)、住居表示が実施され、玉川中町は現在の中町に改称。
当社は中町全域の氏神として現在に至る。

旧地名の野良田は次第に忘れ去られ、現在はその地名を残すものは殆ど見ることはできない。
現在は神職の常駐がなく、「等々力玉川神社」の兼務社となっている。
等々力鎮守。おくまんさま。世田谷城主・吉良氏が創建した熊野社が起源。明治になり玉川村の成立・玉川神社への改称。せたがや百景に選定された緑豊かな鎮守の杜。戦前の社殿が戦火を免れ現存。風情溢れる石獅子。名木百選の通称とっくりクス。御朱印。

境内案内

上野毛通り沿いに鎮座・並木参道

最寄駅は上野毛駅で、徒歩数分の距離。
上野毛通り沿いに鎮座していて、「ブックオフ上野毛店」が右手に隣接。
社号碑には「天祖神社」とあり、一之鳥居は昭和三十八年(1963)に建立されたもの。
一之鳥居の先には並木参道が続く。
銀杏や欅の並木となっていて、かつての面影を僅かに残す。

古くは社地も広く鬱蒼とした境内であったと云う。

参道途中左手に手水舎。
無人の神社でありながら、水が張られて綺麗に管理されており、氏子によって管理されている事が伺える。

戦前の石鳥居と新調された狛犬

並木参道を抜けると二之鳥居。
この二之鳥居は大正十年(1921)に建てられたもの。
関東大震災や戦災で倒壊することもなく維持されている。

二之鳥居の手前、両脇に一対の狛犬。
子持ちと珠持ちの阿吽の狛犬。
台座が古く、狛犬自体は比較的新しい事が伺える。
昭和五年(1930)に奉納された狛犬であるが、昭和四十五年(1970)に新調した旨が記されていて、氏子と共に「粕谷氏」の文字。

粕谷氏は野良田村を開墾した一族で、その後も村の名主となっていて、今も地域には粕谷姓の方が比較的多い。

開放感のある境内・木造の社殿

二之鳥居を抜けると正面に社殿。
社殿の前は広い空間があるので開放感を感じる事ができる。
社殿は建造年は不詳ながら木造の社殿。
昔ながらの地域の鎮守といった様相で、状態もよく維持されている。
拝殿には僅かに彩色された彫刻。
木鼻にも彫刻が設けられていて、目に色が入れられている。
無人社ながら境内も社殿も綺麗に維持できているのは、氏子による崇敬の賜物であろう。

境内社・力石・神楽殿

境内社は社殿の左手に鎮座。
弁財天になるようだが、その両脇には石碑。
阿夫利神社・日枝神社とあり、明治四十年(1907)に村内にあった稲荷社・日枝神社・阿夫利神社・弁天社を合祀した際の、日枝神社・阿夫利神社・弁天社がこの境内社になるのであろう。

稲荷社は相殿神として本社に祀られている。

境内社の右手に力石。
かつて例祭の際に集まった村人が力比べで使ったものだと云う。

境内の左手に神楽殿。
昭和三十六年(1961)に社務所と共に新築された。

御朱印は等々力玉川神社にて

当社の境内には社務所も用意されている。
しかし、普段は無人で、神職の常駐がないため、こちらで御朱印などの対応は行っていない。

御朱印は本務社である「等々力玉川神社」の社務所にて。

等々力鎮守。おくまんさま。世田谷城主・吉良氏が創建した熊野社が起源。明治になり玉川村の成立・玉川神社への改称。せたがや百景に選定された緑豊かな鎮守の杜。戦前の社殿が戦火を免れ現存。風情溢れる石獅子。名木百選の通称とっくりクス。御朱印。

等々力玉川神社」は、「用賀神社」「中町天祖神社」「上野毛稲荷神社」の本務社となっており、そのうち「中町天祖神社」(当社)と「上野毛稲荷神社」の御朱印も対応して頂ける。
兼務社の御朱印も頂きたい場合はお願いするのも良いだろう。

上野毛鎮守のお稲荷様。野毛村の歴史・上野毛と下野毛の分村。上野毛村の名主であった田中氏・その邸内社。明治以降の歩み・上野毛全域の鎮守。上野毛通り稲荷坂の途中に鎮座。崖を切り崩した境内。神明造の社殿。本務社は「等々力稲荷神社」。御朱印。
兼務社の御朱印を頂く場合は、必ず兼務社にも参拝すること。

所感

かつて野良田村と呼ばれた当地の鎮守である当社。
おそらく野良田村の開墾と共に、村の鎮守として創建されたものであろう。
野良田村を開墾し、名主となった粕谷氏からの崇敬を集め、小さな農村であった野良田村の鎮守として親しまれたものと思われる。
その後、宅地化によって人口も増えた野良田であったが、地名が田舎臭いという事で、玉川中町、そして現在の中町へと改称され、今はかつての地名であった野良田は忘れさられ、その古い地名を残す場所なども見かける事ができない。
こうした当社の歴史を知る事で、忘れ去られた野良田の地名を知る事ができ、かつての地名というのは、地域を知る上でも大切な事だと思う。
当社は昔ながらの神社の面影を残しており、無人社ながら境内は綺麗に維持されている事からも、今も地域から親しまれ管理されているのが伝わる良い神社である。
また、最近では珍しく例祭が土日ではなく、10月1日(宵宮)・2日(本祭)と日付固定になっていて、平日に開催される年もあるが、それでも神輿渡御が行われるのも、やはり氏子による崇敬と氏子中心の例祭であるからこそなのであろう。

神社画像

[ 一之鳥居・社号碑 ]


[ 一之鳥居 ]


[ 参道 ]

[ 手水舎 ]

[ 二之鳥居 ]


[ 狛犬 ]


[ 社殿 ]









[ 境内社 ]


[ 力石 ]

[ 手押しポンプ ]

[ 御籤掛 ]

[ 神楽殿 ]


[ 神輿庫 ]

[ 裏参道鳥居 ]

[ 社務所 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google