白幡天神社 / 千葉県市川市

image

神社情報

白幡天神社(しらはたてんじんしゃ)

御祭神:武内宿禰・菅原道真公
社格等:村社
例大祭:10月18日・19日
所在地:千葉県市川市菅野1-15-2
最寄駅:京成八幡駅・菅野駅・本八幡駅
公式サイト:http://www.h4.dion.ne.jp/~sirahata/index1.htm

御由緒

 当宮は、今より凡そ八百年前、すなわち治承四年(西暦1180年)源頼朝が安房の国に旗上げの際当地に白旗を上げたるをもって(白幡)と名づけられたと伝えられております。その後、天正十二年(西暦1584年)正親町天皇の御代に御本殿再建の記録がございます。現在の本殿は明治十三年の御造営で拝殿、幣殿は昭和三十六年に鈴木義信宮司の下に造営されたものであります。拝殿の霧よけ、および欄干・東西参道への鳥居の新設は昭和五十八年に、また、神門は昭和五十九年に築造がなされたものであります。当宮にございます社額は勝海舟の揮毫によるものであり、明治の造営を記念した板絵は柴田是真作で、県の重要文化財に指定されております。
 尚、当宮が太田道灌によって造営されたとの説もございます。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2016/04/25

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※挟み紙にも可愛らしい印が押されていた。

白幡天神社

スポンサーリンク

歴史考察

菅野の郷の鎮守

千葉県市川市菅野にある神社。
旧社格は村社。
菅野の郷の最も地形の高いところに鎮座する氏神様。
天神社ではあるが道真公は後に合祀された形で、創建時は武内宿禰をお祀りしていた。

源頼朝の旗揚げの伝承から白幡

社伝によると、治承四年(1180)に源頼朝が安房国に旗揚げの際、この地に白旗を上げた事で、白幡と名付けられたと伝えられている。

当時の頼朝は、石橋山の戦いで敗れ安房国に逃れており、その後に房総に勢力を持つ上総・千葉両氏の支持を受けて、鎌倉へ向かう事となる。
その際に、下総国の国府があった市川周辺にも訪れているという伝承が各地に残っている。

例えば、当社からもほど近く国府八幡宮として栄え、現在もこの周辺の中心的役割を担っている「葛飾八幡宮」にも、八幡神を信仰する頼朝が自ら参詣し勝利祈願したという伝承が残っており、後に社殿の修復を行ったとされている。
このように当地周辺を頼朝は訪れており、その際に菅野郷の最も小高い当地にて、旗揚げしたとされるのは自然な事に思う。

社名の「白幡」は、源氏の旗印が白旗であったため「しろはた/しらはた」、そして源氏の氏神が八幡神であったため、「白幡」となったのであろう。
こうした源頼朝による、旗揚げの由来を持つ神社は、関東にいくつか存在しており、当社もそのうちの一社という事になる。

八幡信仰と関わりの深い武内宿禰

ただ、こうした頼朝由来の神社と違うのは、御祭神であろう。
上述したように源氏の氏神は八幡神であり、頼朝自ら鎌倉に「鶴岡八幡宮」を創建したように、頼朝の伝承が残る神社の多くは、八幡信仰の「八幡神社」であり、御祭神は応神天皇(誉田別命)である。

しかしながら、当社の創建時の御祭神は「武内宿禰(たけのうちのすくね)」。
実はこの御祭神(人物)は、八幡信仰と深く関わり合いのある御祭神である。

武内宿禰は『日本書紀』などに伝わる、古代日本の人物。
景行・成務・仲哀・応神・仁徳の5代(第12代から第16代)の各天皇に仕えたという伝説上の忠臣であり、様々な中央有力豪族の祖ともされる。

あくまで伝説上の神話に近い話にはなるのだが、八幡神と同一視された応神天皇にも忠臣として仕えたため、八幡信仰の神社では武内宿禰を共に祀っている事が多い。
一部の神社では八幡三神として武内宿禰をお祀りしている事があるし、全国の八幡信仰の神社において、「高良社」という境内社を見かける事が多いのだが、これが武内宿禰をお祀りする神社である。

そのように源頼朝の旗揚げ伝承が残る当地に、八幡神と関わりの深い武内宿禰がお祀りされているのは、興味深い事であろう。

ここからは推測になるのだが、元々は当社も八幡信仰の神社だったと思われる。
当社のほど近い地に、下総国総鎮守として崇敬された「葛飾八幡宮」があり、こちらがこの周辺の八幡信仰の中心であったため、当社はそれに付属するように応神天皇の忠臣であった武内宿禰をお祀りしたのではないだろうか。
両社の繋がりが気になるところである。

下総国総鎮守。33年に1度の式年大祭。国指定天然記念物・千本公孫樹。入ったら出られない禁足地「八幡の藪知らず」。平将門・源頼朝・徳川家康からの庇護。随神門・鐘楼堂など立派な境内。秋の境内と千本公孫樹・ライトアップイベント。御朱印。御朱印帳。

別説と記録として残る歴史

このように頼朝の伝承を御由緒としているのだが、当社には頼朝の伝承の他に、江戸城築城で有名な太田道灌による創建の説も残っている。
太田道灌も「葛飾八幡宮」を庇護して社殿修理を行った記録が残っているため、「葛飾八幡宮」を中心に、当社との関わりも出てきたのだろう。
いずれにせよ、社名からは源氏・そして八幡神に対する崇敬を見て取れる。

天正十二年(1584)代に本殿再建の記録が残っている。
少なくともそれ以前より創建されていたのは間違いない。
当時の当社は「白幡神社」と呼ばれていた。

やはり推測するに当時の当社は、御祭神の武内宿禰、そして八幡神社としての要素の強い八幡信仰の鎮守だったように思う。
菅野の鎮守として、地域の方々に崇敬をされたようだ。

明治になり菅原道真公を合祀

明治になり神仏分離。
当社は村社に列した。

明治四年(1871)に菅原道真公を合祀。
それによって「白幡神社」から現在の「白幡天神社」へ改称している。

このように天神社となったのは明治以降の事であり、現在へと続いている。
何故、天神信仰となったのかは定かではないが、当時の政府の合祀政策により周辺神社からの合祀の可能性や、近くの「葛飾八幡宮」との兼ね合いが推測される。
天神信仰の「天神社」へ、そして御祭神に八幡神と関わり合いの深い武内宿禰を残した、と見る事もできる。

神社本庁振興対策モデル神社に指定された境内

当社の境内は主に戦後になって境内整備がなされた。
神職や氏子による努力の賜物であり、昭和五十九年(1984)には神社本庁振興対策モデル神社の指定を受けている。
約2,000坪の境内はとても綺麗に整備されており素晴らしい。

image程よく緑に囲まれた境内で、鳥居を潜ると神門が現れる。
村の鎮守に神門が用意されているというのは、比較的珍しく凄い事であろう。image昭和五十九年(1984)には造営された神門は立派な造りになっている。

この神門を潜ると社殿が見えてくる。image拝殿・幣殿は戦後の昭和三十六年(1961)に再建されたもの。
社額は勝海舟によるものだという。

本殿は、明治十三年(1880)に社殿を新築造営した時のものが現存している。image

本殿の前には折れてしまった御神木の姿が。image樹齢300年といわれその高さ25mの黒松の巨木だったという。
市天然記念物に指定が決まり公示を二週間余り後に待つばかりの昭和五十四年(1979)、強風によって惜しくも折れてしまったとの事だ。

社殿の右手には境内社が立ち並ぶ。image古峯神社・浅間宮・白山妙理大権現・小御嶽石尊大権現・稲荷神社の五社が綺麗に並んでいる。

この他、歌碑や石碑などが境内に多く並んでいる。
幸田露伴の碑があり、それによると当社近くに移り住み、菅野が終焉の地となったと記されている。
いずれもとても綺麗に整備されており、美しい境内となっている。

千葉県指定有形文化財である板絵

御朱印は社務所にて。
立派な社務所があり、中はお留守であったが中にある内線を使うとすぐに来て下さった。
さらに待つ間、社務所の中に上がってお待ち下さいとの事で、上げて頂き待たせて頂いた。

そちらには、千葉県の指定有形文化財でもある柴田是真作の板絵「柴田是真画連句額」が置かれていた。image明治十三年(1880)に社殿を新築造営した時に奉納されたと伝えられている。
画像だとほぼ分からないと思うので、境内にあった掲示を引用してみよう。

明治十三年(1880)、白幡天神社の社額竣工の際に奉納されたと伝えられる連句額である。 縦56.9センチ、横198.0センチの横長のケヤキ一枚板に、59名の人々が詠んだ句が連ねられてあり、柴田是真(1807〜1891)の『手桶に白梅図』が描かれている。
図は、上部に梅枝、それに竹竿をかけながら、右側の杭に手桶を伏せて描いている。板全面に金箔を散らし飾り、ケヤキの木目を流れる水に見立ており、そこに桶からこぼれる水の色が際立つものとなっている。
柴田は、幕末から明治前半期の我が国を代表する画家・漆芸家であった。明治期において内国勧業博覧会にて活躍し、また帝室技芸員にも任じられたが、終生、江戸っ子気質を失うことはなく、洒脱なデザインの作品をのこした。本作品は、重厚なケヤキ板を用いた堂々たる風格を備え、年代および製作背景が判明し、柴田是真の筆による基準的作例として貴重である。
発句の『大松は松とおもハぬ子の日かな』は、旧津藩主 藤堂高猷(1813〜1895)の句である。連衆には、柴田是真と親しいとされる小築庵春湖(1814〜1886)、藤堂公出入りの俳人 其角堂永機(1823〜1904)などが含まれ、明治前半期の俳諧資料としての価値も有する。

平成19年3月
千葉県教育委員会
市川市教育委員会

素敵な板絵になっているので、見たい方はお願いしてみるのもよいだろう。

さらにお茶まで出して頂いたりと恐縮の限りである。
とても丁寧なご対応をして頂き感謝。

所感

市川市菅野の鎮守となっている当社。
歴史的に見ると、源頼朝による旗揚げの伝説、そしておそらく八幡信仰であったであろう様子を伺う事ができ、そこから現在の天神社への変遷と、中々興味深い部分が見えてくる。
戦後になり境内整備が進み、神社本庁振興対策モデル神社に指定されたように、境内がとても素晴らしい。
地域の鎮守でありながら、とても綺麗に整備された境内は実に立派。
神職や氏子による努力の賜物であり、ご対応も含めてとても素敵な一社であった。
神門があり緑豊かな境内は、こんな神社が氏神様ならどんなに素敵だろう、と思えるような良社となっている。

神社画像

[ 鳥居 ]
image
image
[ 神門・社号碑 ]
image
[ 手水舎 ]
image
[ 拝殿 ]
image
image
image
[ 拝殿・本殿 ]
image
[ 本殿 ]
image
[ 狛犬 ]
image
image
[ 旧御神木 ]
image
[ 境内社 ]
image
image
[ 神輿庫 ]
image
[ 永井荷風歌碑 ]
image
[ 幸田露伴碑 ]
image
[ 石碑 ]
image
[ 境内風景 ]
image
image
image
[ 社務所 ]
image
[ 柴田是真画連句額]
image
[ 東鳥居 ]
image
[ 案内板 ]
image

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google